EXHIVISION-1 キーボード難波弘之ギター和田アキラフレットレスベース永井敏己ドラム長谷川浩二が「EXHIVISION」の名のもとに「凄腕集結」。
 ただし「凄腕集結」への思いは「4人4様」であって,残念ながら和田アキラにとって「EXHIVISION」は“エキシビジョン”のまんまであった。

 そう。浅田真央のエキシビジョン・マッチの如く,和田アキラにとって「EXHIVISION」は,公式試合ではなくエキシビジョン・マッチ。過剰な装飾フレーズの多い,ショーアップされた演奏が多いように思う。
 「EXHIVISION」を経験した和田アキラの思いは,改めて「PRISM」一本槍〜。

 ズバリ「EXHIVISION」の真実とは,難波弘之和田アキラによる“双頭”メタル・プログレッシブ・フュージョン・バンドではなく,難波弘之主催の“第3のバンド”である。

 難波弘之と来れば「SENSE OF WONDER」と「野獣王国」であるが,どちらもポップでありロックでありプログレな一面が“売り”であった。
 そう。「EXHIVISION」は,これまでの難波弘之に欠けていたフュージョン系の活動拠点となるべき母体。「EXHIVISION」の音楽性が,基本ポップでロックになるのは難波弘之の音楽性の特徴なのである。
 歌もののメロがプログレ・フュージョンのエレメンツで演奏されるのが「SENSE OF WONDER」や「野獣王国」との違いであろう。その意味で“期待以上でも期待外れでもない”予想通りの「EXHIVISION」の音ってどうなんだろう…。

EXHIVISION-2 尤も,演奏面では和田アキラがガンガン。“プログレ・フュージョンの鬼”のようなラウドするギターである。
 プログレ・フュージョンの模範演奏は和田アキラだけではない。管理人は「EXHIVISION」で,フレットレスベース永井敏己ドラム長谷川浩二を初めて聴いたのだが,永井敏己渡辺建を,長谷川浩二木村万作を聴き重ねてしまった。

 だから,個人的には難波弘之が「PRISM」的なメンバーを集めたのには違和感が残る。
 結局の所,テクニカルな歌ものが欲しいのなら難波弘之和田アキラのように後ろに下がって,細かいフレーズを滑らかに紡ぐ永井敏己フレットレスベースを前面に出した,メロディアスなプログレ・フュージョンを聴いてみたかった。

 とにかく「EXHIVISION」の1st『EXHIVISION』の収穫は永井敏己である。永井敏己渡辺建への“夢を”託したい。

  01. SCENT OF NOVA
  02. DOUBLE DOWN
  03. ICEBOUND
  04. OTHER SIDE
  05. NIGHT VIEW
  06. 百家争鳴
  07. WINDYE
  08. FAERIE TALE
  09. WINDYE
  10. BASCULE BRIDGE

(しおさい/ZIZO 2013年発売/SHCZ-0047)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)