GENTLE BALLADS III-1 管理人の選ぶジョン・コルトレーンの愛聴盤は『バラード』である。「シーツ・オブ・サウンド」よろしく,アグレッシヴな演奏こそがジョン・コルトレーンの真骨頂だと認めたうえでの『バラード』である。
 『バラード』には,他のアルバム10枚分の魅力がある。代えのきかない魅力があるのだ。

 さて「コルトレーン派・第三グループ」の筆頭格であるエリック・アレキサンダーが,ついにバラード・アルバムを演る。このビッグ・ニュースに管理人が飛びつかないわけがないのだが…。

 エリック・アレキサンダーバラード・アルバム『GENTLE BALLDS』(以下『ジェントル・バラッズ』)を買った。ジョン・コルトレーンの『バラード』を期待して買った。
 だが違っていた。一番ガッカリしたのは『ジェントル・バラッズ』は企画先行だったのだろう。エリック・アレキサンダーが乗っていない。

 バラード集だし,それも名曲のオンパレードのスタンダード集なのだが,これってエリック・アレキサンダーが吹かなくてもよいのではなかったか?
 管理人お目当ての“エリック・アレキサンダー印”が消えている。乗れないエリック・アレキサンダーなんて「ただの人」なのだ。

 だから『ジェントル・バラッズ』はすぐに処分した。続編の『ジェントル・バラッズ 』もパスである。当然『ジェントル・バラッズ 』もパスである。

 今こうして『ジェントル・バラッズ 』を手にしているのは,エリック・アレキサンダーバラードが聴きたくなったからではない。
 偶然,ラジオで流れているのを耳にした【サマータイム】にある。ノリノリの【サマータイム】&ノリノリのエリック・アレキサンダーがいい演奏だと思った。

 バラード・アルバムにビート・ナンバーが入っていてもいいではないか! 【サマータイム】で感じる「抜群のテクニックと歌心」! これぞ管理人の大好きなエリックアレキサンダー大王」降臨である!
 【ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル】はラテンである。【やさしく歌って】はミディアム・リズミックである。エリック・アレキサンダーにとっては原曲がバラードであればノリノリであってもそれでいいのだ。
 ラストの【煙が目にしみる】のスロー・バラードが光る光る!

 一旦『ジェントル・バラッズ 』が気に入ると,企画ものだと分かっていても音がグイグイ入ってくる。テナーサックスの説得力ある響きに,ジョン・コルトレーンの面影が宿っている。

GENTLE BALLADS III-2 おおっと危ない。絶賛するにはまだ早い。VENUSのドル箱=『ジェントル・バラッズ』シリーズは第5集まで出ている。過去作も買い直してみようかなぁ。続編も聴いてみようかなぁ。

 『ジェントル・バラッズ 』は普通にいい演奏だと思う。しかしその一方で『ジェントル・バラッズ』シリーズの真価は今ではなく,50年後に定められるのがふさわしいのでは?とも思ってしまう。
 エリック・アレキサンダーバラード批評するのが特に難しい。

  01. Little Girl Blue
  02. Don't Explain
  03. All The Way
  04. Summertime
  05. You'll Be Mine Tonight
  06. They Say It's Wonderful
  07. Killing Me Softly With His Song
  08. Smoke Gets In Your Eyes

(ヴィーナス/VENUS 2008年発売/VHCD-1011)
(ライナーノーツ/岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)