FOUR OF A KIND II-1 ベース青木智仁ピアノ塩谷哲サックス本田雅人ドラム沼澤尚という「全員主役」の4人の個性がぶつかり合ったスタジオ録音の『FOUR OF A KIND』から,ライブ盤の『FOUR OF A KIND LIVE AT BLUE NOTE TOKYO AND OSAKA BLUE NOTE』を挟んで2年間の“熟成”を経ての『FOUR OF A KIND 』。

 1stが「コンテンポラリー・ジャズ・ユニット」の『FOUR OF A KIND』ならば,2ndは「スムーズ・ジャズ・ユニット」の『FOUR OF A KIND 』である。
 そう。『FOUR OF A KIND 』の聴き所は“ソフト&メロー”。ますますGROOVYにしてPOP路線の青木智仁が,塩谷哲が,本田雅人が,沼澤尚が楽しめる〜。

 『FOUR OF A KIND 』では,4人の「有機的な絡み」の瞬間が増えているのがうれしい。グループとしての個性やアイデンティティが明確になり,こなれた印象。“ソフト&メロー”にして,展開はよりJAZZYに,というアルバム作りに一つの方向性での“縛り”が感じられる。
 具体的には,ワンホーンの本田雅人がグッと前に出ているし,塩谷哲が伴奏に徹している時間が長くなった。

 でも実際に演奏している4人にしてみたらどうなんでしょうね? 思いっきりハジケテイタ『FOUR OF A KIND』と比べて『FOUR OF A KIND 』では4人とも丸くなった印象を受ける。
 思うに「フォー・オブ・ア・カインド」はコンセプトが中途半端だったように思う。ノーコンセプトがコンセプトなのかもしれないが,一定の成功を収めた『FOUR OF A KIND 』でのバンド指向は“手探りのまま”終わってしまったように思える。

FOUR OF A KIND II-2 正直,比較対象になってしまうフォープレイと比べると,バンド・サウンドになっているフォープレイとは違うんだよなぁ。4人の個性が感じられるだけで,5番目にして最も大切な「バンドの音」はまだ聴こえ出していない。「バンドのカラー」もこの時点では不明瞭であって完全には打ち出しきれていない。

 そういう訳で『FOUR OF A KIND 』を心待ちにしていたところ,惜しすぎる青木智仁の急逝。もはやこの4人が揃うことはないと思うと残念でならない。

  01. GET UP 'N' GO
  02. DUBAI
  03. LONG WRONG WAY
  04. BOLERO
  05. UPWARD MOBILITY
  06. CHOUETTE
  07. SUMMER SOFT
  08. SLOW EMOTION
  09. KEEP THE FAITH
  10. JERASH

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61239)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)