IMPACT-1 管理人の結論。『IMPACT批評

 『IMPACT』の真実とは「NO・IMPACT」。メンバー・チェンジがあったとはいえ,全体的な印象としてはTRIXも所謂「中期」という感じで,安定したギター・フュージョンを聴かせてくれている。

 NEWフェイスである菰口雄矢は,噂通りの超絶ギタリスト。テクニシャンにありがちな“硬派”なフレージングが果たして“お笑い系”のTRIXに合うのだろうか? そもそもTRIXの顔である平井武士の陽性と真逆の人選ではないだろうか?

 こんな疑問は愚問なのでしょう。ファンとしては全てを熟慮した上でTRIXの続行を決断した熊谷徳明の「頭の中」を信じるしかない。
 以下は管理人が想像する熊谷徳明の「頭の中」で〜す。

 『IMPACT』を聴いて耳に付くのは,やっぱり菰口雄矢ギターである。歌い方が平井武士に「寄っていない」のが菰口雄矢の自信ゆえであろう。
 そんな菰口雄矢をマイナスワンしてみると,そこには須藤満の超絶ベースの世界が開けていた…。

 『IMPACT』での須藤満の張り切ったベースを聴き込むにつれ,管理人の頭の中の海馬が,ニューロンがつながってきた。この感覚って以前もあったような…。
 そう。『IMPACT』での須藤満は『NEW−S』での須藤満なのであった。

 『NEW−S』とは“ハイパー・サックス・プレイヤー”本田雅人が初参加したT−スクェア名盤である。
 そんな『NEW−S』でテクニカル・フュージョン・バンドへと方向転換したT−スクェアと同じインパクトを,フロントがメンバー・チェンジしたTRIXの『IMPACT』で感じてしまった。須藤満が超絶ベースを弾きまくり〜。

IMPACT-2 そう。『IMPACT』でインパクトを受けたのはリスナーではない。『IMPACT』で一番のインパクトを受けたのはTRIXのメンバーである。
 ドラム熊谷徳明が,ベース須藤満が,キーボード窪田宏が“ハイパーフュージョン・プレイヤー”しているではないか!

 イメージとして平井武士野呂一生であるならば,菰口雄矢和田アキラのようである。
 ズバリ,TRIXの顔を差し替えた熊谷徳明の「頭の中」の狙いがここにある〜。だから『IMPACT』がマイナー調で,全体的に物寂しげな雰囲気の理由に説明がつく〜。
 底抜けに明るいTRIXサウンドに陰影が混じった赤茶かなぁ。そこが熊谷徳明の「頭の中」だと想像いたしました。

  01. IMPACT
  02. Rush
  03. COSTA RICA
  04. 肩コリッ!!
  05. Dolphin Beach
  06. OVERCOME
  07. Reconstruction
  08. Turnaround
  09. The Dharma
  10. Times
  11. 茉莉花

(キングレコード/KING RECORD 2011年発売/KICJ-614)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)