アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:向谷 実

向谷 実 / ミノル・ランド / TAKE THE SL TRAIN4

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の3曲目は【TAKE THE SL TRAIN】(以下【テイク・ザ SL トレイン】)。


 【テイク・ジ・A・トレイン】ならぬ【テイク・ザ・SL・トレイン】こそ,もはやカシオペア以上の生業となったか? てっちゃん=向谷実・渾身のトラックである。

 レールのつなぎ目音とSLの修理音をリズムに,重量級のキーボードが噴煙を巻き上げていく!
 【テイク・ザ・SL・トレイン】のトラック批評の詳細は 『ブルーなライフ生活』 にて!? たぶん聴いていないと思われますが,もしやもしや?

 BLUE LIFEさんにトラック批評をお願いしたすきに(冗談です)「あそBOY」でも見に行こうかなあ。

MINORU MUKAIYA : Keyboards, Piano

向谷 実 / ミノル・ランド / RECOLLECTION5

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の5曲目は【RECOLLECTION】(以下【リコレクション】)。


 管理人にとって【リコレクション】はH2Oの【想い出がいっぱい】のようなもの。【リコレクション】を耳にすると,決まって“郷愁”の世界へと誘われる。

 「古いアルバムの中に 隠れて 想い出がいっぱい 無邪気な笑顔の下の 日付けは はるかなメモリー♪」

 そう。隠れていた,いや,胸の奥にしまいこんだはずの,あの甘酸っぱい想い出が“走馬燈”のごとく駆け巡る! 青春って,十代の恋って…。ああ…。
 管理人にとって,想い出の“フラッシュバック”のBGMは,いつでも【リコレクション】なのである。

 1分27秒からフェードインしてくるオーケストラ風のシンセ,そして“真打ち”1分50秒からの向谷実のプレイが胸を打つ! ここから先が泣き所の洪水。どんなに我慢に我慢を重ねても,3分23秒からのドラムの連打でダメ押しされてしまう。
 3分51秒以降でかかるエコーの,なんときらびやかなことだろう。美しい。素敵なハッピーエンド!

 【リコレクション】はキーボード・プレイヤー=向谷実の“少女マンガ”。畑違いの新人漫画家が描くロマンティックな音世界にどっぷりと浸ってみてください。読者の皆さんもきっと心打たれます。

MINORU MUKAIYA : Keyboards, Piano

向谷 実 / ミノル・ランド / 19405

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の9曲目は【1940】。


 「向谷実と輝くオーケストラ」による“楽しい”ビッグ・バンド熱演である。“ノリノリ”のピアノ・コンチェルト形式は,ピアノマン“至福の一時”であろう。ビッグ・バンドが一丸となって,ジャズ・ピアニスト向谷実を盛り上げる!

 これが向谷実の頭の中で鳴り響くビッグ・バンド・サウンド! 多種多様な楽器が次々にソロを披露する! カウント・ベイシーをイメージしたであろう「ワンノート・スタイル」で演奏される向谷実ピアノのリフが,リズム+間+コード進行の舵取り役! 「オール・アメリカン・リズム・セクション」ならぬ「オール・ムカイヤン・リズム・セクション」である。

 【1940】最大の聴き所は,登場する全てのソロイスト達のスーパー・プレイであろう。特にアドリブが素晴らしい。これは「20の顔を持つ男?」=向谷実キーボード・プレイヤーだからこそできる“職人芸”である。いい仕事しているなぁ。  

 4分10秒からの「もう一回!」の大合唱は,生カシオペアライブでの録音! 管理人の声も含まれているのかなぁ。

MINORU MUKAIYA : Keyboards, Piano

向谷 実 / ミノル・ランド / ASIA5

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の2曲目は【ASIA】(以下【アジア】)。


 キレの良いリズムとメロディアスなテーマが印象的な【アジア】は,たとえ西洋楽器のオンパレードであろうとも,もろ“アジア”っぽい。アジアの多様性と,世界でここだけにしか存在しない独自の空気感が,見事に音楽の中で混在している。

 その特徴を醸し出すのが,全編を流れる高速鍵盤バッキング+ベース・ラインによるリズム感。【アジア】における打ち込みドラムは単なる“アクセント”である。
 イントロの15秒間を聴くだけで,この管理人の主張は伝わると思う。高速な鍵盤の海をリズミカルなベースが駆け抜け,そこへビシバシとドラムが入ってくる。そして軽快で優雅なキーボードの主旋律が鳴り響く。ん〜,気持ちいい。
 こんな“一人時間差”のコンビネーションは,カシオペアでもなかなかお耳にかかることは少ない。名トラックであろう。

 1分36秒から2分5秒までを“コマ切れ”に調理した2分58秒からの展開は,アジアの様々な場所を高速移動した感じがよく出ている。ただし“祭囃子”は“いかにもなやりすぎ”なのでは?
 “祭囃子”なしでも十分「エキゾチック・ジャパン」はヒロミ郷。
 いやいや『ASIAN DREAMER』は,新メンバーによる“焼き直し”ベスト盤。

MINORU MUKAIYA : Keyboards, Piano

向谷 実 / ミノル・ランド / PRELUDE4

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の1曲目は【PRELUDE】(以下【2つのピアノのためのプレリュード】)。


 【2つのピアノのためのプレリュード】は,まだ幼き日の“向谷少年”の姿!
 最初はピアノ教室に“いやいや”通いつつも,発表会で“エンターテイナー”の味を占め,以後“鼻高々”のピアノマン!
 そう。ソロCDの幕開けは,向谷実の自分史&懐古趣味からスタートしている?

 わずか56秒の“オードブル”として,自分の過去をさらけ出すとは,さすがは“本性丸出し”のソロCD。( ← 別に向谷さんの自分史は,何かを隠さなければならない程,汚点の多い人生,恥ずかしい人生ではありません。くれぐれも誤解なさらずに…。全ては管理人の妄想90%です。ダーク・タッチの紹介となってしまい,向谷さん,ゴメンナサイ )

 【2つのピアノのためのプレリュード】は,上記コメントを連想させる“クラシック・タッチのキーボード”が聴き所。
 弦楽器のように奏でられる,19秒から52秒までの連打は,まるで“琴”のような“和”の響きで満ちている。

MINORU MUKAIYA : Keyboards, Piano

向谷 実 / ミノル・ランド4

WELCOME TO THE MINORU'S LAND-1 「トレイン・シュミレーター」系の発売ラッシュで“売れっ子”となった向谷実であるが,彼のソロCDの歴史は『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』(以下『ミノル・ランド』)から始まった。

 すでに現在の向谷実を予感させるトラックもあって大変興味深いのではあるが,一人多重録音による徹底した音楽へのこだわりは“鉄道おたく”を越えた“音楽おたく”そのものである。
 CD全編「これぞ向谷実」の音世界。個人的趣味丸出し=素・本性・地の丸出しの完全に“自己満足の世界”ではあるが“由緒正しいソロCD”なのだから誰にも遠慮はいらないはず。ここまで“やり切る”のが至極当然。ゆえに出来には文句な〜し。
 この“潔さ”そして“ハート・ウォーミング+陽気な音”が,カシオペア・ファンとしてはたまらなくうれしかった。

 最近の向谷実の“突出ぶり”ははなはだしい。以前から音楽活動以外でも,例えばFM東京「ビート・カフェ」でDJをやったり,NHKへの出演も多かったりと“正統派の話し手=司会屋実”としても大活躍していたのだったが,近年の向谷実のファン層が“キーボードおたく&MCおたく”以上に“鉄道おたく”で埋め尽くされてきたからもう大変。
 今では旧友のよしみか「タモリ倶楽部」への出演も果たし,もはや向谷実を“カシオペアキーボード・プレイヤー”と紹介する人の方が少なくなってしまったのでは?

 そこで『ミノル・ランド』! このソロCDは,カシオペアの絶頂期にリリースされたこともあり,純粋に向谷実の“フュージョン愛”が感じられる。やはり向谷実の原点は“カシオペアキーボード・プレイヤー”に違いない。

WELCOME TO THE MINORU'S LAND-2 さて『ミノル・ランド』発売時のカシオペアは,しばらくバンド活動を休止して,各自のソロ活動真っ盛り! メンバー4人全員がソロCDを同時期に制作していた。

 管理人はメンバー全員のソロCDを購入し聴き比べてみたのだが,この『ミノル・ランド』が,一番フュージョンからは遠く,しかし一番カシオペアの音に近かった。
 それは向谷実キーボードの“響き”がカシオペア・サウンドの特徴となっていたからであろう。普段はギターベースを耳で追っているつもりだったので,こんな感想を持つなんて,正直,自分でも驚いてしまった。潜在意識の中では「カシオペア向谷実」がインプットされていたのかもしれない。

 この“意外な新発見”に気付いてからというものカシオペアの聴き方が変わったものである。向谷実カシオペアの「司会担当」などではなく「彩り担当」であった。
 尤も,一人多重録音は音質的にはNG。管理人は後年,高音質なゴールドCD盤仕様の『ミノル・ランド』を買い直してみたのだが,どうにも“薄っぺらい”機械音が嫌いで,未だ真剣に聴き込む気にはならない。読者の皆さんにも“カシオペア流の響き”が勝負のゼネラル・オーディオ向きと割り切って聴いてもらいたい。

WELCOME TO THE MINORU'S LAND-3 ところで,8/1,ついにカシオペアの29年に渡る活動に終止符が打たれた!
 “青春の1ページ”が終わった寂しさで一晩中涙に明け暮れてしまったのだが,近年の“スカスカ状態”を知る者としては,やがて来るこの日の覚悟はできていたのだろう。一晩泣き明かして迎えた“朝焼け”時には「やっぱりなぁ」と言う感想しか持ち合わせていなかった。
 こうなったらこうなったで「災い転じて福となす」だ。野呂さんも向谷さんもガンガン,ソロCDでも作っておくれ〜!

  01. 2つのピアノのためのプレリュード
  02. ASIA
  03. TAKE THE SL TRAIN
  04. SPACE TRIP
  05. RECOLLECTION
  06. ROAD RHYTHM
  07. KAKEI
  08. FAMILY LAND
  09. 1940

(キングレコード/ELECTRIC BIRD 1985年発売/228E6015)
(ライナーノーツ/向谷実)
(☆ゴールドCD盤仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.