「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2009年度(第43回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

プレイス・トゥ・ビー★【金賞】.プレイス・トゥ・ビー
上原ひろみ


----------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・オブ・ラブ★【金賞】.ポートレイト・オブ・ラブ
エディ・ヒギンズ


----------------------------------------------------------------------------

25〜アート・ブレイキー・トリビュート★【銀賞】.25〜アート・ブレイキー・トリビュート
マンハッタン・ジャズ・クインテット


----------------------------------------------------------------------------

マイ・ワンダフル・ライフ 富樫雅彦バラード・コレクション★【日本ジャズ賞(特別賞)】.マイ・ワンダフル・ライフ 富樫雅彦バラード・コレクション
佐藤允彦〜渡辺貞夫〜日野皓正〜峰厚介〜山下洋輔

----------------------------------------------------------------------------

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン★【ボーカル賞(海外)】.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンニッキ・パロット


----------------------------------------------------------------------------

シング・ワンス・モア〜ディア・カーペンターズ★【ボーカル賞(国内)】.シング・ワンス・モア〜ディア・カーペンターズ平賀マリカ


----------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★【編集企画賞】.ブルーノート ベスト&モア1100



----------------------------------------------------------------------------

ワイド・アングル★【製作企画賞】.ワイド・アングル
早間美紀


----------------------------------------------------------------------------

ジャパネスク〜日本の詩情★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.ジャパネスク〜日本の詩情ヨーロピアン・ジャズ・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

ハンドフル・オブ・スターズ★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.ハンドフル・オブ・スターズエディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン&ケン・ペプロウスキー

----------------------------------------------------------------------------

ディア・ソウルズ★【最優秀録音賞(ニューレコーディング・ボーカル)】.ディア・ソウルズ彩花-IROHA-


----------------------------------------------------------------------------

インスピレーション★【ニュー・スター賞】.インスピレーション
片倉真由子


----------------------------------------------------------------------------

 上原ひろみが2年連続の【金賞】受賞。
 特筆すべきは「ヒロミズ・ソニックブルーム」のバンド編成でもソロ・ピアノでも,エレクトリックピアノでもアコースティックピアノでも世界を唸らす上原ひろみの溢れ出る創造性であろう。

 『プレイス・トゥ・ビー』は,世界中を演奏旅行で駆け巡る上原ひろみの感性が“その土地の音”として届けらている。要は上原ひろみ版のキース・ジャレットサンベア・コンサート』である。

 ソロ・ピアノは誤魔化しがきかない。素の上原ひろみは実に素晴らしいピアニストであった。
 各方面から絶賛されるテクニックにも改めて舌を巻いたが,ピアノ一台で奥深い情景描写がお見事!
 しかしそれ以上に,時折聴こえる“唸り声”に“彼女もか?”が真っ先の感想である。

 素の上原ひろみは実に素晴らしい作曲家でもあった。ソロ・ピアノにありがちな「自己満足&一本調子」ではなく,十分聴き手のイマジネイションを掻き立ててくれる!
 20代の記念碑として30代を迎える5日前に録音された『プレイス・トゥ・ビー』には,20代特有の感性が“ギュッ”と凝縮されている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)