WHISPERS AND PROMISES-1 『WHISPERS AND PROMISES』(以下『ウィスパーズ・アンド・プロミス』)こそがアール・クルーの“ショーケース”にしてアール・クルーの“最高傑作”である。

 『ウィスパーズ・アンド・プロミス』でアール・クルーが追求してきた“繊細なアコースティックフュージョン・ギターのオーケストレーション”が色とりどりに咲き乱れている。
 とにかくカラフルなアルバムである。そしてそこにあるべき色調でアコースティックギター鳴っている。本当に聴き終わると気分が“うっとり”するのである。

 そう。『ウィスパーズ・アンド・プロミス』の印象は,アコースティックギター以上に,時代を先取りしたスムーズ・ジャズ・ギターである。
 生バンド・スタイルに打ち込みにとリズミックな演奏が続いているはずなのに,静かで美しくメロディアス,そして豪華で煌びやかなメロディックな展開で見事に全体がまとまっている。

 全10曲が全く違う曲調なのに“繊細なアコースティックフュージョン・ギター”というワントーンで統一感あるアルバムに仕上げている。
 アール・クルーの柔らかなギター・サウンドと溶け合うビッグ・バンドストリングスの“淡い音色”が音場の空気を支配している。

 『ウィスパーズ・アンド・プロミス』におけるアール・クルーのサウンド・メイキングを冷静に分析してみると,デイブ・グルーシンボブ・ジェームスのようなアレンジャーにアール・クルーが重用されてきた理由が良く分かる〜。

 これって実はアール・クルーを語る上で非常に重要なファクターであって,簡単に言えば,アール・クルーアコースティックギターが様々な音楽ファンにアピールしたのは,アール・クルーが開拓した形式や様式の魅力ではなかったという事実である。
 そう。アール・クルーの音楽性の真髄が,アール・クルーの人間性の真髄,つまり非常にヒューマンなレベルで演奏されているということを証ししているのである。

 管理人は未だアール・クルー本人以外に“アール・クルーっぽい”ギタリストと出会ったことがない。そんな“ワン・アンド・オンリー”なアール・クルーのミュージシャン・シップが『ウィスパーズ・アンド・プロミス』で,アール・クルーの目指した形に花開いている!

WHISPERS AND PROMISES-2 管理人の結論。『ウィスパーズ・アンド・プロミス批評

 『ウィスパーズ・アンド・プロミス』は幾つもの添え木を使った「盆栽」作品のように思う。アール・クルーがセルフ・プロデュースで完璧に仕上げた「盆栽」の音である。
 全体の調和と細部の調和をじっくりと見つめる。やがてアルバムの本質だけに耳が行くようになる。絶対に感動を覚えますよっ。

  01. WHAT LOVE CAN DO
  02. MASTER OF SUSPENSE
  03. WATER SONG
  04. STRAWBERRY AVENUE
  05. FALL IN LOVE
  06. SUMMER NIGHTS
  07. JUST YOU AND ME
  08. WHISPER AND PROMISES
  09. FRISKY BISCUITS
  10. TANGO CLASSICO

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1989年発売/22P2-2714)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)