アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ジム・ホール

ジム・ホール / アランフェス協奏曲 / CONCIERTO DE ARANJUEZ5

アナログレコード

 『CONCIERTO』の4曲目は【CONCIERTO DE ARANJUEZ】(以下【アランフェス協奏曲】)。


 【アランフェス協奏曲】を直接知らない人であっても,時代劇ファンなら「これ知っている」と述べるはず。そう。【アランフェス協奏曲】は,テレビ朝日系「必殺シリーズ」のクライマックスで流れる例のテーマ!
 【アランフェス協奏曲】より先に「必殺」を聞いたものだから,藤田まことのあのイメージを頭の中から払拭するのに苦心したものだ。まっ,現在でも【アランフェス協奏曲】と聞くと,ジム・ホールよりも先に村治佳織を思い出してしまいますが…。

 さて,冗談半分で【アランフェス協奏曲】=「必殺シリーズ」を紹介してみたが,実はこの選曲,案外考え抜かれているようも思える。そう。【アランフェス協奏曲】は,フュージョンの台頭を迎えた時代にジム・ホールが捧げた“死にゆく4ビート・ジャズ”へのレクイエムではなかろうか?

 3分40秒からのロン・カーターベース・ソロに,ドラムピアノが絡みつき,そこから一気にヒート・アップ! 内へ内へ“切々と情感を紡ぎ出す”ジム・ホールの“クールで控え目で熱情的な”ギター! そこへ更なる時間差で絡みつく,ポール・デスモンドチェット・ベイカーホーンが最高である。
 特にチェット・ベイカーの長いブレス! 時間と共に音がかすれていくのだが,これが終わりそうで終わらない。それどころか次第に“息を吹き返す”技ありのブレスが実に印象深い。

 【アランフェス協奏曲】の原曲は「クラシック・ギターとオーケストラのための協奏曲」であるが,ドン・セベスキーの上品なアレンジがいい。
 全員でテーマを織り成しつつも,テーマ区切りで各人のアドリブがフューチャーされているので,各ソロイストたちの【アランフェス協奏曲】への解釈の違いを聴き取れる。結果,アンサンブル&ソロ,全てが完璧である。19分超えの大作ではあるが「もう終わったの?」と最後まで一気に聴かせてくれるに違いない。
 ジャズ・マニアはもとよりクラシック・ファンにも一度は聴いてほしい大名演である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JIM HALL : Guitar
ROLAND HANNA : Piano
RON CARTER : Bass
STEVE GADD : Drums
CHET BAKER : Trumpet
PAUL DESMOND : Alto Saxophone


アランフェス協奏曲
ランキングを見てみよう!

ジム・ホール / アランフェス協奏曲 / THE ANSWER IS YES5

アナログレコード

 『CONCIERTO』の3曲目は【THE ANSWER IS YES】(以下【アンサー・イズ・イエス】)。


 【アンサー・イズ・イエス】の答えはYES! 主役=ジム・ホールYES! ヒーロー=チェット・ベイカーYES! 聴き所=ローランド・ハナYES!である。

 イントロから全編に渡り“前へ後ろへ”大忙しな主役はジム・ホールギター! しかし,ヒーローと言えばチェット・ベイカートランペット
 チェット・ベイカートランペットは,すでに絶頂期を過ぎた後の演奏であるが,実にリラックスした音を出す。それでいて派手&クール! 老いてもスターはスターであった。

 【アンサー・イズ・イエス】の聴き所は=ローランド・ハナピアノ・ソロ! 3分13秒から始まるローランド・ハナアドリブが,3分36秒から飛び跳ねる!
 突如,眼下に“星が舞い降りるような”錯覚は高音オクターブ! このノリノリ&ジャンピングは『CONCIERTO』全体の中でもここだけ。光り輝く名演である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JIM HALL : Guitar
ROLAND HANNA : Piano
RON CARTER : Bass
STEVE GADD : Drums
CHET BAKER : Trumpet
PAUL DESMOND : Alto Saxophone


アランフェス協奏曲
ランキングを見てみよう!

ジム・ホール / アランフェス協奏曲 / YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO5

アナログレコード

 『CONCIERTO』の1曲目は【YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO】(以下【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】)。


 【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】での,セクステットの面々に賛辞を贈りたい! 元来,重いはずのセクステットが軽快に“歌っている”! これぞ正真正銘“つなぎっぷりが聴き所”の名演である。

 一発ホームラン(アドリブ)ではなく,こつことと“つなぐ”野球。全盛期を過ぎたとはいえ,まだまだ狙えばホームランを打てる6人が,アドリブを捨て走者(奏者)を進めるバッティング! アンチ巨人の管理人には,この「いぶし銀」が大好物である。

 『CONCIERTO』での【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】は“ソロ回し”が主軸なだけに,バッキングの時間が長いのであるが,ソロイストとして前面に出る時以外は,全員自分の“持ち場”に留まり,出しゃばらない。
 実はこの手のバッキングはセクステット編成では稀なことと思う。大抵6人中1人か2人はバッキングでも“いかに目立つか”がモットー。他のメンバーにも緊張感が伝染するのが常である。
 『CONCIERTO』での【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】には,それがない。6人全員が“大人の演奏”に徹している。これがメッチャ気持ちいい。

 ヘレン・メリルの“絶唱”で有名な【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】(邦題【帰ってくれたら嬉しいわ】)は,大スタンダードの歌ものであるだけに,各人の“味付け”に個性が出ている。
 例えば,フュージュンドラマースティーブ・ガッドのハイハット&バスドラが“ガンガン”だし,ほど良い響きの4分音符のシンプルなレガートを,ロン・カーターのウォーキング・ベースが“ビンビン”引っ張っている。
 各人のアドリブをじっくりと追いかけてみると,毎回何かしら“新たな発見”に出会える。そんな奥深い楽しみが「いぶし銀」の所以である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JIM HALL : Guitar
ROLAND HANNA : Piano
RON CARTER : Bass
STEVE GADD : Drums
CHET BAKER : Trumpet
PAUL DESMOND : Alto Saxophone


アランフェス協奏曲
ランキングを見てみよう!

ジム・ホール / アランフェス協奏曲5

アナログレコード

 ギタージャズの「主要楽器」としての地位を確立したのは,エレキ・ギターの登場以降であろう。
 エレキ以前のギターについて語るなら,それがどんなにいいアドリブであったとしても“隣りで鳴り響く”大音量のトランペットサックスのフレーズで一瞬にして“かき消されてしまう”。最初から最後まで“脇役扱い”された要因は“音量の差”1点にあった。
 音量をアンプで自由自在に増幅できるエレキ・ギターの登場は,唯一の弱点“音量の差”を解消した。いや,その気になればトランペットサックスのフレーズを“かき消す”ことさえ可能な時代が到来した。ここで戦ってもしょうがない。ギターと管楽器との平和条約締結であった。

 このように電化武装することでジャズの「主要楽器」としての市民権を得てきたギターであったが,一方で電化の弊害と戦う必要にも迫られた。そう。ギター本来の「繊細な音色」が失われてしまったのだ。「理想の音色」を追い求める,エレクトリック・ギタリストたちの“苦悩の時代”の幕開けである。
 この「音色問題」はエフェクターの登場で一応の解決を見たのであるが,それって小手先での問題先送り? それでいいの? アコギからエレキへと持ち替えた,正統派ギタリストの皆さん!

 その答えが,ジャズ・ギター界の「玄人職人」ジム・ホール! ジム・ホールの特徴は,例えば,オーソドックスなコード・ワークやどんなフォーマットにも対応できる柔軟性について語る機会もあるにはあるが,管理人がジム・ホールについて語る第一声は「玄人職人」ではなく,あのエレキ・ギターの“音色”なのである。
 「アンプリファイアード・アコースティック・ギタリスト」! ジム・ホール自身が自分の音楽についてそう呼んでいる。この言葉にジム・ホール自身の“音色へのこだわり”が伝わってくる。
 そう。ジム・ホールエレキ・ギターの音色は,まるでアンプを通していないかのような音色! こんなにも「ナチュラルな音色」で勝負するエレクトリック・ギタリストを管理人は他に知らない。

 『CONCIERTO』(以下『アランフェス協奏曲』)は,ジム・ホール最大のヒット作! 『アランフェス協奏曲』と聞けば,ジャズ・マニアであるならば,マイルス・デイビスの『スケッチ・オブ・スペイン』,あるいはチック・コリアの【スペイン】でのイントロを連想するのかもしれない。
 しかし真実の『アランフェス協奏曲』の一番手は,マイルスでもチックでもなく,ジム・ホールである! 何と言ってもジム・ホール自身の全ディスコグラフィにとどまらず“あの”CTIレーベル全体の中でも最大のヒット作なのだから…。

 ここまで書くと,次は『アランフェス協奏曲』をめぐる,マイルスチックに対するジム・ホールの優位性を語るのが常であるが,今回は敢えてその論法は封印しよう。
 なぜって? それこそ『アランフェス協奏曲』最大の聴き所が,ジム・ホールの“まろやかな”エレキ・ギターの音色にある,と思っているからだ。読者の皆さんには,管楽器と同時に鳴り響く,仮想アコギの「ナチュラルな音色」を聴いてほしいと思う。

 このCDへの参加メンバーを見れば『アランフェス協奏曲』が大ヒットしたのもうなずける。ロン・カータースティーブ・ガッドローランド・ハナによるピアノ・トリオに,陰影に富む2人の管楽器奏者,チェット・ベイカーポール・デスモント! そう。ジム・ホールの仮想アコギとチリバツのジャズメンばかりである。
 全員が“抑制美”を意識して演奏している。それゆえジム・ホールも必要以上にアンプのボリュームを上げていない。ついにギタリストの長年の夢が『アランフェス協奏曲』で実現した。
 そう。トランペットサックスギター本来の「繊細な音色」で勝負し,主役を張っている。トランペットサックスは,最初から最後まで“脇役”でしかない。ジャズ界に「ギターの時代」が到来した瞬間である。

PS 『アランフェス協奏曲』と言えば村治佳織ですよね?

(1975年録音/KICJ-2174)

ランキングを見てみよう!
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.