BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA-1 リリカルなビル・エヴァンスのバックにシンフォニーオーケストラ。この組み合わせが悪いはずがない。
 ただし,ビル・エヴァンスピアノはかなりの強面ゆえに,このアイディアを実際に具現化するのは思いの外,容易ではない。

 “天才アレンジャー”クラウス・オガーマンの選択肢は,ピアノを前面に押し出して鳴らすべきか? それともオーケストラピアノと対立,あるいは共存させるべきか?

 かくして完成された『BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA』(以下『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』)が何ともスッキリ!

 リリカルなビル・エヴァンスが大好きであれば,ド・ストライクなシンフォニーオーケストラとの共演盤。『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』を聴かずして,ビル・エヴァンスを語ってはいけない“極上”レベルの共演盤。

 有名クラシック曲の選曲と控えめながら音楽の躍動感を意識させる名アレンジに耳がくすぐられる…。
 ゆえに『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』の成功の主役はクラウス・オガーマンと思われがちだが,絶対にそうではない。この全てはビル・エヴァンス側の“大仕事”の結果である。

 ズバリ『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』の構図とは,ビル・エヴァンスクラウス・オガーマンの編曲を“聴き分けた”大名盤である。

  思えばピアノ・トリオの印象が強いビル・エヴァンスであるが,ヴァーヴへの吹き込みは冒険作の方が多く,ヴァーヴビル・エヴァンスと来ればピアニストというよりもジャズメンと呼ぶにふさわしい活動のピークの時期。
 サックスフルートの特徴を引き出すことに成功させていたビル・エヴァンスが,シンフォニーオーケストラが有する“カラフルな甘さ”を見事に引き出している。

 オーケストラの音色をサックスフルートなど,1つの共演楽器に見立てた感じで,いつも通りに“ジャズの言語で”ピアノのバランスを合わせていく。
 ビル・エヴァンスとしては,相手が大物オーケストラであろうと気に留めてやいない。よく聴くとピアノシンフォニーオーケストラがバラバラな時間が随所にある。

BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA-2 これを偶然と取るか,必然と取るかは聴き手の判断次第であろうが,交わりそうで交わらない両者が絶妙にシンクロした瞬間が『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』のハイライト!

 ビル・エヴァンスには自分の個性を薄めて「伴奏役」に徹する気などさらさらない。爽やかなストリングズに溶け込むわけでもなく,対立するわけでもなく,ただシンフォニーオーケストラと同じ時間,同じ場所で,互いの考えを共有しながら,同時に音を発しているだけ…。

 そう。『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』でのビル・エヴァンスは,いつも通りのビル・エヴァンスである。いつも通りにビル・エヴァンスが超然としている。

 シンフォニーオーケストラと共演しようとも,有名クラシック曲を演奏しようとも,やはりビル・エヴァンスビル・エヴァンスであった。ビル・エヴァンスをなめてはならない。

  01. GRANADAS
  02. VALSE
  03. PRELUDE
  04. TIME REMEMBERED
  05. PAVANE
  06. ELEGIA (ELEGY)
  07. MY BELLS
  08. BLUE INTERLUDE

(ヴァーヴ/VERVE 1966年発売/UCCU-9285)
(ライナーノーツ/ビル・エヴァンス,ルイス・フリードマン,藤本史昭,中山康樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)