LIVE IN TOKYO-1 “超・天才”ブラッド・メルドーソロピアノ。しかもTOKYOLIVE2枚組と来た。
 喰いついた! これで喰いつかずにいられるかっつーの!

 …で,結論。『LIVE IN TOKYO』は“貫録の”ソロピアノ名盤である。
 ビル・エヴァンスっぽいのは当然として,キース・ジャレットとも異なる,ザ・ブラッド・メルドーの“らしさ”漂う,オリジナルソロピアノ。流石は“超・天才”である。
 名曲の旨味を絶妙の味付けで調理し,それはそれは美しく盛り付けていく。文句のつけようのないブラッド・メルドー流の“匡の技”を堪能できる。素晴らしい。

 ただし,残念ながら管理人にとって『LIVE IN TOKYO』は「想定内」の名盤であった。ブラッド・メルドーは「できる子」なのだからブラッド・メルドーならこれくらい…。

LIVE IN TOKYO-2 ロマンチシズムが“ほんのり香り”リリシズムが“ほんのり立ち昇る”いつものクールで理知的なブラッド・メルドージャズ・ピアノが実にお上品。

 これをブラッド・メルドーの個性として一蹴することもできるのだろうが,管理人のブラッド・メルドーへの,そして『LIVE IN TOKYO』への期待値は異常に高かった。

 やはりソロピアノと来ればキース・ジャレットであり,現時点でのブラッド・メルドーキース・ジャレットの足元にも及ばない。
 しかし,キース・ジャレットを超えるジャズ・ピアニストは,この世にブラッド・メルドーただ一人しかいやしない。いつの日かブラッド・メルドーその人にキース・ジャレットを超えてほしい。そう願ったものだった。おやっ,一体いつから隠れファンに?

LIVE IN TOKYO-3 その意味で『LIVE IN TOKYO』は「想定内」。つまりブラッド・メルドートリオでもソロでも演奏の本質は変わらないジャズ・ピアニスト

 ここがつまらない。ビル・エヴァンスともキース・ジャレットとも異なっている演奏は合格。しかしブラッド・メルドートリオの世界を“一人三役”でこなしたかのようなソロピアノは不合格。
 過去の延長線上から逸脱してほしかった。『PLACES』をレコーディングした時のように…。

 管理人は“ソロピアニストブラッド・メルドーとしての“新しい引き出し”が聴きたかった。そこだけに注目していた。
 キース・ジャレットのように,創造のために“もがき苦しむ”ブラッド・メルドーが聴きたかった。

 きっとそういうことではないのだろうけど,ブラッド・メルドーの“超・天才”がそのように聴こえさせている。すっきりとした構成と淀みない流麗な展開は,管理人が期待した完全即興の“産みの苦しみ”ではないのである。

LIVE IN TOKYO-4 管理人の結論。『LIVE IN TOKYO批評

 『LIVE IN TOKYO』は,完全即興ソロ・コンサートではない。ズバリ,ブラッド・メルドーが創作したミニマル・ミュージック。思索的で詩的なピアノが反復しては消えていくソロ・コンサートだと思う。

  DISC ONE
  01. INTRO
  02. 50 WAYS TO LEAVE YOUR LOVER
  03. MY HEART STOOD STILL
  04. ROSES BLUE
  05. INTRO II
  06. SOMEONE TO WATCH OVER ME
  07. THINGS BEHIND THE SUN

  DISC TWO
  01. C TUNE
  02. WALTZ TUNE
  03. FROM THIS MOMENT ON
  04. ALFIE
  05. MONK'S DREAM
  06. PARANOID ANDROID
  07. HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON?
  08. RIVER MAN

(ノンサッチ/NONESUCH 2004年発売/WPCR-11964/5)
(☆スリーブ・ジャケット仕様)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/青木和富)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)