INTRODUCING TAKASHI MATSUNAGA-1 管理人と松永貴志の出会いは矢野沙織命ゆえの『OPEN MIND』。『OPEN MIND』で興味を持って『TODAY』→『MOKO−MOKO』→『TAKASHI』と聴き込んでみた。

 感想はズバリ「若いなあ」。こんなに分かりやすい遡りも珍しい。徐々に角が取れていくのが実感できる。そう。デビューCDINTRODUCING TAKASHI MATSUNAGA』(以下『TAKASHI』)が見事に“トンガッテいる”のだ。

 『TAKASHI』に録音されている松永貴志の演奏はとにかく勢いがある。「何でもかんでも弾き倒してやる」的な松永貴志のチャレンジ精神が感じられる。特に左手のフレーズがメロディとのバランスを崩す程の強力グルーヴ。個性有るのみの非正統派なアコースティックジャズロックピアノに大興奮である。

 いや〜,松永貴志が世間で“天才”と語られる理由がよく分かる。ブルーノートの最年少リーダー奏者となった理由がよく分かる。『TAKASHI』は録音されるべきして録音された“ジャズ・ピアノのアンチテーゼ”だと思っている。素晴らしい。

 松永貴志は完全にオリジナルな人である。演奏にしても作曲にしても編曲にしても…。
 まぁ,テクニックに関しては松永貴志より上手な10代のピアニストは山ほどいるので置いといて,ここではジャズの良し悪しを決定づける「間の取り方」について語ってみよう。

 「間の取り方」に関して,純粋なジャズ・ピアニストとしては松永貴志は落第である。タメがほとんどない。タメがないから,次のフレーズへの期待や出てきたフレーズへの衝撃度は薄い。そう。松永貴志ジャズ・ピアノは,ジョン・コルトレーンの“シーツ・オブ・サウンド”的な音符の大渋滞。
 例えばジャズ・スタンダードの【ビューティフル・ラヴ】。バラードなのに落ち着きがない。せわしなくトリオ以上の音が鳴り続ける。こんなに元気に【ビューティフル・ラヴ】を弾き倒していいの?

 ただしこの“せわしない”間がド・ハマリな【宿題】が快感。このトラックは超カッコイイ。“ホットな”松永貴志が“超クール”。
 『TAKASHI』のライナーノートによると「最初のウネウネと16分音符が続くところは,ガリガリと勉強している感じで「え〜い! もうやめた!」がジャッ・ジャーンというキメ」らしい。納得&納得。天才はオリジナルと共に現われる!

 【宿題】【空高く】【メロン】【ナイト・リヴァー】【ハイウェイ・リヴァー】のオリジナル5曲と【ビューティフル・ラヴ】【キャラヴァン】【イエスタデイズ】【チャイルド・イズ・ボーン】のカヴァー4曲との落差の激しいこと。
 このオリジナルスタンダードの落差こそが管理人が『TAKASHI』で感じる“ジャズ・ピアノのアンチテーゼ”の真髄である。

INTRODUCING TAKASHI MATSUNAGA-2 エルダー・ジャンギロフ松永貴志のような「新世代の天才」には,ジャズよりもロックがカッコイイのだ。その思いをエルダー・ジャンギロフ松永貴志は,幼い頃から慣れ親しんだ“ジャズの文脈の中で”クリエイトしてみせる。

 松永貴志が最初に接した音楽がロックでなくてよかった。天才の才能をロックに取られなくてよかった。ロック・バンドのキーボード・プレイヤーとしてではなく“ジャズ・ピアニスト”として松永貴志デビューしたことを音楽の神様に感謝する。

  01. HOMEWORK
  02. HIGH IN THE SKY
  03. BEAUTIFUL LOVE
  04. MELON
  05. CARAVAN
  06. NIGHT RIVER
  07. YESTERDAYS
  08. HIGHWAY BLUES
  09. A CHILD IS BORN

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 2003年発売/TOCJ-68058)
(ライナーノーツ/藤本史昭,松永貴志)
★スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】
★2003年度ジャズ・ディスク大賞【ニュー・スター賞(国内部門)】受賞

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)