行ってきました! 7/13「イムズホール」での「T−SQUARE CONCERT TOUR 2014 NEXT」!

 「T−SQUARE 夏のライブハウスツアー 2014 NEXT」での熊本・長崎の2連戦から1ヶ月のインターバルで迎えた福岡でのホール・ツアー
 その後も『NEXT』を聴き続けてきたが,そろそろ我慢の限界というタイミングで「また会えた!」T−スクェアが最高でした。
 キース・ジャレットだ,パット・メセニーだ,矢野沙織だと,なんだかんだ言ったって,結局はT−スクェアライブが一番落ち着くのです。単純に地元だから落ち着く?

 ううん。きっとそうではなくて『NEXTツアー3週目の自信! ステージが進むにつれ,細かな点がよく見えてくるような感覚!
 2列目1列目と来て今回の福岡公演は中央ブロック6列目の左端。この座席に隠された秘密がある。何と!イベンターのGOTOさんの真後ろ。プロモーターっていい席取ってる。めっちゃ音響がいい。目で見て耳で聴いて「味わうライブ」。楽しかった〜。

( GOTOさんについては「夏のライブハウスツアー」長崎公演でのスズメバチ事件の全容について伊東さんから「刺された場合にはご了承ください,とかなんとか訳わからないことを言ったんですよ。すごい大受けして,長い時間お待たせしたんですけども,まぁ,笑いを取って良かった」との言及有 → すぐさま安藤さんから「伊東さんハチに刺されてるそうなんで,もう1回刺されると死んじゃうみたいなんで,もう1回刺されたらいいのに,なんちゃって,サブ〜」 → 怒った伊東さんの「お前なんか変なもの吸ってないだろうな…」のここでは書けないヤバヤバ・トークへ )

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ 安藤 正容 : Guitar
 ★ 伊東 たけし : Alto Saxophone,EWI
 ★ 河野 啓三 : Keyboard
 ★ 坂東 慧 : Drums
 ☆ 田中 晋吾 : Bass

 今夜のLIVEレポートは「夏のライブハウスツアー」からの変更点について書いておきます。

 伊東たけしが【夜明けのビーナス】から飛ばしまくる〜。圧倒的な伊東たけしEWIに一日中やられてしまいました〜。
 それとステージ全体を通して,河野啓三を盛り上げようと(笑わせようと)田中晋吾だけではなく安藤正容も寄り添いパフォーマンスを繰り出していたのが印象的。河野くんってあそこまでやられても半笑いなのね〜。

 【NIGHT DREAMER】を聴くのも3回目となれば河野啓三エレピソロ以外にも耳が行き,安藤正容ギターソロが素晴らしかった。あと坂東慧ドラミングの妙。やはりミディアム・テンポでこそ,その人の本当のリズム感が如実に出るよなぁ。

 「ライブならではコーナー」における「T−SQUARE TWINS」「T−SQUARE GARAGE BAND」のアナウンスはなし。
 【SEEKING THE PEARL】はテンポアップした? 【SHINE】はほぼリニューアル。河野啓三ピアニカを持って前列へと登壇し田中晋吾は“禁断の”ウッド・ベース。リズムもソロも良かったですよ。あと伊東たけしの【SHINE】の音色は6番であるとの御大自らの宣言がありました〜。

 田中晋吾ベースソロ坂東慧ドラムソロも新作でした。やっぱり晋吾くんと坂東くんのショータイムがハイライトは変わりなし! この点は明日詳しく書こうと思っています。はい。

 新作繋がりで書けば,アンコールの衣装。「みんなで刑務所みたいなボーダーシャツを着て山笠でも見に行きますか!」とは伊東たけしの御膝元〜。
 新作繋がりで書けばパート2。「みんな最高〜! 福岡最高〜! 福岡一番〜! もう一回行くぞ〜!」も伊東たけしの御膝元パート2〜。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。

01.夜明けのビーナス
02.PRIME
03.DANS SA CHAMBRE
04.YOU’RE THE ONE
05.KISS AND CRY
06.WIND SONG
07.NIGHT DREAMER
08.I STAND ALONE
09.WISH
10.THANK YOU
11.SEEKING THE PEARL (安藤&河野)
12.SHINE