FIRST MEETING-1 『トライングル』でキース・ジャレットトリオに“肩を並べた”菊地雅章の「テザード・ムーン」が『FIRST MEETING』(以下『ファースト・ミーティング』)でキース・ジャレットトリオを見事に超えてしまっている。
 超キース・ジャレット・フリークな管理人をして『トライングル』〜『ファースト・ミーティング』の「テザード・ムーン」は『ウィスパー・ノット』が発売されるまでの90年代キース・ジャレットトリオを超えていたのだ。

 さて『トライングル』の続編が『ファースト・ミーティング』なるタイトル名である。理由は『ファースト・ミーティング』が「テザード・ムーン」の秘蔵「ファースト・セッション」集。
 そうなるとピアノ菊地雅章ベースゲイリー・ピーコックドラムポール・モチアンの“初顔合わせ”でキース・ジャレットトリオを超えてしまっていることになる。

 おお,またしてもゲイリー・ピーコック! 今夜の『ファースト・ミーティング批評の主役はゲイリー・ピーコック

 ピアノキース・ジャレットベースゲイリー・ピーコックドラムジャック・デジョネットによるキース・ジャレットトリオの“初顔合わせ”と来ればゲイリー・ピーコックの『TALES OF ANOTHER』! やっぱり大名盤

 冷静にキース・ジャレットトリオについて分析すると『ウィスパー・ノット』と『マイ・フーリッシュ・ハート』の2枚を除けば「キース・ジャレットトリオ結成30周年記念:『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』」の結果通り『STANDARDS,VOL.1』『STANDARDS,VOL.2』『CHANGES』『STANDARDS LIVE』『STILL LIVE』で決まりである。

 しかし上記5枚をしても『TALES OF ANOTHER』には達していない。理由はゲイリー・ピーコック
 キース・ジャレットトリオの「浮沈の鍵」を握るのはゲイリー・ピーコックゲイリー・ピーコックの好不調の波がキース・ジャレットジャック・デジョネットにも少なからず影響を及ぼしている。

FIRST MEETING-2 だ・か・ら『ファースト・ミーティング』! 『ファースト・ミーティング』でのゲイリー・ピーコックが,これまた『TALES OF ANOTHER』並みの“キレキレ”である。

 ゲイリー・ピーコックベースがとにかくイケイケ。リーダー=菊地雅章の意図を汲み取っているようにも思えるが,そこは“初顔合わせ”。悪気はなくともゲイリー・ピーコックの“地”が菊地雅章ピアノをリードしている。こんなにも“神懸った”ゲイリー・ピーコックを久しぶりに聴いた思いがしたものだ。

 『TALES OF ANOTHER』のゲイリー・ピーコックが『ファースト・ミーティング』のゲイリー・ピーコック菊地雅章ピアノに,独特の音空間の間を与えつつ,間を埋めている。
 キース・ジャレット菊地雅章を“転がす”ゲイリー・ピーコックこそ「現代のベース・マイスター」に違いない。

  01. Tethered Moon
  02. Misterioso
  03. Intermezzo / So In Love
  04. First Meeting / Solar / Open Trio
  05. P.S.

(ウィンター&ウィンター/WINTER & WINTER 1997年発売/BOM-22035)
(☆直輸入盤仕様 ライナーノーツ/山本淑子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)