アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スーパートリビア:グラミー賞 受賞作

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第59回(2016年度)のグラミー賞が昨日発表された。

 世間的にはグラミー賞史上初となる,アデルの2012年に続く2度目の主要3部門受賞であろう。あるいは内田光子の日本人初となる2度目の受賞であろう。
 個人的にはストリーミング・サービスでの無料配信のみという形で音楽を発表していたチャンス・ザ・ラッパーがグラミー賞の規定を改訂させた上での,最優秀新人賞を含めた3冠受賞が世界を変えた!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


COUNTRY FOR OLD MEN★ I'm So Lonesome I Could Cry
John Scofield, soloist
Track from: Country For Old Men

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


希望へのアレイ★ Take Me To The Alley
Gregory Porter


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


COUNTRY FOR OLD MEN★ Country For Old Men
John Scofield


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Presidential Suite★ Presidential Suite: Eight Variations On Freedom
Ted Nash Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Tribute to Irakere - Live in Marciac★ Tribute To Irakere: Live In Marciac
Chucho Valdes


----------------------------------------------------------------------------

 ジョン・スコフィールドが2年連続のグラミー受賞! しかも今年は「BEST IMPROVISED JAZZ SOLO」と「BEST JAZZ INSTRUMENTAL JAZZ」のW受賞ときた!
 ジャズ界は現在,ジョン・スコフィールドを中心に回っている!

 特に『COUNTRY FOR OLD MEN』は,純ジャズではなくカントリー作品。にもかかわらずジャズ部門で受賞するのだから,どんだけジョン・スコフィールドに注目が集まっているかが分かるというもの。

 まっ,グラミー賞ジョン・スコフィールドに注目するのが遅すぎただけで,マイルス・デイビスの眼は確か! 元々,ジョン・スコフィールドというジャズ・ギタリストはブルースやカントリーを丸呑みしてきたギタリストJAM界の中心人物の1人でもある。

 今回の2年連続受賞&W受賞で風向きが変わるのか? ありがとうインパレス! 頑張れインパレス! 『A GO GO』は1998年−2016年のジョン・スコフィールドジャズ・ライフ

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2016年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ CountdownJoey Alexander, soloist / Track from: Countdown
☆ In MovementRavi Coltrane, soloist / Track from: In Movement (Jack DeJohnette, Ravi Coltrane & Matthew Garrison)
☆ We SeeFred Hersch, soloist / Track from: Sunday Night At The Vanguard (The Fred Hersch Trio)
☆ I Concentrate On YouBrad Mehldau, soloist / Track from: Blues And Ballads (Brad Mehldau Trio)
☆ I'm So Lonesome I Could CryJohn Scofield, soloist / Track from: Country For Old Men

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Sound Of RedRene Marie
☆ Upward SpiralBranford Marsalis Quartet With Special Guest Kurt Elling
☆ Take Me To The AlleyGregory Porter
☆ Harlem On My MindCatherine Russell
☆ The Sting VariationsThe Tierney Sutton Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Book Of IntuitionKenny Barron Trio
☆ Country For Old MenJohn Scofield
☆ Dr. UmPeter Erskine
☆ Sunday Night At The VanguardThe Fred Hersch Trio
☆ NearnessJoshua Redman & Brad Mehldau

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Real EnemiesDarcy James Argue's Secret Society
☆ MONK'estra, Vol.1John Beasley
☆ Kaleidoscope Eyes: Music Of The BeatlesJohn Daversa
☆ All L.A. BandBob Mintzer
☆ Presidential Suite: Eight Variations On FreedomTed Nash Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Entre ColegasAndy Gonzalez
☆ Madera Latino: A Latin Jazz Perspective On The Music Of Woody ShawBrian Lynch & Various Artists
☆ Canto AmericaMichael Spiro/Wayne Wallace La Orquesta Sinfonietta
☆ 30Trio Da Paz
☆ Tribute To Irakere: Live In MarciacChucho Valdes

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第58回(2015年度)のグラミー賞が本日発表された。

 世間的にはテイラー・スウィフトの3冠であろう。特に「年間最優秀アルバム」の2度の受賞は女性アーティスト史上初の快挙であるが,管理人的には小澤征爾が8回目のグラミー賞・ノミネートで,80歳にしての初受賞は「8度目の正直」!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード [日本語帯/解説付] [輸入CD]★ Cherokee
Christian McBride, soloist
Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


フォー・ワン・トゥ・ラヴ★ For One To Love
Cecile McLorin Salvant


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


Past Present★ Past Present
John Scofield


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Thompson Fields★ The Thompson Fields
Maria Schneider Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Made in Brasil★ Made In Brazil
Eliane Elias


----------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニーが「グラミー受賞の常連」なのに対して,パット・メセニーのライバルであるジョン・スコフィールドは「無冠の帝王」。この差は何なの? レコード会社の力関係?

 しか〜し,ついにジョン・スコフィールドが「無冠の帝王」を返上する『PAST PRESENT』! ありがとうインパルス

 本当はリキを入れて,この後『PAST PRESENT』を絶賛したいのですが,いかんせん未聴です。すみません。
 ゆえに2年連続グラミー受賞クリスチャン・マクブライドの絶賛に逃げる。が,いかんせんこちらも未聴。どうもすみません。

 「独身貴族」ではなくなって1年半。この間100枚ぐらいしかCDを買えていない。予算縮小の中,いかにしてお気に入りを探すか,がテーマとなっているジャズフュージョン・マニア。
 以前は冗談で書いていたのに,今年からは本気で“グラミーノミネート”を参考に追いかけてみることにしようかなぁ。

 ションボリなのは,主演ミュージカル「王様と私」が受賞を逃した渡辺謙と管理人…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2015年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Giant StepsJoey Alexander, soloist / Track from: My Favorite Things
☆ CherokeeChristian McBride, soloist / Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)
☆ Arbiters Of EvolutionDonny McCaslin, soloist / Track from: The Thompson Fields (Maria Schneider Orchestra)
☆ Friend Or FoeJoshua Redman, soloist / Track from: The Bad Plus Joshua Redman (The Bad Plus Joshua Redman)
☆ Past PresentJohn Scofield, soloist / Track from: Past Present

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Many A New Day: Karrin Allyson Sings Rodgers & HammersteinKarrin Allyson
☆ Find A HeartDenise Donatelli
☆ Flirting With DisasterLorraine Feather
☆ JamisonJamison Ross
☆ For One To LoveCecile McLorin Salvant

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ My Favorite ThingsJoey Alexander
☆ BreathlessTerence Blanchard Featuring The E-Collective
☆ Covered: Recorded Live At Capitol StudiosRobert Glasper & The Robert Glasper Trio
☆ Beautiful LifeJimmy Greene
☆ Past PresentJohn Scofield

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Lines Of ColorGil Evans Project
☆ KolnMarshall Gilkes & WDR Big Band
☆ Cuba: The Conversation ContinuesArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ The Thompson FieldsMaria Schneider Orchestra
☆ Home Suite HomePatrick Williams

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Made In BrazilEliane Elias
☆ ImpromptuThe Rodriguez Brothers
☆ Suite CaminosGonzalo Rubalcaba
☆ IntercambioWayne Wallace Latin Jazz Quintet
☆ Identities Are ChangeableMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第57回(2014年度)のグラミー賞が本日発表された。

 管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットデュエット。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?
 世間的にはサム・スミスが主要3部門を含む4冠達成。しかし話題はサム・スミスではなく,決して素顔を明かさないシーアの背中越しのパフォーマンス一色のようでして…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


トリロジー★ Fingerprints
Chick Corea, soloist
Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Beautiful Life★ Beautiful Life
Dianne Reeves


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


トリロジー★ Trilogy
Chick Corea Trio


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


ライフ・イン・ザ・バブル★ Life In The Bubble
Gordon Goodwin's Big Phat Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Offense of the Drum★ The Offense Of The Drum
Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

 もはや貫録! チック・コリアの『トリロジー』がダブル受賞!
 チック・コリアクリスチャン・マクブライドブライアン・ブレイドと来れば,受賞しないわけがない?

 そんな“鉄板”な3人が予想通りのまとまりにして,濃密なインタープレイが想像以上にスイングする,もはや「未来永劫,チックのこのピアノ・トリオを超えることができるのか?」的な,ウルトラ・オーソドックス・ピアノ・トリオライブベスト

 『トリロジー』が,チック・コリア本人えり抜きのベスト・テイク集なのだから最上級なのは当然として,気になるのはこのツアーの没テイク。
 きっと没テイク集の『トリロジー 2』なるものが発売されたら『トリロジー 2』がその年のグラミー受賞最有力。『トリロジー 3』であってもノミネートまでは楽勝だと思う。

 そこでチック・コリア様への提言です。
 いっそのこと『COMPLETE TRILOGY LIVE』なるボックス・セットを制作されませんか? チック・コリア・ファンは皆,今から発売予定のない未発表音源集を待ち焦がれているのです!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2014年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ The Eye Of The HurricaneKenny Barron, soloist / Track from: Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio)
☆ FingerprintsChick Corea, soloist / Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)
☆ You & The Night & The MusicFred Hersch, soloist / Track from: Floating (Fred Hersch Trio)
☆ Recorda MeJoe Lovano, soloist / Track from: The Latin Side Of Joe Henderson (Conrad Herwig Featuring Joe Lovano)
☆ Sleeping GiantBrad Mehldau, soloist / Track from: Mehliana: Taming The Dragon (Brad Mehldau & Mark Guiliana)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Map To The Treasure: Reimagining Laura Nyro(Billy Childs &) Various Artists
☆ I Wanna Be Evil: With Love to Eartha KittRene Marie
☆ Live In NYCGretchen Parlato
☆ Beautiful LifeDianne Reeves
☆ Paris SessionsTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ LandmarksBrian Blade & The Fellowship Band
☆ TrilogyChick Corea Trio
☆ FloatingFred Hersch Trio
☆ Enjoy The ViewBobby Hutcherson, David Sanborn, Joey DeFrancesco Featuring Billy Hart
☆ All Rise: A Joyful Elegy For Fats WallerJason Moran

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ The L.A. Treasures ProjectThe Clayton-Hamilton Jazz Orchestra
☆ Life In The BubbleGordon Goodwin's Big Phat Band
☆ Quiet Pride: The Elizabeth Catlett ProjectRufus Reid
☆ Live: I Hear The SoundArchie Shepp Attica Blues Orchestra
☆ OverTime: Music Of Bob BrookmeyerThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ The Latin Side Of Joe HendersonConrad Herwig Featuring Joe Lovano
☆ The Pedrito Martinez GroupThe Pedrito Martinez Group
☆ The Offense Of The DrumArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ Second HalfEmilio Solla Y La Inestable De Brooklyn
☆ New Throned KingYosvany Terry

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ウェイン・ショーター / グラミー受賞履歴

 昨夜の管理人はどうかしていました。“初耳”テリ・リン・キャリントンの受賞に我を忘れてしまいました。狂喜すべき夜に驚喜だけで終わってしまい,黒霧でお祝いすることを忘れていました。
 大・大・大好きなウェイン・ショーターが10個目のグラミー賞を受賞したというのに…。

 いいや,ショーター様のグラミー受賞なんて日常茶飯事! ウェイン・ショーターがその気になればグラミー賞は毎年GET! 管理人は当たり前すぎて見向きしなかっただけなのです?

 しかし…。マジマジ見ると物足りない。ウェイン・ショーターの実力にグラミー受賞回数が追いついていないではないか!
 ジャズ・メッセンジャーズの音楽監督から始まって,ヴィー・ジェイブルーノートでのソロ。そしてマイルス・バンド〜ウェザー・リポートの“最強名盤”にはウェイン・ショーターが必ず参加していたこの事実!

 まっ,管理人がいくら熱く語ったところで“アウト・オブ・ザ・ワールド”なウェイン・ショーターには関係ないかも? 今年のグラミー受賞ウェイン・ショーターなら「他人事」として喜んでいることと思われます。

 以下が,そんな“宇宙から来た男”ショーター様が,地球で受賞した“心ばかりの”グラミー受賞の履歴(9作品,10回)です。

----------------------------------------------------------------------------

8:30第22回(1979年度)受賞

★タイトル : 8:30
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental
☆Artist Performing Work : Weather Report (Peter Erskine, Jaco Pastorius, Wayne Shorter, Josef Zawinul)

----------------------------------------------------------------------------

Other Side of Round Midnight第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Call Sheet Blues
カテゴリー : Best Instrumental Composition
☆Artist Performing Work : Billy Higgins, Herbie Hancock, Ron Carter, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

A Tribute To Miles第37回(1994年度)受賞

★タイトル : A Tribute To Miles
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Ron Carter, Tony Williams, Wallace Roney, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

High Life第39回(1996年度)受賞

★タイトル : High Life
カテゴリー : Best Contemporary Jazz
Performance

----------------------------------------------------------------------------

1+1第40回(1997年度)受賞

★タイトル : Aung San Suu Kyi
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Heroes第42回(1999年度)受賞

★タイトル : In Walked Wayne
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Alegria第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Sacajawea
カテゴリー : Best Instrumental Composition

★タイトル : Alegria
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

----------------------------------------------------------------------------

ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー第48回(2005年度)受賞

★タイトル : Beyond The Sound Barrier
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Wayne Shorter Quartet (Brian Blade, John Patitucci, Danilo Perez, Wayne Shorter)

----------------------------------------------------------------------------

ウィズアウト・ア・ネット第56回(2013年度)受賞

★タイトル : Orbits
カテゴリー : Best Improvised Jazz Solo

----------------------------------------------------------------------------

注1)第30回(1987年度)受賞の「Call Sheet Blues」は『The Other Side Of Round Midnight (Dexter Gordon)』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注2)第40回(1997年度)受賞の「Aung San Suu Kyi」は『1+1』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注3)第42回(1999年度)受賞の「In Walked Wayne」は『Heroes (J.J. Johnson)』収録トラック。

注4)第46回(2003年度)はダブル受賞。「Sacajawea」は『Alegria』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注5)第56回(2013年度)受賞の「Orbits」は『Without A Net』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第56回(2013年度)のグラミー賞が本日発表された。
 ダフト・パンクが主要2部門を含む5冠達成もヘルメット・パフォーマンスでダンマリ…。バイオリニストの五嶋みどりさん…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


Without a Net★ Orbits
Wayne Shorter, soloist
Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Liquid Spirit★ Liquid Spirit
Gregory Porter


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


マネー・ジャングル2013★ Money Jungle: Provocative In Blue
Terri Lyne Carrington


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Plays Wlodek Pawlik's Night In Calisia★ Night In Calisia
Randy Brecker, Włodek Pawlik Trio & Kalisz Philharmonic


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Song For Maura★ Song For Maura
Paquito D'Rivera And Trio Corrente


----------------------------------------------------------------------------

 やりました! ウェイン・ショーター,そしてランディ・ブレッカー! 2人の“常連”が今年も受賞したのに一安心!
 というのも管理人が一番注目している「Category 33. Best Jazz Instrumental Album」の受賞者が,全くの初耳=テリ・リン・キャリントンだったから!

 管理人のグラミー賞史上,音源は聞いたことがなくても名前を知らない受賞者は唯の1人もいなかった。ここまで遠い受賞者はテリ・リン・キャリントンが初めてなのだ。
 か〜っ,今年は“ジャズの今”について語れないのです。

 そ・れ・で・以下は掟破りのアマゾンからのテリ・リン・キャリントンマネー・ジャングル2013』のコピペです。

内容紹介
■1963年のデューク・エリントン傑作『マネー・ジャングル』から50年-刺激的(Provocative)に生まれ変わった新たなマネー・ジャングル誕生! JazzWeek.comでもNo.1獲得! 最注目の女性ドラマー,テリ・リン・キャリントン最新作。ジャズ界の超ハンサム・ウーマン,カリスマティック女性ドラマー=テリ・リン・キャリントンが放つ,傑作『マネー・ジャングル』へのオマージュ作品。一聴してテリ・リンの心を鷲掴みにしたこの傑作のもつエネルギーを深く掘り下げ,新たな化学反応をおこしたアルバムがここに誕生! (資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.,オバマらのスピーチも加えメッセージをちりばめ,挑戦的な内容。リズ・ライト,ハービー・ハンコック等豪華アーティストをフィーチャー。

メディア掲載レビューほか
女性ジャズ・ドラマー,テリ・リン・キャリントンのアルバム。1963年に発表されたデューク・エリントンの傑作『マネー・ジャングル』から50年を経てリリースするオマージュ作品。資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.らのスピーチも加えた挑戦的な内容。

 ふ〜ん。グラミー賞のご祝儀=“ポチッ”。テリ・リン・キャリントンさん,これから仲良くお願いしま〜す。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2013年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Don't RunTerence Blanchard, soloist / Track from: Magnetic
☆ Song For MauraPaquito D'Rivera, soloist / Track from: Song For Maura (Paquito D'Rivera And Trio Corrente)
☆ Song Without Words #4: DuetFred Hersch, soloist / Track from: Free Flying (Fred Hersch And Julian Lage)
☆ Stadium JazzDonny McCaslin, soloist / Track from: Casting For Gravity
☆ OrbitsWayne Shorter, soloist / Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ The World According To Andy BeyAndy Bey
☆ AttachmentsLorraine Feather
☆ Liquid SpiritGregory Porter
☆ WomanChildCecile McLorin Salvant
☆ After BlueTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Guided TourThe New Gary Burton Quartet
☆ Money Jungle: Provocative In BlueTerri Lyne Carrington
☆ Life ForumGerald Clayton
☆ Pushing The World AwayKenny Garrett
☆ Out HereChristian McBride Trio

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Brooklyn BablyonDarcy James Argue's Secret Society
☆ Night In CalisiaRandy Brecker, Wlodek Pawlik Trio & Kalisz Philharmonic
☆ Wild BeautyBrussels Jazz Orchestra Featuring Joe Lovano
☆ March SublimeAlan Ferber
☆ IntradaDave Slonaker Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ La Noche Mas LargaBuika
☆ Song For MauraPaquito D'Rivera And Trio Corrente
☆ YoRoberto Fonseca
☆ EggunOmar Sosa
☆ Latin Jazz-Jazz LatinWayne Wallace Latin Jazz Quintet

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第55回(2012年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第55回(2012年度)のグラミー賞が本日発表された。
 今年のグラミーが本命不在の大混戦の中,FUN.が主要2冠に輝き,日本のローランドのMIDIが「グラミー技術賞」受賞に沸きましたね。

 今年はWOWOWのグラミー賞授賞式の生中継を見たのですが,グラミー賞だから見られるコラボレーション・ライブ! エルトン・ジョンとエド・シーラン,マルーン5とアリシア・キーズ,ブルーノ・マーズとスティングのステージは流石でしたねっ。
 チック・コリアによるデイヴ・ブルーベックへの追悼ライブTAKE FIVE】が最高!(って,実は見逃してしまいましたけど)
 本当は露出した女優さんがもっと見れたら良かったのに? まっ,滝クリがきれいだったから見て良かったです。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


ホット・ハウス★ Hot House
Gary Burton & Chick Corea, soloists
Track from: Hot House

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


ラジオ・ミュージック・ソサイエティ★ Radio Music Society
Esperanza Spalding


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


ユニティ・バンド★ Unity Band
Pat Metheny Unity Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Dear Diz: Everyday I Think of You★ Dear Diz (Every Day I Think Of You) /
Arturo Sandoval


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


¡Ritmo!★ !Ritmo!
The Clare Fischer Latin Jazz Big Band


----------------------------------------------------------------------------

 ヤッターッ,パット・メセニーグラミー賞復活!
 実に『THE WAY UP』以来7年振り。常連だったパット・メセニーとしては長かったですね〜。

 現在最強のコンテンポラリー・ジャズ・バンド=『UNITY BAND』の出来なら当然の結果だと思うのですが,クリス・ポッターフィーチャリングで『80/81』や『SONG X』寄りのJAZZY臭がプンプン。

 そう。今年のグラミー受賞は,いつものパット・メセニー・グループではなくユニティ・バンドでの受賞。この違いは大きい。このままジャズ寄りに進むのか? それとも以前のフュージョン路線へ戻るのか? どちらにしても「メセニーメセニー」の言葉で一喝されてしまいそうだが,今後の音造りに興味津々な管理人!

 そして,やっぱりチック・コリア! 恐れ入りました〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第55回(2012年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2012年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 昨年も触れましたがグラミー賞にも変革の時期が訪れたようで,あたまぁ,今年もいろいろと変更が加えられています。
ジャズの受賞部門も「4→5」へと変更(『BEST LATIN JAZZ ALBUM』部門復活)。
・『CATEGORY 32.BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM』のノミネート数が「6→5」へと変更。
・『CATEGORY 34.BEST LARGE ENSEMBLE ALBUM』のノミネート数が「5→3」へと変更。

 ところで昨日のレコード大賞…。まゆゆ受賞おめでとう〜。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Cross RoadsRavi Coltrane, soloist / Track from: Spirit Fiction
☆ Hot HouseGary Burton & Chick Corea, soloists / Track from: Hot House
☆ Alice In WonderlandChick Corea, soloist / Track from: Further Explorations (Chick Corea, Eddie Gomez & Paul Motian)
☆ J. MacKenny Garrett, soloist / Track from: Seeds From The Underground
☆ OdeBrad Mehldau, soloist / Track from: Ode (Brad Mehldau Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Soul ShadowsDenise Donatelli
☆ 1619 Broadway: The Brill Building ProjectKurt Elling
☆ LiveAl Jarreau (And The Metropole Orkest)
☆ The Book Of ChetLuciana Souza
☆ Radio Music SocietyEsperanza Spalding

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Further ExplorationsChick Corea, Eddie Gomez & Paul Motian
☆ Hot HouseChick Corea & Gary Burton
☆ Seeds From The UndergroundKenny Garrett
☆ Blue MoonAhmad Jamal
☆ Unity BandPat Metheny Unity Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Centennial: Newly Discovered Works Of Gil EvansGil Evans Project
☆ For The MomentBob Mintzer Big Band
☆ Dear Diz (Every Day I Think Of You)Arturo Sandoval

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Flamenco SketchesChano Dominguez
☆ !Ritmo!The Clare Fischer Latin Jazz Big Band
☆ MultiverseBobby Sanabria Big Band
☆ Duos IIILuciana Souza
☆ New Cuban ExpressManuel Valera New Cuban Express

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第54回(2011年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第54回(2011年度)のグラミー賞が本日発表された。
 アデルが主要3部門を含む6冠達成で感涙。ノラ・ジョーンズ以来の快挙だろうが,話題の中心はしばらくホイットニー・ヒューストンが独占することでしょう?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 30. Best Improvised Jazz Solo


フォーエヴァー★ 500 Miles High
Chick Corea, soloist
Track from: Forever (Corea, Clarke & White)

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Jazz Vocal Album


The Mosaic Project★ The Mosaic Project
Terri Lyne Carrington & Various Artists


----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Instrumental Album


フォーエヴァー★ Forever
Corea, Clarke & White


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Large Jazz Ensemble Album


Good Feeling★ The Good Feeling
Christian McBride Big Band


----------------------------------------------------------------------------

 やりました! チック・コリアスタンリー・クラークレニー・ホワイトリターン・トゥ・フォーエヴァー)の2冠制覇! スタンリー・クラークに至っては2年連続受賞でおめでたい×2倍!

 リターン・トゥ・フォーエヴァーライブで聴いた『フォーエヴァー』からのセレクション。あの大興奮の名演が今も管理人の頭の中で鳴り続けています。
 グラミー受賞で『フォーエヴァー』の感動を世界中の音楽ファンと共有できるのが管理人の喜びです。おめでたい×3倍!!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第54回(2011年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2011年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 …と,例年でしたら書き始めるところですが,折からのCD不況直撃? どうやら日本のレコード大賞がそうであるようにアメリカのグラミー賞にも変革の時期が訪れたようでして,今年から『FIELD』という括りが撤廃され,ジャズの受賞部門も「6→4」へと変更されている模様。
 カテゴリーの削減余波なのか『CATEGORY 32.BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM』のノミネート数が異例の6になってるし〜。この混乱の詳細をご存知の読者の方がいらっしゃいましたらコメントしてくださ〜い。
 ところで昨日のレコード大賞…。たかみな受賞おめでとう〜。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 30. Best Improvised Jazz Solo


☆ All Or Nothing At AllRandy Brecker, soloist / Track from: The Jazz Ballad Song Book (Randy Brecker With DR Big Band)
☆ You Are My SunshineRon Carter, soloist / Track from: This Is Jazz (Donald Harrison, Ron Carter & Billy Cobham)
☆ 500 Miles HighChick Corea, soloist / Track from: Forever (Corea, Clarke & White)
☆ WorkFred Hersch, soloist / Track from: Alone At The Vanguard
☆ Sonnymoon For TwoSonny Rollins, soloist / Track from: Road Shows Vol. 2

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Jazz Vocal Album


☆ 'Round MidnightKarrin Allyson
☆ The Mosaic ProjectTerri Lyne Carrington & Various Artists
☆ The GateKurt Elling
☆ American RoadTierney Sutton (Band)
☆ The Music Of Randy NewmanRoseanna Vitro

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Instrumental Album


☆ Bond: The Paris SessionsGerald Clayton
☆ ForeverCorea, Clarke & White
☆ Alone At The VanguardFred Hersch
☆ Bird SongsJoe Lovano/Us Five
☆ Road Shows Vol. 2Sonny Rollins
☆ TimelineYellowjackets

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ The Jazz Ballad Song BookRandy Brecker With DR Big Band
☆ The Good FeelingChristian McBride Big Band
☆ 40 Acres And A BurroArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ LegacyGerald Wilson Orchestra
☆ Alma Adentro: The Puerto Rican SongbookMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第53回(2010年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第53回(2010年度)のグラミー賞が本日発表された。
 レディ・アンテベラムが最優秀楽曲賞,最優秀レコード賞の主要2部門を含む5冠達成が話題だが,今年の主役はジャズ・ベーシストエスペランサ! ジャスティン・ビーバーやドレイクを抑えジャズ・ベーシスト兼がバークリー音楽院卒業の最年少講師が最優秀新人賞を受賞した。未来のジャズ界を担う逸材の大ブレイクである。

 そして書かねばならない祝・日本人4人の同時受賞。
 内田光子松山夕貴子も素晴らしいが,ついに来た! ジャズ・ピアニスト上原ひろみ“ロード・トゥ・チック・コリア”への初受賞。『スタンリー・クラーク・バンド』の正式名称は『THE STANLEY CLARKE BAND FEATURING HIROMI WITH RUSLAN AND RONALD BRUNER JR.』。上原ひろみフィーチャリング・アーティストなのだ。

 世間一般にはタック松本こと松本孝弘である。あのラリー・カールトンと「LARRY CARLTON & TAK MATSUMOTO」名義で発表したアルバム『TAKE YOUR PICK』が,最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞受賞! これでB’zは人気の稲葉浩志+実力の松本孝弘と呼ばれるかも?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 44 - Best Contemporary Jazz Album


The Stanley Clarke Band and Hiromi★ The Stanley Clarke Band
The Stanley Clarke Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Jazz Vocal Album


Eleanora Fagan 1915-1959: To Billie With Love From★ Eleanora Fagan (1915-1959): To Billie With Love From Dee Dee
Dee Dee Bridgewater

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Improvised Jazz Solo


イマジン・プロジェクト★ A Change Is Gonna Come
Herbie Hancock, soloist /
Track from : The Imagine Project

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


Moody 4B★ Moody 4B
James Moody


----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Large Jazz Ensemble Album


Mingus Big Band Live at Jazz Standard★ Mingus Big Band Live At Jazz Standard
Mingus Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Latin Jazz Album


チューチョズ・ステップス★ Chucho's Steps
Chucho Valdés And The Afro-Cuban Messengers


----------------------------------------------------------------------------

 Category 47。まずは順当にジェームス・ムーディーが受賞。遺作が受賞するのは半ばグラミー賞の慣行。しかしジェームス・ムーディーの『MOODY 4B』は実力で勝ち取った感アリアリの名演である。

 管理人にとってジェームス・ムーディー“御大”と来れば,アドリブログヒロインでありモチベーションである矢野沙織の“お師匠様”! 次は弟子である矢野沙織が「師匠の衣鉢を継ぐ」でグラミーを受賞してほしい! 上原ひろみに続け矢野沙織! 結婚されましたのでミーハーはやめようと思っているが,事の発端は実力に「ビビッ」ときたジャズメンなのだから…。

 2010年度の大注目はCategory 46ハービー・ハンコックキース・ジャレットハンク・ジョーンズウイントン・マルサリスの大混戦! ここ最近では類を見ないジャズの巨人たちによる鍔迫り合い!
 勝ったのは鼻差でハービー・ハンコック! 次点は遺作が受賞するのグラミー賞の慣行からハンク・ジョーンズであろう。管理人のごひいきキース・ジャレットウイントン・マルサリスは,今回は馬場が合わなかったということで( 昨日でました小倉競馬場でのJRA史上最高額風? )。

おまけ:上原ひろみグラミー受賞コメント。「受賞は朝の7時にリーダーであるスタンリー・クラークからの電話で知りました。スタンリー・クラーク・バンドグラミー賞をいただき,バンドの一員として,とても光栄です。スタンリー・クラークという素晴らしいベーシストと一緒にアルバムを作り,ツアーができたことが,私にとって何よりの喜びでした。これからも,目の前にあるライブに全集中力を注ぎ,日々頑張ります。この賞に恥じないミュージシャンになりたいので。まだまだです」とは上原ひろみらしい。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第53回(2010年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2010年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 44 - Best Contemporary Jazz Album


☆ The Stanley Clarke BandThe Stanley Clarke Band
☆ Never Can Say GoodbyeJoey DeFrancesco
☆ Now Is The TimeJeff Lorber Fusion
☆ To The OneJohn McLaughlin
☆ BackatownTrombone Shorty

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Jazz Vocal Album


☆ Eleanora Fagan (1915-1959): To Billie With Love From Dee DeeDee Dee Bridgewater
☆ Freddy Cole Sings Mr. BFreddy Cole
☆ When Lights Are LowDenise Donatelli
☆ AgesLorraine Feather
☆ WaterGregory Porter

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Improvised Jazz Solo


☆ SolarAlan Broadbent, soloist / Track from: Live At Giannelli Square: Volume 1
☆ A Change Is Gonna ComeHerbie Hancock, soloist / Track from: The Imagine Project
☆ Body And SoulKeith Jarrett, soloist / Track from: Jasmine
☆ Lonely WomanHank Jones, soloist / Track from: Pleased To Meet You
☆ Van GoghWynton Marsalis, soloist / Track from: Portrait In Seven Shades (Jazz At Lincoln Center Orchestra)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


☆ Positootly!John Beasley
☆ The New Song And DanceClayton Brothers
☆ HistoricityVijay Iyer Trio
☆ Moody 4BJames Moody
☆ ProvidenciaDanilo Perez

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Infernal MachinesDarcy James Argue's Secret Society
☆ Autumn: In Moving Pictures Jazz - Chamber Music Vol. 2Billy Childs Ensemble Featuring The Ying String Quartet
☆ PathwaysDave Holland Octet
☆ 54Metropole Orkest, John Scofield & Vince Mendoza
☆ Mingus Big Band Live At Jazz StandardMingus Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Latin Jazz Album


☆ Tango GrillPablo Aslan
☆ Second ChanceHector Martignon
☆ Psychedelic BluesPoncho Sanchez
☆ Chucho's StepsChucho Valdes And The Afro-Cuban Messengers
☆ Bien Bien!Wayne Wallace Latin Jazz Quintet

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第52回(2009年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第52回(2009年度)のグラミー賞が本日発表された。
 ビヨンセの6冠,テイラー・スウィフトの4冠が話題ですが,今年の主役は故マイケル・ジャクソン! マイケル・ジャクソンと来れば,ジャズ好きにはクインシー・ジョーンズであろうが,特別功労賞受賞のマイケル・ジャクソンを偲んで上映されたは,映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』からの【アース・ソング】! なんと流行の3D映像で上映された模様。管理人は3D『アバター』を見た〜い!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


75★ 75
Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Dedicated to You: Kurt Elling Sings the Music of Coltrane and Hartman★ Dedicated To You: Kurt Elling Sings The Music Of Coltrane And Hartman
Kurt Elling

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Improvised Jazz Solo


Watts★ Dancin' 4 Chicken
Terence Blanchard, soloist /
Track from : Watts (Jeff "Tain" Watts)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


Five Peace Band - Live★ Five Peace Band - Live
Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


Book One★ Book One
New Orleans Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Juntos Para Siempre★ Juntos Para Siempre
Bebo Valdes And Chucho Valdes


----------------------------------------------------------------------------

 2008年度の「チック・コリア&ゲイリー・バートン」のゴールデン・コンビに続いて,2009年度は「チック・コリア&ジョン・マクラフリン」のシルバー・コンビ?にて連続受賞! チック・コリアは,一体どこまで上り詰めてしまうのでしょうか?

 「チック・コリア&ジョン・マクラフリン」名義による『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』は“コマーシャリズムを越えた”2009年度の代表作!
 チック・コリアがメンバーを選び,ジョン・マクラフリンがバンド名をネーミングした『ファイヴ・ピース・バンド』は“ジャズ・ジャイアント”チック・コリアジョン・マクラフリンの“2枚看板”に加え,ベースクリスチャン・マクブライドドラムヴィニー・カリウタアルト・サックスケニー・ギャレットの“超大物”5人衆に,スペシャル・ゲスト=ハービー・ハンコックまで参加したドリーム・バンド!

 『ファイヴ・ピース・バンド』の“夢のライブ”をCDで拝めるよう,何度神様へお願いしたことか…。
 管理人にとって『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』は,神様からの贈り物&一生の宝物である。この音&音!

 さて,チック・コリアの2年連続グラミー受賞について書いてきましたが,実はもう一人=テレンス・ブランチャードも「Category 47」で2年連続グラミー受賞
 そりゃぁ『ファイヴ・ピース・バンド』が大好きですが“獲って当然”『ファイヴ・ピース・バンド』以上に,管理人はテレンス・ブランチャードの連続受賞を喜んでいます。頑張れ,テレンス・ブランチャード! 目指せ,3年連続グラミー受賞

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第52回(2009年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2009年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ UrbanusStefon Harris & Blackout
☆ Sounding PointJulian Lage
☆ At World's EdgePhilippe Saisse
☆ Big NeighborhoodMike Stern
☆ 75Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ No RegretsRandy Crawford (& Joe Sample)
☆ Dedicated To You: Kurt Elling Sings The Music Of Coltrane And HartmanKurt Elling
☆ So In LoveRoberta Gambarini
☆ TideLuciana Souza
☆ DesireTierney Sutton (Band)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Improvised Jazz Solo


☆ Dancin' 4 ChickenTerence Blanchard, soloist / Track from: Watts (Jeff "Tain" Watts)
☆ All Of YouGerald Clayton, soloist / Track from: Two-Shade
☆ Ms. Garvey, Ms. GarveyRoy Hargrove, soloist / Track from: Emergence
☆ On Green Dolphin StreetMartial Solal, soloist / Track from: Live At The Village Vanguard
☆ Villa PalmerasMiguel Zenon, soloist / Track from: Esta Plena

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


☆ Quartet LiveGary Burton, Pat Metheny, Steve Swallow & Antonio Sanchez
☆ Brother To BrotherClayton Brothers
☆ Five Peace Band - LiveChick Corea & John McLaughlin Five Peace Band
☆ RemembranceJohn Patitucci Trio
☆ The Bright MississippiAllen Toussaint

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ LegendaryBob Florence Limited Edition
☆ Eternal InterludeJohn Hollenbeck Large Ensemble
☆ Fun TimeSammy Nestico And The SWR Big Band
☆ Book OneNew Orleans Jazz Orchestra
☆ Lab 2009University Of North Texas One O'Clock Lab Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Things I Wanted To DoChembo Corniel
☆ AureaGeoffrey Keezer
☆ Brazilliance X 4Claudio Roditi
☆ Juntos Para SiempreBebo Valdes And Chucho Valdes
☆ Esta PlenaMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チック・コリア / グラミー受賞履歴

 拝啓 チック・コリア
 まずはアドリブログの「スーパートリビア」への殿堂入り。おめでとうございます。管理人の「虚言」を封じ込めた圧倒的な実力は天下一です。お見逸れしました。

 こうしてチック様の「グラミー受賞履歴」を眺めてみますと,チック様の良く言えば「マルチな才能」悪く言えば「ワルノリの閃き」が見事に露わにされています。これ程の守備範囲を誇るジャズ・ピアニストチック様の独壇場です。
 管理人は今日ここに決心いたしました。これからはチック・コリア大好き人間宣言! 努力してみようと思います。きっと世界が広がります。でも好きになれるのかなぁ?

 以下が,チック・コリアグラミー受賞履歴(13作品,15回)です。

----------------------------------------------------------------------------

No Mystery第18回(1975年度)受賞

★タイトル : No Mystery
カテゴリー : Best Jazz Performance By A Group

----------------------------------------------------------------------------

妖精第19回(1976年度)受賞

★タイトル : The Leprechaun
カテゴリー : Best Jazz Performance By A Group

★タイトル : Leprechaun's Dream
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

フレンズ第21回(1978年度)受賞

★タイトル : Friends
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group

----------------------------------------------------------------------------

デュエット第22回(1979年度)受賞

★タイトル : Duet
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

チック・コリア&ゲイリーバートン・イン・コンサート第24回(1981年度)受賞

★タイトル : Chick Corea & Gary Burton In Concert - Zurich, October 28, 1979
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

Light Years第31回(1988年度)受賞

★タイトル : Light Years
カテゴリー : Best R&B Instrumental
Performance (Orchestra, Group Or Soloist)

----------------------------------------------------------------------------

Akoustic Band第32回(1989年度)受賞

★タイトル : Chick Corea Akoustic Band
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

----------------------------------------------------------------------------

Native Sense: The New Duets第41回(1998年度)受賞

★タイトル : Rhumbata
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

Like Minds第42回(1999年度)受賞

★タイトル : Like Minds
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Gary Burton, Chick Corea, Pat Metheny, Roy Haynes & Dave Holland

----------------------------------------------------------------------------

Corea Concerto第43回(2000年度)受賞

★タイトル : Spain For Sextet & Orchestra
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

Rendezvous in New York第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Matrix
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

The Ultimate Adventure第49回(2006年度)受賞

★タイトル : The Ultimate Adventure
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

★タイトル : Three Ghouls
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

New Crystal Silence第51回(2008年度)受賞

★タイトル : The New Crystal Silence
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

注1)第18回(1975年度)受賞の『No Mystery』は「Chick Corea & Return To Forever」名義。

注2)第19回(1976年度)はダブル受賞。「Leprechaun's Dream」は『The Leprechaun』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注3)第31回(1988年度)の受賞ジャンルは「R&B」。

注4)第32回(1989年度)受賞の『Chick Corea Akoustic Band』は「Chick Corea Akoustic Band」名義。

注5)第41回(1998年度)受賞の「Rhumbata」は『Native Sense: The New Duets』収録トラック。

注6)第43回(2000年度)受賞の「Spain For Sextet & Orchestra」は『Corea Concerto』収録トラック。の受賞ジャンルは「Arranging」。

注7)第46回(2003年度)受賞の「Matrix」は『Rendezvous in New York』収録トラック。

注8)第49回(2006年度)はダブル受賞。「Three Ghouls」は『The Ultimate Adventure』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第51回(2008年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第51回(2008年度)のグラミー賞が本日発表された。
 コールドプレイが3部門,元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが5部門,新人賞がアデル…。
 「アメリカ人優先」で知られるグラミー賞にしては珍しく「UK旋風」が吹き荒れたわけだが,これも時代の象徴? 「強いアメリカ」が懐かしい?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


Randy in Brasil★ Randy In Brasil
Randy Brecker


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Loverly★ Loverly
Cassandra Wilson


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル50周年記念オールスターズ★ Be-BopTerence Blanchard, soloist /
Track from : Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


New Crystal Silence★ The New Crystal Silence
Chick Corea & Gary Burton


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


Monday Night Live At The Village Vanguard★ Monday Night Live At The Village Vanguard
The Vanguard Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Song for Chico★ Song For Chico
Arturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

 「チック・コリア&ゲイリー・バートン」の黄金コンビ復活! グラミー受賞して初めて完全復活,と読んでいた管理人としてはうれしい限りです。昨今の再結成ブームに乗っかった「リターン・トゥ・フォーエヴァー」とは趣きが違う,と力説していた管理人の思いが通じたようで,ニンマリです。
 これは以前から告白していることですが,管理人とチック・コリアとの相性はあまりよろしくありません。勿論,チック・コリアの演奏はそのどれもが素晴らしいものです。CDも大抵のものは所有しています。
 でも“隠れファン”なのです。大手を振って好きとは言えない“後ろめたさ”を常に感じているのです。

 でもでも「チック・コリア&ゲイリー・バートン」名義ものは別。「チック・コリア&ゲイリー・バートン」による絶妙のコンビネーションを聴かされれば,手放しで大喜びできちゃいます。
 そんな達人2人の最新作『ニュー・クリスタル・サイレンス』は,チック・コリアによくありがちな企画盤です。大名盤クリスタル・サイレンス』のリリース35周年を記念した作品だそうな。まったくチック・コリアという人は…。

 しか〜し,そんなことどうでもいいんです。グラミー受賞で黄金コンビが“完全復活”したんです。グラミー賞を“取り損なった”パット・メセニーがライナーノーツも書いたんです。メセニーも納得の落選なんです!? さぁ,皆さんご一緒に「チックバートングラミー受賞おめでとう!」

 ん〜,今夜はどうした管理人? 明日はチック・コリアグラミー受賞特集です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第51回(2008年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2008年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ Randy In BrasilRandy Brecker
☆ Floating PointJohn McLaughlin
☆ Cannon Re-Loaded: All-Star Celebration Of Cannonball AdderleyGregg Field & Tom Scott, producers
☆ Miles From IndiaBob Belden, producer
☆ LifecycleYellowjackets Featuring Mike Stern

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ Imagina: Songs Of BrasilKarrin Allyson
☆ Breakfast On The Morning TramStacey Kent
☆ If Less Is More...Nothing Is EverythingKate McGarry
☆ LoverlyCassandra Wilson
☆ DistancesNorma Winstone (Glauco Venier & Klaus Gesing)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ Be-BopTerence Blanchard, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)
☆ Seven Steps To HeavenTill Bronner, soloist / Track from: The Standard (Take 6)
☆ Waltz For DebbyGary Burton & Chick Corea, soloists / Track from: The New Crystal Silence
☆ Son Of ThirteenPat Metheny, soloist / Track from: Day Trip
☆ Be-BopJames Moody, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ The New Crystal SilenceChick Corea & Gary Burton
☆ History, MysteryBill Frisell
☆ Brad Mehldau Trio: LiveBrad Mehldau Trio
☆ Day TripPat Metheny With Christian McBride & Antonio Sanchez
☆ StandardsAlan Pasqua, Dave Carpenter & Peter Erskine Trio

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Appearing NightlyCarla Bley And Her Remarkable Big Band
☆ Act Your AgeGordon Goodwin's Big Phat Band
☆ SymphonicaJoe Lovano With WDR Big Band & Rundfunk Orchestra
☆ BlauklangVince Mendoza
☆ Monday Night Live At The Village VanguardThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Afro Bop AllianceCaribbean Jazz Project
☆ The Latin Side Of Wayne ShorterConrad Herwig & The Latin Side Band
☆ Song For ChicoArturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra
☆ Nouveau LatinoNestor Torres
☆ Marooned/AisladoPapo Vazquez The Mighty Pirates

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ハービー・ハンコック / グラミー受賞履歴

 ハービー・ハンコックが,やってくれました! あのケニー・Gでさえ成し得なかった,グラミーの「最優秀アルバム」の大受賞! → 即決「スーパートリビア」への殿堂入り!

 こうしてハービー・ハンコックの「グラミー受賞履歴」を眺めてみると,ハービー・ハンコックの,良く言えば「マルチな才能」悪く言えば「迷走ぶり」が露わにされている。
 そう。グラミー受賞には縁がなかったが,ジャズ・ピアニストハービー・ハンコックの真骨頂はブルーノート時代にある。いっそのことグラミー受賞の諸作は後回しにして,ブルーノート名盤から入ってほしい。
 パット・メセニーがアイドル視する“あの時代の”ハービー・ハンコックが素晴らしい!

 以下が,ハービー・ハンコックグラミー受賞履歴(9作品,12回)です。

----------------------------------------------------------------------------

フューチャー・ショック第26回(1983年度)受賞

★タイトル : Rockit
カテゴリー : Best R&B Instrumental Performance

----------------------------------------------------------------------------

Sound System第27回(1984年度)受賞

★タイトル : Sound System
カテゴリー : Best R&B Instrumental Performance

----------------------------------------------------------------------------

The Other Side Of Round Midnight第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Call Sheet Blues
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

A Tribute To Miles第37回(1994年度)受賞

★タイトル : A Tribute To Miles
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Ron Carter, Herbie Hancock, Wallace Roney, Wayne Shorter & Tony Williams

----------------------------------------------------------------------------

New Standard第39回(1996年度)受賞

★タイトル : Manhattan (Island Of Lights And Love)
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Gershwin's World第41回(1998年度)受賞

★タイトル : St. Louis Blues
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocal(s)

★タイトル : Gershwin's World
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

----------------------------------------------------------------------------

Directions In Music第45回(2002年度)受賞

★タイトル : Directions In Music
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Michael Brecker & Roy Hargrove

★タイトル : My Ship
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド第47回(2004年度)受賞

★タイトル : Speak Like A Child
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

River: The Joni Letters第50回(2007年度)受賞

★タイトル : River: The Joni Letters
カテゴリー : Album Of The Year

★タイトル : River: The Joni Letters
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Album

----------------------------------------------------------------------------

注1)第26回(1983年度)受賞の「Rockit」は『Future Shock』収録トラック。受賞ジャンルは「R&B」。

注2)第27回(1984年度)の受賞ジャンルは「R&B」。

注3)第30回(1987年度)受賞の「Call Sheet Blues」は『The Other Side Of Round Midnight (Dexter Gordon)』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注4)第39回(1996年度)受賞の「Manhattan (Island Of Lights And Love)」は『New Standard』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注5)第41回(1998年度)はダブル受賞。「St. Louis Blues」は『Gershwin's World』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注6)第45回(2002年度)はダブル受賞。「My Ship」は『Directions In Music』収録トラック。

注7)第47回(2004年度)受賞の「Speak Like A Child」は『With All My Heart (Harvey Mason)』収録トラック。

注8)第50回(2007年度)はダブル受賞。「Album Of The Year」は主要4部門「General Field 」での受賞。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第50回(2007年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第50回(2007年度)のグラミー賞が本日発表された。
 注目のエイミー・ワインハウスが,最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀新人の主要3部門を含む5部門を受賞。カニエ・ウェストも4部門を受賞。
 …と,アメリカ全土はこの両雄の話題で持ちきりかと思いきや,メディアの関心事は民主党の大統領選挙一色。そこへ来てグラミー賞最大のニュースが,バラク・オバマ氏の最優秀朗読アルバム受賞! いや〜,恐るべし英米二重世界強国。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ River: The Joni Letters
Herbie Hancock


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Avant Gershwin (Dig)★ Avant Gershwin
Patti Austin


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Anagram
Michael Brecker, soloist /
Track from : Pilgrimage

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ Pilgrimage
Michael Brecker


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ A Tale Of God's Will (A Requiem For Katrina)
Terence Blanchard


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Funk Tango★ Funk Tango
Paquito D'Rivera Quintet


----------------------------------------------------------------------------

 管理人の1年前の予想通り,グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカーが貫禄の2冠達成! でもでも自分でもビックリ。マイケル・ブレッカー・ファンとしては受賞の知らせをうれしく思うはずなのに,うれしくなかった。複雑な気持ちがした。どうもデキレースっぽくて“しっくり”こなかったのだ。
 超ド級豪華メンバー・フルサポートの「Category 48」は当然として「Category 47」=2007年最高のインプロヴィゼーションの称号は違うのではないか? あっ,いや,これはマイケル・ブレッカーを世界一のインプロバイザーと認めた上での感想です。要するに,絶好調ではないマイケル・ブレッカーの“ネーム・バリュー”だけで受賞を選出するのは,当のマイケル本人に失礼に思えたものでして…。
 仮に今日もマイケル・ブレッカーが生きていて,受賞の知らせを聞いたとしたら,盟友たちと共に勝ち得た「Category 48」の栄冠については大喜びするであろうが,自分の演奏に納得できていないのに「Category 47」受賞と聞かされても,ただ戸惑うだけではなかろうか…。すみません。思い入れがあるもので,つい…。

 さらに管理人に追い打ちをかけたのが,ハービー・ハンコックの『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』の最優秀アルバム受賞のビッグ・ニュース! だって全世界で認められたジャズ名盤を未だ未聴なのですから,恥ずかしいやら悔しいやら…。

 明日はハービー・ハンコックグラミー受賞特集です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第50回(2007年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2007年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ Party HatsWill Bernard
☆ Downright UprightBrian Bromberg
☆ Re-ImaginationEldar
☆ River: The Joni LettersHerbie Hancock
☆ He Had a HatJeff Lorber

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ Avant GershwinPatti Austin
☆ Red EarthDee Dee Bridgewater
☆ Music Maestro PleaseFreddy Cole
☆ NightmovesKurt Elling
☆ On the Other SideTierney Sutton (Band)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ LeveesTerence Blanchard, soloist / Track from: A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)
☆ AnagramMichael Brecker, soloist / Track from: Pilgrimage
☆ Both Sides NowHerbie Hancock, soloist / Track from: River: The Joni Letters
☆ LullabyHank Jones, soloist / Track from: Kids: Duets Live at Dizzy's Club Coca-Cola
☆ 1000 KilometersPaul McCandless, soloist / Track from: 1000 Kilometers

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ PilgrimageMichael Brecker
☆ Live at the Village VanguardThe Bill Charlap Trio
☆ Kids: Duets Live at Dizzy's Club Coca-ColaJoe Lovano And Hank Jones
☆ Line by LineJohn Patitucci
☆ Back EastJoshua Redman

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)Terence Blanchard
☆ Eternal Licks and GroovesThe Bob Florence Limited Edition
☆ HommageThe Bill Holman Band
☆ Sky BlueMaria Schneider Orchestra
☆ With LoveCharles Tolliver Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Funk TangoPaquito D'Rivera Quintet
☆ The MagicianSammy Figueroa And His Latin Jazz Explosion
☆ Borrowed TimeSteve Khan
☆ RefugeeHector Martignon
☆ Big Band Urban FolktalesBobby Sanabria Big Band

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

マイケル・ブレッカー / グラミー受賞履歴

 「ジャズ・ホーン」誌,特別編集「マイケル・ブレッカー特集号」によると,マイケル・ブレッカーの全ディスコグラフィは,LPCDが791,映像ものが28枚あるらしい。この“多産ぶり”は真に驚異的である。
 その中で,何を聴くか? → そこでグラミー賞
 ん? 4ヶ月前の宣言を忘れていた。アドリブログの「スーパートリビア」への“強制”殿堂入り!

 どうですか,この名演の数々! これぞマイケル・ブレッカーグラミー受賞履歴!
 マイケル・ブレッカーの歴史こそ,テナー・サックスの現代史! そう。マイケル・ブレッカーこそ(フリー・ジャズへ疾走していた頃の)ジョン・コルトレーンの後継者であった。 
 正統派のジャズではない。“アバンギャルドでアナーキー”な,ジャズ界の「異端児」に違いない。ただし,フュージョンを演ろうがファンクを演ろうが,決して“ジャズメン魂”は失われていない。

 以下のグラミー受賞履歴(8作品,13回)の中から,お好みでどうぞ!

----------------------------------------------------------------------------

Don't Try This At Home第31回(1988年度)受賞

★タイトル : Don't Try This At Home
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance Soloist (On A Jazz Recording)

----------------------------------------------------------------------------

Out of the Loop第37回(1994年度)受賞

★タイトル : Out Of The Loop
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance
☆Artist Performing Work : Brecker Brothers

★タイトル : African Skies
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Infinity第38回(1995年度)受賞

★タイトル : Infinity
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : McCoy Tyner Trio & Michael Brecker

★タイトル : Impressions
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Tales From The Hudson第39回(1996年度)受賞

★タイトル : Tales From The Hudson
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

★タイトル : Cabin Fever
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Nearness Of You第44回(2001年度)受賞

★タイトル : Chan's Song
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Directions In Music第45回(2002年度)受賞

★タイトル : Directions In Music
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Michael Brecker & Roy Hargrove

----------------------------------------------------------------------------

ワイド・アングルズ第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Wide Angles
カテゴリー : Best Large Jazz Ensemble Album

★タイトル : Timbuktu
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Some Skunk Funk第49回(2006年度)受賞

★タイトル : Some Skunk Funk
カテゴリー : Best Large Jazz Ensemble Album
☆Artist Performing Work : Randy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Koln

★タイトル : Some Skunk Funk
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

注1)第37回(1994年度)はダブル受賞。「African Skies」は『Out Of The Loop』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注2)第38回(1995年度)はダブル受賞。「Impressions」は『Infinity』収録トラック。

注3)第39回(1996年度)はダブル受賞。「Cabin Fever」は『Tales From The Hudson』収録トラック。

注4)第44回(2001年度)受賞の「Chan's Song」は『Nearness Of You』収録トラック。

注5)第46回(2003年度)はダブル受賞。「Timbuktu」は『Wide Angles』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注6)第49回(2006年度)はダブル受賞。「Some Skunk Funk」は『Some Skunk Funk』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第49回(2006年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 グラミー賞! いやはや,発表から2日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第49回(2006年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す!

 “年に一度の音楽の祭典”今年のグラミー賞は,ディクシー・チックスが主要三部門を独占&計五部門を受賞したようですが,管理人的にはディクシー・チックスよりも“ジミに”技術部門のテクニカル賞を受賞したヤマハ! レコーディング用の各種機器の開発など長年の貢献が認められての受賞だそうだ。これでヤマハもソニーに追いついたわけで…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ The Hidden Land
Béla Fleck & The Flecktones


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


★ Turned To Blue
Nancy Wilson


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Some Skunk FunkMichael Brecker, soloist /
Track from : Some Skunk Funk (Randy Brecker w/Michael Brecker)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ The Ultimate Adventure
Chick Corea


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ Some Skunk Funk
Randy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Köln
----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


SIMPATICO★ Simpático
The Brian Lynch / Eddie Palmieri Project


----------------------------------------------------------------------------

 グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカー(正確にはランディ・ブレッカー名義)が2冠達成! これはパット・メセニー同様,アドリブログの“殿堂”へと招待させていただかねば!
 恐らく来年は,マイケル・ブレッカーの遺作が発表 → 最後のグラミー受賞という図式が早くも目に浮かんできます。

 さて,注目の“激戦区”「Category 48」はチック・コリア! チック・ファンとしては勿論うれしいのだが,トリオ・ビヨンドの出来が余りにも良かっただけに,ひそかに応援していた者としては少し複雑。ケニー・ギャレットにしても受賞できたら“一皮むける”大チャンスだったのに…。う〜ん。

 管理人にこう思わせた,チック・コリア自身にも非があるのでは? 奇しくも『スーパー・トリオ』が,スイングジャーナル誌・2006ジャズ・ディスク《金賞》を受賞し,チック・コリアマイケル・ブレッカー以上に“価値ある”2冠達成!
 だが『スーパー・トリオ』は【スペイン】のフェードアウトにガッカリだったし『アルティメット・アドヴェンチャー』は,またもSF作家=ロン・ハバードのコンセプト・アルバムだし…。
 肝心な部分でどうにも相性が悪い…。これって,私だけ?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第49回(2006年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2006年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ The Hidden LandBéla Fleck & The Flecktones
☆ People People Music MusicGroove Collective
☆ Rewind ThatChristian Scott
☆ SexoticaSex Mob
☆ Who Let The Cats OutMike Stern

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ FootprintsKarrin Allyson
☆ Easy To LoveRoberta Gambarini
☆ Live At Jazz Standard With Fred HerschNancy King
☆ From This Moment OnDiana Krall
☆ Turned to BlueNancy Wilson

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ Some Skunk FunkMichael Brecker, soloist / Track from : Some Skunk Funk (Randy Brecker w/Michael Brecker)
☆ Paq ManPaquito D'Rivera, soloist / Track from : From The Heart (Hilario Duran And His Latin Jazz Big Band)
☆ Freedom Jazz DanceTaylor Eigsti, soloist / Track from : Lucky To Be Me
☆ Hippidy Hop (Drum Solo)Roy Haynes, soloist / Track from : Whereas
☆ HopeBranford Marsalis, soloist / Track from : Braggtown

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ Sound GrammarOrnette Coleman
☆ The Ultimate AdventureChick Corea
☆ Trio Beyond — SaudadesJack DeJohnette, Larry Goldings & John Scofield
☆ Beyond the WallKenny Garrett
☆ Sonny, PleaseSonny Rollins

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Some Skunk FunkRandy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Köln
☆ Spirit MusicBob Brookmeyer — New Art Orchestra
☆ Streams Of ExpressionJoe Lovano Ensemble
☆ Live In Tokyo At The Blue Note Mingus Big Band
☆ Up From The Skies — Music Of Jim McNeelyThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ CodesIgnacio Berroa
☆ Cubist MusicEdsel Gomez
☆ SimpáticoThe Brian Lynch / Eddie Palmieri Project
☆ Absolute QuintetDafnis Prieto
☆ VivaDiego Urcola, Edward Simon, Avishai Cohen, Antonio Sanchez & Pernell Saturnino

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

パット・メセニー / グラミー受賞履歴

 パット・メセニー・グループの“最新”グラミー受賞作,『THE WAY UP』をやっと手に入れました。
 大作ゆえ嫌な予感がして敬遠していましたが,聴いてみると思いのほか“普通の出来”で良かったです。

 ただしサウンドとしてはパット・メセニー・グループと言うよりも,パット・メセニー個人名義の音に近いかな?
 ん? 忘れていた。パット・メセニー個人の「スーパートリビア」への“強制”殿堂入り!
 早速「パット・メセニー祭り」と題して,パット・メセニー個人名義の「グラミー受賞履歴」について,まとめてみました。

 以下が,パット・メセニー個人名義のグラミー受賞履歴(7作品,7回)です。

----------------------------------------------------------------------------

Offramp第25回(1982年度)受賞

★タイトル : Offramp
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental

----------------------------------------------------------------------------

Question and Answer第33回(1990年度)受賞

★タイトル : Change Of Heart
カテゴリー : Best Instrumental Composition
☆Artist Performing Work : Pat Metheny, Dave Holland & Roy Haynes

----------------------------------------------------------------------------

Secret Story第35回(1992年度)受賞

★タイトル : Secret Story
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance (Instrumental)

----------------------------------------------------------------------------

Beyond The Missouri Sky第40回(1997年度)受賞

★タイトル : Beyond The Missouri Sky
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Charlie Haden & Pat Metheny

----------------------------------------------------------------------------

Like Minds第42回(1999年度)受賞

★タイトル : Like Minds
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Gary Burton, Chick Corea,
Pat Metheny, Roy Haynes & Dave Holland

----------------------------------------------------------------------------

Trio 99-00第43回(2000年度)受賞

★タイトル : (Go) Get It
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

One Quiet Night第46回(2003年度)受賞

★タイトル : One Quiet Night
カテゴリー : Best New Age Album

----------------------------------------------------------------------------

注1)第25回(1982年度)受賞の『Offramp』はパット・メセニー・グループ名義です。今回は「グラミー賞公式サイト」の表記に従い,ソロ名義にて編纂いたしました。

注2)第33回(1990年度)受賞の「Change Of Heart」は『Question and Answer』収録トラック。

注3)第43回(2000年度)受賞の「(Go) Get It」は『Trio 99-00』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

パット・メセニー・グループ / グラミー受賞履歴

 昨日,グラミー賞について“遅報!”しましたが,パット・メセニー・グループがまた受賞しましたね。一体,何回目の受賞なのか気になったので 「グラミー賞公式サイト」 で調べてみました。
 すると…。あるはあるは,ザックザクの宝の山状態でした。
 そこでパット・メセニー・グループに敬意を表し“勝手ながら”アドリブログの「スーパートリビア」に認定し強制的に“殿堂入り”していただきました。

 なお,パット・メセニーは,グループ名義とは別にソロ名義でもグラミー受賞の“超”常連です。本当は受賞しないまでも,ノミネートされること自体名誉なことなので,ノミネーションCDも一覧に加えようと考えていたのですが,調べていくと余りの量の多さに圧倒されて…。逆に勢い余って,パット・メセニー個人と分割することとしました。
 パット・メセニー個人については後日,アドリブログの“殿堂”へご招待させていただこうと思います。

 以下が,パット・メセニー・グループグラミー受賞履歴(9作品,10回)です。

----------------------------------------------------------------------------

Travels第26回(1983年度)受賞

★タイトル : Travels
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental

----------------------------------------------------------------------------

ファースト・サークル第27回(1984年度)受賞

★タイトル : First Circle
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental

----------------------------------------------------------------------------

Still Life (Talking)第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Still Life (Talking)
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental

----------------------------------------------------------------------------

Letter From Home第32回(1989年度)受賞

★タイトル : Letter From Home
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance

----------------------------------------------------------------------------

The Road To You第36回(1993年度)受賞

★タイトル : The Road To You
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance (Instrumental)

----------------------------------------------------------------------------

We Live Here第38回(1995年度)受賞

★タイトル : We Live Here
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance

----------------------------------------------------------------------------

Imaginary Day第41回(1998年度)受賞

★タイトル : The Roots Of Coincidence
Track from: Imaginary Day
カテゴリー : Best Rock Instrumental Performance

★タイトル : Imaginary Day
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance

----------------------------------------------------------------------------

Speaking Of Now第45回(2002年度)受賞

★タイトル : Speaking Of Now
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Album

----------------------------------------------------------------------------

The Way Up第48回(2005年度)受賞

★タイトル : The Way Up
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Album

----------------------------------------------------------------------------

注)第41回(1998年度)はダブル受賞。「The Roots Of Coincidence」の受賞ジャンルは「Rock」。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第48回(2005年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 グラミー賞! いやはや,発表から4日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第48回(2005年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す!

 “年に一度の音楽の祭典”今年のグラミー賞は,復活を果たした“マライア・キャリーのための”グラミー賞と言われていましたが,残念だったようで…。U2の方は…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ The Way Up
Pat Metheny Group


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


★ Good Night, And Good Luck.
Dianne Reeves


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Why Was I Born?
Sonny Rollins, soloist /
Track from: Without A Song - The 9/11 Concert

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ Beyond The Sound Barrier
Wayne Shorter Quartet


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ Overtime
Dave Holland Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


★ Listen Here!
Eddie Palmieri


----------------------------------------------------------------------------

 ここでそれぞれのCD批評と行きたいところですが,ナニブン受賞作は一枚も所有していませんでした。メセニーロリンズショーターホランドとメジャー所が目白押しだったのに…。
 B級ジャズばかりを追いかけてきた弊害が見事に出ました。今年はもう少し話題作も追いかけよっかなぁ。でもなぁ…。

 レビューを心待ちにしてくださった読者の皆さんがいたのでしたら,今回はどうもすみません。何ヶ月後かには入手しようと思っていますので,次期「CD批評」へのUPをお待ちいただければと思います。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第48回(2005年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 今夜は大晦日。大晦日と言えば今年1年の総決算。音楽番組でも「紅白歌合戦」&「日本レコード大賞」がある。
 で,世界的には「グラミー賞」! 大賞の発表は2月8日(日本時間では2月9日)であるが,すでに金賞(ノミネート作)が発表されている。
 そこで大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算! グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門について勝手にレポートしてみます。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ KeystoneDave Douglas
☆ SoulgrassBill Evans
☆ The Way UpPat Metheny Group
☆ The Spirit Music Jamia: Dance of the InfidelMeshell Ndegeocello
☆ MomentumJoshua Redman Elastic Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ J'ai Deux AmoursDee Dee Bridgewater
☆ Blueprint of a Lady: Sketches of Billie HolidayNnenna Freelon
☆ Good Night, And Good Luck.Dianne Reeves
☆ Duos IILuciana Souza
☆ I'm With The BandTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ 'Round MidnightAlan Broadbent, soloist / Track from : 'Round Midnight
☆ AwayRavi Coltrane, soloist / Track from : In Flux
☆ The SourceHerbie Hancock, soloist / Track from : Flow (Terence Blanchard)
☆ A Love Supreme - AcknowledgementBranford Marsalis, soloist / Track from : Coltrane's A Love Supreme Live In Amsterdam
☆ Why Was I Born?Sonny Rollins, soloist / Track from : Without A Song - The 9/11 Concert

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ FlowTerence Blanchard
☆ LyricBilly Childs Ensemble
☆ Live At The House Of TribesWynton Marsalis
☆ Beyond The Sound BarrierWayne Shorter Quartet
☆ What Now?Kenny Wheeler With Dave Holland, Chris Potter & John Taylor

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ OvertimeDave Holland Big Band
☆ A BlessingJohn Hollenbeck Large Ensemble
☆ LiveThe Bill Holman Band
☆ I Am ThreeMingus Big Band, Orchestra & Dynasty
☆ Home Of My HeartThe Chris Walden Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Time Was - Time IsRay Barretto
☆ Here And Now - Live In ConcertCaribbean Jazz Project Featuring Dave Samuels
☆ ...And Sammy Walked InSammy Figueroa And His Latin Jazz Explosion
☆ Listen Here!Eddie Palmieri
☆ MulatosOmar Sosa

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,こうして眺めてみると,管理人の趣味・趣向とは“悲しいかな”ことごとく相容れていません。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で,チャレンジしています)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.