LIVE HISTORY PART-1-1 管理人が初めて見たライヴコンサートは上京して間もない18歳のこと。1986年の何月のことだったのからもう忘れてしまったが,中学・高校時代の最大のアイドル=カシオペアであった。
 夢見た東京ライフの楽しみ事は両手にいっぱいあったのだが,多分,最大の楽しみとはカシオペアの生ライヴに行くことだったように思う。ちっちゃ〜。

 入社した某鉄道会社の同期はほぼ年上。本当にみんなが優しくしてくれた。東京採用のお兄さんお姉さんたちが遊び方も教えてくれた。コンサートのチケットは「ぴあ」で取ることも教えてもらった。
 「ぴあ」の存在を知ってからは底なしになってしまって,本当に音楽以外でも毎週土日は東京へ繰り出す生活パターン。仕事は残業月に70時間ぐらいしていたのに,土曜日の午前は昼間で寝ていて起きたらオールナイトで東京見物。バブルだったし。若かったし。週末遊ぶために生活していた。

 話を戻すと,そんな感じで「ぴあ」でチケットを取って初めて出掛けたライヴコンサートカシオペアの『SUN SUN』のフォロー・ツアー。場所は地元の習志野文化ホール(成人式もここ)だった。
 開演時間とか開場時間とか,もうとにかく初めてのコンサート体験だったので,大分早めに到着したのだろう。まだリハーサル終わりぐらいの時間だったのだろう。若さから来る「無鉄砲」は,ここでは全てを書けないが,生の向谷実に「どこかでお会いしましたかね〜」みたいなことを言われた。それ以来,MC中の司会屋実は好きだけど,素の向谷実をちょっぴり嫌いになったりもした。その頃の管理人は“野呂さん命”でしたら〜。

 …で,ここからが本論であるが,初めて見たカシオペアコンサートで,終演後に電話した女友達がいたし,興奮を手紙に書いて送った別の女友人もいたことを覚えているのだが,どこかで冷静に生のカシオペアを見つめる自分がいたことも覚えている。

 なぜならばカシオペアの生ライヴはすでに何度も体験済だったから! 楽器を弾きながら踊りを決めるカシオペアの映像をすでにLDTVで体験していたから,そこまでの衝撃は受けなかったように思う。

 そう。そんな諸悪の元凶?こそがLDリリースされていた『CASIOPEA LIVE』の存在にある。土日は「ぴあ」を片手に東京見物に勤しんでいたのだが,管理人のメインは京成沿線。たまに総武線の津田沼駅。東京と言っても新宿・渋谷より西には足を延ばさないタイプで,しょっちゅう行くのは上野とか秋葉原で,秋葉原の電気街の店頭でよく流れていたのが『CASIOPEA LIVE』のLDだった。

 『CASIOPEA LIVE』が流れていると店頭で足を止めて,食い入るようにみつめていたように思う。だから,あれほど憧れていたカシオペアの生ライヴにも興奮と興ざめ感が同居していたのだろう。

 そんなTVモニター越しに見まくった『CASIOPEA LIVE』と,人生初ライヴの会場違いの全曲収録『CASIOPEA PERFECT LIVE』のLD2枚が「2 IN 1」でDVD化されたのが『CASIOPEA LIVE HISTORY PART−1』! やったね!

LIVE HISTORY PART-1-2 ただし『CASIOPEA LIVE HISTORY PART−1』は購入後1回しか見ていない。
 1回見れば十分。全部次のシーンまで覚えていた。これが5年前なら星5つだったのでしょうねっ。

 正直,30年前の記録映像の感想は,なんて画質が悪いのだろう。そして動く向谷実に違和感が出てきた(ここ3年間見ている「CASIOPEA 3rd」では,向谷さん不在&末梢後の大高さんの独壇場!)。

 管理人はどうせ“動く”カシオペアを見るのなら『CASIOPEA AGAIN』を見ると思います。

 おっと『CASIOPEA LIVE HISTORY PART−1』には「DISC_1」にも「DISC_2」にも,特典映像「野呂一生インタビュー」がありました〜。野呂さんがカシオペアの歴史を熱く語っています〜。
 おおっと『CASIOPEA LIVE HISTORY PART−2』もそろそろ買わなくちゃ〜。

  DISC_1
  01. DOWN UPBEAT
  02. THE CONTINENTAL WAY
  03. FABBY DABBY
  04. TWILIGHT SOLITUDE
  05. MARINE BLUE
  06. LOOKING UP
  07. Drum SOLO
  08. Bass SOLO
  09. EYES OF THE MIND
  10. ASAYAKE
  11. GALACTIC FUNK

  12. 特典映像:野呂一生インタビュー

  DISC_2
  01. OPENING LOGO
  02. CONJUNCTION
  03. LOOKING UP
  04. STREET PERFORMER
  05. ZOOM
  06. DEPARTURE
  07. KEEPERS
  08. SAMBA MANIA
  09. GALACTIC FUNK
  10. SOMETHING WARKING (CHANGE IT)
  11. CHOOSE ME
  12. MI SENORA
  13. SUN
  14. MOTHER EARTH
  15. Drum SOLO
  16. Bass SOLO
  17. MISTY LADY
  18. HALLE
  19. SWEAR
  20. ASAYAKE
  21. DAZZILING
  22. COAST TO COAST

  23. 特典映像:野呂一生インタビュー

    CASIOPEA
    ISSEI NORO : Guitar
    MINORU MUKAIYA : Keyboard
    TETSUO SAKURAI : Bass
    AKIRA JIMBO : Drums

    YUKOH KUSUNOKI : Vocal

(ジェネオン/GENEON 2004年発売/GNBL-1004)
(DVD2枚組)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)