STREET WALKING WOMAN-1 1stFRIED PRIDE』のような横田明紀男の「バカテク+SHIHOとのコンビネーション」を期待して買った,フライド・プライド2ndSTREET WALKING WOMAN』(以下『ストリート・ウォーキング・ウーマン』)にヤラレテしまった。

 フライド・プライドの魅力はテクニックではなかった。フライド・プライドの魅力はハートである。ソウルである。感情のアタックである。ガッツである。
 そう。フライド・プライドとは「気合いと根性」の「ジャズ・ユニット」なのである。

 もはやミス・タッチとかはお構いなし。感情の赴くままにヴォーカルギターが“シャウト”している。そして,その横田明紀男SHIHOの“シャウト”のタイミングが,時に同じく,時にバラバラでジャズを感じさせてくれる。
 なんだか突然「ヘタウマ」になった感のあるSHIHOヴォーカルが心に入ってきてヤラレテしまったのだ。

 ジャズ・ファンたるもの,メロディーよりもアドリブ目当てなのだけど,アドリブの楽しさを知るために,知識としての原曲のメロディー,そして歌ものなら歌詞も見聞きする。
 ただし,インスト・ファンにとって歌ものは何度聴いても雰囲気で終わる。細かな歌詞の意味までは気にしていない。サックスピアノが「カッコヨク歌い上げれば」それでいいのである。ジャズ・ファンにとっての元ネタはあくまで「資料」である。

 ゆえにSHIHOに限らず,基本的にジャズ・ヴォーカルとは,管理人にとっては「楽器の1つ」である。声帯を歪ませて“シャウト”する「楽器の1つ」である。
 だからSHIHOの突然の「ヘタウマ化」に戸惑った。いつもは「楽器」として聴いているジャズ・ヴォーカルが,ダイレクトに歌詞を心に届けてきた。

 記憶が定かではないのだが,個人的にライナーノーツの歌詞カードを真剣に読み返したのは『ストリート・ウォーキング・ウーマン』が初めての経験だと思う。

 たくさん聴いてきたはずの【クロス・トゥ・ユー】【イット・ドント・ミーン・ア・シング〜スイングしなけりゃ意味ないね】【エブリシング・ハプンス・トゥー・ミー】【イフ・アイ・ワー・ベル】【マイ・ファニー・バレンタイン】【ムーン・リバー】【ワッツ・ゴーイング・オン】【バーニン・アップ・ザ・カーニバル】って,実はこんな歌だったんだ〜。

STREET WALKING WOMAN-2 とにかくフライド・プライドは“リーダー”横田明紀男のワンマン・ユニットではない。フライド・プライドには“磨けば光る”SHIHOがいる。

 フラプラ贔屓としては,この認識を『ストリート・ウォーキング・ウーマン』の時点で持てたことがあとあと大きい。
 横田明紀男・偏重主義ではフライド・プライドをここまで楽しめない。ジャズ・ヴォーカル・楽器主義ではメロディーを,そしてアドリブをここまで楽しめてはいない。

  01. STREET WALKING WOMAN
  02. CLOSE TO YOU
  03. IT DON'T MEAN A THING
  04. EVERYTHING HAPPENS TO ME
  05. NORWEGIAN WOOD
  06. IF I WERE A BELL
  07. MY FUNNY VALENTINE
  08. ALMAZ
  09. MOON RIVER
  10. SUPERSTITION
  11. WHAT'S GOING ON
  12. BURNIN' UP THE CARNIVAL

(コンコード/CONCORD 2002年発売/VICJ-60965)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)