BUBBLE BUBBLE BEBOP-1 矢野沙織の2年半ぶりとなる新作『BUBBLE BUBBLE BEBOP』(以下『バブル・バブル・ビバップ』)である。
 前作『ANSWER』がファン投票によるリクエスト・アルバムであったから,純粋なオリジナル・アルバムとしては実に5年振りのことである。

 あの勢いを,毎年毎年アルバムをリリースしていた頃の矢野沙織を知るファンとしては,本当に待ちくたびれてしまった。危うく矢野沙織の存在を忘れてしまうところであった。
 矢野沙織さんちの沙織さん,一体どうしてしまったのだろう?

 『バブル・バブル・ビバップ』を聴いて,その答えが分かった。矢野沙織には迷いがある。この5年もの間,自分の進むべき道の分岐点で立ち止まっていたのだろう。
 その分岐点とは,1つが『BEBOP』への道であり,もう1つが『BUBBLE BUBBLE BEBOP』への道であった。矢野沙織は今回『BUBBLE BUBBLE BEBOP』への道を選択した。
 果たしてこれから先『BEBOP』への道へ引き返す勇気を持ち合わせているのだろうか? “バッパー”としての矢野沙織愛するがゆえに心配に思っている。

 『バブル・バブル・ビバップ』は,間口の広いジャズ・アルバムに違いはないが,正しく“BUBBLE”である。泡として消え去るべき“一過性のジャズ”止まりであって“バブリーに弾けたビバップ”までは達し得ていない。
 だから『バブル・バブル・ビバップ』は,矢野沙織のアルバムとしては初めてヘビーローテーションにはならなかった。

BUBBLE BUBBLE BEBOP-2 『バブル・バブル・ビバップ』で繰り返し聴くのは3曲のみ! やっぱりお目当てはチャーリー・パーカーの【CONFIRMATION】!
 『YANO SAORI』での“衝撃の”【CONFIRMATION】と聴き比べると“ジャズメン”矢野沙織としての成長を実感する。

 好きな方はデビュー・アルバムの方の【CONFIRMATION】である。しかし『バブル・バブル・ビバップ』での【CONFIRMATION】も悪くはない。
 ノリとかスピード感では『YANO SAORI』での大名演に劣ってしまうが,演奏の質とか音の深みでは断然上である。大人な【CONFIRMATION】である。こういう【CONFIRMATION】も悪くはない。

 続いてはキャノンボール・アダレイの【MERCY,MERCY,MERCY】! こちらも「日本のキャノンボール・アダレイ」と呼ばれた矢野沙織の,少女時代では演奏できなかった,実にファンキーで実に豪華な【MERCY,MERCY,MERCY】に身を乗り出してしまう名演である。

 3曲目はスローでムーディーなフランス映画「ベティ・ブルー」のテーマ【BETTY ET ZORG】! 妖しいアルトサックスに妖艶な口笛がエモーション
 特にアルトサックスの音色一発にやられてしまう。矢野沙織の“音の個性”が強く感じられる。名演である。以上!

BUBBLE BUBBLE BEBOP-3 多重録音やらキューバンラテンやら詩の語りやらヴォーカルやら…。
 これ以上!は矢野沙織の興味の“てんこ盛り”風な演奏ばかりであって興味が湧かない。
 矢野沙織よ,早く迷路から抜け出して来い! ジャズ一本を貫け! 『BUBBLE BUBBLE BEBOP』ではなく『BEBOP』を選択せよ!

 いろいろとマイナスな感想を書き連ねてきましたが,それでも矢野沙織・ファンは辞められません。
 矢野沙織・ファンを辞める時=ジャズ・ファンを辞める時。地獄に落ちるその日まで矢野沙織を応援し続けたいと思います。

PS 「BUBBLE BUBBLE BEBOP-3」は販促用の特製アーティスト写真です。

  01. Blowin' The Blues Away
  02. Bluebird
  03. Puerto Rico〜砂とスカート
  04. Betty Et Zorg
  05. Mercy, Mercy, Mercy
  06. Bayou
  07. Avalon
  08. Bye Bye Babylon
  09. Confirmation

(サヴォイ/SAVOY 2015年発売/COCB-54166)
(ライナーノーツ/馬場雅之)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)