LIVE AT MONTREUX 1986-1 『BREEZIN’』での【THIS MASQUERADE】の大ヒット以来『WEEKEND IN L.A.』での【GREATEST LOVE OF ALL】や『IN YOUR EYES』での【FEEL LIKE MAKIN’ LOVE】等,AOR系のボーカリストとしての印象が強くなった“ジャズ・ギタリストジョージ・ベンソン

 しかし,DVDLIVE AT MONTREUX 1986』(以下『ライブ・アット・モントルー 1986』)におけるジョージ・ベンソンはアスリート? 筋肉ムキムキなマッチョ体型は短距離走者並みに鍛え上げられているのが印象的。

 (失礼。話を戻して)DVDライブ・アット・モントルー 1986』は『20/20』のフォロー・ツアーゆえ“ボーカリストジョージ・ベンソン全開かと思いきや「モントルー・ジャズ・フェスティバル」の看板が効いたのか“ジャズ・ギタリストジョージ・ベンソンの面影を見つめることができる。

 “ジャズ・ギタリスト”のジョージ・ベンソンが大好きなら期待値以上に楽しめること間違いなし。『ライブ・アット・モントルー 1986』こそ“ボーカリストジャズ・ギタリストな”この時代のジョージ・ベンソンベストライブ。歌ものとインストのバランスが適度だと思う。

 管理人の大・大好きな【OFF BROADWAY】を含めた本編16曲のボーカルギターの「エンターテイメント・ショー」も素晴らしいが『ライブ・アット・モントルー 1986』のハイライトはアンコール2曲。
 【TAKE FIVE】と【ON BROADWAY】の大名演が見られるだけでも『ライブ・アット・モントルー 1986』は“買い”である。

 ウェス・モンゴメリー系のハード・バップな【TAKE FIVE】のギターが強力。アドリブが強烈。“ジャズ・ギタリストジョージ・ベンソンがオクターブ奏法で“弾きまくる”。
 アンコールに合わせて真っ赤なノースリーブに衣装チェンジしたばっかりなのに,もう汗だく〜。アドレナリンでまくり〜。

 そして,どうしても見逃せないのが【TAKE FIVE】1曲のみゲスト参加した渡辺貞夫〜。ジョージ・ベンソンの物凄いソロを引き継いでジャムの流れを作り出す本気のアドリブを披露している。
 ここでのナベサダ,頑張っているなぁ〜。気合入っているなぁ〜。渋いよなぁ〜。完全にナベサダの世界だわぁ〜。

 そんなナベサダの“ジャズメン魂”のハシゴが外され“拍子抜け”な感じで退場した後に開かれる「お祭り大会」=【ON BROADWAY】。
 【ON BROADWAY】では,1曲目からノリノリで,足でタンバリンを廻しながら腰でベースを弾きまくっていたスタンリー・バンクスは勿論のこと,3人のブラス隊までもがステージ上を大暴れ。フリューゲル・ホーンアルト・サックステナー・サックスがぶつからんばかりに走りまくっている。

 そんな祭りに火をつけたのがジョージ・ベンソンボーカルギターによる1人ユニゾン・スキャット。この“伝家の宝刀”が炸裂した瞬間,観客が釘ずけ! こんな名人芸はジョージ・ベンソン以外にはリチャード・ボナぐらいしかできっこない!
 ノリノリの会場がジョージ・ベンソンの1人ユニゾン・スキャット開始で静まり返る。そしてジョージ・ベンソンの1人ユニゾン・スキャット終了と共に大騒ぎ再開。しまいにはウィリアム“ブッバ”ブライアントドラムソロに合わせて振り付けて〜のダンス。
 観客熱狂。管理人も熱狂。熱狂の夜。モントルー・ジャズ・フェスティバルの夜。

LIVE AT MONTREUX 1986-2 最後に『ライブ・アット・モントルー 1986』におけるジョージ・ベンソンの出演メモ。

 1曲目はボーカルのみ。2,3,4曲目はギターのみ。5曲目はボーカルのみ。6曲目はボーカルギター。7曲目はボーカルのみ。8曲目はボーカルギター。9,10曲目はギターのみ。11曲目はボーカルギター。12,13,14,15,16曲目はボーカルのみ。17曲目はギターのみ。18曲目はボーカルギター

 こうやって書き出すとギターよりもボーカルの出番が多すぎる!? でもでもジョージ・ベンソンが気持ち良く歌っているからそれでいい。ギターの時がボーカルの時よりも気持ち入っているのでそれでいい。ジョージ・ベンソンがカッコいい。

  01. Feel Like Making Love
  02. Off Broadway
  03. Weekend In L.A.
  04. Omar's Tune
  05. Lady Love Me (One More Time)
  06. Love Ballad
  07. Moody's Mood
  08. Beyond The Sea
  09. Affirmation
  10. My Latin Brother
  11. Love X Love
  12. In Your Eyes
  13. The Greatest Love Of All
  14. 20/20
  15. Never Give Up On A Good Thing
  16. Turn Your Love Around
  17. Take Five
  18. On Broadway

    GEORGE BENSON : Guitar, Vocal
    BARNABY FINCH : Piano
    DAVID GARFIELD : Keyboards
    STANLEY BANKS : Bass
    MICHAEL O' NEIL : Guitar, Background Vocal
    BUBBA BRYANT : Drums
    VICKI RANDLE : Percussion, Background Vocal
    STEVE TAVAGLIONE : Alto Sax, Flute
    BRANDON FIELDS : Tenor Sax
    RALPH RICKERT : Trumpet, Flugelhorn

(ビデオアーツ/VIDEOARTS 2005年発売/VABG-1201)
(ライナーノーツ/グレアム・ベッツ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)