NIGHTLIFE IN TOKYO-1 『NIGHTLIFE IN TOKYO』(以下『ナイトライフ・イン・トーキョー』)の主役はロン・カーターベースである。
 エリック・アレキサンダーの出来は最高である。しかし悔しいかな,それ以上にロン・カーターの音楽の拍動が聴こえてくる。

 『ナイトライフ・イン・トーキョー』でのエリック・アレキサンダーカルテットのメンバーは,ベースこそ「初顔の」ロン・カーターであるが,ピアノハロルド・メイバーンドラムジョー・ファンズワースのいつも通りのメンバーである。

 しかし『ナイトライフ・イン・トーキョー』でのエリック・アレキサンダーカルテットがいつもとは違う。特にハロルド・メイバーンピアノがリズム・セクションしており,伴奏に徹しているかのようで大人しい。
 一方でジョー・ファンズワースドラムが「水を得た魚」改め「ロン・カーターを得たジョー・ファンズワース」である。

 そう。エリック・アレキサンダーカルテットのサウンドの変化こそが「ミスター・ベースロン・カーターの功績である。
 いつもは「コルトレーン派」のエリック・アレキサンダーにふさわしく,マッコイ・タイナーばりに弾きすぎてプッシュしまくるハロルド・メイバーンが,ロン・カーターに頭を抑えつけられたがため,相対的にジョー・ファンズワースドラミングが前に出た。

 その結果,ドラムに負けることなど許せない「男気」テナーマン=エリック・アレキサンダーが,いつも以上に前に出るのだが,エリック・アレキサンダーが前に出れば前に出るほど,バックでサウンドメイクしているロン・カーターベース・ラインがギンギンに目立つ構図。

 ロン・カーターに「遠慮した?」ハロルド・メイバーンが,一介のピアニスト然と,幅の広いプレイを披露している。ゆえに全体の音場が広がっている。
 エリック・アレキサンダーテナーサックスが益々豪快にブローしている。しかし『ナイトライフ・イン・トーキョー』では,ロン・カーターと共鳴する部分が多く,則ち音楽的なブローであり,ハーモニーが美しい。

 これまでハード・バップ一辺倒だったエリック・アレキサンダーソニー・ロリンズのような“歌”を初めて感じた。自己表現の手段としてではなく聴き手の心を動かすためのブローがある。

NIGHTLIFE IN TOKYO-2 【I’LL BE AROUND】での長い長いカデンツァは何度聴いてもグッと来る。サウンド・イメージを膨らませるロン・カーターベース・ラインを耳で追っていくと,エリック・アレキサンダーアドリブがインスピレーションの泉へと引きずられていく過程が楽しめる。

 管理人の結論。『ナイトライフ・イン・トーキョー批評

 『ナイトライフ・イン・トーキョー』の真実とは「RON CARTER TRIO FEATURING ERIC ALEXANDER」で間違いない。
 “ジャズ・ジャイアントロン・カーターの音楽の拍動を受けて,ついにエリック・アレキサンダーが「アレキサンダー大王」となった! 

  01. NEMESIS
  02. I CAN DREAM, CAN'T I?
  03. NIGHTLIFE IN TOKYO
  04. I'LL BE AROUND
  05. COLD SMOKE
  06. ISLAND
  07. BIG R.C.
  08. LOCK UP AND BOW OUT

(マイルストーン/MILESTONE 2003年発売/VICJ-61119)
(ライナーノーツ/テッド・パンケン)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)