アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ソニー・クラーク

ソニー・クラーク / クール・ストラッティン / DEEP NIGHT5

アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の4曲目は【DEEP NIGHT』(以下【ディープ・ナイト】)。


 【ディープ・ナイト】にこそ“日本人が愛した”ソニー・クラークの魅力が全て詰まっている。そう。マイナー調を基本に「軽快なノリと深み」が同居している。

 中盤でこそアート・ファーマージャッキー・マクリーンが絡んでいるが,フロント2管の出入りがスムーズなせいか,基本的にはピアノ・トリオの印象が強い。それもこれも前テーマと後テーマの出来が良い証拠である。

 56秒からのソニー・クラークアドリブには“突然世界が明るくなった”感がある。視界良好! メリハリの効いた軽快なタッチに,毎回唸らされてしまう。“ワビサビ”の潜在意識を直撃するこの演奏,きっと日本人なら大好きだと思う。

 そして忘れてならないのが,ソニー・クラークの魅力を何倍にも増幅させて聴かせる,アート・ファーマートランペット・ソロとジャッキー・マクリーンアルト・ソロ! フロント2管の印象が薄いと書いたが,正確にはピアノ・トリオに“溶け込み・馴染んだ”アドリブが“じわりじわり”効いている!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!

ソニー・クラーク / クール・ストラッティン / SIPPIN' AT BELLS4

アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の3曲目は【SIPPIN’ AT BELLS』(以下【シッピン・アット・ベルズ】)。


 【シッピン・アット・ベルズ】は,ビ・バップ! 何と言ってもジャッキー・マクリーンである!
 【シッピン・アット・ベルズ】におけるジャッキー・マクリーンは,かの有名な“マクリーン節”ではない。憧れのチャーリー・パーカー風でもない。完璧なオリジナルの味付けで吹ききる,ストレートな“バッパー”の音である。

 この“バッパーマクリーン”の快演を引き出したのが,ソニー・クラーク! 思うにジャッキー・マクリーンソニー・クラークの相性はいい。ソニー・クラークの持つ“マイナー・フィーリング”が,ジャッキー・マクリーンの“重い語り口”にはちょうどよい。そう。相対的に“マクリーンを饒舌にしてくれる”ピアノなのだ。
 
 45秒から始まるソニー・クラークピアノ・ソロこそ,スイング! ご機嫌なバップピアノジャッキー・マクリーンを,そしてマクリーンアート・ファーマーを刺激していく…。
 熱演が全員に伝染していく。これぞジャズ名演! “一期一会”のアドリブ芸術ほど,聴いて楽しいものはない。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!

ソニー・クラーク / クール・ストラッティン / BLUE MINOR5

アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の2曲目は【BLUE MINOR』(以下【ブルー・マイナー】)。


 【ブルー・マイナー】には,古き良き時代“ジャズ最盛期”の香りが“プンプン”漂っている。この熱気,テンションが醸し出す雰囲気こそ,ファンキー・ジャズの代表格!
 ソニー・クラークの内に宿る“マイナー・フィーリング”にメンバーが呼応し,イケイケではない,実にリラックスしたプレイぶり。これは“並外れた集中力”の裏返しでもあり“普段着の演奏”を呼び起こした秘訣であろう。
 【ブルー・マイナー】の決してマイナーではない,親しみやすいテーマを,ついつい口ずさんでしまう。それ位,管理人の身体の中に浸透している。

 さて,テーマのユニゾンが“ピカイチ”なのは,大方のジャズ批評家が“熱弁”を奮っていることだろうから,そっち系の批評は置いておくとして…。
 ここでは,セラビー流“おいしい聴き方のコツ”を…。(← 管理人と皆さんだけの内緒ですよ)
 フロントの二人にどうしても耳が向いてしまうが,そこを我慢してピアノベースドラムだけを追いかけてほしい。この連動性,バッキングがあってこそのフロント! 最高のフロントの後方で,地味に鳴り響くリズムだけを抜き出せる“確かな耳”さえ養うことができるなら,あとは放っておいても“ジャズ道まっしぐら”…。
 ジャズ・マニアは【ブルー・マイナー】を聴いて育つ! 初心者を“ジャズ通”に鍛え上げるのに最適な“バイブル&虎の穴”だと思っています。ハイ。

 親しみやすいテーマでジャズのイ・ロ・ハを掴んだなら,次は各人のアドリブにも注目してほしい! 特にジャッキー・マクリーンアルト・ソロ。本当,微妙に“調子外れ”な1分8秒からの10秒間が,聴けば聴く程“頭から離れなくなる”。素晴らしすぎる!
 アート・ファーマーのソロがメチャ・カッコイイ! やっぱりトランペットが,ジャズの一番の“花形”楽器である。この輝く音色の“恍惚感”。エコーのかかり具合が“絶品”である。
 ソニー・クラークピアノ・ソロは“ファンクの権化”の名に恥じない“黒っぽさ”。このアドリブジャズ好きには“毒”である。自然と狂気乱舞してしまう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!

ソニー・クラーク / クール・ストラッティン / COOL STRUTTIN'5

アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の1曲目は【COOL STRUTTIN’』(以下【クール・ストラッティン】)。


 “洗練された都会の女性が,自分の魅力を嫌味なく誇示しながら,颯爽と歩いている。向かうはデートの待ち合わせ場所?”
 こんな感じで,自由にイマジネーションを膨らませてくれる最高のジャケット写真は【クール・ストラッティン】のモチーフそのもの。
 
 一発で覚えてしまうであろう,キャッチーなテーマの狭間を,自由にピアノスイングする。正に【クール・ストラッティン】!
 モダンに気取ったようでいて,どことなく古くささをも感じさせてくれる。NYの五番街で“昔ながらのステップ”を踏んでいるかのような…。

 ソニー・クラークピアノを随所に挟みながら,アート・ファーマートランペットジャッキー・マクリーンアルト・サックスポール・チェンバースベースがソロを取る。全員がゆったりとしたリズムに乗せられて“伸びやかに”歌いまくっている。素晴らしい! これぞJAZZY

 51秒からの入りと1分43秒からのテーマ作り。5分42秒からのソロ。バックに廻っての伴奏づけ。“ピアノ職人ソニー・クラークの本領発揮である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!

ソニー・クラーク / クール・ストラッティン5

アナログレコード

 まだまだ続く韓流ブーム。もはやその人気は本国での人気を完全に凌駕している。“ヨン様”の大ブレイクと共に韓流は日本の奥様方に根付いた“日本独自の文化”と呼んでも過言ではないだろう。
 “ベースボール”が“野球”に変貌したのと同じように,中身が本国のそれとは大いに異なっているのである。

 さて,アメリカ生まれのジャズも,ジョン・コルトレーンの大ブレイクと共に“日本独自の文化”として定着した。
 当時はレコード1枚の価格がサラリーマンの初任給ほどとあって,一般庶民にはさすがに手がでない。そこで“ジャズ喫茶”の登場である。
 この“ジャズ喫茶”なるもの,どうやらアメリカやヨーロッパには存在しないらしい。そう。“ジャズ喫茶”の存在こそが“日本独自のジャズ文化”の証しなのである。

 韓流でもジャズ喫茶でも,それが日本独自のものであるとすれば,当然盛り上がり方も本国とは異なる。
 韓流四天王と言えば,日本ではペ・ヨンジュン,チャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,ウォンビンのことだが,本国ではイ・ビョンホンの代わりにソル・ギョングを指すそうだ。
 状況はジャズ喫茶でも同様で,本国ではイマイチでも,日本では熱狂的に受け入れられたスターがいた。
 その人の名は“ソニー・クラーク”。似ても似つかぬ容姿はさておき,イ・ビョンホンのポジションにいたのがソニー・クラークだった。

 なぜソニー・クラークは日本のジャズ・ファンに支持されたのだろう? その答えが『COOL STRUTTIN’』(以下『クール・ストラッティン』)の中にある。
 『クール・ストラッティン』はソニー・クラークの代表作,と言うよりは,モダン・ジャズ屈指の名盤と呼ばれる“超”名盤である。
 ゆえに,ブルース調の曲が,マイナー・キーが,ファンキー・ジャズがどうのこうのと…。こんな解説,既に誰かが書いているに決まっている。
 ソニー・クラークの“黒々とした”ピアノがどうのとか,ジャッキー・マクリーンの“ファンタスティック”なアルト・サックスがどうのとか…。これも誰かが書いている。はず?
 ん〜。どこから切り出しても,たぶんどこかのジャズ批評家が語った“2番煎じ”にしかならないのだが,やっぱりいいものはいい。胸を張って『クール・ストラッティン』を批評してみるとする。

 端的に言って『クール・ストラッティン』の“売り”はジャッキー・マクリーンアート・ファーマーによるフロントの快演にある。二人とも,生涯最高と言い切っても差し支えない“極上の”アドリブを聴かせている。
 しかしそれでもCD全体の印象としては,ジャズ・ピアノ! ソニー・クラークが二人を喰ってしまっている。
 脇役が主役を喰う面白さ。ソニー・クラークの“いぶし銀”に日本のジャズ・ファンは惹かれたのであろう。この魅力は未だ色褪せていない。
 全てのジャズ好き,音楽好きから,イ・ビョンホン・ファンに至るまで,一度は聴いていただきたい“超”お奨めの一枚である。

(1958年録音/TOCJ-6401)

人気blog ランキング バナー
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.