スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★45.ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット★44.オリジナル・ジェリー・マリガン・
カルテット
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・ステーション★43.ソウル・ステーション
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★42.ラウンド・アバウト・ミッドナイト
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★41.サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』が“まさかの”ランクイン。42位ですって?

 そう。『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』こそが「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」堂々の第2位。流行り廃りの少ないジャズにあって20年間で大暴落とは信じ難い。
 だって『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』は管理人の愛聴盤として,現在まで現役を続けているのだから…。

 タイトル・トラック【’ROUND ABOUT MIDNIGHT】におけるマイルス・デイビスのミュートとギル・エヴァンスがアレンジしたあのブリッジ。これぞ「真夜中のジャズ」。

 この20年間でジャズは,真夜中の音楽から昼間の音楽,へと変化したんだなぁ。実感の賀正です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)