GREEN DOLPHIN STREET-1 管理人の好きな「リバーサイド4部作」へと至るビル・エヴァンスの快進撃は『GREEN DOLPHINE STREET』(以下『グリーン・ドルフィン・ストリート』)から始まった!

 『グリーン・ドルフィン・ストリート』での,ベースポール・チェンバースドラムフィリー・ジョー・ジョーンズとのトリオは,ベーススコット・ラファロドラムポール・モチアンとの黄金トリオ演奏には遠く及ばない。
 そう。『グリーン・ドルフィン・ストリート』はビル・エヴァンスの「インタープレイ目前」!

 というかビル・エヴァンスは完全に仕上がっている。ポール・チェンバースフィリー・ジョー・ジョーンズの演奏をよく聴きながらピアノを転がしている。
 ポール・チェンバースフィリー・ジョー・ジョーンズが悪いのでも時代について行けないのもない。インタープレイが画期的であった。ビル・エヴァンスが時代の先端を走っていた。ただそれだけのことなのである。

 一つ触れておかなければならない点がある。『グリーン・ドルフィン・ストリート』は『エヴリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス』と共に1977年に発売された発掘音源。つまりは1958年当時の判断としては“お蔵入り”〜。
 ポール・チェンバースフィリー・ジョー・ジョーンズだけでなく,あのオリン・キープニュースさえも,この時点ではビル・エヴァンスの新しいジャズインタープレイについてこれていない。
 この『グリーン・ドルフィン・ストリート』での“お蔵”の経験があればこそ,自分の音楽性を理解した最良のパートナー=スコット・ラファロを失ったビル・エヴァンスの深い悲しみが増幅したようにも思う。

 さて,世間にも身内にも未だ浸透途上だった“完成形の”ビル・エヴァンス“一人名演集”『グリーン・ドルフィン・ストリート』!
 そう。天才は死後評価される? 名盤グリーン・ドルフィン・ストリート』には,後年,世間受けするキラー・チューンが2トラック収録されている。
 それが『インタープレイ』の初演としても有名な【あなたと夜と音楽と】とTFM系「JAZZ PIANO BEST SELECTION」のナレーションBGM曲,つまりは「THIS IS JAZZ PIANO」の代名詞に選ばれた?【グリーン・ドルフィン・ストリート】である。

GREEN DOLPHIN STREET-2  《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。
 トランペットマイルス・デイビスによって,アルト・サックスチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。
 最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》

 毎度なんだかんだと言っているがビル・エヴァンスはどうしようもなく暗い。しかしこの暗さがなければジャズ・ピアノらしさがない。その意味で「ジャズ・ピアノビル・エヴァンスによって究められた」と明言してもよい。

 ただし誤解のないように! 管理人はビル・エヴァンスをそこまで好きではありません! ビル・エヴァンスは外せませんが本命にはなりません!(最近,ビル・エヴァンスについての問い合わせが多いのですが,そこのところをやんわりと〜)

  01. YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC
  02. MY HEART STOOD STILL
  03. GREEN DOLPHIN STREET
  04. HOW AM I TO KNOW?
  05. WOODY'N YOU (take 1)
  06. WOODY'N YOU (take 2)
  07. LOOSE BLOOSE

(リバーサイド/RIVERSIDE 1977年発売/VICJ-60372)
(ライナーノーツ/オリン・キープニュース,小西啓一)
(☆XRCD仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)