アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スーパートリビア:MODERN JAZZ BEST SELECTION

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-96

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回はお待たせしました。栄光のTOP5の大発表!

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェイヴァリット・シングス★5.MY FAVORITE THINGS
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★4.ST. THOMAS
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

Waltz for Debby★3.WALTZ FOR DEBBY
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Round About Midnight★2.'ROUND MIDNIGHT
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★1.AUTUMN LEAVES
SOMETHIN' ELSE
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! キャノンボール・アダレイマイルス・デイビスビル・エヴァンスソニー・ロリンズジョン・コルトレーンの代表トラック。もはやどれが1位を取ってもおかしくなんかありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは【枯葉】が好き。マイルス・デイビスが吹く【枯葉】が好き。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,キース・ジャレットチック・コリアの【枯葉】が誕生した。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,武骨なビル・エヴァンスウイントン・ケリーの【枯葉】が誕生し,マイルス自身の『イン・ベルリン』『イン・ヨーロッパ』が誕生した。そして今夜もまた世界のどこかで【枯葉】が…。

 2014年の今もって投票したら同じ結果になることでしょう。いいや,30年振りの「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」は“日本のキャノンボール・アダレイ”こと矢野沙織
 管理人的には矢野沙織の【コンファメーション】が永遠のナンバーワンなのです。

 長期連載96ヶ月。毎月毎月感想をメールで送ってくださった,のぶひでさんにも感謝感謝。その他900名の読者の皆さんにも感謝感謝。皆さん,8年間のご愛読ありがとうございました。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-95

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★10.COOL STRUTTIN'
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★9.MOANIN'
MOANIN'
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・シーン・チェンジズ★8.CLEOPATRA'S DREAM
THE AMAZING BUD POWELL VOL.5
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★7.MORITAT
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

Kind of Blue★6.SO WHAT
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP10の大発表! マイルス・デイビスソニー・ロリンズバド・パウエルアート・ブレイキーソニー・クラークの代表トラック。もはやどれが1位を取ってもおかしくなんかありません。

 そういう訳で管理人の私的ピックアップは音楽性以外。【クール・ストラッティン】が10位とは“世界一のジャズ大国”日本ならでは。紹介のされ方もソニー・クラークがうんぬん以上にジャケット写真の“おみあし”押し。全てが素晴らしいのでありました。

 『サキコロ』からは【モリタート】がランクイン。『サキコロ』自体が全曲大名演なのだが,このランキングはLP全盛期を経験したジャズ喫茶のマスター・セレクション
 とりわけA面1曲目の【セント・トーマス】か,B面1曲目の【モリタート】のどちらの盤面を先にかけるかを迷ったという都市伝説。なぁんだ【モリタート】の方じゃん。
 …と【モリタート】派の『サキコロ』ファンの皆さんは来月の1日まで喜びを噛みしめていてくださ〜い。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-94

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション★15.YOU'D SO NICE TO COME HOME
TO
ART PEPPER MEETS THE RHYTHM
SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★14.BLUE TRAIN
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

至上の愛★13.A LOVE SUPREME
A LOVE SUPREME
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ★12.AUTUMN LEAVES
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Maiden Voyage★11.MAIDEN VOYAGE
MAIDEN VOYAGE
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

 ハービー・ハンコックの【処女航海】がランクイン。「えっ,なんで11位」&「おっ,やっぱり11位」。意外でもあり納得でもある。

 …というのも管理人の【処女航海】の『処女航海』は「無難な船出」。その後,ハービー・ハンコックの『処女航海』は,台風に遭遇し,自然の前には自分が無力であることを思い知らされるものの,難船を生き延び,イルカのダンスに歓喜する。
 
 【処女航海】の“センスの良さとコンセプトの新鮮さ”に気付いたのは,航海も終盤になってから。マイルスピアニスト時代とも,ヘッド・ハンターズ時代とも,ブラック・ファンク時代とも,現在のアグレッシブなハービー・ハンコックとも違いすぎる。

 ハービー・ハンコックの「特別な時代」の【処女航海】。これぞ新主流派を代表する名演である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-93

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

タイム・アウト★20.TAKE FIVE
TIME OUT
デイヴ・ブルーベック

--------------------------------------------------------------------------------------

サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム★19.SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★18.MILESTONES
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ★17.MY FOOLISH HEART
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Left Alone★16.LEFT ALONE
LEFT ALONE
マル・ウォルドロン

--------------------------------------------------------------------------------------

 マル・ウォルドロンの【レフト・アローン】がランクイン。【レフト・アローン】に“嗚咽”してしまう。“悲しみで掻きむしる”強烈なパワーが秘められている。

 ジャッキー・マクリーンの“すすり泣き”にも等しい“枯れた”サックスの味わい。
 そう。伝えようとする“その何か”は定かではないのだが,それでも“その何か”を必死に伝えようとする,ジャッキー・マクリーンの“内省的な熱情”だけは,痛いほど伝わってくるのである。

 結果論ではあるが【レフト・アローン】のサックス奏者はジャッキー・マクリーン以外には考えられない。
 ジャッキー・マクリーンアルト・サックスについては批評したくない。正直,どこかをいじると全体のバランスが崩れそうで恐いのだ。
 それで管理人の中では,この演奏が“頭のテッペンから足の先まで”パーフェクトと信じて疑わないことに決めている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-92

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Concert★25.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
THE LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★24.YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
LAST DATE
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★23.SAY IT
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★22.MY FUNNY VALENTINE
COOKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ケルン・コンサート [SHM-CD]★21.THE KOLN CONCERT
THE KOLN CONCERT
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 「完全即興」のキース・ジャレットソロ・コンサートの中にあって,メロディアスな演奏が“浮雲”のような『ザ・ケルン・コンサート』がランクイン

 体調絶不調のキース・ジャレット本人が『ザ・ケルン・コンサート』でのソロ・ピアノを覚えておらず,マンフレート・アイヒャーの録音テープを聞いて“このピアニストが気に入った”という逸話が残る“神降臨”の美メロの連続!

 大甘だっていいじゃないか! ロマンティックなキース・ジャレットもいいじゃないか! 異端の『ザ・ケルン・コンサート』があるからこそ,厳しくも芸術的なソロ・コンサートが生きてくる!

 良くも悪くも『ザ・ケルン・コンサート』における「完全即興」こそが,キース・ジャレットの“スタンダード”なのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-91

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は26〜30位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Giant Steps★30.GIANT STEPS
GIANT STEPS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

BLUES-ETTE★29.FIVE SPOT AFTER DARK
BLUES-ETTE
カーティス・フラー

--------------------------------------------------------------------------------------

Bags Groove★28.BAG'S GROOVE (TAKE 1)
BAG'S GROOVE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Sonny Clark Trio★27.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
SONNY CLARK TRIO
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

Django★26.DJANGO
DJANGO
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

 【モーニン】と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】がランクイン

 【モーニン】もそうであったが【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】の主役も“ゴルソン・ハーモニー”! 【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 巷のジャズ・ファンの中には【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-90

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は31〜35位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Groovy★35.C JAM BLUES
GROOVY
レッド・ガーランド

--------------------------------------------------------------------------------------

直立猿人★34.PITHECANTROPUS ERECTUS
PITHECANTROPUS ERECTUS
チャールズ・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

アンダーカレント [HQCD]★33.MY FUNNY VALENTINE
UNDERCURRENT
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1★32.FIRE WALTZ
AT THE FIVE SPOT VOL.1
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズVol.2★31.MOANIN'
AU CLUB SAINT-GERMAIN
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

 えっ,よもやの衝撃。なんとレッド・ガーランドの【C JAM BLUES】が35位でランクイン。これはきっとAKB総選挙の速報でたかみな,こじはる,麻里子さま,ともちんが下位に沈んだのと同じ構図?=きっと誰かが入れるもん?

 そう。「MODERN JAZZ BEST SELECTION」の前身「JAZZ PIANO BEST SELECTION」で2位に輝いた『GROOVY』の看板チューンにしてレッド・ガーランドの代表曲。
 てっきり神7入りは堅いと思っていましたので…。【C JAM BLUES】の35位は定番ゆえの油断なのだと思います。

 さて,本家そっちのけで注目しているAKB総選挙。大島優子ファンの皆さん,油断は厳禁ですよっ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-89

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は36〜40位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン★40.MY ONE AND ONLY LOVE
JOHN COLTRANE AND JOHNNY
HARTMAN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

リー・モーガン Vol.3★39.I REMEMBER CLIFFORD
LEE MORGAN VOL.3
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

セルフレスネス・フィーチャリング・マイ・フェイヴァリット・シングス★38.MY FAVORITE THINGS
SELFLESSNESS FEATURING MY
FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★37.BLUE IN GREEN
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・サイドワインダー★36.THE SIDEWINDER
THE SIDEWINDER
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

 リー・モーガンの【アイ・リメンバー・クリフォード】と【ザ・サイドワインダー】が同時ランクイン
 そう。リー・モーガンの「過去と未来の」代表曲である。

 クリフォード・ブラウンの後継者と目されたリー・モーガンブルーノート最大のヒットを放ったリー・モーガン
 ハード・バップを吹いてもジャズ・ロックを吹いても“艶やかな”トランペットリー・モーガン

 ジャズは不良の音楽である。ラッパは不良の楽器である。
 そう。リー・モーガンこそがジャズの“花形”である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-88

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★45.YOU DON'T KNOW WHAT LOVE ISSAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ディッピン★44.RECADO BOSSA NOVA
DIPPIN'
ハンク・モブレー

--------------------------------------------------------------------------------------

Bitches Brew★43.BITCHES BREW
BITCHES BREW
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

セロニアス・ヒムセルフ★42.'ROUND MIDNIGHT
THELONIOUS HIMSELF
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

ケリー・ブルー★41.KELLY BLUE
KELLY BLUE
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ハンク・モブレーの【RECADO BOSSA NOVA】とマイルス・デイビスの【BITCHES BREW】。
 この2トラックは,それぞれハンク・モブレーを「超えた代表曲」でありマイルス・デイビスを「超えた代表曲」である。「時代の代表曲」なのである。

 この2トラックがこんなに上位に入るとは意外であった。無論,演奏は素晴らしい。一票入れたくなる気持ちも分かる。ただし,こんな上位にランクインさせてしまっては,ハンク・モブレー・ファンにもマイルス・デイビス・ファンにも無礼なことだと思ってしまう。

 もしやハンク・モブレー最初の一枚として『ディッピン』を聴いてしまったら勿体ない色眼鏡。もしやマイルス・デイビス最初の一枚として『ビッチェズ・ブリュー』を聴いてしまったら勿体ない色眼鏡。ああ勿体ない。

 ジャズ初心者の読者の皆さん。ショートケーキのイチゴは一番最後に食べますか? そうでしたら『ディッピン』と『ビッチェズ・ブリュー』はディスコグラフィの一番最後ら辺で聴いてみてください。きっと幸せになれます。きっと管理人の真意が分かります!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-87

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は46〜50位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

インタープレイ★50.YOU AND THE NIGHT AND THE
MUSIC
INTERPLAY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★50.BLUE MINOR
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

The Miles Davis All Stars: Walkin'★49.WALKIN'
WALKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

スターダスト★48.STARDUST
STARDUST
ライオネル・ハンプトン

--------------------------------------------------------------------------------------

ケリー・ブルー★47.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
KELLY BLUE
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

スケッチ・オブ・スペイン(レガシー・エディション)★46.CONCIERTO DE ARANJUEZ
SKETCHES OF SPAIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 先月はジム・ホールの【アランフェス協奏曲】。今月はマイルス・デイビスの【アランフェス協奏曲】。全くアプローチの異なる2つの【アランフェス協奏曲】がランクイン
 このどちらかの【アランフェス】を選べというのは大難題。管理人もジャズ喫茶のマスターたちと同じくジム・ホールマイルス・デイビスの両方とも推したいと思う。

 あっ,今月はマイルス・デイビスの【アランフェス】でしたね。
 ギル・エヴァンスのオーケストラとモードを追及した『スケッチ・オブ・スペイン』の中にあって【アランフェス協奏曲】だけは,スペインではなくアフリカのポリリズムであり,マイルス・デイビス一流の“ブルース”である。

 この陰影なのに色彩感=クラシック×ブルース÷2=ジャズマイルス・デイビス

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-86

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は52〜54位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

コンコルド★54.SOFTRY, AS IN A MORNING
SUNRISE
CONCORDE
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★54.DEEP NIGHT
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・ヴァレンタイン(紙ジャケット仕様)★53.STELLA BY STARLIGHT
MY FUNNY VALENTINE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

アランフェス協奏曲★52.CONCIERTO DE ARANJUEZ
CONCIERTO
ジム・ホール

--------------------------------------------------------------------------------------

 こんなランキングがあってもよいのだろうか? 偶然にしても出来すぎのマイナー調・ジャズがズラリである。
 “泣く子も黙る”モダン・ジャズ・カルテット。『クール・ストラッティン』のなかでも2管の端正なハーモニー。“ムーディーな”マイルス・デイビス。そして「いぶし銀」のジム・ホールの【アランフェス協奏曲】。

 この4トラックはジャズ中のジャズ名演ジャズの「宝物」。しかしこの4トラックをクラシック・ファンへ捧げたいと思ってしまう。

 ジャズとクラシック。永遠のライバルにして永遠のお友達。この4トラックの“試金石”でクラシック・ファンへ大パンチ。さてさて,どんなボディ・ブローが返ってくることやら? クラシック・ファンが語る感想の中にジャズの魅力が詰まっている!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-85

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は56〜60位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Flight to Denmark★60.NO PROBLEM
FLIGHT TO DENMARK
デューク・ジョーダン

--------------------------------------------------------------------------------------

Relaxin With the Miles Davis Quintet★59.IF I WERE A BELL
RELAXIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

イン・コンサート〜コンプリート・ヴァージョン★58.JORDU
MAX ROACH & CLIFFORD BROWN IN
CONCERT
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ+2★57.NADIS
EXPLORATIONS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

テイキン・オフ+3★56.WATERMELON MAN
TAKIN' OFF
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

 本当はビル・エヴァンスハービー・ハンコックを取り上げたい気分であるが,今日は新年一発目! ここはマイルス・デイビスの【IF I WERW A BELL】がふさわしい。
 そう。カウントでの指パッチンとベルの音〜! これぞ『リラクシン』の真骨頂! お正月〜(除夜の鐘では決してありませぬ)!

 マイルス・デイビスが大手コロンビアへと移籍するためにプレスティッジとの契約を満了するべく行われた,かの有名なマラソン・セッション4部作の一枚『リラクシン』収録。
 マラソン・セッションはテープ垂れ流しの録音スタイルも世に知られるところが,この『リラクシン』のリラックス。実にレコーディングなんて,ちょちょいのちょい? 中だるみの時間帯の演奏集?

 【IF I WERW A BELL】は,マイルス・デイビスミュートトランペットが王様なのだが,ハイライトはポール・チェンバースウォーキングベースレッド・ガーランドのブロック・コードとシングル・トーン! お正月のお供に!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-84

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は61〜64位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン★64.IN A SENTIMENTAL MOOD
DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★66.FLAMENCO SKETCHES
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ワーキン★63.IT NEVER ENTERED MY MIND
WORKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ+1★62.SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ+2★61.ISRAEL
EXPLORATIONS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの2曲がランクイン。【いつか王子様が】と【イスラエル】である。共にスコット・ラファロポール・モチアンを擁する”伝説の”ピアノ・トリオによる名演である。

 この結果に驚いたりはしないのだが,この2曲が共にスタジオ録音なのが興味深い。スタジオ録音ならではの繊細なアレンジにしてこの抑制美。共にどっぷりと,一旦自分の内なる世界に沈み込んで掴んだリリカルな節回し。

 “張り切りすぎ”の『ポートレイト・イン・ジャズ』と“落ち着きすぎ”の『エクスプロレイションズ』の対称的なキャラクターが,これまた興味をそそるんだよなぁ。
 もっと書き連ねたい衝動に駆り立てられるが,ここは管理人もエヴァンスに倣って,一旦自分の内なる世界に沈み込んで…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-83

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は66〜70位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Coltrane: Rudy Van Gelder Series★70.VIOLETS FOR YOUR FURS
COLTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

A NIGHT IN TUNISIA★70.A NIGHT IN TUNISIA
A NIGHT IN TUNISIA
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

1958マイルス★69.ON GREEN DOLPHIN STREET
1958 MILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Blue Train★68.MOMENT'S NOTICE
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン(紙ジャケット仕様)★67.CHEROKEE
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★66.ALL BLUES
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスが2曲。ジョン・コルトレーンが2曲。そしてクリフォード・ブラウンアート・ブレイキーが1曲ずつ。“鉄板”なランキングである。

 特に『カインド・オブ・ブルー』なら【SO WHAT?】の2番手であり『ブルー・トレイン』なら【BLUE TRAIN】の2番手であろうが,この辺りがきちんとTOP70入りするところがジャズ喫茶の頑固オヤジ・セレクションならでは!

 “鉄板”のアルバム。“鉄板”の6トラック。どれか1曲を抜き出してレヴューするものなら,この黄金比が崩壊する。
 全てが名演。均等に愛し均等に楽しむ。これがジャズ・マニアの“嗜み”である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-82

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は72〜75位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★75.RETURN TO FOREVER
RETURN TO FOREVER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

ヴィレッジ・ヴァンガードの夜★74.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE

A NIGHT AT VILLAGE VANGUARD
ソニー・ロリンズ
--------------------------------------------------------------------------------------

Standards Live★73.STELLA BY STARLIGHT
STANDARDS LIVE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

【HQCD】ベース・オン・トップ★72.DEAR OLD STOCKHOLM
BASS ON TOP
ポール・チェンバース

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットスタンダーズライブから【星影のステラ】がランクイン。「キース・ジャレットスタンダーズライブから」と書いたのは『スタンダーズライブ』からは全6トラックからどの曲がランクインしても不思議ではないからだ。

 【星影のステラ】がランクインしたのは,恐らく『スタンダーズライブ』から1曲選ぶとなるとタイトル・トラックに票が集中しただけなのだと思う。それ位に『スタンダーズライブ』でのキース・ジャレットは(ジャック・デジョネットゲイリー・ピーコックも)乗りに乗っている。キース・ジャレットの“唸り”も絶好調。もはやあの“唸り”なしに『スタンダーズライブ』は成立しない。

 【星影のステラ】のイントロから3分半のキース・ジャレットソロピアノを聴いていただきたい。完全に自分の世界に入り込んだアドリブが【星影のステラ】の「どこに行くのか分からない → しかし最初から完成形は見えていたでしょ?」的な即興演奏へと導いていく。

 いいや【星影のステラ】だけではなく【ザ・ロング・ブルース】【恋に恋して】【トゥー・ヤング・トゥ・ゴー・ステディ】【今宵の君は】【オールド・カントリー】の名演にも繋がるソロピアノ
 いいや『スタンダーズライブ』だけではなく,キース・ジャレットトリオの全ての次回作にまでも…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-81

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は76〜80位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス+3 (紙ジャケ)★80.FULL HOUSE
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

ソング・フォー・マイ・ファーザー★79.SONG FOR MY FATHERSONG
FOR MY FATHER

ホレス・シルヴァー

--------------------------------------------------------------------------------------

ソロ・オン・ヴォーグ+1★78.'ROUND ABOUT MIDNIGHT
SOLO ON VOGUE
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ+1★77.BLUE IN GREEN
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★76.SOMETIME AGO - LA FIESTA
RETURN TO FOREVER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

 ホレス・シルヴァーの【ソング・フォー・マイ・ファーザー】がランクイン
 あのスティーリー・ダンもカヴァーしたキャッチーなメロディー・ラインと粘っこく腰の重いボッサベース・ラインで“ファンキー・ジャズ”したホレス・シルヴァーの“決定的”名演である。

 ポップな曲調にダークな演奏。ファンキー・ジャズ好きの“病みつき率”は相当に高い。ついついリピートしすぎて腹に溜まってしまう。それでも決して飽きがこない。
 言わば「ファンキー・ジャズのかっぱえびせん」。それが【ソング・フォー・マイ・ファーザー】の真髄であろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-80

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は81〜85位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ブリリアント・コーナーズ★85.BRILLIANT CORNERS
BRILLIANT CORNERS
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★84.YOU DON'T KNOW WHAT LOVE ISBALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Quiet Kenny★83.LOTUS BLOSSOM
QUIET KENNY
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

死刑台のエレベーター 完全版★82.ASCENSEUR POUR L'ECHAFAUDASCENSEUR POUR L'ECHAFAUD
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・サウンド★81.DEAR OLD STOCKHOLM
THE SOUND
スタン・ゲッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

 スタン・ゲッツの【ディア・オールド・ストックホルム】がランクイン
 【ディア・オールド・ストックホルム】の名演は多いが,世界の初演である,スタン・ゲッツの【ディア・オールド・ストックホルム】こそが後世へ影響を与えた“決定的”名演である。

 原曲のカタチは崩している。しかし“天才”スタン・ゲッツの崩しが原曲以上に美しい。原曲の美しさを超え香気さえ漂っている。
 スタン・ゲッツの“思い入れたっぷりに”フェイクするアドリブに聴き惚れる〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-79

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は86〜89位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

At the Five Spot 2★89.LIKE SOMEONE IN LOVE
ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT VOL.2エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

ミスティ★89.MISTY
ERROLL GARNER PLAYS MISTY
エロール・ガーナー

--------------------------------------------------------------------------------------

Now's the Time★88.NOW'S THE TIME
NOW'S THE TIME
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1★86.SOMEDAY MY PRINCE WILL COMEBILL EVANS AT MONTREUX JAZZ
FESTIVAL
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

レイ・ブライアント・トリオ★86.GOLDEN EARRINGS
RAY BRYANT TRIO
レイ・ブライアント

--------------------------------------------------------------------------------------

 レイ・ブライアントの“超名演”【ゴールデン・イアリング】。
 管理人が作るジャズベストCDに【ゴールデン・イアリング】は大抵入っている。理由はジャズ初心者にジャズ好きになってもらうには最適だと思うから。

 そう。【ゴールデン・イアリング】は,日本人好みのマイナー調にして,さらっと“切なげに”美メロを歌い上げる“キラー・チューン”。初めて聴いてもいいし,繰り返し聴き返してもいい。スウィンギーで楽しくもありロマンティックでもある。

 “完璧な演奏”という評価はジャズの場合,必ずしもいい意味ではないのだが【ゴールデン・イアリング】については“完璧な演奏”としか言いようがない。
 「ここはこのように弾いてほしい」。「このタメ。そうそう」。【ゴールデン・イアリング】は“痒いところに手の届く”演奏なのである。
 ピアノ・トリオなのにベースドラムは耳に入ってこない。一心にレイ・ブライアントピアノだけを追ってしまう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-78

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は91〜95位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

キャンディ(紙ジャケット仕様)★95.CANDY
CANDY
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

スターダスト★95.STARDUST
HOT HOUSE FLOWERS
ウィントン・マルサリス

--------------------------------------------------------------------------------------

Spiritual Unity★94.GHOSTS:SECOND VARIATION
SPIRITUAL UNITY
アルバート・アイラー

--------------------------------------------------------------------------------------

マンハッタン・ジャズ・クインテッド★92.SUMMERTIME
MANHATTAN JAZZ QUINTET
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ジャズ来るべきもの(+2)★92.LONELY WOMAN
THE SHAPE OF JAZZ TO COME
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

ヘヴィ・ウェザー★91.BIRDLAND
HEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートの“永遠の名曲”【バードランド】がランクイン。いくらフュージョン嫌いなジャズ喫茶のマスター・セレクションとはいえ,この順位はあまりにも早すぎるんではないのか〜。

 一度聴いたら耳タコになるジョー・ザビヌルのメロディ・ラインが素晴らしい。その作曲者がメロディアスに即興した大サビでのアドリブは神。
 ここに「サイドマンを越えたサイドマン」ウェイン・ショーターだから彩付けできたソプラノ・サックスは「悪魔の笛」。
 そこにアレックス・アクーニャマノロ・バドレーナによる高速ツイン・パーカッションジャコ・パストリアスのハーモニクス奏法がトドメヲを刺す。

 リズムが躍動するにつれ,メロディ自体が躍動する。【バードランド】でのウェザー・リポートジョー・ザビヌルの想像以上。なのにこのランキングだけは躍動せず。セラビーはクレーマーなのでしょうか? NO。NO。NO。

 【バードランド】を【ロンリー・ウーマン】【サマータイム】【ゴースト】【スターダスト】【キャンディ】と一緒に聴いてみてください。理屈なしに楽しめる【バードランド】は超一流のなかでも超一流なのです。
 ジャズびいきの管理人をしてウェザー・リポートが最強最高!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-77

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は97〜100位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ワーク・ソング★100.WORK SONG
WORK SONG
ナット・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ナイト・ライツ★99.PRELUDE IN E MINOR
NIGHT LIGHTS
ジェリー・マリガン

--------------------------------------------------------------------------------------

FOUR & MORE★97.SO WHAT
FOUR & MORE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★97.CORCOVADO
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

 いよいよTOP100の大発表。TOP100の発表に合わせて一言暴言を吐くにふさわしいランキングは神。

 マイルス・デイビスの【ソー・ホワット】を聴いて興奮しない人はジャズを聴いても無駄だと思う。その人に向いている音楽はジャズ以外にたくさんある。どうぞ他のジャンルの音楽を楽しんでください。さようなら。

 【ソー・ホワット】はジャズの王道であり異端児である。通常,ジャズではテーマで一通り吹き終えてからアドリブが始まるのだが【ソー・ホワット】のテーマとアドリブの全速力。とにかくブッ飛びっぱなし。
 マイルス・デイビスの【ソー・ホワット】が97位。ジャズって“とんでもない”音楽である( ←この意味が分かるようになってからランキング上位の名演を聴き漁ってください )。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-76

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は101〜104位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ジ・イン・クラウド★104.THE IN CROWD
THE IN CROWD
ラムゼイ・ルイス

--------------------------------------------------------------------------------------

ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン★104.SWING TO BOP
CHARLIE CHRISTIAN - JAZZ IMMORTAL
チャーリー・クリスチャン

--------------------------------------------------------------------------------------

カリフォルニア・シャワー★103.CALIFORNIA SHOWER
CALIFORNIA SHOWER
渡辺貞夫

--------------------------------------------------------------------------------------

ジェリコの戦い★102.JOSHUA FIT THE BATTLE OF
JERICO

HAWKINS ALIVE AT THE VILLAGE GATEコールマン・ホーキンス
--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース★101.DOUBLE BASS
THE MAN WITH THE BASS
ロン・カーター

--------------------------------------------------------------------------------------

 渡辺貞夫カリフォルニアから「春のそよ風」を運んでくる。それが【カリフォルニア・シャワー】。
 パーカー派の渡辺貞夫の面影はない。ここにいる渡辺貞夫は卓越したテクニシャンを越えるメロディ・メーカー。
 柔能く剛を制す! 渡辺貞夫ラムゼイ・ルイスチャーリー・クリスチャンコールマン・ホーキンスロン・カーターを制している。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-75

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は106〜110位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

4 5 & 6: Rudy Van Gelder Remasters Series★110.SENTIMENTAL JOURNEY
4, 5 AND 6
ジャッキー・マクリーン

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズ★109.APRIL IN PARIS
THE MAGNIFICENT THAD JONES
サド・ジョーンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

スピーク・ロウ★108.SOMETIMES I'M HAPPY
SPEAK LOW
ウォルター・ビショップJR.

--------------------------------------------------------------------------------------

アワ・マン・イン・パリ(紙ジャケット仕様)★107.SCRAPPLE FROM THE APPLE
OUR MAN IN PARIS
デクスター・ゴードン

--------------------------------------------------------------------------------------

Overseas★106.RELAXIN' AT THE CAMARILLO
OVERSEAS
トミー・フラナガン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ジャッキー・マクリーンの「鼻歌」【センチメンタル・ジャーニー】がランクイン。
 この楽しさ。こんなスイングが聴きたい夜が確かにある。

 【センチメンタル・ジャーニー】の「風情」に「ニヤリ」に「ペチャクチャ」な小旅行。ノープランの【感傷旅行】。

 【センチメンタル・ジャーニー】さえ聴き込めば,ジャッキー・マクリーンの全てが分かる”と豪語した,あの大物ジャズ批評家の論評に納得できなくもない。
 (認めたくはないのだが)確かに快演である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-74

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は111〜115位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ハウス・オブ・ブルー・ライツ★115.HOUSE OF THE BLUE LIGHTS
HOUSE OF THE BLUE LIGHTS
エディ・コスタ

--------------------------------------------------------------------------------------

オパス・デ・ジャズ★114.OPUS DE FUNK
OPUS DE JAZZ
ミルト・ジャクソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・トレーン★113.I WANT TO TALK ABOUT YOU
SOULTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★112.AUTUMN LEAVES
WYNTON KELLY
ウィントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

ラスト・コンサート(完全盤)★111.DJANGO
THE LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

 スタンダードの【枯葉】の名演は数多いが,ウィントン・ケリーの【枯葉】は,ウィントン・ケリーにしか表現できない【枯葉】然の存在感が際立っている。

 マイルス・デイビスのようにロマンチックでもなくビル・エヴァンスのように激しくもない。いたって王道のアレンジであるが,スインギーでブルージーで陰影のある「ケリー節」がJAZZY。
 「ジャズ・ピアノはかくあるべき」なアドリブが楽しめる。この演奏は何回聴いても飽きがこない。

 ウィントン・ケリーの【枯葉】には,もうワンテイク別の【枯葉】も発売されているが,オリジナルの【枯葉】で十分に思う。
 問答無用の6分間の「ケリー節」は,納得して気分良く契約書にハンコを押してしまう?かのような説得力で満ちている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-73

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は116〜120位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ★120.THE MAN I LOVE (TAKE 2)
MILES DAVIS & THE MODERN JAZZ
GIANTS
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

モダン・アート★120.MOX NIX
MODERN ART
アート・ファーマー

--------------------------------------------------------------------------------------

アルフイー★118.ALFIE'S THEME
ALFIE
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

フォレスト・フラワー★118.FOREST FLOWER
FOREST FLOWER
チャールス・ロイド

--------------------------------------------------------------------------------------

ミッドナイト・ブルー+2★117.MIDNIGHT BLUE
MIDNIGHT BLUE
ケニー・バレル

--------------------------------------------------------------------------------------

アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★116.MOOTH THE MOOCHE
AT THE VILLAGE VANGUARD
グレート・ジャズ・トリオ

--------------------------------------------------------------------------------------

 2012年は自宅で迎えました。今年の初聴きはパット・メセニーの『トラヴェルズ』『ブライト・サイズ・ライフ』と相成りました。
 一通り聴き終え“恒例行事の”キース・ジャレット聴き始め。2012はこのランキング批評に合わせて,人生初となる“サイドメン”としてのキース・ジャレット〜。【フォレスト・フラワー】〜。

 いや〜,キースが若い。ぶっ飛んでいます。本来ならここからソロ・ピアノ作へと流れるパターンですが,今日は『テイルズ・オブ・アナザー』〜。理由は改めて書かなくともお分かりいただけることと思います。
 理由が分からなかった読者の皆さんとランキング118位の実力に関心をお持ちの方はCD批評チャールス・ロイドゲイリー・ピーコックをチェケラウ! 今年もゆる〜くお願いしま〜す。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-72

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は122〜124位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット+3★124.MY ONE AND ONLY LOVE
ART TATUM - BEN WEBSTER
アート・テイタム

--------------------------------------------------------------------------------------

チェット・ベイカー・シングス★124.MY FUNNY VALENTINE
CHET BAKER SINGS
チェット・ベイカー

--------------------------------------------------------------------------------------

ペン・オブ・クインシー★123.MY FUNNY VALENTINE
SONNY STITT PLAYS ARRANGEMENTS
FROM THE PEN OF QUINCY JONES

ソニー・スティット
--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 Vol.1★122.A NIGHT IN TUNISIA
A NIGHT AT BIRDLAND VOL.1
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

 「モダン・ジャズ・ベスト・セレクション・トップ500」のランキング唯一の同名曲の連続ランキング。124位と123位の【MY FUNNY VALENTINE】。

 チェット・ベイカーの【MY FUNNY VALENTINE】は,これぞチェット・ベイカーの代名詞。いいや,ジャズ・ボーカルの代名詞。甘く中性的な歌声がクセになる&ジャズ・ボーカル・ファンなら誰もが知っている“世紀の名演”である。

 方やソニー・スティットの【MY FUNNY VALENTINE】は“知る人ぞ知る名演”である。
 聴き様によってこのトラックはソニー・スティット名演であり,クインシー・ジョーンズ名演であり,チャーリー・パーカー名演である。ソニー・スティットアルト・サックスが秀逸である。

 こうも毛色が異なる2曲の【MY FUNNY VALENTINE】が同評価。これぞ「モダン・ジャズ・ベスト・セレクション・トップ500」のランキングを追いかける醍醐味を実感できる。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-71

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は126〜130位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェア・レディ★130.I COULD HAVE DANCED ALL
NIGHT
MY FAIR LADY
シェリー・マン

--------------------------------------------------------------------------------------

Take Ten★129.THEME FROM 'BLACK ORPHEUS'
TAKE TEN
ポール・デスモンド

--------------------------------------------------------------------------------------

Fly With the Wind★128.FLY WITH THE WIND
FLY WITH THE WIND
マッコイ・タイナー

--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト+4★126.BYE BYE BLACKBIRD
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Impressions★126.IMPRESSIONS
IMPRESSIONS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

 このランキングを見てジョン・コルトレーンマッコイ・タイナーの結びつきに目が行くのが普通のジャズ・ファンだと思うが,ジャズ・マニアの上級者にはジョン・コルトレーンマイルス・デイビスが結びつく。

 これはジョン・コルトレーン在籍時のマイルス・デイビス・クインテットにおける【BYE BYE BLACKBIRD】の意味ではない。【IMPRESSIONS】におけるマイルス・デイビスの影響である。
 【IMPRESSIONS】をマイルス・デイビスの【SO WHAT?】の高速チューンと読み取れば,これはもう…。

 生真面目なコルトレーンの激情の師匠はセロニアス・モンクであろうが,モンク師匠の陰にマイルス・デイビスが鎮座している。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-70

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は131〜135位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at the Village Vanguard★135.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE

LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
ジョン・コルトレーン
--------------------------------------------------------------------------------------

TUTU★133.TUTU
TUTU
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ロング・イエロー・ロード★133.LONG YELLOW ROAD
LONG YELLOW ROAD
秋吉敏子

--------------------------------------------------------------------------------------

オフランプ★132.ARE YOU GOING WITH ME?
OFFRAMP
パット・メセニー

--------------------------------------------------------------------------------------

Dark Beauty★131.RUN AWAY
DARK BEAUTYY
ケニー・ドリュー

--------------------------------------------------------------------------------------

 “我らが”パット・メセニーの【ついておいで】がランクイン。パット・メセニー・フリークの間では名曲の誉れ高し【ついておいで】。ただし管理人は【ついておいで】をそんなに評価はしていない。

 理由は【ついておいで】=【フェイズ・ダンス】説。ECMの2大名盤想い出のサン・ロレンツォ』の2曲目が【フェイズ・ダンス】なら想い『オフランプ』の2曲目が【ついておいで】。どうにもかぶる。ナチュラルなフォーク・タッチの演奏から余裕しゃくしゃくな雰囲気が匂ってくる。

 【ついておいで】はパット・メセニー・フリークの間では10位であろうが,ジャズ喫茶の頑固オヤジ・ランキングでは132位。ジャズ喫茶のマスターを夢見た管理人の評価も132位。妥当と思うが一言物申す。

 『オフランプ』の代表曲なら【ついておいで】ではなく【ジュームス】だろうが〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-69

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は136〜140位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Open Sesame★140.OPEN SESAME
OPEN SESAME
フレディ・ハバード

--------------------------------------------------------------------------------------

ソウルヴィル+3★139.LOVE COME BACK TO ME
SOULVILLE
ベン・ウェブスター

--------------------------------------------------------------------------------------

Priestess★138.PRIESTESS
PRIESTESS
ギル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・コンプリート・レスター・ヤング・オン・キーノート★137.SOMETIMES I'M HAPPY(TAKE 2)PRESS ON KEYNOTE
レスター・ヤング

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・サンズ★136.BLUE SANDS
BLUE SANDS
チコ・ハミルトン

--------------------------------------------------------------------------------------

 このランキングは「モダン・ジャズ・ベスト・セレクション」であるが,ビ・バップ以前のスイング・ジャズからベン・ウェブスターレスター・ヤングランクイン
 本当はフレディ・ハバードについてコメントしたかったが,どうしてもツッコまずにはいられないジャズ好きの管理人です。

 【LOVE COME BACK TO ME】におけるベン・ウェブスターの「均整のとれたストレートでスインギーな歌心」。
 【SOMETIMES I’M HAPPY(TAKE 2)】におけるレスター・ヤングの「より自由な魂の飛翔を求めた優しくも大胆なリリシズム」。

 2大スイング・ジャズテナーの特徴が聴き取れるこの名演こそ,スイング・ジャズを優に越えた“モダン・ジャズテナー”そのものである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-68

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は141〜145位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

トランス・ブルー★145.MY FUNNY VALENTINE
TRANS BLUE
日野皓正

--------------------------------------------------------------------------------------

インヴィテーション★144.HOLYLAND
INVITATION
アル・ヘイグ

--------------------------------------------------------------------------------------

Giant Steps★143.MR. P.C.
GIANT STEPS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

プレイズ・ソプラノ・サックス★141.WRAP YOUR TROUBLES IN
DREAMS ( AND DREAM YOUR TROUBLES AWAY )
PLAYS SOPRANO SAX
ズート・シムズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ワーデル・グレイ・メモリアルVol.1★141.TWISTED
WARDELL GRAY MEMORIAL VOL.1
ワーデル・グレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 テナー奏者のズート・シムズ唯一のランクインが【WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS ( AND DREAM YOUR TROUBLES AWAY )】。そう。ソプラノ・サックスである。

 管理人の持論の一つである「ズート・シムズソプラノ・サックス」が,ジャズ喫茶のマスターにして頑固オヤジのランキングにより実証されたと勝手に思っている。それ位にズート・シムズソプラノ・サックスの相性はチリバツなのだ。

 【WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS ( AND DREAM YOUR TROUBLES AWAY )】のスイング感だけに注目すれば141位ではなく14位である(管理人の独自調査による)。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-67

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は146〜150位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウィ・スリー★150.REFLECTIONS
WE THREE
ロイ・ヘインズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ノスタルジア★149.NOSTALGIA
NOSTALGIA
ファッツ・ナバロ

--------------------------------------------------------------------------------------

Drums Unlimited★147.DRUM UNLIMITED
DRUM UNLIMITED
マックス・ローチ

--------------------------------------------------------------------------------------

フュエゴ★147.AMEN
FUEGO
ドナルド・バード

--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン★146.GEORGE'S DILEMMA
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ケニー・クラークから出発した同時代のライバルとして互いに切磋琢磨してきたのがロイ・ヘインズマックス・ローチドラム隊。
 一方,ファッツ・ナバロクリフォード・ブラウンドナルド・バードと天才のDNAを受け継ぎながら,その世代最高の輝きを放ったラッパ隊。
 天才ドラマー2人と天才トランペッター3人の人生が交差する,何とも粋なランキングである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-66

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は151〜154位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Soul Station★154.REMEMBER
SOUL STATION
ハンク・モブレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルース・ウォーク★153.BLUES WALK
BLUES WALK
ルー・ドナルドソン

--------------------------------------------------------------------------------------

On Green Dolphin Street★152.YOU AND THE NIGHT AND THE
MUSIC
ON GREEN DOLPHIN STREETビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

THE CAT★151.THE CAT
THE CAT
ジミー・スミス

--------------------------------------------------------------------------------------

 「B級ジャズの良心」ハンク・モブレイ。「ファンキー・ソウル」のルー・ドナルドソン。「内省的耽美主義」のビル・エヴァンス。「ブルーノートの顔」のジミー・スミス
 このランキングは奇跡的である。ジャズの“旨み”を最高バランスで提示する。

 この4人の中から誰をピックアップしようか迷いに迷って,え〜い。結論は極論の大暴言。
 この4人の超個性派を追いかければ“ジャズの楽しさ”“ジャズの何たるか”が理解できる。
 この4人を聴け! この4人を追え! この4人を追いまくれ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-65

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は155〜158位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★158.STRODE RODE
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

アライヴ・アンド・ウェル・イン・パリス★158.AND WHEN WE ARE YOUNG
ALIVE AND WELL IN PARIS
フィル・ウッズ

--------------------------------------------------------------------------------------

アウト・トゥ・ランチ★155.ONE FOR THE TRANE
ONE FOR THE TRANE
アーチー・シェップ

--------------------------------------------------------------------------------------

Spirit Sensitive★155.AUTUMN IN NEW YORK
SPIRIT SENSITIVE
チコ・フリーマン

--------------------------------------------------------------------------------------

The Festival Album★155.FREEDOM SOUND
LIVE AT THE NEWPORT AND PACIFIC
JAZZ FESTIVAL

クルセイダーズ
--------------------------------------------------------------------------------------

 フリー・ジャズからアーチー・シェップチコ・フリーマンがランクイン。ついでに【ONE FOR THE TRANE】とはジョン・コルトレーン

 同じフリー・ジャズでも,アーチー・シェップには「フリー・ジャズの闘士」のイメージがあるが,チコ・フリーマンにはスマートで都会的」なイメージを持つ。『SPIRIT SENSITIVE』はもろ=最高のバラード集。
 フリー・ジャズの振り幅は激しい。ああ,幅と長さと高さの深さよ…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-64

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は160〜162位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アンダー・ザ・スカイ伝説★162.STELLA BY STARLIGHT - ON GREEN DOLPHIN STREET
LIVE UNDER THE SKY
V.S.O.P.
--------------------------------------------------------------------------------------

ブッカー・リトル★162.LIFE'S A LITTLE BLUE
BOOKER LITTLE
ブッカー・リトル

--------------------------------------------------------------------------------------

アウト・トゥ・ランチ★161.OUT TO LUNCH
OUT TO LUNCH
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

Jazz at Massey Hall★160.A NIGHT IN TUNISIA
JAZZ AT MASSEY HALL
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 何の因果か,エリック・ドルフィーと“盟友”ブッカー・リトルが同時ランクイン!
 しかし【OUT TO LUNCH】と【LIFE’S A LITTLE BLUE】に「双頭コンボ」で鳴らしていた面影はない。ここがジャズの醍醐味なんだよなぁ。

 【OUT TO LUNCH】のエリック・ドルフィーは,フレディ・ハバードボビー・ハッチャーソンが形成した新主流派のエリック・ドルフィー
 【LIFE’S A LITTLE BLUE】のブッカー・リトルは,ワン・ホーンで朗々と歌い上げる叙情派のブッカー・リトル

 全く異質な2人が共演,しかも「双頭コンボ」となると,あれ〜,火を噴いている。
 『BOOKER LITTLE』『AT THE FIVE SPOT』『OUT TO LUNCH』の時系列順に聴いてみると。な〜るほど,な共通点が聴こえてくる。これぞジャズの醍醐味そのもの!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-63

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は164〜167位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.1★167.UN POCO LOCO
THE AMAZING BUD POWELL VOL.1
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

Americans Swinging in Paris★167.PEOPLE IN SORROW
PEOPLE IN SORROW
アート・アンサンブル・オブ・シカゴ

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ★165.JOY SPRING
CLIFFORD BROWN AND MAX ROACH
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

シアリング・オン・ステージ★165.SEPTEMBER IN THE RAIN
SHEARING ON STAGE!
ジョージ・シアリング

--------------------------------------------------------------------------------------

ネイティブ・ダンサー★164.PONTA DE AREIRA
NATIVE DANCER
ウェイン・ショーター

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビス・クインテットウェザー・リポートでの大活躍で,ジョン・コルトレーンをついに超え“世界一”の名声を確立したウェイン・ショーター
 その絶頂期に4年ぶりとなるソロCDネイティブ・ダンサー』をリリース。ただし『ネイティブ・ダンサー』は『フィーチャリング・ミルトン・ナシメント』!

 これまでのウェイン・ショーターのソロCDの特徴であった“ミステリアスなメロディ”に,これまでの諸作にはなかった“ヒューマンな温かさ”が混在した,これぞ“ユートピア・サウンド”!

 【PONTA DE AREIRA】が素晴らしい。ウェイン・ショーターソプラノ・サックスソプラノ・サックスを超える高音=ミルトン・ナシメントの“天使の歌声”。互いに自己主張しつつ完全に依存している。こんな音楽は類例がない。

 【PONTA DE AREIRA】のインパクトが余りにも強烈過ぎて絶句する。余りにも爽やか過ぎる。
 よく「無人島の1枚」なる企画があるが,管理人にとって『ネイティブ・ダンサー』は「永眠BGMな1枚」である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-62

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は169~173位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・ヴァレンタイン★173.MY FUNNY VALENTINE
MY FUNNY VALENTINE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Lee Konitz With Warne Marsh★172.TOPSY
LEE KONITZ WITH WARNE MARSH
リー・コニッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

ストーリー・オン・ダイアル Vol.2★170.EMBRACEABLE YOU
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.2
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

At the Opera House★170.YESTERDAYS
AT THE OPERA HOUSE
スタン・ゲッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

Conquistador★169.CONQUISTADOR
CONQUISTADOR
セシル・テイラー

--------------------------------------------------------------------------------------

 セシル・テイラーの【コンキスタドール】がランクイン。【コンキスタドール】での“整然とした混沌”の何ともいえない喜び。これぞジャズを聴く喜びMAX~!

 声を大にしていいたい! セシル・テイラーを,そしてフリー・ジャズを聴かず嫌いではありませんか~?
 つべこべいうな! 破滅型のフリー・ジャズには似合わない,緻密で厳格で理知的,でも意外に軽やかで,壮大な緊張感に支配される大爆発! バイオレンス映画を観るようなハードコアな音の大洪水!
 【コンキスタドール】の“整然とした混沌”をカッコイイと感じるか? それとも雑音と感じるか? フリー・ジャズ・ファンへの一つの試金石である。

 【コンキスタドール】は,セシル・テイラーが“一番分かりやすかった頃の”でも相当難解なアドリブ地獄。
 これぞ言葉にできない“喜びのフリー・ジャズ”である。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-61

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は174~178位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 Vol.1★178.SPLIT KICK
A NIGHT AT BIRDLAND VOL.1
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

アローン・イン・サンフランシスコ+1★174.BLUE MONK
THELONIOUS ALONE IN SAN FRANCISCO
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ Vol.1★174.GOD BLESS THE CHILD
STANDARDS VOL.1
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

ソウルトレーン★174.GOOD BAIT
SOULTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス+1★174.SOMETHIN' ELSE
SOMETHIN' ELSE
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの【ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド】がランクイン。【ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド】を聴いていつも思うのは,何のスタンダードを演っているのか不明だが,これぞ間違えようがない,キース・ジャレットピアノそのものであるということ。

 【ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド】は,ゴスペル調でリズムが強調されたジャズ・ロック・テイストの大名演。このリズムと静寂との間を駆け抜ける世界一のピアノ・タッチ。
 絶好調のキース・ジャレットと絡み合う,ゲイリー・ピーコックベースジャック・デジョネットドラムも世界レベル。2人のアドリブの冴えにのけぞってしまう。見事に原曲に,そしてキース・ジャレットピアノの世界に合わせた上での表現力。キース・ジャレットゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットを手放さないのも当然であろう。

 15分を超える演奏であるにも関わらず,一瞬たりとも聴き逃せない“山場の連続”である。キース・ジャレットゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットの“三者三様の”トリオが集うと,あら不思議,別々に持ち寄った素材で【ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド】が見事に出来上がっている。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-60

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は179~182位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Au Club St. Germain 1958★182.A NIGHT IN TUNISIA
AU CLUB SAINT-GERMAIN VOL.3
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・バレンタイン★182.MR. P.C.
MY FUNNY VALENTINE
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★179.LOVER MAN
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオ★179.NO BLUES
SMOKIN' AT THE HALF NOTE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ソング★179.COUNTRY
MY SONG
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの【カントリー】がランクイン。【カントリー】は,北欧で奏でられたキース・ジャレットの“アメリカ”である。
 アメリカの日常生活は素朴である。自然と共に暮らす牧場生活である。アメリカン・カルテットではこうはいかない。ヨーロピアン・カルテットの甘い演奏がもたらす静かな感動がここにある。

 ピアノソプラノ・サックスのシンプルで穏やかで少しせつない美メロにトロトロ。しかしその瞬間に耳奪われる“パンチの効いた”パレ・ダニエルソンベース
 チャーリー・ヘイデンのアメリカの広大な地を這うベースではない。北欧の厳しい冬を思わせるパレ・ダニエルソンの暖炉のベース。時にパチパチと音を立てながらピアノソプラノ・サックスとぶつかり合う。

 平穏な日常の中のハプニング。ちょっとしたハプニングがたくさんの幸福の源。【カントリー】のハプニングはパレ・ダニエルソンキース・ジャレットの雄大なピアノの響きがどこまでも美しい。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-59

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は同率184位の6トラックの発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Art Pepper Quartet★184.BESAME MUCHO
THE ART PEPPER QUARTET
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★184.LOVE FOR SALE
SOMETHIN' ELSE
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ケリー・ブルー+2★184.ON GREEN DOLPHIN STREET
KELLY BLUE
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド★184.SPEAK LIKE A CHILD
SPEAK LIKE A CHILD
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

ゲッツ/ジルベルト★184.THE GIRL FROM IPANEMA
GETZ/GILBERTO
スタン・ゲッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

Crescent★184.WISE ONE
CRESCENT
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ハービー・ハンコックの【スピーク・ライク・ア・チャイルド】がランクイン! 新主流派時代の傑作群の中でもムーディな叙情派の最右翼【スピーク・ライク・ア・チャイルド】は「WITH STRINGS」ではないのに「ウィズ・ストリングス」っぽく聴こえてしまう“ギル・エヴァンスへの傾倒ぶり”が感じられる見事なホーン・アレンジが圧巻!

 3管セクステットのアンサンブルを従えたハービー・ハンコックアドリブが“グイグイ”来る。静かなのに熱い語り口。静かなのに躍動してる。静かなのに深い水の泉の底でアイディアがうずまいている。
 そう。【スピーク・ライク・ア・チャイルド】でのハービー・ハンコックジャズ・ピアノが“息を呑むほどに”美しい。【スピーク・ライク・ア・チャイルド】には,マイルス・スクールの“優等生”だったハービー・ハンコックの面影が色濃く残されている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-58

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は190位〜192位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Charles Mingus Presents Charles Mingus★192.ORIGINAL FABLES OF FAUBUS
MINGUS PRESENTS MINGUS
チャールス・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★192.AIREGIN
COOKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト+4★192.ALL OF YOU
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ジャイアント・ステップス(+8)(SHM-CD)★192.NAIMA
GIANT STEPS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

イン・コンサート〜コンプリート・ヴァージョン★192.I CAN'T GET STARTED
IN CONCERT
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.1★190.A NIGHT IN TUNISIA
THE AMAZING BUD POWELL VOL.1
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★190.AUTUMN LEAVES
AUTUMN LEAVES
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

 “帝王”マイルス・デイビスの【エアジン】【オール・オブ・ユー】の2曲がランクイン。
 マイルス・デイビスの【エアジン】と来れば『クッキン』よりも『バグス・グルーヴ』だろうし【オール・オブ・ユー】は“笑いの”マイルス・デイビスの代表格。

 【エアジン】【オール・オブ・ユー】は4枚のマラソン・セッション+1枚の黄金のクインテット作。ハード・バップ期のマイルス・デイビスは変化の激しいマイルス史の中でも比較的演奏スタイルが安定しているが,その中にあっても決して同じ演奏はない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-57

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は197〜200位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

EXPLORATIONS★200.BEAUTIFUL LOVE
EXPLORATIONS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Charlie Parker With Strings: The Master Takes★199.SUMMERTIME
CHARLIE PARKER WITH STRINGS
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

処女航海★197.DOLPHIN DANCE
MAIDEN VOYAGE
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

CANNONBALL IN JAPAN★197.WORK SONG
CANNONBALL IN JAPAN
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの【ビューティフル・ラヴ】がランクイン。【ビューティフル・ラヴ】は「リバーサイド4部作」の1枚『エクスプロレイションズ』収録。「リバーサイド4部作」の中で『エクスプロレイションズ』だけはアルバム単位の完成度ではなくトラック単位で語られることの多い“損な”性格を有している。

 これは裏を返せば1曲1曲が強烈な個性を帯びている証しであろう。【ビューティフル・ラヴ】も“アルバム抜きで”語られる口。
 『エクスプロレイションズ』での知名度では【イスラエル】【エルザ】【ナーディス】に負ける,第2グループ所属の【ビューティフル・ラヴ】だが,ビル・エヴァンスの“尖がった”アレンジはスイング好きなら絶対に外せない。
 【ビューティフル・ラヴ】こそ“エヴァンス派”のお手本通りの名演である。お師匠様〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-56

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は201〜205位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェイヴァリット・シングス★205.EVERYTIME WE SAY GOODBYE
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 Vol.1★205.ONCE IN A WHILE
A NIGHT AT BIRDLAND VOL.1
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

道化師★204.HAITIAN FIGHT SONG
THE CROWN
チャールス・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

J Mood (Wynton Marsalis/Wounded Bird)★201.J MOOD
J MOOD
ウィントン・マルサリス

--------------------------------------------------------------------------------------

ベース・オン・トップ★201.YESTERDAYS
BASS ON TOP
ポール・チェンバース

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー★201.SUMMERTIME
MY NAME IS ALBERT AYLER
アルバート・アイラー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ジョン・コルトレーンの【エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ】がランクイン。『マイ・フェイヴァリット・シングス』の中では最もマイナーであろう【エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ】をこの順位に押し上げるとは,流石は“耳利き”のジャズ・スポット・マスターたちによるランキングである。

 『マイ・フェイヴァリット・シングス』を一枚通して聴くと強く感じるだろうが“熱狂の”【マイ・フェイヴァリット・シングス】と【サマータイム】に挟まれた【エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ】は“往年のジャズ・ムーディー”で満ちている。この“格別のおいしさ”を聴き逃さないでほしい。“異国情緒なジャズ風味”が大好きです。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-55

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は207〜212位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエル・イン・パリ(SHM-CD/紙ジャケットCD)★212.DEAR OLD STOCKHOLM
BUD POWELL IN PARIS
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

Quiet Kenny★210.MY IDEAL
QUIET KENNY
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★210.EPISTROPHY
LAST DATE
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★208.RECADO BOSSA NOVA
AUTUMN LEAVES
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ★208.MY ROMANCE
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ★207.SISTER SADIE
BLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの【マイ・ロマンス】がランクイン。この順位は低すぎる〜。『ワルツ・フォー・デビイ』と来れば【マイ・フーリッシュ・ハート】と【ワルツ・フォー・デビイ】がワン・ツー・フィニッシュであろうが,管理人が3番手争いに推すのが【マイ・ロマンス】。【マイ・ロマンス】の“夢見る少女マンガの音世界”がたまらない。

 頭の中はエロ一色の“ムッツリ・スケベ”なビル・エヴァンスが,理想の女性の処女性を重ねていく。これぞ男の【マイ・ロマンス】。もはや理想の処女など存在しないのに…。いや,きっと何処かに必ずいる。これも男の【マイ・ロマンス】。

 ビル・エヴァンス後年の【マイ・ロマンス】は,見つかりそうで見つからない“男の焦燥感”が漂っていくのだが『ワルツ・フォー・デビイ』の【マイ・ロマンス】は,お花畑のビル・エヴァンス
 なるほど。ビル・エヴァンスという男は“ムッツリ・スケベ”なジャズ・ピアニストである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-54

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は213〜218位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Last Concert★218.SUMMERTIME
THE LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ジャズ・ジャイアント★216.TEMPUS FUGUE-IT
JAZZ GIANT
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

サムホエア・ビフォー★216.MY BACK PAGES
SOMEWHERE BEFORE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

Sunday at the Village Vanguard★214.ALICE IN WONDERLAND
SUNDAY AT THE VILLAGE VANGUARD
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★214.BLUES MARCH
MOANIN'
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★213.YARDBIRD SUITE
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの【マイ・バック・ペイジ】がランクイン。ジャズと共にフォーク・ロックも好んだキース・ジャレットにとっては,お気に入りの音楽を自分流に演奏したにすぎない。
 【マイ・バック・ペイジ】の“アーシーな乗り”がいい。従来のジャズ,従来のピアノ・トリオとは一味違う“異端児”と呼ばれたキース・ジャレット一流の表現手法が光っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-53

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は219〜223位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ア・デイ・イン・ザ・ライフ★223.A DAY IN THE LIFE
A DAY IN THE LIFE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★223.BILLY BOY
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at the Village Vanguard★222.CHASIN' THE TRANE
LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★221.I'LL REMEMBER APRIL
THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

Miles in Berlin★220.AUTUMN LEAVES
MILES IN BERLIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド★219.A NIGHT IN TUNISIA
THE BEGINNING AND THE END
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビス第二期クインテットの“お披露目”となった『マイルス・イン・ベルリン』の【枯葉】がランクイン。マイルス・デイビスの【枯葉】と来ればキャノンボール・アダレイ名義の【枯葉】なのだが,天才=ウェイン・ショーターを迎えた【枯葉】も捨て難い。

 ウェイン・ショーターの【枯葉】が後発ゆえキャノンボール・アダレイの【枯葉】と比べ,テンポが速められ,リズムが複雑化している。その上を自由に駆け巡るマイルス・デイビストランペットウェイン・ショーターテナー・サックスが素晴らしい。これが本当に出来たて“ほやほや”のクインテットとは思えない緻密なインタープレイである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-52

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は225〜229位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Saxophone Colossus★229.BLUE SEVEN
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

When There Are Grey Skies★229.ST. JAMES INFIRMARY
WHEN THERE ARE GREY SKIES
レッド・ガーランド

--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ★228.STARS FELL ON ALABAMA
CANNONBALL ADDERLEY QUINTET IN
CHICAGO

キャノンボール・アダレイ
--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★225.INDIANA
THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・バレンタイン★225.MY FUNNY VALENTINE
MY FUNNY VALENTINE
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ソウルトレーン★225.RUSSIAN LULLABY
SOULTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの【ブルー・セブン】がランクイン。大名盤中の大名盤=『サキコロ』は,その5曲全てが大名演なのだが『サキコロ』一,セッション度が高いのが【ブルー・セブン】である。

 【ブルー・セブン】の主役はリズム隊である。ダグ・ワトキンスの重たく引きずるようなベースマックス・ローチハイ・ハットが刻む無敵の4ビート。ソニー・ロリンズテナー・サックスが,短いフレーズでテーマを撫でながら,次第に演奏としての体を成してゆく様が,もうタマラナイ!
 NO。聴き所はこれだけでは終わらない。ハイライトはマックス・ローチドラム・ソロが終わった後! このままラスト・テーマでフェードアウトの展開から,なぜかまた盛り返す! 全員興に乗せられたのだろう。ドラム・ソロの前と後ではソニー・ロリンズのノリが違う。大盛り上がりのアドリブ・ショーである。
 いえいえ,真のクライマックスは最後の最後。やはり【ブルー・セブン】の主役はリズム隊である。ダグ・ワトキンスの“倍音たっぷり”のベースが肝である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-51

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は231〜236位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト+3★236.WAY OUT WEST
WAY OUT WEST
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

モンクス・ミュージック+2★236.WELL YOU NEEDN'T
MONK'S MUSIC
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★235.STRAIGHT, NO CHASER
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

クル・セ・ママ★232.KULU SE MAMA
KULU SE MAMA
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ+2★232.JORDU
CLIFFORD BROWN AND MAX ROACH
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

The Best Of Max Roach And Clifford Brown In Concert★232.TENDERLY
MAX ROACH AND CLIFFORD BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ナウズ・ザ・タイム+1★231.CONFIRMATION
NOW'S THE TIME
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの【ウェイ・アウト・ウエスト】がランクイン。ソニー・ロリンズの「特異なタイム感覚」で進行する“こぶし”と“手癖”のアドリブ・ショー。鼻歌交じりなのに,超ド級のアドリブが流れてくるから,ク〜ッ〜。
 レイ・ブラウンベース・ソロとシェリー・マンドラム・ソロの前後に入る“合いの手”のハイ・センス。やっぱりソニー・ロリンズこそが,ジャズ史上,最高のインプロヴァイザーである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-50

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は238〜240位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

たそがれのヴェニス★240.THE GOLDEN STRIKER
NO SUN IN VENICE:PLAYS ONE NEVER
KNOWS
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

リラクシン★240.OLEO
RELAXIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

1958マイルス+2★240.STELLA BY STARLIGHT
1958 MILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ノウ・ホワット・アイ・ミーン+2★240.WALTZ FOR DEBBY
KNOW WHAT I MEAN
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

【HQCD】チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★239.A NIGHT IN TUNISIA
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ソング★238.MY SONG
MY SONG
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの本質は“メロディ・メーカー”である。ヨーロピアン・カルテットでの【マイ・ソング】を聴いてほしい。「時に甘く,時に冷たく,時に温かい」珠玉のメロディ。中盤のピアノ・ソロでのスロー・ダウンに郷愁を感じる。
 書きたいこと語りたいことが山ほど詰まった【マイ・ソング】の結論! 【マイ・ソング】の真実とは,事前に書かれた【ケルン,1975年1月24日 パート】である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-49

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は244〜247位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

オール・アローン★247.ALL ALONE
ALL ALONE
マル・ウォルドロン

--------------------------------------------------------------------------------------

ユア・アンダー・アレスト★247.TIME AFTER TIME
YOU'RE UNDER ARREST
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★246.DEAR OLD STOCKHOLM
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ディア・ライフ★245.MY DEAR LIFE
MY DEAR LIFE
渡辺貞夫

--------------------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス〜コンプリート・マスター・テイク★244.JUST FRIENDS
CHARLIE PARKER WITH STRINGS
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 あぁ,我が青春の渡辺貞夫の【マイ・ディア・ライフ】がランクイン! 毎週土曜日の深夜に聞き慣れた【マイ・ディア・ライフ】の素晴らしさが30年後の今,はっきり理解できる!
 そんな【マイ・ディア・ライフ】の凄さを,20年前に見抜いたジャズ・スポットのオーナーの眼力には恐れ入る。NO! 【マイ・ディア・ライフ】が245位とは一桁評価を誤ったのかも?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-48

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は249〜254位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス★254.ONE FOR HELEN
BILL EVANS AT THE MONTREUX JAZZ FESTIVALビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Now He Sings, Now He Sobs★249.STEPS - WHAT WAS
NOW HE SINGS, NOW HE SOBS
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Africa/Brass Sessions★249.GREENSLEEVES
AFRICA/BRASS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★249.WHAT'S NEW
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

More Study in Brown★249.I'LL REMEMBER APRIL
MORE STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

「危険な関係」オリジナル・サウンドトラック★249.NO PROBLEM
LES LIAISON DANGEREUSES
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

 「お城のエヴァンス」から【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】がランクイン! 管理人にとって「お城のエヴァンス」は,冒頭のフランス語によるラジオ・スイス・ロマンドのジェオ・ヴォマードのメンバー紹介が命? もうあの声あっての「お城のエヴァンス」になってしまった。そういう意味でも【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】がランクインしたのは,相当,あの声にやられている同士が多いのかも?
 冗談はさておき【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】の弾んだ演奏が文句なしに素晴らしい。円熟した今でも元気ハツラツなエディ・ゴメスジャック・デジョネットの若かりし日の演奏は,歴代のビル・エヴァンス・トリオ中,最もパワフル! 特にリズムを刻むではなく“つっかける系”ジャック・デジョネットとの唯一の公式録音がお宝。今夜もビル・エヴァンスジャック・デジョネットの幻影をキース・ジャレット・トリオに思い見てしまう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-47

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は255〜257位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション★257.TIN TIN DEO
MEETS THE RHYTHM SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★257.MISS ANN
LAST DATE
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン★257.THE MAN WITH THE HORN
THE MAN WITH THE HORN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Clifford Brown with Strings★257.SMOKE GETS IN YOUR EYES
CLIFFORD BROWN WITH STRINGS
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルースの真実★255.STOLEN MOMENTS
THE BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH
オリバー・ネルソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ホワッツ・ニュー★255.WHAT'S NEW
WHAT'S NEW
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 クリフォード・ブラウンの【煙が目にしみる】は,ジャズ史にさん然と輝く“粋な”名バラードである。クリフォード・ブラウンの諸作の中では評価の低い『ウィズ・ストリングス』であるが【煙が目にしみる】だけは別格! 【煙が目にしみる】を演奏するジャズメンが“決して避けては通れない”絶品のストリングス・アレンジとNO.1ソリスト=ブラウニーの“粋な”アドリブに,ジャズメン魂が宿っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.