MOBO SPLASH-1 総勢14名での『桜花爛漫ライブを行なうまでに拡大した「MOBOバンド」。次に渡辺香津美が向かったのは「MOBOバンド」からの“削ぎ落とし”であった。

 具体的にはベースグレッグ・リードラム村上“ポンタ”秀一だけをピックアップした「MOBO」なるギター・トリオを“磨き上げる”ことで「MOBOバンド」とは“毛色の異なる”ダイナミック・サウンドの追求へと動く。

 やはりこの背景にはギター・シンセサイザーの技術的進歩に負うところが大きい。しかしそれ以上にギター・トリオだけで「MOBOバンド」を具現化できるまでに「ザ・渡辺香津美の音楽」が成熟してきたことの方が何倍に大きい。

 「MOBO」で活動していた渡辺香津美の頭の中には,表現したい音楽を幾種類も同時にアウトプットしようと試みた節がある。それこそジャズであり,フュージョンであり,プログレであり,ロックである。そしてそこに無国籍サウンドやハードコア,でも歌謡曲っぽいエンターテイメントにもそそられている。

 ゆえに,フットワークの軽い「MOBO」をベースとして『MOBO SPLASH』(以下『MOBOスプラッシュ』)では,フロントにマイケル・ブレッカーデヴィッド・サンボーンという“超大物”を迎えての“ぶつかり稽古”を敢行!

 マイケル・ブレッカーデヴィッド・サンボーンの「猟奇的な」変態プレイが効いている! マイケル・ブレッカーが「ブチ切れる」と渡辺香津美も「ブチ切れる」! デヴィッド・サンボーンが「荒れ狂う」と渡辺香津美も「荒れ狂う」!
 管理人は『MOBOスプラッシュ』でのトラウマが,後の渡辺香津美の変態プレイに影響を及ぼしたと想像する。

 鍵盤を置かずにギター・シンセサイザーやサンプラーを駆使した「MOBOバンド」と遜色なしの「MOBO」に,マイケル・ブレッカーでもなくデヴィッド・サンボーンでもなく,渡辺香津美の“色付けの個性”が感じられる。

MOBO SPLASH-2 さて,ここまで書いてきてアレなのだが『MOBOスプラッシュ』は楽曲の出来がイマイチ。個人的には【十六夜】と【シナプス】の2曲だけである。
 この2曲がどちらもスロー・ナンバーだという事実に「MOBO」プロジェクトの“終焉”を予感させる星4つ。

 それにしても【十六夜】である。【十六夜】こそが“客演”デヴィッド・サンボーン最大の名バラードである。【ドリーム】と同じくらい大好き!

  01. AFTERNOON IN THE PARK
  02. SPLASH
  03. IZAYOI
  04. SOMETIMES WE SAY MONK
  05. CRISIS III
  06. GOURD-TOP-MOUSE
  07. SYNAPSE
  08. BUSIEST NIGHT

(ポリドール/DOMO 1985年発売/UCCJ-4116)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/池上比沙之,石沢弘治)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)