「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1989年度(第23回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

コンセクレイション~ザ・ラスト・コンプリート・コレクション★【金賞】.コンセクレイション〜ザ・ラスト
ビル・エヴァンス


----------------------------------------------------------------------------

ブルーストラック★【銀賞】.ブルーストラック
日野皓正


----------------------------------------------------------------------------

バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー★【銅賞】.バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー
ゲイリー・トーマス


----------------------------------------------------------------------------

ジャスト・フレンズ★【ボーカル賞】.ジャスト・フレンズ
ヘレン・メリル&スタン・ゲッツ


----------------------------------------------------------------------------

MASATO★【日本ジャズ賞】.MASATO
今津雅仁


----------------------------------------------------------------------------

J.S.バッハ: ブランデンブルグ協奏曲第1, 3&5番★【制作企画賞】.J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第1,3&5番
ニューヨーク・オーケストラ

----------------------------------------------------------------------------

ライブ・アット・スイート・ベイジル★【編集企画賞】.ギル・エバンス・アット・スイート・ベイジル〜集大成版
ギル・エバンス

----------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・オン・サボイ~完全版~★【編集企画賞】.チャーリー・パーカー・オン・サボイ〜集大成版
チャーリー・パーカー

----------------------------------------------------------------------------

トリオ・ジーピー★【最優秀録音賞】.トリオ・ジーピー
 ブランフォード・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

AURORA★【最優秀録音賞】.オーロラ
ピーター・アースキン


----------------------------------------------------------------------------

LIVE AT THE MONTREAL JAZZ FESTIVAL 1988★【最優秀ビデオ賞】.ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション・ライブ88
 ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション



----------------------------------------------------------------------------

 ゲイリー・トーマスの『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』が【銅賞】受賞。

 管理人とゲイリー・トーマスとの出会いは「ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション」での斬新すぎる演奏であった。全てをジャック・デジョネットの力量と讃えることもできるが,ゲイリー・トーマスグレッグ・オズビーが組んだフロントの破壊力に度胆を抜かれた。

 その流れで手に取ったゲイリー・トーマスの『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』に再び度胆を抜かれてしまった。
 ゲイリー・トーマス → 「M−BASE」 → 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』 → 第二のジャズ・ルネッサンスを意識する。

 ウイントン・マルサリスが始めた「新伝承派」のムーヴメントが「M−BASE」を生み出し「M−BASE」がゲイリー・トーマスを,そして『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』に結実した。これは大仰などではない。

 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』に,今となっては時代を感じる部分もあるが『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』を通過したからこそ,その後の「テナーの豊作」があると思う。

 影響力の点ではブランフォード・マルサリスの次に来るのがゲイリー・トーマスと『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』に翌年【金賞】を受賞した『ザ・ゲイト・イズ・オープン』に違いない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)