「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 「T−SQUARE SUPER BAND」は35年の時を経てAKB48のようなチーム制のバンドになったようでした。「T−SQUARE SUPER BAND」=5チーム合体のGKB18!
 正確に訳せば,チームB,チームD,チームK,チームF,チームGによる18人編成。ねっ,GKB18でしょう?(なんでGKBでDKBかFKBでないのか!? 単純にロゴがいいからです!)。

・チームBとはチーム・ベチベチなベース・チーム。
・チームDとは打楽器のDチーム。
・チームKとは河野啓三のKとも重なる鍵盤チーム。
・チームFとはフロントマンのF&吹きもののF・チーム。
・チームGとは安藤正容ギター・チーム(この日はゲストが2人いてチームが結成できて良かったですね)。

 な〜んてねっ! 「T−SQUARE SUPER BAND」にAKB48が被ってしまったのは,ライブ前にNMB48劇場に立ち寄ってきたせい!?
 うん。でもそれだけではないんですよ。管理人にとって「T−SQUARE SUPER BAND」はアイドルのようなものなんです。
 座席は中央ブロック7列目なのにシューティング・ライブのカメラ・レーンのために実質5列目。J−FUSIONのアイドル・バンド=「T−SQUARE SUPER BAND」18人の表情がよ〜く見えました。アイドルをガン見できた3時間公演なのでした。

 スクェアの「○○周年スペシャル・ライブ」は初参戦。管理人はノリスト世代ですから,宮城純子長谷部徹は初めて見ました。
 宮城純子は真面目に音楽を愛するお方ですね。真剣な表情で譜面と格闘していたのが印象的でした。口ずさみながらのJAZZYなアプローチは“混沌期”を支えた初代キーボード・プレイヤーの貫録でした。
 長谷部徹はさすがはジャニーズ。若い。渡辺裕之ばり?にカッコイイ。則竹さんと坂東くんのハイ・テクニックにも全然負けないドラミングでした。40周年の「T−SQUARE SUPER BAND」では正式メンバーとして一曲叩いてほしいものです。

 さてさて「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」で大いに語られるべきはセットリストの新装開店!
 『SMILE』のツアーと被っているのは3曲のみで完全に別物。見事に変えてきてくれました! 『SMILE』からの選曲も2曲のみ。いかにも35周年の“スペシャル感”漂うセットリスト。

 前半のハイライトとなるメドレーは5年刻みのアルバムの1曲目メドレー(←本田さんのライブの選曲っぽい!)。この意味に気付いた人はニンマリしたことと思います。
 そして驚いたのが,後半盛り上がりの火付けとなる2曲=本田期の【SUNNYSIDE CRUISE】と【勇者(YUH−JA)】を伊東たけし抜きの宮崎ナンバーとしたところ。そう。宮崎隆睦が見事に本田雅人化してきている!
 「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」のヒーローは伊東たけしに違いないが,伊東たけしを立てつつも自分も輝く宮崎隆睦の充実ぶりが素晴らしい!

 あっ,宮崎隆睦と来れば来春発売予定のDVDをGETされたならば【勇者(YUH−JA)】における「DRUMS & PERCUSSION BATTLE」で4人が拍手喝采を浴びているシーンへ“申し訳なさそうに”割って入るシーンがあると思うのでチェックしてみましょう。
 管理人には,あの“鳴りやまない拍手の渦”を自らのEWIで断ち切ることになる【勇者(YUH−JA)】のテーマを吹くことへのためらいを感じているように見えました。本当,宮崎さんって我の強いフロントマンに似合わないくらいのいい人なんだろうなぁ。

 「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」におけるロック・チューンは【TRUTH】のみ。概ね「ポップ・インストゥルメンタル・バンド」としての“スクェア祭り”! あんなにもミディアム中心“ポップ押し”なスクェアを聴けるとはうれしい誤算でした。

 ただし,一言苦言を呈すると「スクェアの1期」からの往年のファンにとっては大興奮のセットリストなのでしょうが「河野坂東時代」の現スクェアからファンになった人のために【THE BIRD OF WONDER】ぐらいはやるべきだったのでは?
 せっかく『NINE STORIES』『WINGS』と名盤が続いて迎えた“豊作の”35周年なのですから…。

 “変わらないために変わり続ける”スクェア35周年のDVDを出すのでしたら(当然「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」も出してほしいのですが)セットリストの良さと仙波清彦坂東慧の「DRUMS & PERCUSSION BATTLE」を観たいので「T−SQUARE SUPER BAND CONCERT TOUR 2013“SMILE”」も同時発売してくれないかなぁ。

 …と,ここまで散文を書いてきましたが最後にして一番の散文です。
 「T−SQUARE SUPER BAND SPECIAL」のツボは管理人の左隣りから聞こえてきた「のろいっせいのろいっせい」の懐かしすぎる呼び込みコール。あの「メンバー呼び出し合唱隊」があの場で聞けるとは…。
 カシオペアのアンコール名物「メンバー呼び出し合唱隊」による出囃子もごく短期間だったので,あそこであのコールがかかるとはニッチすぎる。「のろいっせいのろいっせい」のコールが聞こえたところに“スクェア35周年の歴史の重み”を感じまくったものでした。ちゃんちゃん。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

13.BOYS BE AMBITIOUS (ゲスト:OTTOTRIO)
14.GUITAR CUBIC (ゲスト:OTTOTRIO)
15.COME FLY WITH ME (ゲスト:マリーン)
16.IT’S MAGIC (ゲスト:マリーン)

17.SUNNYSIDE CRUISE (田中普吾〜須藤満〜田中豊雪・ソロ)
18.勇者(YUH−JA) (仙波清彦〜坂東慧〜則竹裕之〜長谷部徹による合同&ソロ)
19.EL MIRAGE
20.RONDO
21.JAPANESE SOUL BROTHERS
22.TRUTH

アンコール:
23.FORGOTTEN SAGA
24.TEXAS KID
25.LITTLE MERMAID