HEAT WAVE-1 フライド・プライドの“最高傑作”が『HEAT WAVE』(以下『ヒート・ウェイヴ』)である。
 いいや,それだけではない。『ヒート・ウェイヴ』こそが「ヴォーカルギタージャズ・ユニット」の“最高傑作”の1枚でもある。

 タック&パティを取るか,フライド・プライドを取るかは,もはや好みの問題である。そう。『ヒート・ウェイヴ』でフライド・プライドタック&パティの肩を並べている。
 次作『THAT’S MY WAY』で方向転換しなければタック&パティを間違いなく越えていたであろう。

 それ程管理人が入れ込む理由は『ヒート・ウェイヴ』が「ジャズ・ユニット」という枠を越え,ジャンルとしてのジャズも越え,フライド・プライドの輝く個性が鳴っているからである。

 『ヒート・ウェイヴ』の選曲を眺めると,CDショップで敢えてジャズ・コーナーへ置く必要などない。ポップスの売り場にもロックの売り場にも置ける。
 でもでも演奏を聴いてしまうと,絶対にジャズ・コーナーに置いてもらわないといけない。「スゴテク」から来るレパートリーの幅と高さは関係ない。つまりフライド・プライドは「何を演ってもフライド・プライド」になってしまう。これが実感できるのが凄いと思う。

 元来のジャズが持っていた自由な発想,心が欲する最高に気持ち良いアレンジが溢れ出ている。その意味では『ヒート・ウェイヴ』のフライド・プライドは「ジャズ・ユニット」ではなく「2人ジャズ・オーケストラ」している。つまりスケールの大きなジャズ演奏なのである。

 1stFRIED PRIDE』〜2ndSTREET WALKING WOMAN』とコンビネーションを高めてきて,迎えた3rdヒート・ウェイヴ』では,ヴォーカルSHIHOギター横田明紀男が,カッコイイと思うフレーズを互いに“ぶつけ合っている”。
 SHIHO横田明紀男の音楽的な信頼関係があればこその“我の張り合い”がとにもかくにもカッコイイ。

HEAT WAVE-2 SHIHOが「やってみろよコノヤロー!」と横田明紀男に罵声を浴びせれば,横田明紀男SHIHOに「とうとう本性を現しやがったな,この雌狐が!」とぶつかり合っている?

 そう。『ヒート・ウェイヴ』こそがSHIHO横田明紀男の熱き血潮の“最高傑作”。「鉄は鉄によって研がれる」を地で行く,SHIHO横田明紀男の「研ぎ合い」の美しさに「血湧き肉躍る」〜。

 「ヴォーカルギタージャズ・ユニット」としての「シンプルさ」がフライド・プライドの“弱みではなく強み”である。音楽ってこんなにも素晴らしい。

  01. SMOKE ON THE WATERSMOKE ON THE WATER
  02. MY ROMANCE
  03. THE SECOND STAR TO THE RIGHT
  04. COME TOGETHER
  05. MY CHERIE AMOUR
  06. FREE
  07. ALFIE
  08. NOW AND FOREVER
  09. FANTASY
  10. HUSH-A-BYE
  11. YOUR LOVE
  12. YESTERDAY

(コンコード/CONCORD 2003年発売/VICJ-61117)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)