STILL WORKING-1 『興奮が,とまらない。幾多の賞賛を受けた『レミニセンス』。一枚に収まりきれなかったトラック・別テイクを集め,セッションの全貌がいま明らかになる。あの感動は,終わらない』。

 これは山中千尋の5曲入り「ミニ・アルバム?」=『STILL WORKING』(以下『スティル・ワーキング』)のCD帯のコピーである。実に的確なコピーだと思う。

 やれミニ・アルバムはダメだ。やれアルバムにコンセプトがないのはダメだ。やれ没テイクを世に問うてはダメだ…。管理人の周りでは『スティル・ワーキング』については否定的な意見をよく耳にする。
 管理人も山中千尋ユニバーサルの売り出し方にはいちもつ意見を持っている。特にAKB商法のパクリであるジャケット違いの4種類同時発売などエゲツない。即刻やめてほしい。

 しかし,今回の『スティル・ワーキング』の発売についてはユニバーサルを支持する。理由は上記の名コピーと同じだからである。『興奮が,とまらない。あの感動は,終わらない』なのだ。

 血迷ってはならない。『スティル・ワーキング』は『レミニセンス』の「ジャケット違いの中身は同じ」ではないのだ。
 山中千尋の新録音が聴ける。それも山中千尋オルガンローズの演奏が聴ける。これこそ「諸手を挙げての大歓迎」が筋ではなかろうかっ! エセ・山中千尋・ファンは黙ってろっ!
 ( まっ,ここまで鼻息荒い大傑作ではないのだけれど… )。

 本当に本当で『スティル・ワーキング』を『レミニセンス』に収録したらどうなるか? こうなれば“共倒れ”必至だったことだろう。
 収録トラックの個性別に編集し『レミニセンス』と『スティル・ワーキング』を別々にパッケージする。これぞ最善の選択である。これぞ古くから存在する「名盤への公式」なのである。
 ブルーノート名盤も,マイルス・デイビス名盤も,現代でだって,あのパット・メセニーブラッド・メルドーだってそうである。ちーたんがそうやったからって何なんだっ!

STILL WORKING-2 “攻撃的な”ちーたんが爆発する,ハモンド・オルガンの「ノリとスピード感」な【FRIDAY NIGHT AT THE CADILLAC CLUB】とフェンダー・ローズで「ファンキー」している【WHEN LIGHTS ARE LOW】。“ジャズ・ピアニストな”山中千尋が「しっとり」聴かせる【THE ISLAND】。“エレガント”な千尋嬢の「小川のせせらぎ」【PRELUDE】。『レミニセンス』とは別テイクの【RAIN,RAIN AND RAIN】の「ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらん♪」の聴き比べがこれまた最高に楽しい。

 久々に電化ちーたんの“毒霧”にやられてしまった『スティル・ワーキング』は,最高レベルに「美形」なジャケット写真の暗示だろうか? 「美しい花にはトゲがある」!

  01. Friday Night At The Cadillac Club
  02. When Lights Are Low
  03. The Island
  04. Prelude
  05. Rain, Rain And Rain (Alternate Version)

(ヴァーヴ/VERVE 2012年発売/UCCJ-2096)
(☆SHM−CD仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)