KEEP ALIVE-1 『DG−581』と『ROCK’N ROCKED ROCK』の超名盤2枚を有する「KEEP」の,J−フュージョンのスーパー・バンドとしての認知度が低いのは『KEEP ALIVE』の存在にあると思っている。

 「KEEP」とは,バンドではなくセッション集団であると『DG−581批評の中ですでに書いたが『KEEP ALIVE』を聴くと,もう少し的が絞れてくる。
 ズバリ「KEEP」とは,ライブ・バンドではなくスタジオ・セッション集団というのが真実であろう。

 『KEEP ALIVE』の演奏は凄い。凄いんだが,残念なことに,それが目の前の観客には訴求していない。何となく内向きな演奏であって,何度聴いても共感を覚える一歩手前で白けてしまう。
 完全にマニアックで玄人志向のライブ演奏は,ヒリヒリするくらいの濃密なインタープレイの応酬であって,聴衆は置いてけぼりを喰わされている…。

 そんな「気合いの空回り」は『KEEP ALIVE』のために準備された「KEEP」10年振りの再結成が理由にある。
 『KEEP ALIVE』の名曲リスト。これは実に「KEEP」として10年振りの演奏なのである。そして全てが新曲のような響きをもっている。

 そう。「空白の10年」が「昔のようには演奏しない」という,深町純和田アキラ富倉安生山木秀夫の“ジャズメン魂”に火をつけた理由であり,それが『KEEP ALIVE』を(ライブ会場を舞台とした)スタジオ・セッションへと向かわせた最大の理由であろう。

KEEP ALIVE-2  管理人は思う。もしも『KEEP ALIVE』が“熱狂のライブ盤”であったなら「KEEP」は“伝説のフュージョン・バンド”として永遠に語られるユニットになったであろう。

 しかし,この全てが「完璧主義者」深町純の性分なのだから仕方がない。個人的には和田アキラギターにシビレ上がります。

 ですが,管理人は『KEEP ALIVE』での新アレンジよりも『DG−581』と『ROCK’N ROCKED ROCK』のオリジナルのスタジオ録音の方に愛着を覚えます。

  01. DEPARTURE IN THE DARK
  02. MODJA
  03. BATTERIA SOLO
  04. DANCE OF PARANOIA OPUS 3
  05. OWL FLIGHT
  06. MOON BEAM
  07. DANCE OF PARANOIA OPUS 2
  08. ROCK'N ROCKED ROCK

(イースタンゲイル/EASTERNGALE 1995年発売/EGCJ-8002)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)