STREET SMART-1  エディ・ゴメスというジャズ・ベーシストは,無数のレコーディングセッションに参加する「ファーストコール」のベーシストである。
 圧倒的な量だけではない。むしろ質で語られるべきジャズ・ジャイアンツの一人である。

 そう。エディ・ゴメスこそが,ビル・エヴァンストリオの最長ベーシストである。あるいはエディ・ゴメスこそが,チック・コリアの絶頂期のソロ活動を支え続けた稀代の名手なのである。

 だからエディ・ゴメスと来れば,どうしても“生粋の”ダブル・ベースをブイブイいわせるイメージが強かったのだが,管理人はエディ・ゴメスのたった1枚のリーダー・アルバムを聴いて「エディ・ゴメスエレアコベーシスト」のイメージの方が強くなってしまった。

 そのアルバムこそが『STREET SMART』(以下『ストリート・スマート』)である。『ストリート・スマート』を買って聴いて本当に驚いた。仮に『ストリート・スマート』をビル・エヴァンスが聴いたとしたら,エディ・ゴメスは“即刻クビ”になってしまったかもしれないと思ったのだ。

 『ストリート・スマート』には,それこそ「バブルの音」がする。これって,実は『ストリート・スマート』のメンバーが豪華すぎるのだが,そのことを直接的に言っているのではない。そうではなく『ストリート・スマート』の「バブルの音」とは,ズバリ“売れ線”なのである。
 そう。エディ・ゴメスの“生粋の”ダブル・ベースがアンプリファイドされて,王道フュージョンをフロント楽器以上の存在感でリードしている。

 具体的には,ジャズにしては1曲毎にテーマがしっかり主張しているし,メンバーのソロ即興的ではなく,曲の流れを考えた短めのアドリブでまとまりがある。
 ジャズ系のFMラジオで『ストリート・スマート』の中から数曲が一部分,番組内のジングルとして使われていたことも相まって,レーベルとしてエディ・ゴメスを(あるいは同時進行中だった「ザ・ガッド・ギャング」を)積極的に売りに出していた時の“音の香り”がするのだ。

 これはどうしても主観的な話で終わるしかないのだが,エディ・ゴメスダブル・ベースが“電化”されてしまった瞬間,エディ・ゴメスの「別人格」が“起動”してしまった。そんな感じがするのである。
 エディ・ゴメスのアンプリファイドされた「エレアコダブル・ベースが“ビンビンに”GROOVEしまくっている!
 エディ・ゴメスダブル・ベースが“鳴れば鳴るほど”ジャズから遠ざかっていく感じ!?

 そう。『ストリート・スマート』での,ジャズから遠ざかっていく,エディ・ゴメスがトラウマとなってしまったのか? 最近のエディ・ゴメスの演奏にはどうにも感情移入できないままでいる。
 管理人にとってエディ・ゴメスは『ストリート・スマート』の迷演?で止まってしまっているのが無念である。

 幸い『ストリート・スマート』以前のエディ・ゴメスの演奏は,昔のまんまで聴き入れる。
 やっぱりビル・エヴァンスチック・コリアに見初められたエディ・ゴメスは素ん晴らしいジャズ・ベーシストだと思う。

STREET SMART-2 個人的に『ストリート・スマート』の思い出を書いておくと『ストリート・スマート』は「ザ・ガッド・ギャング」の別プロジェクト扱いで間違いなし。
 「ザ・ガッド・ギャング」との個性の違いは「ザ・ガッド・ギャング」は,スティーブ・ガッドがメインでエディ・ゴメスがサブ。『ストリート・スマート』は,エディ・ゴメスがメインでスティーブ・ガッドがサブで間違いなし。

 そんな“エディ・ゴメス一色”のアルバムの中にあって,ディック・オーツソプラノテナーばかりを追いかけてリピートするようになってしまった。
 なのにディック・オーツ。国内盤のアルバムは出ていないようのです。こんなにも素晴らしいサックス・プレイヤーを眠らせておくなんて…。エディ・ゴメスさん,またディック・オーツと共演したアルバムを作ってくださ〜い。これだけが言いたかったの巻〜。

  01. When You Wish Upon A Star
  02. My Funny Valentine
  03. Detour Ahead
  04. Beautiful Love
  05. Dance Only With Me
  06. Danny Boy
  07. All This And Heaven Too
  08. Yellow Days
  09. Skylark
  10. Again
  11. You Don't Know What Love Is
  12. Over The Rainbow

(EPIC/SONY/A TOUCH 1989年発売/28・8P-5303)
(ライナーノーツ/小川隆夫,エディ・ゴメス)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)