アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / WHAT'S NEW5

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の5曲目は【WHAT’S NEW】(以下【ホワッツ・ニュー】)。


 【ホワッツ・ニュー】の名演は多いが,そこは有名ボーカル・ナンバー! トランペットサックスピアノ名演がずらりと並び,ギターものは蚊帳の外…。ギターものが「ドラフト1位」で指名されることなどめったにない。
 あるにはある。しかし決まってワンパターン。ギターものの【ホワッツ・ニュー】は,ほぼ「ウェス・モンゴメリー似」なのである。

 そう。ウェス・モンゴメリーウイントン・ケリーによる【ホワッツ・ニュー】こそ,ギターもののバイブル! ギターもの【ホワッツ・ニュー】の決定版! もはや,ウェス・モンゴメリーのようにしか,ギタリストは演奏しない。 ← ちと言い過ぎたかな?

 【ホワッツ・ニュー】でのウェス・モンゴメリーは,それまでの“ダイナミック&ブルース・フィーリング”とは,まるで別人のように“しっとり”と歌い上げる!
 不思議と全てのギタリストが【ホワッツ・ニュー】では,右に倣えの“しっとり系”。ウェス・モンゴメリーの影響力は計り知れない。
 4分33秒から5分16秒までのフレーズは“涙もの”である。

 ただしウェス・モンゴメリーの【ホワッツ・ニュー】が定番へと“昇華”し得たのは,ウェス一人の功績ではない。
 そう。ウイントン・ケリーの2分58秒からの“宝石”のフレーズが凄い。3分32秒からの“センチメンタル”なアドリブがいい。
 “陰の主役”ジミー・コブブラシ・ワークが光っている!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / UNIT 75

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の3曲目は【UNIT 7】(以下【ユニット・セヴン】)。


 【ユニット・セヴン】の“キレ”と“ノリ”は「特A級」の感動品! ジャズの楽しさがここにある!

 ウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法が,一人カウンターの一人ユニゾン! そこへウイントン・ケリーがのっけてくるもんだから,もう大変! “キレ”と“ノリ”が冴えわたり倍加していく。真にオーバードライブ!

 演奏全体が“スインギー”なので,どこからどこまでが,と線引き不能であるが,特に3分後半から5分前半にかけての熱演は,ただ聴いているだけなのに,グイグイと上方に引っ張り上げられる,幸福な“浮遊感覚”に襲われる。
 この感覚を文章で説明することは難しいが,分かる人には分かると思う。もし未体験であるなら,是非一度【ユニット・セヴン】で体感していただきたい。人生,もったいないです。

 【ユニット・セヴン】には(ウェス・モンゴメリーに限らず)ジャズ・ギターを好きにならせる“力”があると思っています。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / FOUR ON SIX4

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の4曲目は【FOUR ON SIX】(以下【フォー・オン・シックス】)。


 【フォー・オン・シックス】は,軽快なリズムに乗せて耳馴染みのテーマが延々と変化を見せるナンバー。ついつい乗せられて,楽しくなってしまう。

 イントロからしていい感じなのだが,34秒からのウェス・モンゴメリーギターが吠えまくり,ウイントン・ケリー・トリオをあおりまくっていく!
 ウェス・モンゴメリーからバトンを受けた,2分29秒からのウイントン・ケリーピアノがご機嫌だ。
 4分56秒からの短めのテーマの中に,ウイントン・ケリー独特の“リズム感あるタッチの妙”が表われている。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / IF YOU COULD SEE ME NOW5

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の2曲目は【IF YOU COULD SEE ME NOW】(以下【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】)。


 【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】は,極上バラード! このロマンティックなメロディーを,ピアノギターで,それはそれは“情熱的”に盛り上げていく!
 性格の異なるコード楽器のそれぞれの“やり方”が実に興味深いのだが,名手2人による“冷静に聴くことを許さない”圧倒的な表現力に引きずり込まれてしまう。

 先発とクローザーがウイントン・ケリー,中盤がウェス・モンゴメリー,と言う構図であるが,互いにバッキングに回っても“自己主張”しているので,全編ピアノ,または全編ギター,と捉えることも可能である。
 そう。自分の好きなタイプのアドリブを,自由に追いかける楽しみがある。両者とも,最初から最後まで一音一音が全く無駄のない演奏,と言うべき名演であり,これがライブ録音と言うのは,にわかに信じ難い“完成度の高さ”を誇っている。

 ではここからが本題! 正直,管理人はウイントン・ケリーウェス・モンゴメリーのどちらをとるのか? これは“恋人選び”にも似た難題である。この質問に対しては,いきなり歯切れが悪くなってしまう。優柔不断になってしまう。どちらも捨てがたいと思う。ダメ?
 自分の口で直接答えは言いかねるので…。「3分前後の演奏が一番好きかな?」。どうしても答えを知りたい“奇特な”読者の皆さんがいらっしゃるのなら,是非自分の耳で確認してみてくださいねっ。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / NO BLUES5

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の1曲目は【NO BLUES】(以下【ノー・ブルース】)。


 【ノー・ブルース】こそ,ジャズギターの金字塔! このトラックを聴いてジャズギターに目覚めた人もいれば“もう手が出ない,自分には無理だ”とあきらめさせられた人も数知れない。
 何せ,ウェス・モンゴメリーギター・ソロが余りにも素晴らしいので,ウイントン・ケリーがバッキングをするのを忘れて,聴き入ってしまったとかしないとか…。それ程“曰く付き”の名演なのである。

 ウェス・モンゴメリーも最高だが,6分16秒からのウイントン・ケリーピアノ・ソロには,ウェス・モンゴメリーに負けじと“張り切る”大物ピアニストの“本気”のプレイが聴こえてくる。
 2大スター“がっぷり四つ”の熱演は,聴き応え十分である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー4

アナログレコード

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(映画)の中で,主人公がエレキ・ギターをライトハンドかなんかで弾き鳴らし,きょとんとした聴衆の反応に「まだ早かったか」みたいなヒトコマがある(あるはずでは? 映画は詳しくないので間違っていたら読み流してくださいね)。
 管理人はそのシーンを見た時に,ウェス・モンゴメリーを思い浮かべた。ジャズギタリストにとって,ウェス・モンゴメリーは避けては通れない存在であろう。今となっては“普通”にプレイされている,コード奏法やオクターブ奏法はウェスの専売特許だった。当時としてはかなり“画期的”なことだったに違いない!
 そこで『バック・トゥ・ザ・フューチャー』! ウェス・モンゴメリーの紹介時には,いつもこの論法を使っているのだが,ジャズギターに詳しくない人にとっては分かりやすいのではなかろうか?(自画自賛)。

 しかし管理人はこの論法にはまだ満足していない。それはウェス・モンゴメリーの良さは,テクニック的なものを抜きにして語るのが最善だと思っているからだ。
 尤もウェス・モンゴメリーの場合,テクニック=音楽表現そのものとも言えるわけで,そこにジレンマを感じてもいる。
 では管理人の推す“ウェス・モンゴメリーアドリブの冴え”である!

 恐らくフュージョンを聴き込んでいる人にとって,ウェス・モンゴメリーのテクニックに新鮮味を感じることはあまりないと思う。そう。ウェスのテクは今ではごく普通のこと,耳馴染みなもの…。超辛口に言えば,もはや時代に追い越されてしまった“古くささ”さえ時として感じてしまう。
 しかしウェスのフレーズは違う。ウェス・モンゴメリーアドリブには,未だに時代が追いつけないJAZZYさがある。実に雄弁でダイナミックなフレーズ。

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』(以下『ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー』)はウェス・モンゴメリーウイントン・ケリーのトリオと組んだ“ライブ盤”だ(正確には前半の2曲)。 クラブでのライブであるがゆえに,ウェス・モンゴメリーアドリブは更に加速している。ノッテいる。バンド全体が“スイング”しているのである。

 さて,ここまでウェス・モンゴメリーばかりを取り上げてみたが『ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー』は本来,ウイントン・ケリーCDである。
 CDのクレジットもジャケットも『WYNTON KELLY TRIO−WES MONTGOMERY』となっており,構図としてはウイントン・ケリー・トリオの共演者としてウェス・モンゴメリーが参加した,と捉えるべきであって,主役はウイントン・ケリーのはずである。
 にもかかわらず,日本盤ではウェス・モンゴメリーの名前が先にクレジットされているし,どこのCD屋に行っても,このCDはウェス・モンゴメリーの欄に陳列されている。
 ウェス・モンゴメリーの充実ぶりからして,彼がフューチャーされるのも致し方ないとは思うが,ではウイントン・ケリーが脇役に甘んじているかと言うと,決してそうではない。ウイントン・ケリーピアノがこれまた素晴らしい! 管理人としてはウイントン・ケリーの代表作と紹介しても差し支えない出来だと思っているのですが…。

 これが日本のジャズ・ジャーナリズムの七不思議の一つ! 凡人には理解不能ですが,一応それなりの理由があると思いますので,当ブログでも過去の先人たちに敬意を払い,ウェス・モンゴメリーの欄に分類させていただきました。でも,どなたか理由をお知りの方がいらっしゃいましたら,是非わたくしめにもご教授いただければ幸いに存じます。

(1965年録音/POCJ-1816)
 
ランキングを見てみよう!
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.