ALBUM OF THE YEAR-1 『ALBUM OF THE YEAR』(以下『アルバム・オブ・ジ・イヤー』)はウィントン・マルサリスのためのアルバムである。

 無論,聴き所は他に多数。何と言っても素晴らしいのが,新生ジャズ・メッセンジャーズに漲る“ジャズメン・スピリッツ”!
 この熱気に演られてしまう。往復ビンタを喰らったような衝撃である。しかも42分49秒の間中,何度何度も頬を張られてしまうのである。

 しかし,やっぱりウィントン・マルサリス抜きに『アルバム・オブ・ジ・イヤー』を語ることなどできやしない。新生ジャズ・メッセンジャーズを再生させ,熱気を与え張りを与えたのは,間違いなくウィントン・マルサリスの快演に起因している。
 トランペットウィントン・マルサリスが“御大”アート・ブレイキーのハートに火をつけた! アルト・サックスボビー・ワトソンを,テナー・サックスビル・ピアースを,ピアノジェームス・ウィリアムスを,ベースチャールス・ファンブローを燃え上がらせた!

 そりゃそうである。こうなるはずである。いいや,これで燃え上がらないほうがおかしいのである。そう。『アルバム・オブ・ジ・イヤー』の時点でウィントン・マルサリストランペットクリフォード・ブラウンの快演を「見た」からだ。
 ジャズ史上最高のトランペッタークリフォード・ブラウンの後継者,ここに“参上”なのである。

 ここで『アルバム・オブ・ジ・イヤー』について,そしてウィントン・マルサリスについて「一気に熱く語りたくなる衝動を抑えて」まずは話を補足しなければならない。そうしなければ管理人のウィントン・マルサリス愛は伝わらない。深く愛するがゆえの空回り?
 まず重要なのは,新生ジャズ・メッセンジャーズウィントン・マルサリスに“白目を剥かされた”のは『アルバム・オブ・ジ・イヤー』が初めてではない,という事実である。

 ジャズ・メッセンジャーズへのウィントン・マルサリスの吹き込みは『アルバム・オブ・ジ・イヤー』が「最初で最後」なのであるが,それはスタジオ録音のお話。
 (巷に数枚のブートが存在しているが)ニューヨークの「ボトム・ライン」〜スイスはレマン湖の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」〜フォート・ローダーデイルの「バッパス」でのライブ録音。ウィントン・マルサリスジャズ・メッセンジャーズでの公式デビュー作『ジャズ・メッセンジャーズ・ビッグ・バンド』という手もある。

 つまり『アルバム・オブ・ジ・イヤー』は,ウィントン・マルサリスジャズ・メッセンジャーズのメンバーとしてある程度の時間をコンボと共有してからのレコーディング。そう。メンバー全員,ウィントン・マルサリスがすでに“天才”だということを思い知らされた上でのレコーディングであったという事実。

 ジャズ・メッセンジャーズの全員が,もはやウィントン・マルサリスとバトルしようなどとは考えない。考えられない。ただただウィントン・マルサリスと共演できる「喜びを噛み締めて」レコーディングに臨んでいる。
 それがゆえでのアート・ブレイキーの覚醒されたドラミングであり,ボビー・ワトソンビル・ピアースのブローであり,丁寧なビルドアップで響かせる伝統と清新のジェームス・ウィリアムスピアノであり,チャールス・ファンブローのミディアム・バウンスなのである。

 行ける! 彼となら行ける! ジャズ・メッセンジャーズが再ブレークできる! 何と『アルバム・オブ・ジ・イヤー』の邦題のコンボ名は「アート・ブレイキー & ジャズ・メッセンジャーズ〜フィーチャリング・ウィントン・マルサリス」! 81年のジャズ・メッセンジャーズの立ち位置を見事に表現できている(定冠詞の「」が抜けているけれども)!

ALBUM OF THE YEAR-2 予想通り“ニュー・スター”ウィントン・マルサリスが引っ張る『アルバム・オブ・ジ・イヤー』で注目されたジャズ・メッセンジャーズ
 一度注目を集めさえすれば,そこは才能溢れるジャズ・コンボ。3管の2人=ボビー・ワトソンビル・ピアースは元から素晴らしいサックス・プレイヤーだっただけ〜。
 だ・か・ら・ウィントン・マルサリス抜きに『アルバム・オブ・ジ・イヤー』を語ることなど不可能なのだ。

 アート・ブレイキーの前面バックアップを受けて,ハツラツとトランペットを鳴らしまくるウィントン・マルサリス。相当なテクニシャンである上に「ジャズとは何か」を理解して吹き上げているから手がつけられない。「新しい響き」「新しい感覚」「新しい音の重ね方」を追求して吹き上げているからお手上げである。

 ウィントン・マルサリスを中心に回る『アルバム・オブ・ジ・イヤー』。ウィントン・マルサリスを中心に回るジャズ・メッセンジャーズウィントン・マルサリスを中心に回る「新伝承派」のムーブメント。ウィントン・マルサリスを中心に回るジャズ・シーン。
 『アルバム・オブ・ジ・イヤー』から30年。21世紀のジャズ・シーンは未だにウィントン・マルサリスを中心に回っている。

  01. Cheryl
  02. Ms. B.C.
  03. In Case You Missed It
  04. Little Man
  05. Witch Hunt
  06. Soulful Mister Timmons

(タイムレス/TIMELESS 1981年発売/30R2-23)
(ライナーノーツ/安原顕)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)