GRAND PIANO CANYON-1 『GRAND PIANO CANYON』(以下『グランド・ピアノ・キャニオン』)こそ,ボブ・ジェームスの“最高傑作”である。

 『グランド・ピアノ・キャニオン』について語る「枕言葉」に「フォープレイの原点」があるが,その調子で聴いてもいいが,できれば「フォープレイ」を脇に置いて聴いてみてほしい。実にポップでカラフルでバラエティに富んだ名曲群は,ハズレなし,である。

 ズバリ『グランド・ピアノ・キャニオン』成功の理由は『グランド・ピアノ・キャニオン』=「グランド・ピアノ」+「グランド・キャニオン」によるユーモアの“ピアノ”押し!
 そう。『グランド・ピアノ・キャニオン』におけるボブ・ジェームスは“ジャズ・ピアニスト”! 「フォープレイ」の編成で4人対等ではない,ボブ・ジェームスの“ジャズ・ピアニスト”が肝! いや,中々硬派なグランド・ピアノが流れている。

 とは言え4ビートではない。ジャズ・スタンダードでもない。16ビートのアコースティック・ジャズなのにメインでシンセサイザーも登場するフュージョン・アルバムである。
 しかし『グランド・ピアノ・キャニオン』の雰囲気は,フュージョン寄りではなくジャズの文脈で仕上げられている。ボブ・ジェームスの内で湧き上がる“創作意欲”が炸裂している。

 「フォープレイ」からギターリー・リトナーベースネーサン・イーストドラムハービー・メイソン,そしてギターエリック・ゲイルディーン・ブラウンベースエイブラハム・ラボリエルパーカッションポリーニョ・ダ・コスタトランペットランディ・ブレッカーアルト・サックスクリス・ハンターテナー・サックスマイケル・ブレッカーカーク・ウェイラムアンディ・スニッツアーシンセサイザーマックス・ライゼンフーヴァー ETC。
 勝手知ったる仲間たちと思いっきりインプロヴィゼーション楽しんでいる。そんなボブ・ジェームスが最高にカッコイイ!

 建前としてはリーダー不在の「フォープレイ」をボブ・ジェームスが実質リードする【リストレイション】【ジャスト・リッスン】と「フォープレイ」とは似ても似つかぬゴリゴリ・ジャズ系【サラの翼】。
 ユニークなホーン・アレンジに乗せられて最高に楽しげな“ジャズ・ピアニストボブ・ジェームスな【ベア・ボーンズ】。ニュー・ジャック・スイング・リング上でのボブ・ジェームスマイケル・ブレッカーの格闘技【“…ストップ・ザット!”】。リズム遊びの車窓【XRAXSE】。

 『グランド・ピアノ・キャニオン』の2大ハイライトは,エスニックな【スヴェンガリ】から同じ入りだからこそピアノシンセギターのシンクロが効きまくる【ワールド・アパート】とカエル隊の小さな合唱で忘却の彼方へ(立川に乗り換えてお店に行って)と連れてゆかれる【ファー・フロム。タートル】であろう。

GRAND PIANO CANYON-2 管理人の結論。『グランド・ピアノ・キャニオン批評

 『グランド・ピアノ・キャニオン』は「ミスター・スムーズ・ジャズ」のボブ・ジェームスだからこそ作ることの出来た至極のフュージョン・アルバム。マジで“一家に一枚クラス”の愛聴盤である。

  01. Bare Bones
  02. Restoration
  03. Wings For Sarah
  04. Svengali
  05. Worlds Apart
  06. "…stop that!"
  07. Xraxse
  08. Just Listen
  09. Far From Tutle

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1990年発売/WPCP-3598)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)