アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ケニー・ドーハム

ケニー・ドーハム / トランペット・トッカータ / MAMACITA4


 『TROMPETA TOCCATA』の3曲目は【MAMACITA】(以下【ママシータ】)。


 【ママシータ】は,ボッサ・ロック調の軽快なブルース。同じブルースでも,ケニー・ドーハム作曲の“ブルージー”な【ブルー・ボッサ】と同じく,後半での盛り上がりが聴き所である。

 この辺りの「盛り上げフィーリング」がケニー・ドーハムジョー・ヘンダーソンの相性の良さなのでは? 演奏スタイルは異なれど,この「盛り上げフィーリング」に“通じる部分”を感じてしまう。

 それにしてもジョー・ヘンダーソンの溌剌としたアドリブには“ニュー・スターの香り”が充満している。リラックスしたテナー・ソロなのに,説得力を持つフレーズが押し寄せてくるのはなぜ? どこかで聴いたことがあるような,でも全てが新しくも感じる不思議なテナー・サックス
 このアドリブを聴かされれば,管理人にも,それまで一匹狼的であったケニー・ドーハムが,唯一,ジョー・ヘンダーソンに「メロメロになった」気持ちが分かると言うものである。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KENNY DORHAM : Trumpet
JOE HENDERSON : Tenor Sax
TOMMY FLANAGAN : Piano
RICHARD DAVIS : Bass
ALBERT HEATH : Drums

ケニー・ドーハム / トランペット・トッカータ / NIGHT WATCH4


 『TROMPETA TOCCATA』の2曲目は【NIGHT WATCH】(以下【ナイト・ウォッチ】)。


 イントロからのテーマが印象的な【ナイト・ウォッチ】は,ファンキー&ブルース! ジャズメンの夜は深い。午前様から本格始動。

 42秒からのケニー・ドーハムのトランペット・ソロ〜2分8秒からのジョー・ヘンダーソンのテナー・サックス・ソロ〜3分33秒からのトミー・フラナガンのピアノ・ソロ…。一連の3者3様のアドリブで今宵も更けていくのだが,各人の個性が際立っているにも関わらず,良い意味での「予定調和」が心地良い。
 ジョーヘントミフラドーハムに気兼ねなく自分の好きな旋律を奏でているが,ソロ終わりの一瞬だけ,ドーハムの顔が思い浮かんだか? ドーハム・フレーズでフェイクしていく。そう。アドリブに耳を傾ける時,3人の良好な人間関係が聴こえてくる。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KENNY DORHAM : Trumpet
JOE HENDERSON : Tenor Sax
TOMMY FLANAGAN : Piano
RICHARD DAVIS : Bass
ALBERT HEATH : Drums

ケニー・ドーハム / トランペット・トッカータ / TROMPETA TOCCATA5


 『TROMPETA TOCCATA』の1曲目は【TROMPETA TOCCATA】(以下【トランペット・トッカータ】)。


 管理人は【トランペット・トッカータ】のイントロだけで“身震い”する。“ブワ〜っと”吹ききるケニー・ドーハムの圧倒的・存在感! 途中で“巻き舌”さえも絡めてくる! 46秒からと57秒からの一吹きで“武者震い”してしまう。
 そう。ケニー・ドーハムが“張っている”! ノドを嗄らして,これだけは聴いておくれ,と叫んでいる!

 ただし,これはバックの4人による「フィーチャリング・ケニー・ドーハム」の“演出”である。
 実に素晴らしいサポートぶりで,彼らの職人芸がなければケニー・ドーハムも一人虚しく大絶唱。さぞ落ち込んだことであろう。このナイス・フォローが,劇薬を産む秘密である。

 1分18秒からは一転,アフロ・ラテン・ロック! テーマをなぞりながらも“スキを見ては”アドリブが自在に飛び出すこの快感こそ,ジャズの醍醐味=ワクワクドキドキ! これぞ名演である。 
 
 6分19秒からは,トミー・フラナガン・トリオの演奏に変わるが,トミー・フラナガンピアノは“お飾り”であって,7分45秒から始まるリチャード・デイビスベースアルバート・ヒースドラムによる“デュオ”こそ聴き所!
 弦を叩きつけて鳴らす,リチャード・デイビスの起伏有るベースに構わず,アルバート・ヒースはシャカシャカ鳴らす。この対比の鮮やかさが【トランペット・トッカータ】の“隠れテーマ”であろう。

 さて,ここで一つトリビア…。このCDのマスター・テープは「音移り」している。14秒,28秒,36秒,45秒,57秒,1分9秒でかすかに聴こえる,ケニー・ドーハムトランペットがその証し。大音量で確認してほしい。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KENNY DORHAM : Trumpet
JOE HENDERSON : Tenor Sax
TOMMY FLANAGAN : Piano
RICHARD DAVIS : Bass
ALBERT HEATH : Drums

ケニー・ドーハム / トランペット・トッカータ5

アナログレコード

 近年,男の子の人気スポーツはサッカーであろうが,管理人が子供の頃は“猫も杓子も”野球,皆甲子園を目指していた。しかし少年野球→中学野球→高校野球へと進むにつれ,野球部人口は減少していく。大きな壁に幾度もぶち当たり夢が遠のいていく?
 そう。高校野球はスポーツ・アスリート集団。運動の出来る男子の集団。当然,激しいチーム内の競争にさらされる。中学時代はエースで4番のヒーローも,名門野球部ではライパチくんに成り下がる。かつての速球派も変化球投手へとスタイルを変える。
 競争を勝ち抜くには,時として自分のプライド・こだわりを捨て,自分が生き残れる得意分野に専念すべきことを悟りつつ,大人へと成長していくのであろう。

 さて,ジャズの花形楽器はトランペットである。そう。トランペット界こそ,ジャズ界一の激戦区! エース級のジャズ・エリートが集結する,言わば“腕自慢のための楽器”である。
 とりわけハード・バップ全盛期には,マイルス・デイビスクリフォード・ブラウンと言う両エースが壁としてそびえ立つ。挑み続けてその壁を越えるか,両エースと競合しない独自路線を確立するしか道はない。

 ケニー・ドーハムはそんな独自路線の代表格! 恐らくケニー・ドーハムは自ら好んで彼独自の演奏スタイルを身に着けたわけではないのでは? 2人のカリスマの絶頂期に活動を共にしたからこそ,もがき苦しみ,葛藤し,時代に揉まれ磨き上げられてきたオリジナリティ!
 そう。ケニー・ドーハムこそ「時代の寵児」であり,トランペット界随一の個性派! 努力の末に手に入れた“哀愁を帯びた味わい深い音色”が彼の勝負球! それで管理人は“ここぞ”という夜には決まって,ケニー・ドーハムCDに手が伸びてしまう。目的は,魂に勇気を注入するためである。

 そう。勇気を注入する! 一般にはケニー・ドーハム=代表作『静かなるケニー』での“静かな叙情性”をイメージしやすい。しかし実際のケニー・ドーハムの演奏は相当熱い。エネルギッシュでアグレッシブな演奏が持ち味である。
 「マイルスに負けるな! ブラウニーを追い越せ!」で生き残ってきた,一流トランペッターとしてのプライドが,管理人に勇気を与えてくれる。あのアーティキュレーションを聴いていると「俺の方がマイルスの何倍も練習している」と言いたげな,彼の自負が見え隠れする。

 ケニー・ドーハムの最終作『TROMPETA TOCCATA』(以下『トランペット・トッカータ』)は,最後まで時代に揉まれ磨き上げられてきた彼の“個性の結晶”である。
 時代は既にモードフリーに向かっており,生粋のハード・バッパーであったケニー・ドーハムにとっては,再度モデル・チェンジの必要に迫られていた時期のCDである。
 しかしケニー・ドーハムは自分の演奏スタイルを変えることはしなかった。ここに彼のプライドが感じられる。彼の主張はこうである。「俺の音色を越えられるヤツが誰かいるのか!」。
 時代が変わりジャズも進化した。『トランペット・トッカータ』での共演者は,皆モデル・チェンジ中である。しかし周りの音がどう変わろうともドーハムドーハム
 『トランペット・トッカータ』には,内に秘めたる熱情を“静かな叙情性”で表現した「信念の人」=ケニー・ドーハムの全てが記録されている。

PS ガンバレ松坂世代の個性派,和田,杉内。負けるなハンカチ世代のマーくん。

(1964年録音/TOCJ-6636)

ランキングを見てみよう!
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.