PARADISE-1 2015年のT−スクェアの夏は企画盤の『DOLPHIN THROUGH』で“お茶を濁して”終わりだと思っていた。

 もっとも,それでいいと思っていた。『DOLPHIN THROUGH』は,管理人のこの夏最大のお気に入り。前作『NEXT』の完成度の高さを考えても,そう簡単にハイ・レベルな新曲なんて作れないのではなかろうか?
 それにニュー・アルバムのリリースが遅れると,もしや待望久しい“冬CD”の発売が期待できる? 『DOLPHIN THROUGH』に続く毎年恒例のオリジナル・アルバムが出ないとしてもプラス思考で受け入れていた。自分の中で消化できていた。
 だ・か・ら41枚目のオリジナル『PARADISE』のリリース情報を目にしても「ああ,やっぱり出るんだ」ぐらいのものだった…。

 しかし,その考えが甘かった。『PARADISE』を聴いてみて,自分の考えが浅はかであることを反省した。安藤正容は,管理人の“遥か上”を行っていた。
 ズバリ『PARADISE』は,2015年の夏に絶対発売すべき“夏CD”であった。『NEXT』とはまた違った感じで攻めてきた『PARADISE』のスクェア・サウンドが最高に気に入った!

 では『PARADISE』の何が最高なのか? それは「日本の夏の原風景」というメッセージ性である。
 『PARADISE』に集中すればするほど「日本の夏の原風景」が浮かび上がってくる。『PARADISE』という音楽を聴いていると「日本の夏」を描いた映画を見せられているような気分になる。

 昨年の夏もあれば,遠い記憶の子供の頃の夏もある。酷暑もあれば冷夏もある。昼にはセミが鳴いていれば夜には雷が鳴っている。ピンポイントでどの曲がどうとは言えないが『PARADISE』は“夏の日のBGM”として“さらりと”仕立て上がられている。

 これには『PARADISE』の曲順の流れとかも影響している。そう。1曲目から9曲目までで「初夏から晩夏」あるいは「夏の日の1日」を時系列で並べてきている。
 これから夏が始まるぞ,という【MYSTIC ISLAND】でスタートして,ラストの【夏の終わり】で別れを惜しむ。ここに1つの物語がある。

 少年の頃の“昔懐かしい夏休み”というよりも,大人になってからの“数日間の短い夏休み”の方がイメージとして近い。
 こんな感覚は過去のスクェアの“夏CD”にはなかった。例えば『LUCKY SUMMER LADY』『うち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『R・E・S・O・R・T』『夏の惑星』などとは明らかに雰囲気の異なる「河野坂東時代」の“夏CD”!

 T−スクェアの“新・夏CD”『PARADISE』は「現在進行形」のT−スクェアらしさが詰まったアルバムだと思う。
 T−スクェア定番の王道と「変わらないために変わり続ける」変化のバランスが高いレベルで両立できている。徹底的に軽快なメロディにこだわりつつも,隠し味的にギミックで無機質なリズムで遊んでくる〜! 最高〜! 大好き〜!

 「Mr.T−SQUARE」こと坂東慧ドラムとシーケンサーによる打ち込みのコンビネーションが聴き込めば聴き込む程に面白い。メロディアスでファンキーで踊れる変拍子のドラミング
 そんな坂東慧作の全5曲が素晴らしい。そして安藤正容のタイトル・トラックも素晴らしい。しかし今ではスクェアメロディー・メーカーと言えば河野啓三のことである。
 『PARADISE』のハイライトは,河野啓三作曲の【THROUGH THE THUNDERHEAD】と【ETERNAL GLORY】である。とんでもない名曲の誕生だと思っている。

PARADISE-2 『DOLPHIN THROUGH』だけでも最高の夏を過ごせたと思う。そこへ“本命”の『PARADISE』を出してきた。
 加えて本田雅人から『SAXES STREET』』まで出た! 「本田期」そのまんまなスクェア・サウンドの『SAXES STREET』! こんな贅沢な「スクェアと過ごす夏」は久々である。

 ここで願わくは,上記「黄金のトライアングル!」に続く“大本命”の「河野坂東時代」の“冬CD”が発売されてこそ,安藤正容が練り上げた『DOLPHIN THROUGH』で“お茶を濁す”プランニングが結実する。
 そう。『PARADISE』は『DOLPHIN THROUGH』の“出涸らし”などではなかった〜!

 『STARS AND THE MOON』の録音前には『うち水にRAINBOW』と『ADVENTURES』の夏2枚か。よ〜し。『DOLPHIN THROUGH』と『PARADISE』が来たから,今度こそ冬だな。「日本の夏,妄想の夏〜」。
 2015年の「猛暑」は『DOLPHIN THROUGH』『SAXES STREET』『PARADISE』の3枚を聴いて妄想しま〜す。

PS 本田雅人の『SAXES STREET』が48分36秒。T−スクェアの『PARADISE』が48分59秒。70分が標準時なご時世でこんな偶然ってあるんだなぁ。いいや,偶然ではなくご縁が続いているのです!

  DISC 1
  01. Mystic Island
  02. Vivid
  03. Paradise
  04. Through The Thunderhead
  05. 彼女と麦わら帽子
  06. Eternal Glory
  07. Knock Me Out
  08. Night Cruise
  09. 夏の終わり

  DISC 2 DVD
  01. First Impression
  02. Surfin' On The Sky
  03. Special Digest @TOYOSU PIT 2015/5/26

(オレンジレディ/ORANGE LADY 2015年発売/OLCH 10001〜2)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
★【初回生産限定盤】ボーナスDVD付 2枚組
★【初回生産限定盤】三方背BOX仕様
★音匠仕様レーベルコート

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)