アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:伊東 たけし

伊東 たけし / T.K.COVERS4

T.K.COVERS-1 伊東たけしは「ポップなメロディ・メーカー」に非ず。果たしてその真実は「音世界のメロディ・メーカー」である。
 つまり伊東たけしオリジナルな世界観を有している。「ザ・伊東たけし」な音色がある。← あっ,伊東たけしはネイロではなくネシロでしたねっ。

 スクェアの名曲,例えば【HEARTS】【FORGOTTEN SAGA】【TWILIGHT IN UPPER WEST】などのバラードは勿論のこと,アゲアゲ系でも【BIG CITY】などは伊東たけしアルト・サックスでないと様にならない。
 本田雅人“命”の管理人であっても【HEARTS】【FORGOTTEN SAGA】【TWILIGHT IN UPPER WEST】【BIG CITY】の4曲だけは本田雅人ではなく伊東たけしに吹いてほしい。伊東たけしの「曲理解の才能」が大好きなのだ。

 そんな「音世界のメロディ・メーカー」伊東たけしの面目躍如たるカヴァー・アルバム集。それが『T.K.COVERS』!
 『T.K.COVERS』での伊東たけしは,世界の多くのジャズメンも取り上げたことのあるポップスの大ヒット曲を“自分色に染め上げている”! こんなアレンジは唯一無二にしてTK節・大全開! アルト・サックスブロウ一発!

 バックの音は軽い。アレンジもラフと来ている。伊東たけしの「曲理解の才能」を完全に狙ってきたな〜! イントロとテーマをサイドメンで素直に奏で,サビの伊東たけしアルト・サックスブロウ一発!&アドリブ一発!
 そう。『T.K.COVERS』にテイストは,ありがちなスタンダード曲に対するリスペクトオマージュというよりも,挑戦的で「この曲はこう吹くともっとカッコよくなる」的な過激さが伴っている。ええい,この曲は本田雅人ではなくオレに吹かせろ! オレこそが「元祖・オレ様」だ〜!?な感じがする。

 管理人の中で『T.K.COVERS』と来れば,伊東たけしが情感薄目にメロウする【DUST IN THE WIND】が全てだった。伊東たけしソロになった喜びは【DUST IN THE WIND】に凝縮される,と思っていた。しかし,ある夜を境に『T.K.COVERS』=【SHE’S OUT OF MY LIFE】へと変化した。

 それはラジオから流れてくる【SHE’S OUT OF MY LIFE】の原曲=マイケル・ジャクソン。「どこかで聞き覚えがあるなぁ。何だったかなぁ」。そんな意識で聴き続けた大サビのマイケル・ジャクソンの泣きが伊東たけしの泣き! マイケル・ジャクソンのエモーショナルが伊東たけしのエモーショナル! 何だか急に悲しくなってお酒を飲みながら涙した…。

 その日以来【SHE’S OUT OF MY LIFE】は【HEARTS】【FORGOTTEN SAGA】【TWILIGHT IN UPPER WEST】と同格へと昇格。
 【SHE’S OUT OF MY LIFE】の「曲理解の才能」がマイケル・ジャクソン・レベルにして,アルト・サックスブロウマイケルつながりでマイケル・ブレッカー・レベル。大物2人と肩を並べた伊東たけしの大名演の二重丸〜。

T.K.COVERS-2 管理人の結論。『T.K.COVERS批評

 「音世界のメロディ・メーカー」=伊東たけしの「曲理解の才能」が完璧にハマッタ『T.K.COVERS』。伊東たけしの“歌い込み”で,カヴァー曲が「フラッグシップ」に化けている。
 でも計8曲のトータル34分の演奏では星5つはあげられない。伊東さん,スクェアもいいけどそろそろソロもお願いしますよ。ジャズじゃないほうがいい。できれば『T.K.COVERS 2』が聞きたいかなぁ。

  01. September
  02. That's the way (Radio edit)
  03. Listen to the music
  04. If
  05. Dust in the wind
  06. If you don't know me by now
  07. Get ready
  08. She's out of my life

(アトランティック/MMG ATLANTIC 1995年発売/AMCM-4212)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

伊東 たけし / エル・セヴン4

EL SEVEN-1 『EL SEVEN』(以下『エル・セヴン』)は,伊東たけしが“ザ・スクェアの顔”として売っていた人気絶頂期に作られた2枚目のソロ・CD

 【OVERNIGHT】が,ザ・スクェアの延長線上にあるように『エル・セヴン』における実験で掴んだ確かな手応えが,ザ・スクェアでの次作『スポーツ』の“打ち込み系”につながっている。

EL SEVEN-2 ちなみにアルバム・タイトルの『エル・セヴン』=『L7』とは,アメリカのスラングで「スクェア(四角形)」の意味。

  01. BREAKDOWN
  02. REACH OUT
  03. STREET CONNECTION
  04. SCATTERED LIGHT
  05. OVERNIGHT
  06. EL SEVEN
  07. HI-SCI-FI
  08. NOW THE TIME

(CBSソニー/CBS/SONY 1985年発売/32DH292)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

伊東 たけし / T.K.LA4

T.K.LA-1 『T.K.LA』は,伊東たけしLAのトップ・ミュージシャンとのセッションCD

 奔放で軽快なグルーヴに乗った,シンプルでストレートなラテン系の音が心地良い。
 【FREEDOM WALK】【JOURNEY】【SCRABBLE】の明るい系から,ラストの【SO FAR】【TO YOU】のしっとり系への流れで,意識することなく,曲メインから演奏メインへ,と注意が向けられていく。うまいよなぁ。

T.K.LA-2 【FREEDOM WALK】における伊東たけしサックスマイケル・ブレッカーを感じるのは,なぜ?
 それくらい大好きな【FREEDOM WALK】こそ,伊東たけし・指折りの大名演です。

PS 旧FM中九州「いい旅熊本探検隊」! ← この意味何人分かるかな~。松村奈央隊長がかわゆい~。答えは【FREEDOM WALK】のトラック批評を「COMMING SOON」!

  01. FREEDOM WALK
  02. TELL ME IT'S TRUE
  03. COLOUR CRYSTAL
  04. JOURNEY
  05. SCRABBLE
  06. MYTH
  07. NOT ENOUGH TIME
  08. SO FAR
  09. TO YOU

(アトランティック/MMG ATLANTIC 1993年発売/AMCM-4167)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

伊東 たけし / T.K. / ALWAYS TOGETHER4

 『T.K.』の6曲目は【ALWAYS TOGETHER】(以下【オールウェイズ・トゥギャザー】)。


 【オールウェイズ・トゥギャザー】は“懐かしい”感じのラブ・バラード。その昔,LFでやっていた日立「ミュージック・イン」で流れていそうなトラックである。← これで分かる人っているのかな? 正解は,スティービー・ワンダーなどのモータウン&ブラック・コンテンポラリーがよく流れる,AMラジオでは珍しい「ザ・音楽番組」でした。

 元来,ザ・システムデヴィッド・フランクの“デジタルな”グルーヴは,アップテンポよりもミディアム~スロー・ナンバーで輝きを増す。その手法をそのまま取り入れた【オールウェイズ・トゥギャザー】ゆえ,エレクトリック・ファンクになって当然のはずが,伊東たけしのエレクトリック“封印”の影響ゆえに,ブラック・ファンクへと変貌を遂げる。

 男女ツイン・ボーカルに負けじと,3人目のボーカリスト伊東たけしアルト・サックスで“歌っている”。伊東たけしのワン・ホーンは,二人のボーカリストを主役から追いやる,完璧な出来であるが,ここはエレクトリック・ファンクリリコンの投入が正解だったのでは?

 CD発売当時は「ザ・システム」の“一世風靡”黄金時代。斬新すぎる最新のサウンドであったが,今,聴き直すと正直古臭い。そう。日立「ミュージック・イン」向けである。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
IRA SIEGEL : Guitar
CRAB ROBINSON and DEBBIE COOPER : Lead Vocals

伊東 たけし / T.K. / COLOUR OF LIFE4

 『T.K.』の8曲目は【COLOUR OF LIFE】(以下【カラー・オブ・ライフ】)。


 【カラー・オブ・ライフ】は,おしゃれでダンサブルなジャズファンク! ただし大方のジャズ・ファンからは拒絶されること間違いなし! 【カラー・オブ・ライフ】で,伊東たけしサックスを吹く意味があるのだろうか?

 無理を承知で“意味はある”と思いたい。一箇所だけ,伊東たけしのファンなら“歓喜できる”聴き所がある。【カラー・オブ・ライフ】は“捨て曲”などではない。喰わず嫌いは損をする。
 ズバリ,2分44秒から3分12秒までのモールス信号的,同じフレーズの繰り返し! その中に一つとして同じフレーズは存在しない。
 伊東たけし・ファンなら,微妙なアーチキュレーションの変化を聴き分けることができるはず? フェイクすることはないが,全部きれいに弾き分けている。ジャズ・サックス・プレイヤー=伊東たけしを感じることができる。それにしても出番が少ないよなぁ。

 なお余談であるが『T.K.』の全8トラックの中で,唯一【カラー・オブ・ライフ】だけでベースが使われている。やっぱりベースは重要だよなぁ。ファンクグルーヴ

TAKESHI ITOH : Alto Sax
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers and Programming
CARL JAMES : Bass
DON ALIAS : Percussion
CURTIS KING : Lead Vocals
LANI GROVES : Additional Vocal
LANI GROVES, LISA FISCHER and CURTIS KING : Background Vocals

伊東 たけし / T.K. / BOUNCE BACK4

 『T.K.』の7曲目は【BOUNCE BACK】(以下【バウンス・バック】)。


 【バウンス・バック】は,デヴィッド・フランクの好みが色濃く表われた“クールな打ち込み系ファンク”である。
 ここでも主役は男女ツイン・ボーカルであって,伊東たけしは最後尾で“ポツポツ”とアルト・サックスを鳴らしている。 

 これ程バカにされたリーダー(伊東たけし)もそうはいないと思われるが,与えられたわずか10秒程の出番で,自分を大アピール!
 2分38秒からのアルト・ソロ一発! これはいい! 仮に,発奮した伊東たけしを引き出すのがデヴィッド・フランク一流の“狙い”であったとすれば大成功である。
 ウェザー・リポートで,ウェイン・ショーターを自由に操った,ジョー・ザビヌルのように…。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
IRA SIEGEL : Guitar
DEBBIE COOPER and RICK BRENNAN : Lead Vocals
DEBBIE COOPER, RICK BRENNAN, LISA FISHER and MIC MURPHY : Background Vocals

伊東 たけし / T.K. / PLACEBO4

 『T.K.』の5曲目は【PLACEBO】(以下【プラシーボ】)。


 【プラシーボ】の聴き所は,フィリップ・セスの「バランス感覚」!
 誰かが傑出することはないが,全てがB級かと言うととんでもない。全てのプレイヤーの良いところが“つまみ喰い”できてしまう。言わば「幕の内弁当」的な一曲!

 印象的なリズムはフィリップ・セスドン・アライアスが創り出す生+電化のグルーヴ! ここにメロディー・ラインが絡み合う。
 普段なら聞き流してしまうボーカルシンセも【プラシーボ】には必要不可欠! 全て揃って「幕の内弁当」の完成である。

 伊東たけしは,このトラックで垣間見せるフィリップ・セスの非凡な才能に期待したのだろう。伊東たけしアルト・サックスが輝いている!
 バックに回ってもシンセを引っ張るハイ・トーン! アドリブ・タイムは2パターン。1分33秒からのブローと1分59秒からの伸びやかなソロとでは趣が異なるが,どちらも際立った存在感で,どことなくデヴィッド・サンボーンを彷彿させてくれる。 ← お世辞抜きに「賛辞」を送ります。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers and Programming
DON ALIAS : Percussion
LANI GROVES : Lead Vocal
CURTIS KING and RANDY FREDRIX : Additional Vocals
LANI GROVES and LISA FISCHER : Background Vocals

伊東 たけし / T.K. / UPTOWN SATURDAY NIGHT4

 『T.K.』の4曲目は【UPTOWN SATURDAY NIGHT】(以下【アップタウン・サタディ・ナイト】)。


 【アップタウン・サタディ・ナイト】は,ゴスペルチックでもありモータウン的でもある,ブラック・コンテンポラリー。
 印象的なリズムに“あえて乗らない”ことで,伊東たけしの“粘っこい”フレージングがフューチャーされている。

 ダイナミックなボーカルと躍動するシンセ群の中にあって,ジャズ系・アルト・サックスだからこそ奏でられる,2分45秒からのフレーズがインパクト!
 「黒」と出会ったことで,伊東たけしの特徴である“日本人的・演歌魂?”が自然に表現されている。
 これが“狙い”であれば計算通りの快演なのだろうが,ザ・システムが構築した,NY流の音造りからは,結果オーライの感が漂っている。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
IRA SIEGEL : Guitar
JIMMIE TUNNEL : Lead Vocals
LISA FISHER, YOLANDA LEE, MIC MURPHY and JIMMIE TUNNEL : Background Vocals

伊東 たけし / T.K. / THIS IS THE NIGHT4

 『T.K.』の3曲目は【THIS IS THE NIGHT】(以下【ディス・イズ・ザ・ナイト】)。


 【ディス・イズ・ザ・ナイト】は,男女ツイン・ボーカルによるラブ・バラード。この曲調と伊東たけしアルト・サックスは“意外”と相性が良い。伊東たけしの“絞り出す感じ”のサックス・プレイが,恋愛の“感情表現”としては,ハマッテいる。
 
 イントロや間奏で聴こえるアルト・サックスは,間違いなく“ディス・イズ・ザTK”! 伊東ファンとしては,この“テイスト”さえ感じさせてくれれば,それ以上,何を要求すると言うのだろう。

 2分31秒からの,サビに“かぶせながら”入ってくるアルト・ソロには大満足! 【ディス・イズ・ザ・ナイト】での伊東たけしは,恐らくザ・スクェアでは“禁句?”のフレーズを繰り出しており,これこそソロCDを制作する“意味があった”と言うものだ。
 “ジャズメン”伊東たけしを少しは味わえたかなぁ。

 ただし,この点は繰り返し強調しておくが“意外と良い”のであって,間違っても管理人の好みではない。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
DON ALIAS : Percussion
MARC COHN and LANI GROVES : Lead Vocals
LANI GROVES, LISA FISHER and CURTIS KING : Background Vocals

伊東 たけし / T.K. / FAMOUS4

 『T.K.』の2曲目は【FAMOUS】(以下【フェイマス】)。


 【フェイマス】は1988年の住友金属,TVCFイメージ・ソングとしてブラウン管に流れたので(←表現が古い?)聞き覚えのある方も多いのでは?
 管理人もバックで流れていたこのメロディよりも,崖の上でアルト・サックスを“吹き鳴らす”伊東たけしの映像の方が印象に残っている。

 【フェイマス】での,伊東たけしのプレイは完璧である。伊東たけし特有の“くすんだ”音色と“TK節”も全開である。
 しかし彼のその魅力がストレートに伝わってこない。なぜか? ビートがダンサブルで,いかんせん“タテノリ”なのである。

 例えばイントロからのテーマ36秒間と,後半2分53秒以降の盛り上がり部分を聴いてほしい。主役は明らかに打込みである。タテノリに負けた伊東たけしサックスは,悲しいかな,サイドメン的な音がする。

 とは言え【フェイマス】は伊東たけしライブでの18番! トラック自体に不足はない。伊東たけしには,フロントを立てる“良いバックと良いアレンジで”末永くプレイしてほしいと思う。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers and Programming
DON ALIAS : Percussion
RANDY FREDRIX : Lead Vocal
LANI GROVES : Radio Broadcast
LANI GROVES, LISA FISCHER and CURTIS KING : Background Vocals
Guitar Samples Courtesty of NICKY MOROCH

伊東 たけし / T.K. / COWBELL3

 『T.K.』の1曲目は【COWBELL】(以下【カウベル】)。


 【カウベル】はディスコ・ナンバーであって“フュージョン”とは呼び難い。打込みとサックスとでは8:2。これではアドリブどころではない。

 伊東たけしの唯一の見せ場が1分46秒から始まるが,音がこもっている。フュージョンサックスさえも忘れてしまったのだろうか?

 良くできたダンス・ミュージックをお探しであれば一聴の価値もあるのだろうが…。
 我が耳を疑い何度もチャレンジしてみたが,その度に表情が曇ってしまった。「可愛さ余って憎さ百倍」とはこのことだ。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
JEFF LORBER : Piano and Synthesizer solo

伊東 たけし / T.K.4

T.K.-1 “Tetsuya Komuro”ではない,もう一人のT.K.“たけ”こと,伊東たけし
 伊東たけしの3枚目のソロCDは,タイトルもズバリ『T.K.』。

 伊東たけしに限らず,J−フュージョンの人気グループのメンバーは必ずと言って良い程,ソロCDを制作する。音楽界には一般人の知らない“法則”とか“公式”とか呼ばれるものが存在するのだ。

 別にグッド・ミュージックが多数制作されるのは大歓迎なのだから,ここで深く突っ込んで“その公式を解明する”とか意気込むつもりはさらさらない。しかし気になるのが“人気グループのメンバー”というキーワードだ。
 
 人気グループであれば,それなりにCDであれライブであれ,発表の場は多いはずである。なのに,なぜソロCDなのだろう?
 答えは各個人によって異なり,それこそ多種多様にあるのだろう。でも,そのグループのファンなら純粋に“グループの成長”に力を傾けてほしい,と願うのが人情と言うものではなかろうか?

 さて,伊東たけしである。彼こそスターだ! J−フュージョンのある意味“顔”である。
 伊東たけし“主演”「SUNTORY WHITE」の例のCMで,ザ・スクェアを,そしてJ−フュージョンを一気にメジャーへと押し上げた!
 乱暴な言い方だが「もう伊東さんのご自由に。どうぞ好きなことを好きなだけ」の域にいるスーパー・スター。あっ,そうか。だからソロCDなのね。自己完結のノリツッコミ。チャンチャン!

 さてさて,ここからは真面目に?『T.K.』について語ってみよう。このCDの音は当時のザ・スクェアとは全く異質だ。
 本当に,伊東たけしがソロとして“やりたい放題”やったのであろう。ザ・スクェアの延長線上を期待していた管理人も,他の多くのファンと同様,すっかり“肩すかし”を食わされた口である。

T.K.-2 しかし伊東たけし本人も,気付かずして“肩すかし”を食らっているように思えてしまう。
 そう。“超辛口”で申し訳ないが『T.K.』は,伊東たけしを“踏み台”にした,プロデューサー=ドッペルギャンガー2人のための“実験作”に仕上がっているのではなかろうか?

 つまり『T.K.』は,伊東たけしのレッテルが貼られた,実質“ドッペルギャンガーを聴くための”CDに聴こえてならないのだ。
 前作『エル・セヴン』もドッペルギャンガーのプロデュースだったが『エル・セヴン』の何倍にもドッペルギャンガーのパワーが“増幅”されている。

 『T.K.』での伊東たけしは全く目立っていない。アピールできていない。
 彼自慢のアルト・サックスが,バックに“負けている”。完全にドッペルギャンガーの音の中に“埋もれて”いる。聴き応えを感じない駄盤である。 ← 伊東たけしを,熱烈に愛するがゆえの“愛のムチ”です。伊東さん,伊東たけしファンの皆さん,気に障ったかもしれませんが,どうかお許しを。

  01. COWBELL
  02. FAMOUS
  03. THIS IS THE NIGHT
  04. UPTOWN SATURDAY NIGHT
  05. PLACEBO
  06. ALWAYS TOGETHER
  07. BOUNCE BACK
  08. COLOUR OF LIFE

(CBSソニー/CBS/SONY 1988年発売/32DH5129)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

伊東 たけし / 星に願いを ~T.K.Adagio~5

星に願いを ~T.K.Adagio~ 1 『T.K.ADAGIO』(以下『星に願いを ~T.K.ADAGIO~』)は,所謂「ウィズ・ストリングス」ものの,メローで大甘なメルヘン企画盤。

 この世界が好きな人には堪えられない「売れ線」アレンジのオンパレード。伊東たけしアルト・サックスに誘われ,ディズニー&おとぎの国へと導かれる。

 ジャズ・スタンダードとAOR系の名曲が夢見心地のロマンティックなムードを醸し出している。最優秀録音賞ものの高音質CDゆえ,耳をそばだて前のめりで聴いてしまうが,描かれているのが「ファンタジー」なので,どうにも頭が混乱する。

星に願いを ~T.K.Adagio~ 2 『星に願いを ~T.K.ADAGIO~』を一枚通して聴き終えた時,トミー・フラナガンの“ケタ違いの名演”に否が応でも圧倒されてしまう。

  01. WHEN YOU WISH UPON A STAR
  02. WE'RE ALL ALONE
  03. SMOKE GETS IN YOUR EYES
  04. MONA LISA
  05. BRIDGE OVER TROUBLED WATER
  06. AFTER THE LOVE HAS GONE
  07. WITHOUT YOU
  08. LATELY
  09. STARDUST

(ビレッジ/VILLAGE 2001年発売/VRCL-3026)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

伊東 たけし / T.K.BREEZE5

T.K.BREEZE-1 『T.K.BREEZE』こそ,伊東たけしソロCDの最高傑作!

 しかし最高傑作が安藤まさひろ・プロデュースとは困ったちゃん。安藤まさひろジンサク鳥山雄司土方隆行大橋勇など「聴いてみたい,J-フュージョンの組み合わせ」をバックに伊東たけし伊東節&手癖も全開である。

T.K.BREEZE-2 『T.K.BREEZE』のハイライト=【SOMETHING HAPPY】のハイライト=安藤まさひろシンセサイザーなのかシーケンサーなのか,はたまたカズ・カトウピアノなのか正体不明の2分11秒から2分50秒までのキーボード・ソロ!

 『T.K.BREEZE』が,伊東たけしソロCDの最高傑作!と承知で記す。
 管理人は,その39秒間のキーボード・ソロを聴くためだけに『T.K.BREEZE』に3000円はたいたと思っている。全く惜しくない! ズバ抜けている! 奇跡の39秒間がここにある!

  01. SOMETHING HAPPY
  02. PSYCHEDELIC COWBOY
  03. セナの休日
  04. HEAVENLY DAYS
  05. CAPTAIN T.K.
  06. A LITTLE PYTHON
  07. SMILE FOR YOU
  08. NATURAL HAPPEN

(イースト・ウエスト・ジャパン/EAST WEST JAPAN 1996年発売/AMCM-4251)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.