KK JAM-1 「KK JAM」とは,サックス勝田一樹の「」とキーボード窪田宏の「」のダブルの「」にドラム石川雅春をリーダーとする“GROOVEトリオ”。

 石川雅春が目指した「KK JAM」とは,小野塚晃にはない,窪田宏特有の「GROOVEDIMENSION」であろう。
 しかし「KK JAM」の1stCDKK JAM』は,石川雅春勝田一樹DIMENSIONの3分の2が揃っているにも関わらず,イメージとしてはDIMENSIONではないし,勿論,窪田宏TRIX寄りでもない。
 ベースレスのトリオなのに,身体の底からグングンくるビート・イン・ビートは,窪田宏の足鍵でのバッキングとハーモニー!

 どんなに難しいユニゾンをキメまくっていようと『KK JAM』の印象は,窪田宏の作り出す“GROOVEの渦”を下から支える石川雅春+上から混ぜる勝田一樹の“SOLID”すぎる「KK JAM」のジャム・セッション
 それくらいに「KK JAM」=窪田宏の個性=エレクトーンシンセサイザー・サウンドが“光っている”&“際立っている”!

 そう。「KK JAM」とは,基本ジャム・セッション・スタイルでの音と音とのぶつかり合い! これがコアすぎてメロディーを追いかけている時間などほぼ残されていない。
 と言うか『KK JAM』の印象は,ほぼ一本調子。緊張感で張りつめた空気感が伝わってくる。この「場の空気」を変える唯一の武器が窪田宏の必殺・足鍵盤でのベース・ライン。勝田一樹サックスの動きに合わせて,1曲毎に表情を変えるベース・ラインの展開を耳で追うのが最高に楽しい。

 個人的にはラストのバラード・ナンバー【TUNE REQ】で“GROOVEの渦”をクールダウンする3人のミュージシャン・シップが気持ち良い。【TUNE REQ】を聴くために“アゲアゲのムチャブリ”で6曲30分間の間,アクセル全開でぶっ飛ばしてきたような気分なのです。

KK JAM-2 【TUNE REQ】のバラードなのに“GROOVEする”窪田宏の足ベースを聴いてみて欲しい。
 本当に足で弾いてるの?と思わせる,全く狂いなくピタっとハマる“静かなGROOVE”!

 おおっと,石川雅春の重いビートにキレが加わる,大技&小技でフロントを引き締めるドラミングもお聴き逃しなく!
 おおっと,勝田一樹の「ファズで泣き,フラジオで叫ぶ」テナーサックスもお聴き逃しなく!

  01. Duration
  02. Wind It Up
  03. Moment
  04. Obsession
  05. Latch Mode
  06. Groove Jam
  07. Tune Req

(ヒヨレコード/HIYO RECORDS 2006年発売/XQBD-1002)
(ライナーノーツ/櫻井隆章)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)