MY SOPRANO-1 「エキサイティング&スウィート! ニュー・レコーディングとオルタネイト・テイクで綴るMALTA初のフル・ソプラノ・サックス・アルバム」。

 『MY SOPRANO』(以下『マイ・ソプラノ』)は,上記CD帯のコピー通り。これ以上でもこれ以下でもなく,事実としてMALTAソプラノ・サックスのみを演奏したフル・アルバム。「こんなん出来ました〜,皆さん,聞いてみてください」的な編集で,ソプラノ・サックスで感動を誘おう,など念頭にない模様。う〜む。

 『マイ・ソプラノ』は『マイ・バラッド』『マイ・ヒット・アンド・ラン』『マイ・フェイバリット〜枯葉』に続く『MY〜』シリーズの第4弾。
 上記CD帯のコピーとして「ニュー・レコーディングとオルタネイト・テイクで綴る」と書かれているが『マイ・ソプラノ』用の新録は全13トラック中5トラックにして実質4トラック。

 要は「四匹目?のドジョウ」を狙った企画盤なのだが,分かってはいても“MALTAソプラノ・サックス集”で括られたら触手が動いてしまう。「1度はフル・ソプラノ・サックス・アルバムを作って欲しい」。そう願うMALTAソプラノ・サックス・ファンも多かったのではなかろうか…。しかし…。

 『マイ・ソプラノ』は,ソプラノ・サックス特有の美しい音色への期待が大きかった分,平均点な新録が「総合評価・ガッカリ作」と相成った。
 過去の8トラックの演奏内容は理解できる。何と言ってもMALTAのメインはアルト・サックスであって,ソプラノ・サックスはアルバムの彩りを変える一服の清涼剤。しかし『マイ・ソプラノ』用の新録はメイン・ディッシュなのだから清涼剤効果を狙ってはいけない。なのになのに薄っぺらい。
 『マイ・ソプラノ』でのソプラノ・サックスケニー・Gを勝手に期待した管理人,あるいはまさかのジョン・コルトレーンウェイン・ショーターを勝手に期待した管理人が悪かった?

MY SOPRANO-2 『マイ・ソプラノ』でのMALTAは完全に過去追い人。過去の栄光はいい加減忘れて欲しい。それ位,絶頂期のMALTAはバブリーだったんだろうなぁ。

  01. BLU-RUN-RUN
  02. BARKS WORKS
  03. 3-2-1-0
  04. CANDLELIGHT
  05. OCEAN VIEW
  06. AMONG THE CLOUDS
  07. REFLECTIONS
  08. N.Y.SCANDAL
  09. IT'S COOL
  10. MANHATTAN IN BLUE II
  11. SECRET ISLAND
  12. DAYBREAK
  13. CANDLELIGHT II

(ビクター/JVC 1993年発売/VICJ-183)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)