アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / BARREL OF FUNK4

アナログレコード

 『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の3曲目は【BARREL OF FUNK】(以下【バレル・オブ・ファンク】)。


 【バレル・オブ・ファンク】は,ホレス・シルヴァー! ミディアム・ファンク&キャッチーと来ればホレス・シルヴァーの独壇場! 「フロントの3管が何者ぞ」と言わんばかりに,バッキングから自分の世界を構築する。

 お待たせ! 自分のソロの出番になると“最高にハッピーでご機嫌な”ピアノを弾いてくれる。
 7分36秒からの“クリスマス・ソング風”の出だしで始まるアドリブは“ホレス節”のオンパレード! 「そこのけそこのけホレスが通る!」の“大物喰い”で,ハンク・モブレードナルド・バードリー・モーガンの「ブルーノート御三家」も“お口あんぐり”である。

 ホレス・シルヴァーに続く,ポール・チェンバースのピチカート奏法がこれまたいい! 正確なリズムと美しく豊かな音色で放たれるベース・ソロが,もう一つのハイライト!
 2つの名演を聴き終えた所で,セクステットの合奏へと戻ってくるが,明らかにフロント3管のノリが異なっている。前半の“ハーモニー主体”の演奏から,前へ前への“イケイケ”! 互いに触発し合い一気に高みへと駈け上る! ここに「ジャズの醍醐味」が記録されている。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HANK MOBLEY SEXTET
HANK MOBLEY : Tenor Sax
DONALD BYRD : Trumpet
LEE MORGAN : Trumpet
HORACE SILVER : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
CHARLIE PERSIP : Drums


ハンク・モブレー・セクステット
ランキングを見てみよう!

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / DOUBLE WHAMMY4

アナログレコード

 『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の2曲目は【DOUBLE WHAMMY】(以下【ダブル・ワミー】)。


 【ダブル・ワミー】は,キャッチーなテーマを持ってはいるが,かなり活発なリズムが突き上げてくる! 例の「白鳥のバタ足」である,と書こうと思ったが,実はその逆なのでは? と最近思うになってきた。

 そう。【ダブル・ワミー】は,フロントの3管コンビネーションによる“自作自演”である! なぜなら3人とも自分のソロでは思いっきり吹き切っているが,3管Bフラットだからこそ成立したアンサンブルでは,実にまろやか! そう。アドリブとアンサンブルとの対比だけで「白鳥のバタ足」を襲名することは十分可能である。

 1分後半から2分台半ばにかけての,ハンク・モブレーアドリブの合間に“合いの手”を入れた,ドナルド・バードリー・モーガンであるが,いざ自分の出番となれば,人が変わったように強烈なハイトーンで場をかき回す!

 さて,こう書くとハンク・モブレーが,若きトランペット・スターの“前座”のように思えるかもしれないが“お人好し”ハンク・モブレーは,初めからこのシナリオの筋書きを準備し,2人のバトルには加わっていない。
 上記「白鳥のバタ足の逆バージョン」を感じたのはそのためだろう。事実【ダブル・ワミー】におけるハンク・モブレーは,3管Bフラットの一員と言うより,リズム隊の一員のごとく,とりわけホレス・シルヴァーと連動している。
 そう。【ダブル・ワミー】における『ハンク・モブレー・セクステット』とは,3ホーンピアノ・トリオ(3:3)などではなく,ツイン・トランペットテナー・サックスピアノベースドラム(2:2:2)によって構成されている? そう思って聴き直すと“しっくり”くる。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HANK MOBLEY SEXTET
HANK MOBLEY : Tenor Sax
DONALD BYRD : Trumpet
LEE MORGAN : Trumpet
HORACE SILVER : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
CHARLIE PERSIP : Drums


ハンク・モブレー・セクステット
ランキングを見てみよう!

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / TOUCH AND GO4

アナログレコード

 『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の1曲目は【TOUCH AND GO】(以下【タッチ・アンド・ゴー】)。


 イントロの華やかな“ファンファーレ”が【タッチ・アンド・ゴー】のゴー・サイン! 全員にソロ・パートが割り当てられ,順番に自慢のアドリブを“お披露目する”秩序正しいセッション! 豪放なハード・バップ・ショーの始まり始まり〜。

 3管ユニゾンを絡めながら,ホレス・シルヴァーリー・モーガンの“ファンキー前夜”のハード・バップ・ソロが気持ちいい!
 ハンク・モブレーアドリブは,目立とう精神が足りない? スタートから4小節中2フレーズしか吹かない寡黙なソロ。先発2人の予想以上の出来の良さに,迷いが生じた? 徐々にテンションが持ち直し「さぁこれから」というところで“真打ち”ドナルド・バードの登場となる。

 【タッチ・アンド・ゴー】の勝者はドナルド・バード! 4分51秒からのトランペット・ソロは,クリティカルな“テクニカル”!
 7分40秒からのリー・モーガンとの“ソロ交換”は,出足で遅れをとったドナルド・バードだが,ラストの直線で一気にまくる! “黄金の差し足”がお見事である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HANK MOBLEY SEXTET
HANK MOBLEY : Tenor Sax
DONALD BYRD : Trumpet
LEE MORGAN : Trumpet
HORACE SILVER : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
CHARLIE PERSIP : Drums


ハンク・モブレー・セクステット
ランキングを見てみよう!

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット4

アナログレコード

 ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! こう書くと,首を縦に振る人がいることは分かっている。
 首を縦に振る人の大半は,モブレーの代表作『ソウル・ステーション』の愛聴家であろう。ソフトで控え目で繊細で心温まる“アンニュイ”なハンク・モブレー! これぞジャズ・ファンにとっての“癒やし”の名盤である。

 ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! こう書くと,首を横に振る人がいることも分かっている。
 首を横に振る人の大半は,B級ハード・バッパーとしてのハンク・モブレー・ファンであろう。アグレッシブなブルース調で“ブイブイ”吹きまくる! 確かに“強面”のハンク・モブレーこそ,ハード・バップ・テナーの大スター! 生涯ハード・バッパーであり続け,自己の音楽スタイルを貫き等した“姿勢”においても“ハード”な人に違いない。

 さて,ここで再度宣言する! ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! この宣言はハンク・モブレー=“強面”ハード・バッパーと“思い込んでいる”読者に向けての言葉である。
 今回はハンク・モブレー=“強面”支持者が,その持論の根拠とする『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』(以下『ハンク・モブレー・セクステット』)を例に,管理人の“お人好し”持論を展開してみよう。

 『ハンク・モブレー・セクステット』は,ブルーノート(12インチ)におけるハンク・モブレーの初リーダー作! 初リーダー作と来れば“自分がいかに目立つか”が相場であろう。
 しかし『ハンク・モブレー・セクステット』の売りは,ドナルド・バードリー・モーガンの豪華な共演にある! “ポスト・ブラウニー”を狙う,若き2人の天才トランペッターが“火花散らした”アドリブ合戦を繰り広げる!
 「この2人のどちらが凄いか?」論議が沸騰している最中での起用である。当然,話題は2人のトランペッターに集中し,肝心のリーダー=ハンク・モブレーは“ついで&おまけ”扱いである。全ては予想通りの霞ヶ関…。

 ドナルド・バードリー・モーガンの参加については,プロデューサーであるアルフレッド・ライオンの意向もあったであろうが,それでも自分以外に世間の注目が集まることが「見・え・見・え」の中,打診を快く受け入れ,3管セクステット用の新曲まで書き下ろした“奇特な人”。恐らくレコーディング中は,自分の両脇にいる“年下タレント”の熱演に“ニンマリ笑顔”だったに違いない。
 ねっ,ハンク・モブレーって“お人好し”でしょ? メチャいい人でしょ?
 
 加えて,モブレー=お人好し説にはもう一つ理由がある。モブレー=強面説の根拠とされているように『ハンク・モブレー・セクステット』での,ハンク・モブレーの演奏は強い! 敬愛するソニー・スティットばりのストレートなフレージングが“乱舞”する!
 管理人は『ハンク・モブレー・セクステット』を一聴した時,正直とまどった。これが『ソウル・ステーション』と同じテナー奏者の演奏とは思えなかった。
 あのソフトで控え目で繊細で心温まる“アンニュイ”なハンク・モブレーの姿はない。ここにいるのは,周りの人に嫌でも自分を合わせてしまう“お人好し”のテナー・マン。
 一人きりだと静かなのに,共演者が“ワッ”といくと,行く気がないのについて行ってしまう。周りに“つられて”心にもない強面フレーズを繰り出してしまう。自分の個性を押し殺し“ついつい”周りに合わせてしまう。

 『ハンク・モブレー・セクステット』での,ハンク・モブレーは“強面”ハード・バッパーに聴こえるが,これは“お人好し”の裏返し。 
 やはり聴き所は3管なのに2管! そう。ハンク・モブレーが全てをお膳立てし“ナイス・アシスト”を決めた,ドナルド・バードリー・モーガンアドリブ合戦に違いない。

(1956年録音/TOCJ-1540)

ランキングを見てみよう!
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.