MY SPANISH HEART-1 管理人のジャズフュージョン・ファン歴30年を振り返る時,今となっては本当に勿体ないことをした,と思うことが幾つかある。今日はその中でも最大級に自分自身への後悔の念を吐露する回となる予定である。

 な・に・を・懺悔するのですか? それはチック・コリアについてである。長らく管理人はチック・コリアを「凄い」とは思うが「好き」とは思わなかった。
 チック・コリアの新作を発売日当日に購入し,胸ときめかせながらヘッドフォンで聴き込んでいく。これが管理人にとっての「好き」な人への儀式なのだが,チック・コリアが儀式の対象となったのは,ここ10年ぐらいなものである。真に勿体なかった!

 なぜか? その直接の原因が『THE LEPRECHAUN』(以下『妖精』)『MY SPANISH HEART』(以下(『マイ・スパニッシュ・ハート』)『THE MAD HATTER』(以下『マッド・ハッター』)から成る「ファンタジー三部作」の存在である。

 今振り返れば,チック・コリアのアルバムはその半数近くが何らかの「コンセプト・アルバム」である。ゆえに「ファンタジー三部作」だけを目くじら立てて煙たがるのもどうかと思う。
 しかし,どうしてもダメだった。これは,俗に女性がよく口にする「生理的にダメ」というものと同じような感覚? 管理人にとってチック・コリアの“少女漫画のおめめきらきらロマンティック”全開の「ファンタジー三部作」は完全なる「イロモノ」→完全に「アウト」であって,この手の精神世界は全てご遠慮いただいていた。

 特に今夜紹介する「ファンタジー三部作」の2作目『マイ・スパニッシュ・ハート』のアルバム・ジャケットがマジ最悪。本人はスペイン貴族で貴公子気取りのつもり? 闘牛士のつもり? 管理人が連想したのは,多くの奇行や逸話が「スペインの恥じ伝説」として語られるサルバドール・ダリである。うわわ…。恐すぎる…。手に取ることすらはばかられる…。

 あれから20年。管理人も歳を取った。おじさんとなった今ならチック・コリアの「ファンタジー三部作」を受け止めることができるはずである。
 時は2009年。『ニュー・クリスタル・サイレンス』のグラミー受賞で,チック・コリアの“隠れファン”を卒業宣言した管理人が,ついに『妖精』『マイ・スパニッシュ・ハート』『マッド・ハッター』を買ってみた。そしてヘッドフォンで聴き込んでみた。

 事の結論はこうである! 「音楽的には最高である! 絶頂である! 駄盤しらずのチック・コリアの全生涯を通じても,あふれんばかりの創造性のピークを迎えている!」。
 「音楽を演奏すると言うよりは“物語を紡ぎ出す”と言う方がしっくりくる! チック・コリアが『MUSIC MAGIC』(後のリターン・トゥ・フォーエヴァーでのアルバム・タイトル)をかけている!」。

 「ファンタジー三部作」の第二弾は『マイ・スパニッシュ・ハート』。『マイ・スパニッシュ・ハート』のコンセプトは「スペイン魂」であって,アルバム全体を貫く「ラテンの血」が“音絵巻のストーリー”として展開されていく。

MY SPANISH HEART-2 『マイ・スパニッシュ・ハート』の聴き所は,チック・コリアスペインへの恋焦がれるかのような“憧れの音”。
 リターン・トゥ・フォーエヴァーの大名曲【LA FIESTA】や【SPAIN】のような,ストレートにスペインのエッセンスを取り入れたフュージョンではなく,スペインを思い浮かべながら描いた紛れもないチック・コリア流“ファンタジー”フュージョン

 恋焦がれるかのような“憧れの音”なはずなのに,理性や知性で綿密に構成が練られている。
 そう。『マイ・スパニッシュ・ハート』は「チック・コリアスペインに対する音楽でのラヴ・レター」なのである。

 “スパニッシュなテイスト”を前面に押し出した『マイ・スパニッシュ・ハート』の音楽的なコンセプトは,ブラジリアンのジョー・ファレルアイアート・モレイラフローラ・プリムをフューチャーした「第一期リターン・トゥ・フォーエヴァー」の延長線上に位置する傑作だと思う。

 しかし類似のコンセプトを有するにしても,ECMポリドールにおける音造りの違いは大きく『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が,澄み渡る空気感・透明感の“不思議な浮遊体験サウンド”であるとするならば『マイ・スパニッシュ・ハート』は,お酒飲んで踊り出したくなるくらいに“情熱的で明るく陽気なサウンド”である。
 『マイ・スパニッシュ・ハート』には,かなりお茶目なチック・コリアの“お人柄”が音の個性として現われている。

 繰り返すが『マイ・スパニッシュ・ハート』は,チック・コリアの大量の名盤群のなかでも音楽的には最高レベル! でもやっぱり星は4つ! 惜しまれるべきは,なぜあんなアルバム・ジャケットにしたのだろうか?

  01. Love Castle
  02. The Gardens
  03. Day Danse
  04. My Spanish Heart
  05. Night Streets
  06. The Hilltop
  07. Wind Danse
  08. Armando's Rhumba
  09. Prelude To El Bozo
  10. Bozo, Part I
  11. Bozo, Part II
  12. Bozo, Part III
  13. Spanish Fantasy, Part I
  14. Spanish Fantasy, Part II
  15. Spanish Fantasy, Part III
  16. Spanish Fantasy, Part IV

(ポリドール/POLYDOR 1976年発売/POCJ-1980)
(ライナーノーツ/寒川光一郎)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)