「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1988年度(第22回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

V★【金賞】.
ラルフ・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

パリ北駅着,印象★【銀賞】.パリ北駅着,印象
ケニー・ドリュー


----------------------------------------------------------------------------

枯葉★【銅賞】.枯葉
キース・ジャレット・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

リユニオン★【ボーカル賞】.リユニオン
メル・トーメ&マーティ・ペイチ


----------------------------------------------------------------------------

プレイズ・マイルス&ギル★【日本ジャズ賞】.プレイズ・マイルス&ギル
高橋達也と東京ユニオン


----------------------------------------------------------------------------

ラスト・コンサート(完全盤)★【編集企画賞】.ラスト・コンサート〜完全盤
モダン・ジャズ・カルテット


----------------------------------------------------------------------------

ダブル・エクスポージャー★【制作企画賞】.ダブル・エクスポージャー
佐藤允彦フィーチャリング・エディ・ゴメス&スティーブ・ガッド

----------------------------------------------------------------------------

Tribute to Count Basie★【録音賞(海外)】.カウント・ベイシーに捧ぐ
 ジーン・ハリス


----------------------------------------------------------------------------

V★【録音賞(国内)】.
ラルフ・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

Blues & Swing [DVD]★【最優秀ビデオ賞】.ブルース・アンド・スイング
 ウイントン・マルサリス



----------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『枯葉』が【銅賞】受賞。。

 個人的に『枯葉』が【銅賞】とは納得できない。キース・ジャレットトリオの大量名盤群の中でも『枯葉』の演奏力が頭一つ分抜け出していると思うからだ。

 そう。『枯葉』の全トラックが横並びの名演ばかり。『枯葉』の全楽曲が『枯葉』全体の代表曲であり,キース・ジャレットトリオの代表曲である。
 スタンダードスタンダードの新アレンジとして演奏されるではなく,スタンダードキース・ジャレットトリオオリジナル曲として演奏されるような感覚がある。

 かつてフリージャズの洗礼を通過してきた,キース・ジャレットゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットの名手3人がトリオを組んだからこそ表現できた「スタンダードはこういう言語で演奏されるべきである」という確たる信念がベースにあるのだと思う。

 キース・ジャレットトリオの「押し付け」から「お」が取れたら「しつけ」に変わる。全てのジャズ・ファンはキース・ジャレットトリオの「しつけ」を受けてこそ成長できる!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)