KYLYN LIVE-1 ジャズの真髄はライブゆえ“伝説のライブ”と呼ばれるライブ盤はごまんとある。マイルス・デイビス絡みだけでも数十枚あるという事実。少々,乱発気味!?
 真に一夜のライブが“伝説のライブ”であるためには,必要十分条件が揃っていなければならない。管理人が思う必要十分条件。それは一期一会のメンバーの豪華さとその夜のライブが後のターニング・ポイントに数えられること。

 その点で,チャーリー・パーカーディジー・ガレスビーバド・パウエルチャールス・ミンガスマックス・ローチの「モダンジャズジャイアントの再会セッション」『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』や,アート・ブレイキークリフォード・ブラウンルー・ドナルドソンホレス・シルヴァーカーリー・ラッセルの「ハード・バップの夜明けを告げる」『バードランドの夜』は文句なし。

 ではJ−ジャズフュージョンにおける“伝説のライブ”の筆頭格『KYLYN LIVE』はどうだろう?
 管理人の答えはNO。一期一会の豪華メンバーは認めるが『KYLYN LIVE』は“お祭り”盤に過ぎない。

 1970年代後半の日本のフュージョン黎明期はフュージョン・バンドのギタリストがリードしていた。プリズム和田アキラカシオペア野呂一生ザ・スクェア安藤まさひろ…。
 すでに“天才ジャズ・ギタリスト”としての名声を得ていた渡辺香津美に,世のフュージョン・ブームの荒波が押し寄せてきた。渡辺香津美にも「フュージョン・バンドのギタリスト」の座を…。

 こうして結成された渡辺香津美率いる「KYLYN BAND」は超豪華メンバー。
 ギター渡辺香津美キーボード坂本龍一キーボードヴォーカル矢野顕子ベース小原礼ドラム村上“ポンタ”秀一パーカッションペッカートロンボーン向井滋春アルト・サックスソプラノ・サックス本多俊之テナー・サックス清水靖晃からなる9人編成。(加えてゲスト参加でキーボード益田幹夫ドラム高橋ユキヒロテナー・サックス高橋知己アルト・サックス伊東毅(なんと!)のクレジット有り)。

 「KYLYN BAND」の特長は,渡辺香津美坂本龍一という2本の縦糸に,当時の日本のトップ・プレイヤーが横糸を絡めて織り成す「新しいジャズフュージョン」。目指すしたのは「クリエイティブ度の高い洗練されたインスト」である。
 「KYLYN BAND」の主導権は坂本龍一坂本龍一が先頭に立って“フュージョン・ギタリスト”としての渡辺香津美フィーチャリングしている。
 ゆえに渡辺香津美がリードできない「KYLYN BAND」は,和田アキラ野呂一生安藤まさひろフュージョン・バンドとは異なっている。メンバー構成を見ても松岡直也の「ウィシング」の発展形にすぎない。

 そう。「KYLYN BAND」の真実は,日本の一流どころを上手にまとめた非ジャズフュージョン! 『KYLYN LIVE』のハイライトは「フィーチャリング矢野顕子」な【リヴァー・マスト・フロウ】【在広東少年】【アイル・ビー・ゼア】!
 ズバリ「KYLYN BAND」の“陰の主役”は坂本龍一矢野顕子の元ご夫婦だと思っている。
 
KYLYN LIVE-2 事実“お祭り”盤『KYLYN LIVE』での渡辺香津美フュージョン・ギタリスト。素晴らしいプレイヤーの一人として神業級のアドリブを披露し坂本龍一矢野顕子の“音のピース役”を務めている。「火の出るような」アドリブとは【マイルストーン】での“ブチギレ”のことである。超・超カッコイイ〜!

 そう。管理人が渡辺香津美に苦言を呈したのは,プリズムカシオペアザ・スクェア等との“フュージョン・バンドとしての完成度”の話であって「KYLYN BAND」の音楽性はいいですよ。
 管理人以外は“伝説のライブ”と呼んでいるわけですし「KYLYN BAND」の没リーダーシップの失敗があってこその「KAZUMI BAND」での大成功が待っていたわけですし…。

 最後に『KYLYN LIVE』を聴いて管理人がいつも思うこと。「坂本龍一矢野顕子があのままフュージョン路線を走っていたならなぁ〜」。

  Disc 1
  01. INNER WIND
  02. SNAP DRAGON
  03. MILKY SHADE
  04. MILESTONES

  Disc 2
  01. THE RIVER MUST FLOW
  02. 在広東少年
  03. I'LL BE THERE
  04. BLACKSTONE
  05. WALK TAIL

(ベター・デイズ/BETTER DAYS 1979年発売/COCB-53334-5)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/松下佳男)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)