BE BOP AT THE SAVOY-1 管理人の愛する「JAZZ QUEEN矢野沙織
 「アドリブログ」は矢野沙織を称賛するために始めたブログ
 そんな矢野沙織の大名盤BE BOP AT THE SAVOY批評

1)往年のバップ・ナンバーへの「いぶし銀の」選曲眼。
2)“パーカー派”矢野沙織復活。
3)『LITTLE TINY』でのオルガングルーヴ路線の復活。
4)「サヴォイ」のジャズメンとしての誇りと自覚。
5)キー・パーソン=ルー・ドナルドソン矢野沙織の接点。
6)3作品連続ボーナス・トラックのハズシへの怒り。
7)そして何より感じた矢野沙織の新境地…。

 軽〜く数えて上記7点。『BE BOP AT THE SAVOY批評で書きたいこと,いいや,書かなければならないことはごまんとある。
 しかし今回はCD批評は全カット。『BE BOP AT THE SAVOY批評については,あるドラマーのお話をしようと思う。

 その昔,管理人の職場に大学生の男の子がアルバイトでやってきた。かなり“しゅっとした”感じのイケメンで頭も良いし気が強い。でも深夜〜早朝の別のバイトと掛け持ちしている頑張り屋さんだった。聞けば日中はドラムの個人練習&バンド全員での練習時間。真面目にプロを目指していた。
 そんな彼がNYへ卒業旅行に行った。目的は観光ではない。NY旅行のメインはプロのドラマードラムの個人レッスンを受けること。先生の名前は田井中福司

BE BOP AT THE SAVOY-2 (管理人)「田井中福司? 聞いたことないなぁ」。(彼)「田井中さんは凄いドラマーなんですよ。セラビーさんがよく口にするデイヴ・ウェックルとも交流している方なんですよ」。
 そうは言われても,口には出さなかったが,見たことも聞いたこともない,名前さえ知らないドラマーにNYまで出掛けて師事するとは,正直「お金が勿体無い?」と思ってしまった。田井中福司の音源を探してみようとも思わなかった。

 彼は大学卒業後も就職するでもなくうちの職場でバイトしていたが,そのうち東京へと引っ越した。あるクラブでドラマーの仕事が決まったそうだ。フロア兼ドラマーの半プロ生活を送りながらメジャー・デビューを目指していた。アッパレな男である。

 その後,職場で彼についての話題も出なくなった。メジャー・デビューしたという噂も聞かない。自然と管理人の記憶の中からいなくなってしまった。
 しかし,あるアルバムのクレジットを見て,猛烈に彼と話したい,との衝動に襲われた。そう。ドラマー田井中福司。『BE BOP AT THE SAVOY』でドラムを叩いていたのだ。

 初めて聴いた田井中福司ドラミングの(正直,矢野沙織の極上のアルト・サックスに耳が惹かれてかなわないのだが)なんとしなやかなことか!
 矢野沙織が気持ちよくグルーヴしている。田井中福司が産み落とすスイングの波を泳いでいる。チャーリー・パーカー直系のルー・ドナルドソンのレギュラー・ドラマーは伊達ではない。

BE BOP AT THE SAVOY-3 矢野沙織のミディアム・テンポゆえの“フレージングの妙”! 自由自在にアルト・サックスを“転がし続けている”! 演奏に余裕とスケール感が表現されている! これぞ田井中効果=『BE BOP AT THE SAVOY』最大の聴き所であろう。
 こんなことならもっと田井中福司のことを聞いとけばよかった。

 いつの日か管理人は矢野沙織のニュー・アルバムのクレジットに「松原○○ ドラム」の文字を見ることを楽しみにしている。松原くん,東京で頑張っているんだろうなぁ(セミプロの有名人なのだから名字のみの露出は応援クリックの意)。

PS 「BE BOP AT THE SAVOY-3」は販促用のコースターです。アートワーク!

  01. The Kicker
  02. Sweet Cakes
  03. Blues Walk
  04. You'd Be So Nice to Come Home To
  05. S' Wonderful
  06. Lullaby of Birdland
  07. Olive Refractions
  08. Stardust
  09. Five Spot After Dark
  10. How High the Moon
  11. Laura Peacock〜太陽の船のテーマ

(サヴォイ/SAVOY 2010年発売/COCB-53903)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)