MODERN ART-1 ジャズ名盤MODERN ART』(以下『モダン・アート』)には2枚ある。
 その1枚はアルト・サックス・プレイヤー=アート・ペッパーの『モダン・アート』であり,もう1枚がトランペッターアート・ファーマーの『モダン・アート』である。

 どちらもペッパーファーマーを語る際に“外せない”名盤であるゆえに,アート・ペッパーアート・ファーマーのどちらの『モダン・アート』が好きなのか聞くのは愚問である。
 しかし,これが多々聞かれる質問であることから管理人は業を煮やして,えいのや〜。アート・ファーマーの『モダン・アート』と答えることになっている。

 それはなぜか? その理由は『モダン・アート』に記録されている“素顔の”アート・ファーマーが大好きだからである。その真面目さと押しの弱さゆえか「主役なのに主役になりきれない」感じがたまらなく愛おしくなる。“花形なのに花形ではない”「トランペッター時代の最高傑作」。そんなアート・ファーマーの立ち位置が大好きなのである。

 『モダン・アート』はアート・ファーマーの「ジャズテット」での“盟友”ベニー・ゴルソンとの本格コラボレーション盤。ベニー・ゴルソンのディレクションにより“2管なのに3管のような”ダイナミックで力強いハーモニーが最高に素晴らしい。

 ただし『モダン・アート』の“目玉”ビル・エヴァンスだけはベニー・ゴルソンに合っていない。でもこの不協和音がクセになるから音楽って面白い。「リリカルなエヴァンス」目当てで『モダン・アート』を聴くエヴァンス初心者には奨めないが,ビル・エヴァンスの中毒者にとっては,こんなにノレていないビル・エヴァンスを聴くのがたいそう面白い。

 そう。管理人がアート・ペッパーではなくアート・ファーマーの『モダン・アート』を取る理由は“個性派”ベニー・ゴルソンビル・エヴァンスと共存する“叙情派”アート・ファーマーフリューゲル・ホーン以前=「トランペッター時代の最高傑作」だと思うからだ。勢いはあるのに柔らかく哀感漂う風情を醸し出している。

 『モダン・アート』を,同時期に吹き込まれたアート・ファーマーの“裏・代表作”ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』を比較してみる。
 ソニー・クラークピアノが主役な『クール・ストラッティン』とビル・エヴァンスが堅実なピアノアート・ファーマーをひき立てる『モダン・アート』の「静と動」。ジャッキー・マクリーンの“大吠え”するアルト・サックスの『クール・ストラッティン』とベニー・ゴルソンの“もこもこ”するテナー・サックスの『モダン・アート』の「ホットとクール」。

 そして音楽の“やや”中心にいる,不動の本質“叙情派”アート・ファーマー。この2枚はフリューゲル・ホーンではなくトランペットで大正解。“花形なのに花形ではない”アート・ファーマーにハマリすぎている!

MODERN ART-2 最後に,ハマリすぎていると言えば『モダン・アート』のジャケット写真。これはマフィア? フレディ・マーキュリー? この不適なツラ構えこそが,フリューゲル・ホーンではなくトランペッターしている。

 アート・ペッパーの『モダン・アート』も見ようによってはヤクザ映画だが,アート・ファーマーの「素顔のドアップ」の絶大なインパクト。アート・ファーマーのイケメンぶりが,モダンな“アート”(絵画)そのものであろう。

  01. MOX NIX
  02. FAIR WEATHER
  03. DARN THAT DREAM
  04. THE TOUCH OF YOUR LIPS
  05. JUBILATION
  06. LIKE SOMEONE IN LOVE
  07. I LOVE YOU
  08. COLD BREEZE

(ユナイテッド・アーチスツ/UNITED ARTISTS 1958年発売/TOCJ-5305)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)