アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:チャールス・ロイド

チャールス・ロイド・カルテット / ドリーム・ウィーヴァー4

DREAM WEAVER-1 ジョン・コルトレーンから出発したチャールス・ロイドテナーサックスが,その当時まだ無名だったピアノキース・ジャレットベースセシル・マクビードラムジャック・デジョネットの個性をまとめてオリジナリティを確立した1枚が『DREAM WEAVER』(以下『ドリーム・ウィーヴァー』)。

 『ドリーム・ウィーヴァー』の決めごとの少ない演奏スタイルは,ジョン・コルトレーンモードジョン・コルトレーンフリージャズジョン・コルトレーンの民族音楽を,キース・ジャレットセシル・マクビージャック・デジョネットに“自由に解釈させるための仕掛け”である。

 これってチャールス・ロイドにとっては,最高に楽しいセッションでもあり,最高に苦しいセッションでもある。
 なぜならば4人4様の考える「コルトレーン・サウンド」は不安定そのもの。チャールス・ロイドカルテットが「卵の殻で海を渡」ろうとした実験作が『ドリーム・ウィーヴァー』の真実なのだと思う。

 『ドリーム・ウィーヴァー』を称して“フリー・ジャズのロック化”という言葉が使われるが,確かにチャールス・ロイドがリードした音楽手法はジャズの本流から距離を置いている。
 内面から迸るアドリブを中心に据えるのではなく,キース・ジャレットセシル・マクビージャック・デジョネットといった新世代のロック感覚を音楽の中心に据えている。

 うん。面白い演奏である。ただし『ドリーム・ウィーヴァー』の本質は「時代の音楽」であって,かつてジョン・コルトレーンが切り開いていた“新しいジャズ”ではない。

 “神童”キース・ジャレットフィーチャリングしたピアノソロの「おおっ!」という驚き。
 キース・ジャレットピアノを聴き漁ってきた耳からすると『ドリーム・ウィーヴァー』のピアノが別種類。ロック・ファンを魅了するアドリブ・ラインはチャールス・ロイドの功績として讃えられるべきであろう。

DREAM WEAVER-2 ただし,ロックに寄ったキース・ジャレットは評価できない。表面的な変化を追いかけるだけでは感動が伝わらない。キース・ジャレットとて「内なる衝動」のないピアノは“お飾りファッション”にすぎないと思う。

 そう。『ドリーム・ウィーヴァー』の真実とは,当時のフラワームーブメントとかヒッピーといった“時代の波に乗っかった!フリー・ジャズのロック化”に違いない。もっと掘れれば歴史的名盤…。

  01. AUTUMN SEQUENCE
     a) AUTUMN PRELUDE
     b) AUTUMN LEAVES
     c) AUTUMN ECHO
  02. DREAM WEAVER
     a) MEDITATION
     b) DERVISH DANCE
  03. BIRD FLIGHT
  04. LOVE SHIP
  05. SOMBRERO SAM

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1966年発売/WPCR-27030)
(ライナーノーツ/ジョージ・アバキャン,後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー / EAST OF THE SUN5

 『FOREST FLOWER』の5曲目は【EAST OF THE SUN】(以下【イースト・オブ・ザ・サン】)。


 【イースト・オブ・ザ・サン】を聴けば,その当時,飛ぶ鳥落とす勢いで一世を風靡した「チャールス・ロイド・カルテット」の人気の秘密が理解できる。そう。【イースト・オブ・ザ・サン】は,名手4人の“濃密な絡み合い”が圧巻の大名演である。

 “早口でまくし立てる”チャールス・ロイドテナーサックスが疾走する! これは凄い。どれほどの凄さかと言うと,あのキース・ジャレットが1分4秒,1分47秒,2分39秒で自分のソロでもないのに唸り声を上げている。
 2分14秒から33秒までの大ブローは,チャールス・ロイドにしては珍しいトーン。聴き応えがある。

 4分46秒からのキース・ジャレットの高速アドリブが実に素晴らしい! あのパッセージを浴びせられたロイドマクビージャックの3人も“悶絶”しながらよく演奏を続けられたものだ。

 アクロバティックで予測不能な熱演が続くが,最後には“キッチリ”まとめ上げる,これぞキース・ジャレットの構成力! 全部いいが,とりわけ6分17秒以降のギミックな感じが素晴らしい!

 7分24秒からのベースソロは,セシル・マクビーの個性が炸裂している。
 テーマを独演しつつ次第にスライドを絡めたアドリブへと突入するのだが,8分21秒以降の“弦の響き”が超ユニーク! 腰をくねらせのたうちまわり,ついにはとろけてしまう。

 しか〜し【イースト・オブ・ザ・サン】最大の聴き所は,ラスト10分19秒からのわずか3音! 普段は“天才”キース・ジャレットの陰に隠れがちなチャールス・ロイドであるが,あの瞬間に至っては「チャールス・ロイド・カルテット」のリーダーは,間違いなくチャールス・ロイド“その人”である!

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー / SORCERY4

 『FOREST FLOWER』の3曲目は【SORCERY】(以下【ソーサリー】)。


 【ソーサリー】は,荻野目慶子の“狂乱の舞”のテーマである(←分かるかなぁ?)
 キース・ジャレットが先か,チャールス・ロイドが先か,いや,2人同時に“狂気の音世界”へと突入していく。

 圧倒的な音圧を誇るキース・ジャレットの“破滅の”ピアノの音符の上空を,チャールス・ロイドフルートが一撃で切り裂いていく! 実に怪しい。殺気が漂っている。映画「悪魔が来りて笛を吹く」のゾクゾク感である。

 キース・ジャレットのメロディアスなテーマが鳴り止まないうちに,早くも31秒でチャールス・ロイドフルートが震え出す。そのまま2分前後まで持ちこたえるのだが,いつしか2人同時に共振し,壮絶な果たし合いの地獄絵図が描かれていく!

 ダメだ。鳥肌が立ってくる。重度の緊張感に体全体が襲われ,いつまでも興奮が持続し寝付けやしない。そんな夜にCDラックの奥底から,チャールス・ロイドの「悪魔のフルート」が聞こえてきたら…。あぁ。

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー / SONG OF HER5

 『FOREST FLOWER』の4曲目は【SONG OF HER】(以下【ソング・オブ・ハー】)。


 【ソング・オブ・ハー】は,イントロから共鳴しあう,セシル・マクビーベースジャック・デジョネットドラムが“荘厳で壮大なドラマ”を描き出す! このベース・ラインを聴くだけで“悲しみが込み上げてくる”のはなぜだろう。

 チャールス・ロイドテナーサックスが,物悲しく響いている。朗々と奏でるフレージングが(歯切れが良いだけに)胸にモロ突き刺さる! この“瑞々しい”テナーのトーンが名バラード=【ソング・オブ・ハー】の音世界と交錯している。

 管理人はそうは思わないのだが,チャールス・ロイドを「ジョン・コルトレーンの後継者」と見なすジャズ批評家が少数ながら存在する。
 【ソング・オブ・ハー】だけを取り出して聴けば,なるほど,ジョン・コルトレーンの“生き写し”である。

 2分41秒からのピアノソロは,ロマンチストのキース・ジャレットならではの構成力! チャールス・ロイドテナーサックスを引き立てるバッキングは,中期キースの主戦場=カルテットの原型である。
 それにしてもピンポイント=5分11秒でのキース・ジャレットピアノの一音が“エコーがかって”美しすぎる!

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー / FOREST FLOWER - SUNSET5

 『FOREST FLOWER』の2曲目は【FOREST FLOWER − SUNSET】(以下【フォレスト・フラワー,日没】)。


 【フォレスト・フラワー,日没】は【フォレスト・フラワー,日の出】との組曲! 叙情的でドラマティックで牧歌的! 次の時代を先取りした“フワフワとした浮遊感”漂う大作である。

 【フォレスト・フラワー,日没】の聴き所は“やっぱり”キース・ジャレット! 華麗で壮大で幻想的なフレーズが“とめどなく沸き出てくる”。まさに「アドリブの泉」「創造の宝庫」である。

 そんな中,3分20秒からのフレーズは,チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』の【ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥディ】を連想してしまう。
 そう。チック・コリアに“先んじた”キース・ジャレット! そう聴こえてしまうのは管理人だけ?

 7分50秒から,いよいよ【日没】となるのだが,太陽と地平線の傾き具合をキース・ジャレットが一人で演出してみせる。8分35秒からのピアノのバッキングでついに太陽は姿を消し,8分58秒からの“鐘の音”を合図に【フォレスト・フラワー】が花開く!
 この組曲における演奏スタイルが,後の「完全即興」への布石とも読み取れる。比類なき圧倒的才能を顕わにしている。

 ところで【フォレスト・フラワー,日没】には,モンタレイ・ジャズ・フェスティヴァル特有の“ハプニング”が記録されている。
 このモンタレイの会場,どうやら近くに飛行場があるらしく,キース・ジャレットのソロが始まる直前まで大きなプロペラ音が…。
 でもこれが「ナイスな演出」に思えて,毎回微笑んで(ニヤついて)しまう。プロペラ機を“露払い”とするあたり,さすがは天下のキース・ジャレット

 またしてもキース・ジャレットについてばかり書いてしまったが【フォレスト・フラワー,日没】についてこれだけは補足しておく。
 エンディングでのセシル・マクビーベースソロが“かなりいい感じ”ですよっ。

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー / FOREST FLOWER - SUNRISE5

 『FOREST FLOWER』の1曲目は【FOREST FLOWER − SUNRISE】(以下【フォレスト・フラワー,日の出】)。


 【フォレスト・フラワー,日の出】は【フォレスト・フラワー,日没】との組曲! 叙情的でドラマティックで牧歌的! 次の時代を先取りした“フワフワとした浮遊感”漂う大作である。

 【フォレスト・フラワー,日の出】の聴き所は“やっぱり”キース・ジャレット! 1分17秒からのピアノのフィルイン。ほんのレイコンマ何秒が聞こえただけで,金縛りにあってしまう!

 このピアノの衝撃波を聴衆も感じ取ったのであろう,キース・ジャレットアドリブからわずか数秒で“自然発生的”に拍手が沸き起こっている。「よっ,待ってました。大統領!」のノリである。
 こんなピアニストって,キース・ジャレット以外にいやしません。

 キース・ジャレットの盟友=ジャック・デジョネットドラムが“元気ハツラツ”! 潮の満ち引きのごとく,寄せては返す“ナギ”のドラム・ウェーブ。4分54秒からのドラムソロは一転,荒海“シケ”のドラム・ウェーブ。“緩急自在”のドラミングが素晴らしい。

 チャールス・ロイドテナーサックスは,周囲の景色がどれ程激変しようとも,終始マイペース。まるで無重力の宇宙遊泳のごとく,最高のリズム隊が創り上げた「カヤック」に乗せられ,波と戯れ,潮の流れに身を委ねている。

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums

チャールス・ロイド / フォレスト・フラワー5

FOREST FLOWER-1 ジャズフュージョンを聴く楽しみの一つに“リーダー喰い”のサイドメンの名演がある。
 当然,ロックやポップスにも存在するのだが,その質と量において“リーダー喰い”は,ジャズフュージョンの専門特許! アドリブの「幅と長さと高さと深さ」が,他のジャンルの追随を許さない“自由奔放の極み”へと達しているからである。

 それで大方のジャズフュージョン・ファンは,気に入ったサイドメンの更なる名演を“漁る旅”へと出かけるようになるのだが,この手法には当然“ハズレ”が存在する。
 ほら,読者の皆さんの周りにも1人や2人はいるでしょう? 上の者にはズケズケ文句を言うくせに,いざ自分が責任者になった途端にシドロモドロ。部下には何にも指示できない人が…。
 しかし中には当然“当たり”も存在する。1度でも“大当たり”を引いてしまったが最期,サイドメンを“漁る旅”から2度と抜け出せなくなる“かっぱえびせん(♪やめられない,とまらない)”スパイラル! ジャズフュージョン中毒も“ホンマ物”であろう。

 さて,そんな管理人のとっておきの“大当たり”が,キース・ジャレットつながりで巡り会えた,チャールス・ロイドの『FOREST FLOWER』(以下『フォレスト・フラワー』)!

 そう。管理人の中では『フォレスト・フラワー』の主役はキース・ジャレットであって,チャールス・ロイドはサイドメン! 『フォレスト・フラワー』におけるキース・ジャレットの演奏が半端ない! 若さ溢れるキース・ジャレットの,あの圧倒的な爆発力と無鉄砲な荒々しさが物凄い!

 『フォレスト・フラワー』におけるキース・ジャレットアドリブは,キース自身のリーダー・アルバムでもなかなかお耳にかかれやしない。単なるリズム・セクションの枠を超え,まるでフロントのように歌いまくるキース・ジャレットの最高峰の1つ!

 キース・ジャレットというジャズ・ピアニストの辞書に「バッキングに徹するサイドメン」の文字など存在しない。そう。『フォレスト・フラワー』はキース・ジャレットの“若気の至り”が堪能できる「お宝」CDなのである。

 いや違う。「お宝」は「お宝」でも『フォレスト・フラワー』が「お宝」CDたる所以は,サイドメンであるチャールス・ロイドの“キース・ジャレット喰い”!
 そう。チャールス・ロイドの快演がキース・ジャレットピアノに割って入ってくる。どうしてもチャールス・ロイドテナーサックスに注意が向いてしまうのだ。

 理由は単純明快。『フォレスト・フラワー』は(実は)チャールス・ロイドのリーダーCDなのだから…。
 でも,同じカルテット編成のアメリカンヨーロピアンにおける,デューイ・レッドマンヤン・ガルバレクの2人のテナーサックスの音使いはピアノと明確に聴き分けることができるのだが…。ここが「チャールス・ロイド=最強のサイドメン説」の要点である!

 「チャールス・ロイド=最強のサイドメン説」は,管理人の強引な“こじつけ”などではない。ロイド・ファンの皆さんには辛口で申し訳ないと思うが,ウソ偽りなく述べよう。チャールス・ロイドが輝いていたのは,悲しいかな,キース・ジャレット在籍時の1966〜1969年の4年間だけなのだから…。

FOREST FLOWER-2 レヴューの結びに『フォレスト・フラワー』自体についても触れておこう。

 『フォレスト・フラワー』は,テナー奏者のチャールス・ロイドが,ピアノキース・ジャレットベースセシル・マクビードラムジャック・デジョネットという,超豪華“目も眩むような”リズム・セクションを率いた1966年のモンタレイ・ジャズ・フェスティヴァルにおけるライブ盤。

 当時流行の“フリー・ジャズのロック化”に違いないが,ラテンや4ビートを交えた“変幻自在”最新にして最高のリズム・セクションが,ロックの洗礼を受けた聴衆のハートをジャズの真髄=アドリブ勝負で“鷲掴み”した“サムシングな”大名盤

 『フォレスト・フラワー』は,ロイド・ファンとキース・ファン双方にとっての「必聴盤」である。

  01. FOREST FLOWER - SUNRISE
  02. FOREST FLOWER - SUNSET
  03. SORCERY
  04. SONG OF HER
  05. EAST OF THE SUN

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1967年発売/WPCR-25117)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/ジョージ・アバキャン,大村幸則)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.