「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 電気ホールだけに“ビリビリに”盛り上がった「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」のサブ・タイトルは「湯浅佳代子祭り」であった。コンサートの主役は“ボントロの歌姫”であった。間違いない。

 ライブ前は湯浅佳代子トロンボーン入りは『CITY COASTER』の楽曲だけだと思っていた。
 そこへelf51さんからのコメントが飛び込んできて,どうやら旧曲もやるらしいということが分かったが,過去にブラスが入っていた,例えば【DANS SA CHAMBRE】や【OMENS OF LOVE】は容易に予想できたが,今回の【SABANA HOTEL】での安藤正容伊東たけし湯浅佳代子ソロ廻しや【TWILIGHT IN UPPER WEST】での「かよボンです。たけサクです。(おぎやはぎですけど何か?風)」な伊東たけしとのデュオや【TRUTH】で見せたトロンボーンをコブシ代わりに振りかざした「ロック魂」など,大方のゲスト参加の枠を飛び越えて「スクェア6人目のメンバー=湯浅佳代子」参上であった。

 音楽的にもトロンボーンのまろやかで野太い音の厚みがアクセント・アンサンブルしている。途中で“かよボン”のトロンボーンからPA用のマイクが外れるアクシデントがあったのだが,動じることなく自分のパートが来たらそのまま吹き切ってしまった。2列目にいたのでマイクなしと変わりなしの大音量の生音が聴けたのだが,アサガオがこちらに向いた瞬間の音圧がハートに突き刺さってしまった!

 ズバリ“かよボン”の名演とは(名演奏+名演技)! キツネ目の湯浅佳代子の立ち振る舞いがクール・ビューティー!(お顔も美人な湯浅佳代子さんには土屋太鳳とか柴咲コウに似ている説有り)!
 私たちからしたら“舞い上がってしまう”であろう,両隣りに安藤正容伊東たけしですよ。肝が座っているというか度胸があるというか,変にサポート慣れしているのとは違う。こじんまりするのではなく「スクェア6人目のメンバー=湯浅佳代子」として威風堂々とステージに立っている。そんな感じがした。

 湯浅佳代子トロンボーンのスライドを振り下ろす度に「斬られた〜!」な電気ショックが走る。電気“ビリビリ”みらいホールで客席中が(特に私たちオッサン連中が)感電したような気分になる。湯浅佳代子の「殺陣」ショー・タイム。特に安藤さんがヤラレテいた!?

 終演後に青●社長にご挨拶できたのだが,その時の話から(オフレコです)残念ながら「6人組のスクェア」が見られるのはこのツアー限りとのこと。
 これだけの逸材。スクェアとの共演でソロとしてもますます人気でるわなぁ。可能なら田中普吾のように「スクェアの準メンバー」というさやにこのまま納まってくれたらいいのにぃ。来年訪れるであろう「かよボンロス」が早くも恐い?

 “湯浅佳代子入りスクェア”を見れるのもラスト2。東京近郊のスクェア・ファンなら絶対に見といた方がいいです。
 個人的には東京までは行けないからシューティング・ライブのビデオ撮影でもしてもらってDVDで発売してくれないかなぁ。伊東さんをあんまり見つめなかったことだし?

 真面目に書くと「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」は“ブラス・ロック風のスクェア”がバンバンで音楽的にも貴重で面白い記録になったと思っております。
 そして,安藤正容が『CITY COASTER』で狙っていた「クルセイダーズっぽい」の意味がライブを見て少しは理解できたようにも思っております。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

11.幻想の世界
12.THROUGH THE THUNDERHEAD
13.RONDO

アンコール:
14.EVERLASTING DREAM PART
15.OMENS OF LOVE
16.TRUTH