アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:本田 雅人

本田 雅人 / サクセス・ストリート5

SAXES STREET-1 本田雅人の実に6年振りとなるオリジナル・アルバム『SAXES STREET』(『サクセス・ストリート』)の「5つ星」を耳にして,本田雅人“完全復活”の言葉は似合わない。

 『サクセス・ストリート』は,年に1枚のペースで届けられた,良い意味で“いつも通りの”本田雅人のニュー・アルバム。本田雅人の中では『SOLID STATE FUNK』から1年振りであるかのような,続編を作った気分でいるのではなかろうか?

 それ位にブランクを感じさせない,これまでの延長線上に位置する“本田印”たっぷり注入の音造り。オンリーワンな本田雅人のポップなメロディーを超絶技巧と完璧なアンサンブルで奏でてくれている。
 『サクセス・ストリート』は,斬新でハイパーで難解なくせして,ダイレクトで耳馴染みの良いポップ・フュージョン。申し分ない。

 『サクセス・ストリート』に,6年間のブランクは感じないが6年間の変化は感じられる。本田さん,いつの間にか“GRPアーティスト”になっているし。
 音楽大学の教壇に立ってきたせいなのか? 教え手として音楽理論全体を学び直してアコースティックな音造りに目覚めてしまったように聴こえる。これはアコースティック楽器の出番が増えたという意味ではないのだが,曲造りをしていく過程で,自ずとエレクトリックではなくアコースティックな楽器での表現を選択してしまったかのように聴こえる。

 例えば,本田雅人自身もEWIを止めるつもりはないのだろうけど,結果としてEWIの使用はゼロ。塩谷哲ピアノ出演が多いし,あの松本圭司にもキーボード以上にピアノを多く弾かせている。井上陽介ウッドベースが超気持ちいい。
 まつ,結局は“エレアコなJAZZY”の【JURAKI】と【SEE YOU TOMORROW】の“懐メロ”にやられてしまっただけだったりして〜。

SAXES STREET-2 【PINOCCHIO】【BEYOND THE TIME】の高難度のアンサンブルこそが「THIS IS MASATO HONDA」。
 そしてアルバムに必ず1曲のチャーミングなフルート曲の【MEMORIES】。

 そんな中,超絶系でカッコイイ系の【SEVEN】【SAX STREET】を,聴いて感じて,クレジットを見てヤッパリ!
 この2トラックは本田雅人梶原順ギター松本圭司キーボード須藤満ベース則竹裕之ドラム。つまりは安定の本田バンド・サウンドにして本田雅人の王道!

 本田雅人とは本田バンド → 『SAXES STREET』とは『SUCCESS STREET』!

PS 本田雅人の『サクセス・ストリート』が48分36秒。T−スクェアの『PARADISE』が48分59秒。70分が標準時なご時世でこんな偶然ってあるんだなぁ。いいや,偶然ではなくご縁が続いているのです!

  01. Seven
  02. Memories
  03. 俺たちの太陽
  04. Pinocchio
  05. Beyond the Time
  06. JURAKI
  07. Sax Street
  08. See you tomorrow

(GRP/GRP 2015年発売/UCCJ-2126)
(☆SHM−CD仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / ソリッド・ステイト・ファンク4

SOLID STATE FUNK-1 “ハイパー・サックス・プレイヤー本田雅人が“ファンクに染まると”『SOLID STATE FUNK』(以下『ソリッド・ステイト・ファンク』)になるのだろう。

 しかし,どうしてもアルバム・タイトル“SOLID”のスリコミが「村田陽一SOLID BRASS」とカブってしまって,大好きな本田雅人を聴きながら,頭の隅っこで村田陽一トロンボーンを探してしまう自分に気付く。
 そう。『ソリッド・ステイト・ファンク』には,管理人の愛してやまない本田雅人が,不在がち,なのである。

 無論,本田雅人は主役である。本田雅人アルトサックスがずっと流れている。なのに本田雅人の“ハイパー・サックス”に身が入らない。
 それどころか脳内で本田雅人アルトサックスを“認識する度に”喪失感に襲われてしまった。

 本田雅人の出来が悪いわけがない。曲の出来が悪いわけがない。本田バンドの出来が悪いわけがない。そうではなくて『ソリッド・ステイト・ファンク』では,これまで新作が届く度に感じていた本田雅人の“神懸り”が降りてこなかった。
 そう。“雲の上の人”だった本田雅人が,地上で“等身大の演奏”でルーティングしているようにしか聴こえないのだ。ゆえに喪失感 →“オレ様”本田雅人が,不在がち,なのである。

 本田雅人のディスコグラフィの中には,幾らかの駄盤が混じっている。でもそれはそれでOKだったのだ。誰しも時にはブレたりタッキングすることもあるだろう。
 本田雅人は“天才”なのだから,三振あるいはホームラン,当たり外れも当然多いと思っている。キース・ジャレットにもパット・メセニーにも駄盤の1枚や2枚はあるのだから…。

 しかし,同じ駄盤を作ったにしてもキース・ジャレットの『RESTORATION RUIN』しかり,パット・メセニーの『ZERO TOLERANCE FOR SILENCE』しかり,チャレンジ精神に似た「サムシング」が感じられた。
 だから管理人は『RESTORATION RUIN』と『ZERO TOLERANCE FOR SILENCE』を頑なに拒絶することができる。

 一方,本田雅人の『ソリッド・ステイト・ファンク』には「サムシング」が感じられない。何かが足りない。初めて聴いたはずなのに,もう何回も聴いたことがある感じ。
 「一番搾り」麦汁ではなく「二番搾り」のようなハイパー・サックスが“フュージョン・ファンク”しているだけの『ソリッド・ステイト・ファンク』を拒絶することもできない。欲求不満になってしまう。

 『ソリッド・ステイト・ファンク』は,書き下ろしではなく,お蔵入りしていたアウト集? これって本田雅人ファン歴18年にして,初めてブチ当たった本田雅人の“賞味期限切れ”? 
 『ソリッド・ステイト・ファンク』を本田バンドの「再結成作」のように受け止めてしまった。

 管理人なりに「思い当たる節」がある。きっと『ソリッド・ステイト・ファンク』の低評価の原因は,前作『ACROSS THE GROOVE』からの反動なのだろう。

SOLID STATE FUNK-2 『ACROSS THE GROOVE』以前は,安定した本田バンドでプレイする本田雅人が大好きだった。いつものあのメンバーでなければ聴くことのできない「アクロバティックなのに阿吽の呼吸」な本田雅人が大好きだった。

 しかし『ACROSS THE GROOVE』における「フォープレイの4分の3」との共演を聴いて,本田雅人の内で生じた「変化の機微」を感じたせいなのだろう。
 自分の中で勝手ながら,本田バンドは「完全燃焼」。祝・本田さん「バンド卒業」の妄想ストーリーが出来上がってしまっていた。

 もう本田バンドの本田雅人はお腹一杯。満腹のゲップ。次なる共演は「リッピントンズ」か「イエロージャケッツ」か「スパイロジャイラ」か?の期待の中で届けられた,本田バンドでの『ソリッド・ステイト・ファンク』に,後戻りとか過去の遺産を感じたのだろう。

 『ソリッド・ステイト・ファンク』以降,本田さんの新作が6年間も発売されていない。本田さんも新しい「一番搾り」麦汁が出せずにもがいている?
 う〜む。この辺の感情は自分でもよく分析はできていない。こんな本田さんの大ファン,他にも多くいるのかな? もしかして管理人1人だけだったら悲しいよなぁ。

 最後にここまで書いてあれですが【ロバートの肖像】【SAILING OF TIME】【YOUR BIRTHDAY】の3曲は大好物!
 (この3曲が流れている時間だけは)予定調和・最高! 本田バンド・最高! 『ソリッド・ステイト・ファンク』最高?

  01. Funky Monsters
  02. ロバートの肖像
  03. Laughter of Dragon
  04. Sailing of Time
  05. 僕のこいのぼり
  06. Your Birthday
  07. A Week
  08. Triangle Moon
  09. Walk The Walk
  10. Angel Smile

(ソニー/SONY 2009年発売/SICL-224)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / CARRY OUT4

CARRY OUT-1 『CARRY OUT』を初めて聴いた時,管理人はT−スクェアのリーダー=安藤まさひろになった気分がした。
 安藤まさひろならきっとこう言ったことだろう。「本田くん,凄〜い。凄すぎるよ…」。

 そう。『CARRY OUT』でイメージしたは,なぜかT−スクェアの「選考会」。その昔,何かの雑誌で読んだことだが本田雅人が「選考会」に用意してきたデモ・テープが「それはそれは完璧で。本田雅人の弾くギター・フレーズをなぞるのが大変だった」という美談が思いに浮かんできた。『CARRY OUT』を聴いていると,安藤まさひろ一流の冗談が,冗談とは思えなくなってきた。

 アルト・サックスソプラノ・サックステナー・サックスバリトン・サックスEWIフルートコーラスシンセプログラミングでの“T−スクェア”な本田雅人に加えて,初披露となるトランペットコルネットトロンボーンクラリネットアコースティックピアノエレクトリックピアノアコースティックギターエレクトリックギターエレクトリックベースドラムまでを“完全演奏”する本田雅人

 ギターソロベースソロピアノソロ…。あぁ,このギタリスト本田雅人いいよなぁ〜。あぁ,このベーシスト本田雅人いいよなぁ〜。あぁ,このピアニスト本田雅人いいよなぁ〜。

 そう。『CARRY OUT』は,本田雅人の本業である“ハイパー・サックス・プレイヤー”に加えて,他の同業楽器演奏者を脅かす“マルチ・サックス・プレイヤー”にしてオール・コンポーズ&アール・アレンジメント+セルフ・プロデュース! 何から何まで一人完結の多重録音!
 安藤まさひろの目が点となり→目が泳ぎ始め→腰を抜かして→椅子から転げ落ちる気分を管理人も体感した思いがしたのだ。管理人SAY「本田さん,凄〜い。凄すぎるよ…」。

CARRY OUT-2 それで勝手に管理人セレクトな『CARRY OUT』の選考結果を。

 当選したのは,超チャーミングな【MERMAID KISS】。本田雅人の十八番=【サックスのためのソナタ第18番「おはこ」】の『CARRY OUT』版=【JAZZの世界旅行】。ご機嫌ソングの【ヒマワリ】。正に今昔風なほのぼの系【今昔物語】。モロ本家スクェア楽曲な【ON THE WIND】。

 あれっ,おかしいな。意図的に選んだわけではないのにリード楽器が【MERMAID KISS】はフルート,【JAZZの世界旅行】はトランペット,【ヒマワリ】【今昔物語】【ON THE WIND】はEWI。なにゆえサックス曲が選考落ち!?

 単純に以上の理由で『CARRY OUT』は星4つとさせていただきます。管理人にとっての『CARRY OUT』は“ハイパー・サックス・プレイヤー本田雅人をサイドメンとして迎えた5曲だけのミニ・アルバムなのです。

  01. Calling The Sun
  02. Mermaid Kiss
  03. Blue Black
  04. Happy Go Lucky
  05. Jazzの世界旅行
  06. Marina Piccola
  07. ヒマワリ
  08. 今昔物語
  09. Running High
  10. On The Wind
  11. 夏の終わりに

(ビクター/JVC 1999年発売/VICJ-60392)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / GROWIN'5

GROWIN'-1 本田雅人の“最高傑作”は『ILLUSION』と『REAL−FUSION』の双璧。本田雅人“命”のマニア盤なら『CROWDED COLORS』である。
 果たして本田雅人の“愛聴盤”は本田雅人デビューCD=『GROWIN’』。

 『GROWIN’』には他のソロCDでは味わえない“安心感”がある。ものの見事に本田雅人の個性がパッケージング → 今聴いても「そこに本田雅人がいるような」真空パック。
 そう。『GROWIN’』は本田雅人ファンの主食。白ごはんである。いつ食しても,どこで食してもOK。対する『ILLUSION』はステーキであり『REAL−FUSION』がハンバーグであり『CROWDED COLORS』はミートソース。← なんのこっちゃ?

 つまり『ILLUSION』『REAL−FUSION』『CROWDED COLORS』を単品で楽しむことは可能だが,毎日聴き込む音楽としては向いていない。ハラハラ・ワクワク・ドキドキの伴うカッチリ感だけでは通してゆけない。
 しかし『ILLUSION』と『REAL−FUSION』の間に『GROWIN’』が,『REAL−FUSION』と『CROWDED COLORS』の間に『GROWIN’』が供されると,これが全然イケてしまうのだから面白い。やはり白ごはんがあるとおかずが進む〜。だからこそ“Mr.安心感”な『GROWIN’』が“愛聴盤”なのだ。

 『GROWIN’』の相当に詰め込まれて凝縮された感のある完璧なトータル・コーディネイト! 音の隙間などないシーツ・オブ・サウンドのキャッチーさ! 超絶テクを聴きやすさに変換させ得るサックス・プレイヤーは歴史を通じて本田雅人しか絶対に存在しない! 『GROWIN’』を聴く度に,最後は「本田雅人はこうでなくっちゃ」と思ってしまう。本田雅人の「音楽力」に説得されてしまい契約書にハンコを押してしまうのだ。

GROWIN'-2 『GROWIN’』の黄金のレパートリー。全曲ハズレなしにして現ライブのレパートリー。本田雅人お得意のキメキメの変拍子も勿論あるが,意外とほのぼの系やポップス系が胸を打つ。特に何てないバラードの【夏のサンタクロース】は他の9曲の流れがあるから泣けてくる。そういう意味でもプレイヤー,作曲家,アレンジャーとしてアルバム全体の流れにまで気を配る“天才”本田雅人がギッシリなのです。

 ここで【サックスのためのソナタ第18番「おはこ」】を例に本田雅人の“天才”を解説しておくと,目のまわるような超絶技巧をイントロで使ったかと思えば楽しげな8ビートになり途中でいきなりビッグバンド風4ビートな展開になり…。サックス・プレイヤーとしてもソプラノ・サックスアルト・サックステナー・サックスをオーバーダブしたり,3種類のサックスソロの掛け合いをしてみたり…。
 そう。【サックスのためのソナタ第18番「おはこ」】とは【本田雅人のためのソナタ第18番「おはこ」】である。本田雅人の人一倍多い引き出しが堪能できます。いや〜,凄いを通り越してスサマジイ。でもどことなく【サックスを壊すためのソナタ第18番「おはこ」】に聴こえてくる。大人の遊びなんだろうなぁ〜。

GROWIN'-3 『GROWIN’』で感じる“安心感”。管理人はきっと無意識のうちに『GROWIN’』に【第2のメガリス】を求めていたのだと思う。T−スクェアを脱退してまで作り上げた“オレ様”のソロデビュー盤なのだから…。

 そう。管理人が『GROWIN’』で感じる“安心感”とは【第2のメガリス】不在から来る“安心感”。その実,きっと相当に凄い超絶技巧な『GROWIN’』。いや,もう『GROWIN’』は暗譜できているのだから…。管理人の頭の中で1曲目から10曲目までよどみなく流れるのだから…。

 上には上。強い刺激も繰り返し受け続けると物足りなくなってしまう。ハードル高くてごめんなさい。でも管理人の期待値のハードルを高く上げたのは誰なのでしょうねっ。
 だ・か・ら『GROWIN’』は“愛聴盤”。だ・か・ら“最高傑作”は『ILLUSION』と『REAL−FUSION』〜。

PS 「GROWIN'-3」は封入特典「サイン入りポストカード」です。

  01. Smack Out
  02. Farmscape
  03. 3/4/5(ワルツでGO!)
  04. Crescent Moon
  05. Joy
  06. サックスのためのソナタ第18番「おはこ」
  07. Turning of the Dream
  08. Afternoon
  09. Condolence
  10. 夏のサンタクロース

(ビクター/JVC 1998年発売/VICJ-60238)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / ACROSS THE GROOVE4

ACROSS THE GROOVE-1 本田雅人の“円熟&チャレンジ”。それが『ACROSS THE GROOVE』。

 『ACROSS THE GROOVE』の真実は,前半2曲が「本田雅人・ウィズ・フォープレイ」で後半8曲は「フォープレイ・ウィズ・本田雅人」。
 そう。『ACROSS THE GROOVE』は,本田雅人フォープレイの豪華共演盤。ついに“ハイパー・フュージョン・サックス・プレイヤー本田雅人が世界へ飛び出した!
 かつて渡辺貞夫デイヴ・グルーシンリー・リトナーチャック・レイニー,そしてハーヴィー・メイソンたちと『MY DEAR LIFE』で世界へ飛び出した時のように…。

 …と思ったあなたは大外れ。管理人も本田雅人の“世界進出”を期待したが『ACROSS THE GROOVE』はその種のアルバムではない。“外へ外へ”の正反対=じっくりと熟成された“内へ内へ”の音造り。
 フォープレイに心酔した本田雅人の“円熟”。それがスムーズ・ジャズである。ドッヒャ〜。
 全曲,本田雅人のオリジナルなはずなのに【CAPTAIN GIOVANNI】と【HA−RU−U−LA−LA】以外は,どうにもこうにもボブ・ジェームス。ここはサンタモニカかLAか,西海岸の爽やかな風が吹いている。

 尤も,本田雅人も相当頑張っている。このアルト・サックスの伸びやかさは本田雅人特有のものだ。しかし音の個性でボブ・ジェームス本田雅人を圧倒している。
 なんでエレピなのに「あっ,ボブ・ジェームスだ」と思ってしまうのか不思議でならないのだが,ボブ・ジェームスエレピが聞こえている限り,どうしてもフォープレイに聞こえてしまう。「ラリー・カールトン抜きの4分の3」でこの存在感。フォープレイMJQを超えてしまったと思っている。
 まぁ,秘密はネーザン・イーストベーススキャットに負う所が大きいと薄々分かってはいるのだが…。
( 今日のところはボブ・ジェームスということで…。ハーヴィー・メイソンごめんなさい )

 『ACROSS THE GROOVE』における本田雅人の“チャレンジ”。それは初の海外レコーディング。
 私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史風)本田雅人は海外ミュージシャンが苦手だった。私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史風)「演奏は上手いんだけど自分の音楽を理解してもらうまでが大変だから」という理由だった。
 そんな“完璧主義者”本田雅人が,自分の音楽を理解してもらえるはずのない?たった3日間の“チャレンジ”レコーディングにGOサイン。これは日本出発前に相当準備した? いいや,この完璧な出来上がりは本田雅人の準備の賜物というよりも“フュージョン界の生き字引”ボブ・ジェームスマイク・ミラーネーザン・イーストハーヴィー・メイソンの“音楽力”の賜物であろう。

ACROSS THE GROOVE-2 年1枚以上のハイペースでリリース・ラッシュを続けてきた本田雅人だったが『ACROSS THE GROOVE』は4年ぶりのソロ名義。レコード会社もBMGへ移籍した。

 この激動の4年間の充実期。ソロを離れた“引っ張りダコな活動”の成果が『ACROSS THE GROOVE』における“円熟&チャレンジ”。“天才”本田雅人のマルチなトータル・バランスが深化している。
 (フォープレイのアルバムはいつでもそうなのだが)『ACROSS THE GROOVE』の完成度の高さに気付くようになったが最後。毎回,静かなる興奮を覚えてしまう。

 ナチュラルで優しいのにゴージャスでカッコイイ。スムーズ・ジャズに心酔する本田雅人を聴くのもまた一興である。

  01. Captain Giovanni
  02. HA-RU-U-LA-LA
  03. Heart Of Zipangu
  04. Stephanie
  05. Cool Bounce
  06. Diversity
  07. Prairie In The Morning
  08. Ocean Avenue
  09. Friends Of My Life
  10. My Ballad

(BMG/BMG 2008年発売/BVCJ-34035)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / THE BEST AND MORE II4

THE BEST AND MORE II-1 “天才”本田雅人2枚目のベストCDが『THE BEST AND MORE 』。

 『THE BEST AND MORE 』は,本田バンドでのライブ盤『WHAT IS FUSION』を除く本田雅人のソロ転向後のオリジナル7枚『GROWIN’』『CARRY OUT』『ILLUSION』『REAL−FUSION』『CROSS HEARTS』『CROWDED COLORS』『ASSEMBLE A CREW』と「B.B.STATION」を除くコンボ3組(「B.B.STATION」はレコード会社がビクターでないので致し方ない)「フォー・オブ・ア・カインド」「ウィットネス」「ヴォイス・オブ・エレメンツ」の全4枚から『FOUR OF A KIND』を除く『FOUR OF A KIND 』『WITNESS LIVE!』『MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS』の3枚=合計10枚から本田雅人自身が選曲したスーパー・ベスト! もはや“絶賛の嵐”しかな〜い。

 『THE BEST AND MORE 』の全14曲を聴き通して感じるのは,合計10枚からのセレクションだというのに,見事に本田雅人のサウンド・カラーで統一されている感有り有り。本田さんって「凄い個性なんだなぁ」を実感する。

 そしてまたもや感じる『ILLUSION』『REAL−FUSION』の“我の強さ”と新たに感じるベーシスト須藤満の存在感。
 青木智仁須藤満田中豊雪須藤満の関係に似ている。偉大なる前任者との比較にさらされながらも安定したベース・ラインでもはやバンドに不可欠な存在に成り上がる。
 【POLKA】【CARIBBEAN KIDS】での本田雅人とのスーパー・ユニゾンは青木智仁「逝去」の淋しさを埋めてくれている。

 『THE BEST AND MORE 』での再発見が【JIAO!!!】。T−スクェア時代の人気曲にして「本田雅人・オフィシャル・サイト」のタイトル兼「オフィシャル・ファン・クラブ」のタイトルをも担う「THIS IS MASATO HONDA」な【CIAO!!!】のジャズヴァージョン
 「おおっ,そうかっ」と聴き込んでいた【JIAO!!!】の“なんともハッピーでスリリングなアルト・サックス”に『THE BEST AND MORE 』で開眼してしまった。「遅咲きの天才」の来襲であった。

THE BEST AND MORE II-2 さて,前にも書いたが管理人がベスト盤を買う理由は未発表音源収録時に限られる。
 『THE BEST AND MORE 』の『AND MORE 』は,新録音の【TOMORROW IS ANOTHER DAY〜A CAPPELLA VERSION〜】。

 『CROSS HEARTS』の【TOMORROW IS ANOTHER DAY】はテナー・サックス。しかし今回の【アカペラ・ヴァージョン】はアカペラとは名ばかりのソプラノヴァージョン
 アカペラをバックに本田雅人ソプラノ・サックスがメイン・ボーカルとして軽やかに“歌い上げていく”。

  01. 3/4/5 (ワルツでGO!)
  02. Panther
  03. Polka
  04. Step Up Action
  05. 君はエスパー
  06. Bright and Early
  07. Dear Old Avignon
  08. Jazzの世界旅行
  09. Jiao!!!
  10. Tomorrow Is Another Day〜A cappella Version〜
  11. Digi-Shake
  12. Caribbean Kids
  13. Dubai
  14. 夏のサンタクロース

(ビクター/JVC 2008年発売/VICJ-61539)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / ASSEMBLE A CREW4

ASSEMBLE A CREW-1 本田雅人本田バンドだ〜。そう強く思ってしまうのが『ASSEMBLE A CREW』。
 『ASSEMBLE A CREW』は本田雅人のソロ名義にして,本田バンドのデビュー盤。ついにこの日がやってきた〜。

 本田バンドにメンツは5人。リーダー=本田雅人アルト・サックスソプラノ・サックステナー・サックスバリトン・サックスEWIフルートフリューゲル・ホーントランペット梶原順ギター松本圭司キーボード青木智仁ベース則竹裕之ドラム
 そう。『WHAT IS FUSION』と同メンツ。『ASSEMBLE A CREW』でコンビネーション・チリバツ・バンドの初のスタジオ入り〜。お殿様のおな〜り〜。貫禄のデビュー盤である。
 いや〜,完全なるバンド・サウンド。メンバー固定の初フル・アルバム特有の“旨み”が出ている。シャープなのに一体感とか統一感とか。見事にまとまっているんだな〜。

 前作『CROWDED COLORS』で“オレ様”全開=自分を出し尽くした本田雅人。その満足感が本田雅人に「次は仲間と」の意識を植え付けたのか『ASSEMBLE A CREW』は,T−スクェアのフロントメン時代の“バンドの一員”的な演奏である。
 勿論,ソロになるといつもの“オレ様”全開のアドリブ・ラッシュなのだが,アンサンブルではバンド・メンバーを前に押し出す黒子役。アクセントの短いフレージングの連続は“神の子”ウェイン・ショーターの領域に足を踏み出している。

 そんな本田雅人のバンド指向の「意思表示」は明確。
 まずはT−スクェアを彷彿とさせる「EWIソプラノ押し」。【ATHLETE】の抜群のドライブ感。【君はエスパー】の軽快なポップ感。【SHO−JO−JI】は本田バンド版ウェザー・リポート。『ASSEMBLE A CREW』のハイライト・トラック=【桃色散歩道】は北九州の音。【音の雫】における豊かな“音の表情”。いい。大好き。他の6トラックも概ねメロディ重視。高難度の刻みも当然あるが必然性を感じるパートで登場する。
 そう。『ASSEMBLE A CREW』は全体的に,本田雅人にしては珍しく“聞き流せる”雰囲気のCDである。

 本田雅人のバンド指向の「意思表示」は『ASSEMBLE A CREW』のジャケット写真にも表われていて,表のクレイ風の5人のフィギュアとインナーの5人での集合写真。本田雅人“初”のゲスト入りなのだ。

ASSEMBLE A CREW-2 T−スクェアBBステーションフォー・オブ・ア・カインドウィットネスVOEとバンド活動を中心に活動してきたバンドマン=本田雅人にとっての「ホーム」こそ本田バンド。
 名前こそ本田バンドを名乗っているが,実体はフレキシブルなライブ専門の「臨時なのにレギュラー・バンド」。毎日セッションしている売れっ子集団の“楽しみ”が本田バンドに宿っている。

 そんな本田バンド(本田雅人と愉快な仲間たち)の“記念写真”が『ASSEMBLE A CREW』であり“記念写真”の続きが『FOUR OF A KIND 』『WITNESS LIVE!』『MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS』である。

 本田雅人のバンドマン人生が少しでも長く続きますように…。

  01. Athlete
  02. Orange
  03. Smile2
  04. 君はエスパー
  05. Panther
  06. Sho-Jo-Ji
  07. Yellow Bird
  08. 桃色散歩道
  09. Center Street
  10. 音の雫

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61209)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / CROWDED COLORS4

CROWDED COLORS-1 管理人の選ぶ本田雅人のツー・トップは『ILLUSION』と『REAL−FUSION』。
 極論を言えば,この2枚があれば他は要らない。『ILLUSION』での“ジャズ・サックス・プレイヤー”+『REAL−FUSION』での“フュージョン・サックス・プレイヤー”=“ハイパー・サックス・プレイヤー”の本田雅人の二面性の魅力が全て詰まっていると思う。
 真面目にそう思っていた。『CROWDED COLORS』を聴くまでは…。

 管理人は『CROWDED COLORS』を(『THE BEST AND MORE』『THE BEST AND MORE 』の影響なのかもしれないが…)“オリジナル盤な顔した”本田雅人3枚目のベスト盤と公言する。

 その心は「本田“オレ様”雅人のてんこ盛り」だから! 『CROWDED COLORS』に本田雅人が全力投球している。本田雅人の“オレ様”を音に投影させるべく“天才”がベストを尽くしている。クールな顔した本田雅人の「熱血漢」は史上初の“事件”であろう。

 さて,本田雅人のファンは親しみを込めて氏を“オレ様”と呼んでいる。尤も本田雅人ライブでの曲紹介で自作曲を“オレ様の曲”と呼んでいる。
 そう。「本人公認」の本田“オレ様”雅人。“オレ様”とは本田雅人の「一人称」のことである。

 管理人は長らく本田雅人を“オレ様”と呼ぶのが好きになれなかった。だって素の本田雅人は,天才なのに謙虚だし天然だし向上心の塊のような人なだけ?
 そう。本田雅人は「永遠の音楽少年にして楽器小僧」。あっ,超のつくナルシストだったっけ?

 そんなナルシスト=オレ様=本田雅人が『CROWDED COLORS』で,ついに全才能のベールを脱いでいる!
 きっかけは鉄壁の豪華ゲスト・プレイヤーと凝りに凝りまくった高難度のアレンジ。周りに煽られ余裕などかましていられない状態。本田雅人が墓穴を彫った? 慢心ゆえの自業自得?
 とにかく本田雅人が今までの本田雅人とは違うハイ・レベルで本田雅人“している”のだ。
 
 …とここまで書いたが『CROWDED COLORS』は,全ソロCDの中で本田メロディが一番薄い。原因は過剰なテクニック主義に走りすぎているせいだと思う。聴いていて面白いのだが楽しさ以上に疲れてしまう。
 『CROWDED COLORS』で本田メロディを感じるのは【EYE POWER=10.00】【CARIBBEAN KIDS】【RETRO CAT】くらいなもの。残り7トラックには本田雅人“らしさ”は薄い。

 でもでも,ここが一番のポイントなのだが,CD一枚を聴き通した後の感想は,全ソロCDの中で,なぜか一番本田雅人“その人”を実感してしまう。ハッキリと「本田サウンド独特の感触」が耳に残るから不思議である。高濃度で後を引く。

 そう。この「確かな本田臭」こそ“オレ様”効果と呼ぶ以外にない。極限まで凄腕テクニシャンとの真剣勝負を繰り返すうちに「どうだ,まいったか,これが“オレ様”の実力だ」と共演者全員の首根っこを抑えつけて回っている。管理人はそのように理解した。

CROWDED COLORS-2 『CROWDED COLORS』は日常ほとんど聴かない(満月の夜に聴きたくなる? ウッソー)。名盤ではない。しかしだからと言って駄盤だなんて思わない。

 『CROWDED COLORS』こそ本田フリークのマスト・アイテム。『CROWDED COLORS』には本気の“オレ様”が宿っている。本田雅人は綺麗なだけではない。闇の部分をついに見せた。フォースにもダークサイドがあるように…。
 特に『CROWDED COLORS』のジャケット写真=「真っ赤な悪魔とペイズリーの図」なんですよ〜。本田“オレ様”雅人〜。

 『ILLUSION』と『REAL−FUSION』の次に『CROWDED COLORS』を是非聴いてほしい。本田雅人の聴き方が絶対変わる。ちょっとは変わる。“オレ様”と呼んでみたくなる。

  01. Eye Power=10.00
  02. Oh! Karnel
  03. Slow Wave
  04. Caribbean Kids
  05. Bright and Early
  06. Small Hours
  07. Knock Around Limousine
  08. Hydration
  09. Retro Cat
  10. Pray For Peace

(ビクター/JVC 2003年発売/VICJ-61093)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / THE BEST AND MORE4

THE BEST AND MORE-1 『THE BEST AND MORE』を聴いて本田雅人を“ハイパー・サックス・プレイヤー”と呼ぶのは止めにしようと思った。

 本田雅人は“ハイパー・サックス・プレイヤー”にしてフュージョン・サックス・プレイヤージャズ・サックス・プレイヤー。でもでも,それだけでは不正確の不十分。
 木管金管EWI鍵盤弦楽器打楽器ヴォイスプログラミングまでこなす“スーパー”マルチ・プレイヤー+名コンポーザー&名アレンジャー&名プロデューサー。
 管理人の中での本田雅人の立ち位置は,塩谷哲と相並ぶJ−ジャズ/フュージョン界の“天才”なのである。

 そんな“天才”本田雅人初のベストCDが『THE BEST AND MORE』。
 『THE BEST AND MORE』は,本田雅人のソロ転向後の『GROWIN’』『CARRY OUT』『ILLUSION』『REAL−FUSION』『CROSS HEARTS』から,本田雅人自身が選曲したスーパー・ベスト! もはや“絶賛の嵐”しかな〜い。

 『THE BEST AND MORE』を1枚聴き通して感じるのは『ILLUSION』『REAL−FUSION』の“我の強さ”。美人揃いの『THE BEST AND MORE』でも「ハッとしてグッとくる」田原俊彦な感じは【GRAND BLUE】【IN MY HEART】【放課後は日曜日】の3トラック。

 そして『THE BEST AND MORE』での再発見が【TOMORROW IS ANOTHER DAY】。前からいい曲だとは思っていたが『CROSS HEARTS』は【A DISTANCIA】と【DIGI−SHAKE】がヘヴィ・ローテで【TOMORROW IS ANOTHER DAY】は1軍半の存在だった。でも〜。
 【TOMORROW IS ANOTHER DAY】ブレイクの秘密は,またしても塩谷哲ソルトさん,またフュージョンやってください。ソルトの大ファンとしては,こんな名演を聴かされてしまったが最後。「欲求不満」がたまりにたまってしまいます。はい。

THE BEST AND MORE-2 さて,前にも書いたが管理人がベスト盤を買う理由は未発表音源収録時に限られる。
 『THE BEST AND MORE』の『AND MORE』は,京セラミタのCM曲【’S WONDERFUL】と未発表ライブ音源【PARALLELOGRAM】。

 一人多重録音の“ハネ系”【’S WONDERFUL】と本田バンドのキメキメな【PARALLELOGRAM】。ここで再度,管理人から本田雅人への提言。「餅は餅屋」だ本田さん。

  01. Joy
  02. Mermaid Kiss
  03. 'S Wonderful
  04. Smack Out
  05. Grand Blue
  06. Condolence
  07. Tokyo Train
  08. In My Heart
  09. 放課後は日曜日
  10. Blue Black
  11. みんなSwing
  12. Tomorrow is Another Day
  13. Parallelogram

(ビクター/JVC 2002年発売/VICJ-60895)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / CROSS HEARTS4

CROSS HEARTS-1 管理人は本田雅人T−スクェアで初めて知ったが,角松敏生のファンの間ではすでに有名人だったようだ。
 そう。本田雅人のデビューは角松敏生のツアー・バンド。「本田雅人T−スクェアに盗られた」という角松敏生ライブMCもあったそうな…。

 そんな角松敏生本田雅人の師弟関係が復活したのが,本田雅人のソロCD第6弾『CROSS HEARTS』。
 角松敏生本田雅人の共同プロデュースにして,角松バンドが全面参加。角松敏生の楽曲も3曲ブッキングされた『CROSS HEARTS』は『ILLUSION』とは対極を為す“異色盤”である。

 『CROSS HEARTS』は,フュージョンに片足突っ込んでいる?角松敏生ゆえ“違和感なし”のフュージョンCD
 そう。『CROSS HEARTS』は角松主導。本田雅人の“バリバリ度”の低い「角松寄り」が物足りない。

 【PARALLELOGRAM】の聴き所はアルトテナーのユニゾン。そして「フィーチャリングベーシスト青木智仁ベース・ソロは桜井哲夫ばりにファンキーである。本田雅人らしくブラス隊の刻みが効いている。

 『CROSS HEARTS』は【A DISTANCIA】がハイライト。この爽やかな風が“角松効果”。【A DISTANCIA】は,角松敏生のノータッチの遠隔操作の大傑作である。
 それにしても角松敏生本田雅人は以心伝心。肌が合っているのだと思う。アクセントのシンセ・プログラミングにマルチ・プレイヤー=本田雅人の“天才”が聴ける。

 【K2】は『CROSS HEARTS』唯一の角松敏生全面プロデュース。しか〜し,意外にも持ってきたのはテクニカル・チューン。青木智仁神保彰のタイトなグルーヴ本田雅人が合う合う。これがプロデューサー=角松敏生の狙いである。本田雅人の魅力を知り尽くしているんだなぁ。妬けてくる〜。

 ミディアム・バラードの【FEEL AT EASE】とポップなノリノリ【…AND YOU?】が“もろ”T−スクェアしている。本田雅人のソロCDを聴いてスクェアっぽさを感じたのは久しぶりである。

 【TECHNO MAMBO】で聴かせるバリトン・サックスフルート・メインでトロンボーン。サブ楽器のトロンボーンでこんな高度なソロを聴かせられてしまったら,本業のトロンボーン・プレイヤーは顔面蒼白。く〜っ。

 【DIGI−SHAKE】は,ハッキリ言って,主役は塩谷哲。何気に聞いていて,慌ててクレジットを見たら塩谷哲。管理人のソルト好きは“天下一品”を自覚しました。

CROSS HEARTS-2 そして『CROSS HEARTS』は【アマヌサの海】【STOP! THE FUNK】【I CAN GIVE YOU MY LOVE】【TOMORROW IS ANOTHER DAY】と続くのだが,どうしても【DIGI−SHAKE】でお腹いっぱいの満腹感。ラスト4曲は不思議と聴き込みが甘くなってしまうのはなぜ?

 【I CAN GIVE YOU MY LOVE】【TOMORROW IS ANOTHER DAY】が大名曲なのは保証しますが,詳しくは次期,トラック批評をカミング・スーン!

 そんなこんなでそうなんです。管理人にとって『CROSS HEARTS』の本田雅人=【DIGI−SHAKE】の塩谷哲なんです。それで次が本田雅人塩谷哲の『FOUR OF A KIND』なんです。うまくつながったかな〜?

  01. Parallelogram
  02. A Distancia
  03. K2
  04. Feel At Ease
  05. …And You?
  06. Techno Mambo
  07. Digi-Shake
  08. アマヌサの海
  09. Stop! The Funk
  10. I Can Give You My Love
  11. Tomorrow is Another Day

(ビクター/JVC 2001年発売/VICJ-60838)
(デジパック仕様)
(CONNECTED対応CD)
(サンプル盤)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / WHAT IS FUSION - SOUND EDITION5

WHAT IS FUSION - SOUND EDITION-1 管理人は矢野沙織を別にすれば本田雅人が大好きだ。
 管理人の本田雅人好きの第三原因が『WHAT IS FUSION』。イエーイ。『WHAT IS FUSION』こそ“ハイパー・フュージョン・サックス・プレイヤー本田雅人のオールタイム・ベストライブT−スクェア時代の代表曲がセレクトされているのが本田フリークとしてはたまらなくうれしい。

 全てが馴染みの曲なのだが,演奏が進化したのか,あるいは本田バンドが固まったのか,スタジオ・レコーディング並みのスーパー・プレイ。本田雅人の“サックス・マシーン”を彷彿させる精密なのに“ヒューマンサックス”ならではの味。
 梶原順ギター松本圭司キーボード青木智仁ベース則竹裕之ドラムも最高なのだが,いつにも増して本田雅人サックスEWIに自然と耳が向いていく。

 理由は本田バンドの心憎いテクニック。自分の個性を生かしながらも主役を引き立てる名演集。本田バンドの面々がみな本田雅人を尊敬している。本田雅人の書いた,難易度の高い譜面と格闘しながらも“天才”本田雅人を認めるがゆえに,本田バンドで共演できる喜びが素直に音に出ている。間違いない。

 例えば【FORGET ME NOT】。オリジナルでは,こちらも“天才”塩谷哲が“本田雅人ばりの”ピアノを弾いていたが『WHAT IS FUSION』では松本圭司エレピで泣かす〜。
 そして【MEGALITH】。同じクインテット編成でもT−スクェア本田バンドでは音の厚みが随分異なる。「バンド・アンサンブル」に徹したT−スクェアと「モチーフの応酬」に徹した本田バンドの違いである。

WHAT IS FUSION - SOUND EDITION-2 『ILLUSION批評&『REAL−FUSION批評は,意識して“書かなかった”が『WHAT IS FUSION批評は,意識しても“書けない”。ぽかんと開いた口からは,ただただ「凄い,素晴らしい」の言葉しか出てこない。

 本田雅人こそ“フュージョンそのもの”である。本田雅人を中心にフュージョン・シーンが動いている。

  01. 放課後は日曜日
  02. TRAFFIC JAM
  03. AFTERNOON
  04. FORGET NOT ME
  05. GOOD MOON
  06. BAD MOON
  07. JOY
  08. MEGALITH
  09. 夏のサンタクロース

(ビクター/JVC 2001年発売/VICJ-60736)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / REAL-FUSION5

REAL-FUSION-1 管理人は矢野沙織を別にすれば本田雅人が大好きだ。
 管理人の本田雅人好きの第二原因が『REAL−FUSION』。
 『ILLUSION』での変幻自在の“ジャズ・サックス”に魂を抜かれて迎え入れた『REAL−FUSION』がド真ん中のストレート。“ハイパー・フュージョン・サックス・プレイヤー本田雅人が爆発している。

 『REAL−FUSION』は,これぞ「オール・スター・セッション」。T−スクェアのバンド仲間の則竹裕之ウィットネスのバンド仲間の梶原順石川雅春フォー・オブ・ア・カインドで後日バンド仲間の塩谷哲青木智仁カシオペア野呂一生ディメンション小野塚晃ソルト・バンド松原秀樹大儀見元山木秀夫バッカス佐々木史郎佐野聡,そして難波弘之三好功郎,さらに外タレ部門からハイラム・ブロックウィル・リーが参加! どうですか,このメンツ! アルバム・タイトル通りの「現在のフュージョン・シーン」を思いっきり楽しめる!

 しか〜し,そんな「オール・スター・セッション」が全て“本田雅人している”! そう。『REAL−FUSION』の印象は,1人多重録音盤『CARRY OUT』とはテイストの異なる“完全版の本田雅人”そのものである。
 親しみやすい美メロディと変拍子でキメまくる“ハイパー・フュージョン”。聴きやすくて聴き込み難い,いつものアレである。本田雅人・一流の凝りに凝ったトリッキーなギミック・アレンジの“仕掛け”は解読までに骨が折れるが,そこが最高に楽しい,ファンへのプレゼント盛り沢山な演奏である。

 『REAL−FUSION』で本田雅人が操るは,メインであるアルト・サックスに加えて,ソプラノ・サックステナー・サックスバリトン・サックスの全サックスとサブのEWI,木管のフルートクラリネット,金管のトランペット,鍵盤のエレクトリック・ピアノに生声いじったヴォイス
 『CARRY OUT』と異なるのは“適材適所”でゲストに吹かせているくらいだが,これが大正解。「餅は餅屋」だ本田さん。

 『REAL−FUSION』で特に「本田雅人本田雅人たる」所以を堪能できる【放課後は日曜日】【STEP UP ACTION】【GOOD MOON】【TOKYO TRAIN】のハイライト4曲の絶賛については,また今回も長文になりそうなのでスルーします。(次期,トラック批評をカミング・スーン)
 でも【放課後は日曜日】はどうしても書きたい。だからちょっとだけ書いちゃう。何と純情なメロディなのだろう。少年のキラキラ・オメメのワクワク・ソング。
 結論1=とにもかくにも梶原順アドリブが聴き所なのだ〜。アレ〜っ。

 管理人が選ぶ『REAL−FUSION』の“裏”ハイライトは梶原順渡辺貞夫フルートボサノヴァ→【TAST OF WIND】。
 本田雅人フルートはノンビブラートでスーっと伸びていく“爽やか系”。テーマと大サビで聴こえるスキャットとのハーモニーがたまらなく好き。
 2分2秒から始まるフルート・ソロの飛翔感はT−スクェア時代の『夏の惑星』を超えている。こんなにもカッコよいフルート・ソロを聴いたのは【TAST OF WIND】が初めてである。
 結論2=とにもかくにも梶原順アドリブが聴き所なのだ〜。アレ〜っ。

REAL-FUSION-2 『ILLUSION』のわずか7ヶ月後に発売された“こってこて”の『REAL−FUSION』。やはり『REAL−FUSION』の本田雅人こそが「THIS IS MASATO HONDA」なフュージョン・サックスの“王道”である。

 でもやっぱり『ILLUSION』で愛を感じた本田雅人が忘れない。本田さん,いつの日か『ILLUSION』路線の『REAL−JAZZ』『WHAT IS JAZZ』の制作もお願いいたします。
 結論3=とにもかくにも梶原順アドリブが聴き所なのだ〜。アレ〜っ。

 本田さんの本田さんによる本田さんのための『REAL−FUSION』! 最高!!

  01. 放課後は日曜日
  02. Wake In Good
  03. Step Up Action
  04. Grand Blue
  05. Mr. Dharma
  06. Taste Of Wind
  07. Good Moon
  08. Forget Me Not
  09. Tokyo Train
  10. Be Ambitious

(ビクター/JVC 2000年発売/VICJ-60653)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

本田 雅人 / ILLUSION5

ILLUSION-1 “ハイパー・サックス・プレイヤー本田雅人が“ジャズ・サックス・プレイヤー本田雅人となった奇跡の瞬間が『ILLUSION』に記録されている。

 管理人は本田雅人が大好きだ。ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンキャノンボール・アダレイマイケル・ブレッカーらを抜きに,現役サックス・プレイヤーに限って言えば,デヴィッド・サンボーンケニー・ギャレットウェイン・シューター渡辺貞夫と肩を並べている。管理人は伊東たけしよりも(himebowさん,ごめんなさい),勝田一樹よりも(風の少年さん,ごめんなさい),小林香織よりも(のぶひでさん,ごめんなさい),あぁ,矢野沙織を別にすれば本田雅人が大好きなのだ〜。

 管理人がここまで本田雅人を押すようになった第一原因が『ILLUSION』の存在にある。『ILLUSION』にメロメロに魂を抜かれてしまったのだった。

 管理人は本田雅人T−スクェアNEW−S』で初めて知った。誰が言ったか「メガリス・ショック」。管理人にド・ストライクだった「メガリス・ショック」。(影響を受けやすい性格なもので)マジで「メガリス・ショック」を受けた口。
 しか〜し『ILLUSION』を聴いた時の衝撃は「メガリス・ショック」以上! もう大興奮でてんやわんや! 本田雅人の「フュージョンを越え,ジャズを越えた」“ハイパー・サックス”が“世界一”であった。
 『ILLUSION』の本田雅人キース・ジャレットに,パット・メセニーに紹介したい。是非共演してほしい。狂気に正気でそう願ったものだ。読者の皆さんにも管理人の大興奮が伝わりますか?

 いかんいかん。『ILLUSION』について語り出すといつも饒舌で止まらなくなってしまう。こんな時はアドリブログ得意のショート・カット編。マジで好きなアルバムであればあるほど分量が少なくなってしまう〜。

ILLUSION-2 『ILLUSION』の聴き所は,ハッキリ言って,王道のジャズ・サックスではなく“ジャズっぽい”本田節とポンタ・ボックスとのインタープレイであろう。

 “手に汗握る”ハイパー・レベルなインタープレイの大連続なのに,4人が完全に“余裕で”演奏している。スタジオの空気を支配しているは「COOLな臨場感」である。こんなに柔軟な音楽は「本田雅人・最初にして最後の」白眉の出来だと思う。く〜っ。

 『ILLUSION批評の続きは,ウィスキーを飲みながら,にいたします。悦に入ってきま〜す。

  01. Little Finger
  02. Trilha Alegre Do Tio
  03. Stratos
  04. In My Heart
  05. Illusion
  06. Last Clear Stream
  07. Jiao!!!
  08. Pork Dance
  09. みんなSwing
  10. Turning Of The Dream

(ビクター/JVC 2000年発売/VICJ-60553)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.