アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:安藤 まさひろ

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / SMART BUNNY4

 『MELODY BOOK』の6曲目は【SMART BUNNY】(以下【スマート・バニー】)。


 【スマート・バニー】は,メロディアスなのか激しいのか,両者混在の打込み系ロック・ギター! ソリッドでラジカルなビートとエッジの立ったギターが跳ねているのに,いつしか“じっくり聴き込んでしまう”自分に気付く。ん〜,年季の入った安藤ファンでも【スマート・バニー】の評価を定めるのは難しいのではなかろうか?

 【スマート・バニー】のサビの出来がお見事! しかし全体の印象としては,安藤まさひろインプロヴィゼーションを思わせるダイナミックで自由奔放なロック・ギターに仕上がっている。

 管理人が定める,難曲【スマート・バニー批評はこうだ。【スマート・バニー】で感じる「事前に書き上げられたアドリブ」の正体は,安藤まさひろの“手癖”の影響である。
 安藤まさひろが無意識のうちにギターを弾くと“スクェア・サウンド”になる。きっと以前に聴いている。昔どこかで聴いている。スクェアライブで聴いたギターソロのエッセンスが詰め込まれている。

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / ROMANCE4

 『MELODY BOOK』の5曲目は【ROMANCE】(以下【ロマンス】)。

 
 【ロマンス】は,子供の頃どこかで聞いた“おとぎ話”の世界! 「夢の国」の物語である。

 “ギコギコ”弦楽器がリードする前半から,ストリングスとアコギがリードする中盤への移行の仕方が,映画のサントラ的手法を連想してしまう。
 ハイライトは“ザ・ストリングス”と安藤まさひろのアコギが絡み始める,1分31秒からの盛り上がり方にある。
 互いに“音”を意識して“重ね合う”ハーモニーの美しさは,クラシックとかヒーリングのそれであり,フュージョン以外にもチャレンジできる,ソロ・アルバムならではの楽しみであろう。

 さて,自分でもよく分からないのだが【ロマンス】の第一印象は,なぜか岡村孝子の【夢をあきらめないで】だった。
 どこがどう似てるかを,説明できる自信はない。その当時,単に大ヒットしていた影響なのかもしれない。でも,今,繰り返し聴いてもやっぱり【夢をあきらめないで】に聴こえてしまった。
 読者の皆さんの耳にも,そう思って聞くとそう聞こえるかも…。試してみていただけますか?

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
MASATOSHI MAEDA GROUP : Strings

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / CHARLIE & IDOL4

 『MELODY BOOK』の3曲目は【CHARLIE & IDOL】(以下【チャーリー&アイドル】)。

 
 【チャーリー&アイドル】は“メロディ・メーカー”安藤まさひろが捧げる【アイドル】たちへのリスペクト! と言うのも,どこからどう切っても“極上メロディ”のオンパレードなのだから…。

 イントロ+26秒からのAメロは,どんな展開にも対応できる“懐の深い”メロディ・ライン。そこへ登場するのが1分15秒からの大サビであるが,やはりこの組み合わせが最良なのだろう。
 TVCMでも買い物中でも,どんな場面にも対応可能。読者の皆さんも耳にしたことがおありなのでは?

 2分3秒からのアドリブは,ジャズギター・テイスト! 【チャーリー&アイドル】の【チャーリー】とはチャーリー・クリスチャン
 オルタードスケールオクターブ奏法による“トーンを下げた”アプローチが,胸に染み入る夏の虫です。

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
DAREK LANE JACKSON : Bass
JUN AOYAMA : Drums

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / THE BOGI CLUB4

 『MELODY BOOK』の4曲目は【THE BOGI CLUB】(以下【ボギー・クラブ】)。

 
 【ボギー・クラブ】は,俄然盛り上がるイケイケ・ナンバー! ダンス&ダンスの歌謡テクノ? EVEの不思議なバック・コーラスも含めて【ボギー・クラブ】での安藤バンドは「米米CLUB」なのである。

 とにかく「うなり,乗りまくり,冴えまくり,吠えまくる」安藤まさひろエレキ・ギターこそ「カールスモーキー石井」! 実際は「地蔵ギター」の安藤まさひろが(音イメージとしては)七変化のアドリブを奏でながらステージ狭しと“踊りまくっている”。
 全編凄いが特にテーマ明け,2分5秒からのアドリブが“快感”である。管理人も「ジェームス小野田」役でいいから,安藤まさひろの隣りで,一緒に“踊り狂いたい”ものである。

 ただし「カールスモーキー石井」の大活躍は“大所帯”「米米CLUB」のサポートがあってのもの。そう。【ボギー・クラブ】での安藤まさひろの大活躍も,青山純笹路正徳という強力サポーターの賜物であろう。
 青山純の生ドラム笹路正徳シンセ打ち込みが見事に絡みつき,たった2人で「米米の本体+ビッグ・ホーンズ・ビー」を兼ねている。

 【ボギー・クラブ】では毎晩,安藤バンドの魅せる(聴かせる)パフォーマンスが上演されている。今夜,読者の皆さんも【ボギー・クラブ】へ出かけてみませんか?

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
JUN AOYAMA : Drums
EVE : Background Vocal

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / HARLEQUIN5

 『MELODY BOOK』の2曲目は【HARLEQUIN】(以下【ハーレクィン】)。

 
 【ハーレクィン】は,笹路正徳の繰り出す“必殺”シンセベースに乗せた,安藤まさひろ“お気に入り”のボーカル・ナンバー。
 このグルーヴ感にシンディボーカルが確かに合う&合う。

 安藤まさひろギターソロは曲の“間奏”って感じの軽いノリ。1分4秒からの美しい音色のバックで,小鳥の“さえずり”が聴こえる。このアイディアが妙にツボにハマッテしまう。好きだ。
 2分24秒からのアドリブは“さりげなく”ハイテクを披露した感じ。あくまでも“さりげなく”。ここが安藤らしい。

 そう。この“飛び跳ねた”感じは,笹路正徳の世界! 安藤メロディーがポップかつファンクに変貌し,やけに耳に残る。
 今後も笹路正徳と組みさえすれば,安藤まさひろが一度は断念した“歌もの”をいつでも発表できそうな勢いを感じさせる。

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
JUN AOYAMA : Drums
CINDY : Vocal
CARL MOORE : Vocal

安藤 まさひろ / メロディー・ブック / EYES OF THE DRAGON (OVERTURE)4

 『MELODY BOOK』の1曲目は【EYES OF THE DRAGON(OVERTURE)】(以下【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】)。

 
 ザ・スクェア・ファンの読者なら,1曲目と9曲目のトラック名が同じで,1曲目が9曲目の“チラリズム”という構成を見て『ADVENTURES』を思い浮かべるかもしれない。そう。ザ・スクェア初の大ヒット・アルバムである。
 つまり【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】は,安藤まさひろにとっては【アドヴェンチャー】的位置付けと見た!
 仮にそうではないとしても,無意識にそうしていたとしたら“大ビンゴ”! ビンゴの方がうれしいので,この推論が外れていますように…。 ← 管理人の文脈の方が本論を外れている…。

 【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】は,7/8拍子という変拍子に上を,それはそれは“白馬の王子様”のように素敵な,極上のメロディー・ラインが自由に駆け巡っていく!
 37秒からのテーマ1と53秒からのテーマ2が繰り返し交錯し,うねうね前進する感じが“ドラゴン”ぽくて,気持ちいい。
 管理人の中での,この“ドラゴン”のイメージは「まんが日本昔ばなし」のオープニングに登場する“坊や”を背中に乗せた龍! さあ【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】の背中に乗って,いざ“安藤ワールド”探検の扉を開きましょ。

 ん? 白馬なのか,龍なのか? お好きな駄獣をお供に…。 

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
DAREK LANE JACKSON : Bass
JUN AOYAMA : Drums

安藤 まさひろ / メロディー・ブック5

MELODY BOOK-1 相当昔の話なので,うろ覚えで申し訳ないのだが,インパクトだけは忘れないTV番組のお話。
 タモリ司会でカシオペアザ・スクェアのTV初共演を見た。雑談がメインで,セッションはあったようななかったような…。

 肝心のセッションは忘れてしまっても,こんなトークの“オチ”だけは今でも鮮明に覚えている。「カシオペアはメンバーの出入りがほとんどないのに,スクェアは出入りが激しいですね。これはリーダーの“人徳”の差?」。
 実際は“絶対に”そんなことはないのだろうが,安藤まさひろも苦笑するしかなかったようだ。安藤まさひろとは“旧知の仲”ゆえの“ほのぼの”としたやりとりであったが,ナイスなツッコミのタモリはさすが。一人で超ウケテシマッタ。

 この時タモリからのフォローはなかったと思うので,ここで管理人からのフォローを…。
 「人をつなぎとめるのは苦手でも,実力派ミュージシャンを“集め寄せる魅力”と“才能発掘の才”はたっぷりなんですよ。ねっ,安藤さん!」 ← フォローになっていない?

 そんな安藤まさひろの“誘引力”たっぷりなエキスが詰め込まれているのが,安藤まさひろのファースト・ソロCDMELODY BOOK』(以下『メロディー・ブック』)である。

 『メロディー・ブック』は“ギタリスト安藤まさひろ”よりも“メロディー・メーカー・安藤まさひろ”としての特徴を全面に押し出している。そう。安藤まさひろのルーツはビートルズ。この全9トラックは,フュージョン・ファンだけではなく,ポップス,ロック・ファンにも訴える,キャッチーな“安藤メロディー”のオン・パレードである。
 そう聴こえてしまうのは,笹路正徳のアレンジによるところが大きいのかも? この2人の組み合わせが,殊の外『メロディー・ブック』をポップ・アルバムにクリエイトした一因であろう。

 『メロディー・ブック』のもう一つの聴き所は,バリバリのギター・プレイ! 安藤まさひろは日本を代表する“生粋の”ギタリスト! ギター小僧の“教則”と呼ぶにふさわしい,ハイ・テクニックなアドリブの連続を楽しめる。

MELODY BOOK-2 さて,スクェア・ファンの焦点は,バンドとソロ作での音の違いであろう。管理人の意見としては“スクェアそのまんま”だ。
 伊東たけしの“失敗?”で懲りたので『メロディー・ブック』が,ザ・スクェアのニュー・アルバムであるかのような“淡い期待”を捨てたのが良かったのかも…。“恐る恐る”聴き始めたが,まるで違和感なし! ボーカル入りが2曲もあるが,それも全く気にならない。

 『メロディー・ブック』の80%は“スクェア・サウンド! ブラインドして“スクェアの新作”と紹介しても信じてもらえることだろう。やっぱり安藤まさひろザ・スクェアの“屋台骨”。人徳が薄くとも(冗談です)ザ・スクェアのリーダーは安藤まさひろなのだ。

 仮に読者の皆さんがザ・スクェア・ファンでもなく,フュージョン好きでもなく,ギター小僧でもない“堅物”だとしても,真の音楽ファンならきっと心から楽しめる! 今夜も『メロディー・ブック』の残り香が,次のバンド・メンバーを集め寄せる。
 管理人もすでに安藤まさひろの魅力に首ったけ。早く捕獲して欲しいものである。(T-スクェアライナーノーツ担当希望!)

  01. EYES OF DRAGON (OVERTURE)
  02. HARLEQUIN
  03. CHARLIE & IDOL
  04. THE BOGI CLUB
  05. ROMANCE
  06. SMART BUNNY
  07. ANOTHER NIGHT
  08. SUSPICIOUS STORY
  09. EYES OF THE DRAGON

(CBSソニー/CBS/SONY 1986年発売/32DH454)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.