THE ART OF THE TRIO VOLUME ONE-1 最近の管理人の音楽鑑賞ルーティング。それは上原ひろみを聴いた直後にブラッド・メルドーを聴くパターン。

 これをやると上原ひろみ単独の場合以上に,上原ひろみチック・コリアを感じ,ブラッド・メルドー単独の場合以上に,ブラッド・メルドーキース・ジャレットを感じることができるからだ。

 そしてブラッド・メルドー名盤群の中でも一番「ブラッド・メルドーの中のキース・ジャレット」を感じるのが『THE ART OF THE TRIO VOLUME ONE』(以下『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』)である。

 『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』におけるブラッド・メルドーピアノが「ウルトラ・オーソドックス」。スタンダードをしっかり歌い上げ,しっとりと聴き所をまとめている。
 そう。ジャズスタンダードだけが放つことのできる永遠の憂いを響かせている。もう・た・ま・ら・な・い。

 ブラッド・メルドーの「基本性能」の高さが感じられる。お得意のアクロバティックな奏法など用いなくとも『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』における「ウルトラ・オーソドックス」路線だけで“天下”を獲れる。ブラッド・メルドーの「底なしの実力」が感じられる。

 『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』のハイライトこそ【BLACKBIRD】に溢れる“みずみずしさ”。
 この“みずみずしさ”こそが若かりし日のキース・ジャレットの特徴であり,ゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットと初めて組んだ日のキース・ジャレットそのものである。
 キース・ジャレットが【BLACKBIRD】を弾いたとしたら,多分,ブラッド・メルドーの【BLACKBIRD】っぽくなると思わせてくれる。

 そして【BLACKBIRD】の名演で思い出すのが木住野佳子。ゆえに木住野佳子ビル・エヴァンスキース・ジャレットブラッド・メルドーの無限ループ。
 ねっ,ブラッド・メルドーキース・ジャレットを感じるでしょ?

THE ART OF THE TRIO VOLUME ONE-2 その反面,管理人が『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』にキース・ジャレットの演奏を思い重ねてしまう最大要因は,キース・ジャレットも演奏した【BLAME IT ON MY YOUTH】【I FALL IN LOVE TOO EASILY】に顕著なブラッド・メルドーの冷静な分析力にある。説得力のあるスロー・バラードを前に“無心で酔いしれる”ことができてしまう。

 『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』は,ジャズ・ピアノの“酸いも甘いも”知り尽くした者の演奏である。
 一般的には,経験を重ね,無駄なフレーズを弾かなくなり,徐々にオーソドックスな演奏スタイルへと辿り着くものだと思うが“天才中の天才”ブラッド・メルドーの場合はスタートからしてゴールのようなジャズ・ピアノ

 『アート・オブ・ザ・トリオ VOL.1』は,完璧に緊張と緩和のバランスをコントロールしたブラッド・メルドーピアノ・タッチが冴えに冴え渡る大名盤
 この“絶大なる安心感”がキース・ジャレットブラッド・メルドーを結び付けているのだと思う。

  01. Blame It On My Youth
  02. I Didn't Know What Time It Was
  03. Ron's Place
  04. Blackbird
  05. Lament For Linus
  06. Mignon's Song
  07. I Fall In Love Too Easily
  08. Lucid
  09. Nobody Else But Me

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1997年発売/WPCR-971)
(ライナーノーツ/吉村浩二)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)