《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回はお待たせしました。栄光のTOP5の大発表!

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェイヴァリット・シングス★5.MY FAVORITE THINGS
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★4.ST. THOMAS
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

Waltz for Debby★3.WALTZ FOR DEBBY
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Round About Midnight★2.'ROUND MIDNIGHT
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★1.AUTUMN LEAVES
SOMETHIN' ELSE
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! キャノンボール・アダレイマイルス・デイビスビル・エヴァンスソニー・ロリンズジョン・コルトレーンの代表トラック。もはやどれが1位を取ってもおかしくなんかありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは【枯葉】が好き。マイルス・デイビスが吹く【枯葉】が好き。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,キース・ジャレットチック・コリアの【枯葉】が誕生した。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,武骨なビル・エヴァンスウイントン・ケリーの【枯葉】が誕生し,マイルス自身の『イン・ベルリン』『イン・ヨーロッパ』が誕生した。そして今夜もまた世界のどこかで【枯葉】が…。

 2014年の今もって投票したら同じ結果になることでしょう。いいや,30年振りの「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」は“日本のキャノンボール・アダレイ”こと矢野沙織
 管理人的には矢野沙織の【コンファメーション】が永遠のナンバーワンなのです。

 長期連載96ヶ月。毎月毎月感想をメールで送ってくださった,のぶひでさんにも感謝感謝。その他900名の読者の皆さんにも感謝感謝。皆さん,8年間のご愛読ありがとうございました。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)